東海林のり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しょうじ のりこ
東海林 のり子
プロフィール
本名 東海林 のり子
出身地 埼玉県浦和市(当時)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1934-05-26) 1934年5月26日(83歳)
血液型 A型
最終学歴 立教大学卒業
活動期間 1957~
ジャンル レポーター
配偶者 あり
担当番組・活動

東海林 のり子(しょうじ のりこ、旧姓:青羽 のり子(あおば のりこ)、1934年5月26日 - )は、日本の芸能リポーター。元ニッポン放送アナウンサー(ニッポン放送の第3期アナウンサー)。埼玉県浦和市(現在のさいたま市)生まれ。埼玉県立浦和第一女子高等学校立教大学文学部英文学科卒業。

人物・来歴[編集]

大学卒業後の1957年ニッポン放送入社。1971年(昭和46年)退社し、以後はフリーランス芸能リポーターとして多くのワイドショーに出演。

ワイドショー内でも特に事件レポーターとしても活躍。そのレポートぶりは、ナンシー関をして「(凄惨な事件の現場や被害者の葬儀会場にて)悲しそうな表情で、涙を流しているにもかかわらず、声は鼻声にならず普段通りである。素晴らしいプロ技だ」と言わしめたほど。「現場の東海林です」というフレーズでお馴染みだが、「現場の東海林がお伝えしました」というバージョンも存在する(こちらはバラエティ番組<おもに再現ドラマ>でのみ使用)。

1994年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞する[1]

1995年に発生した阪神・淡路大震災を期にレポーターとしての活動に終止符を打つことを決意。以降、司会業やコメンテーターの活動に主軸を移したが、現在でも「東海林のり子=リポーター」のイメージは強く、『脳内エステ IQサプリ』の問題中に登場したりなど、不定期ながらリポーターとして出演している。

携帯サイト 『梨元芸能!裏チャンネル』にて、(特に女性)ユーザーのさまざまな悩みに答える相談コーナーのパーソナリティを務めている。

私生活[編集]

既婚で、1971年以降2子をもうけている。

X JAPANLUNA SEAGLAYペニシリンなど、音楽バンドの熱狂的なファンとしても知られ、ロック音楽への造詣も深い。インディーズバンドライブにも足繁く通っており、「ロックの母(ロッキンママ)」の異名も持っている。

2013年ニコニコ動画生中継にて「hide Memorial Day Special 2013 hide talk summit」第二部の司会を御歳80歳でこなした。

現役時代の同僚・倉本聰とは親しい。

「10万人の宮崎勤」デマ[編集]

1989年平成元年)、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件宮崎勤が逮捕された直後に行われたコミックマーケット36において、「TBSの番組でコミックマーケットのレポートに訪れた東海林が、10万人を超える参加者を背に『ここに10万人の宮崎勤がいます!』と発言した」と語られることがある。しかし、実際にそのシーンを収めた動画は2013年現在確認されておらず、東海林本人もこの発言を否定している。また、当時東海林がレポートを担当していたのはフジテレビおはよう!ナイスデイである[2][3]

レギュラー番組[編集]

  • 『梨元芸能!裏チャンネル/解決!のり子相談室』 (docomo,au,SoftBank 公式携帯サイト)

過去に出演した番組[編集]

ニッポン放送時代

  • ニッポン放送ニュース など

独立後

現在出演中の番組[編集]

ネットTV[編集]

  •  東海林のり子×岡野あつこ 大人の時間(ネットテレビ 国際魅力学会運営・JapanアクターズTV 2016年6月15日から1ゲスト全4回を基本に毎週1回YouTubeにて公開。)
    • 東海林のり子×岡野あつこ 大人の時間これまでのゲスト(略称)
      • 俳優 布川敏和 2016年6月15日から7月6日まで全4回
      • タレント カイヤ 2016年7月13日から8月3日まで全4回
      • 女優 芳本美代子 2016年8月10日から8月31日まで全4回
      • 俳優 宍戸開 2016年9月27日から9月28日まで4回
      • 評論家 勝間和代 2016年10月5日から10月26日まで全4回
      • 映画評論家 有村昆 2016年11月2日から11月23日まで全4回
      • 俳優 映画監督 歌手 大沢樹生 2016年11月30日から12月21日まで全4回

ニッポン放送の同期[編集]

  • 枇杷阪明 (フジテレビ「アナトレ」特別講師)
  • 山田祐嗣 (フジテレビ「アナトレ」特別講師)

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]