PON!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PON!
Zero studio 2.jpg
『PON!』で使用されているゼロスタジオ
ジャンル 帯番組 / 情報バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 田中裕樹(総合演出)
プロデューサー 脇山浩一ほか
染井将吾(CP)
スタッフを参照
出演者 ビビる大木(月 - 水)
岡田圭右(木・金)
徳島えりか(月・火)
上田まりえ(水 - 金) ほか
音声 ステレオ放送
オープニング 「PON!のテーマ」
作曲:中田ヤスタカ
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト
放送開始から2011年3月25日まで
2014年4月1日から
放送時間 平日 10:25 - 11:30(65分)
放送期間 2010年3月29日 - 2011年3月25日
2014年4月1日 - 現在
2011年3月28日から2014年3月31日まで
放送時間 平日 10:25 - 11:25(60分)
放送期間 2011年3月28日 - 2014年3月31日
miniPON!
放送時間 木曜 21:54 - 22:00(6分)
放送期間 2011年4月14日 - 2011年7月28日
テンプレートを表示

PON!』(ポン)は、2010年3月29日から日本テレビと一部系列局で平日10:25 - 11:30(JST)に生放送されている情報バラエティ番組である。ハイビジョン制作

概要[編集]

  • 2010年3月26日まで平日10:25 - 11:25に放送されていた『おもいッきりPON!』の後継番組である。
  • 2010年3月末まで平日11:25 - 11:30に放送されていた『おまけのDON!』(月曜 - 水曜)と『ご存じですか』(木曜・金曜)が終了した関係で、『おもいッきりPON!』から5分拡大された。
  • ラジかる!!』、『ラジかるッ』、『おもいッきりDON! 1025』、『おもいッきりPON!』同様にゼロスタジオからの放送となっている。
  • 2011年3月28日から2012年3月まで、平日11:25 - 11:30に『まもなく!ヒルナンデス!』が放送されることになったため、放送時間が『おもいッきりPON!』時代と同じ10:25 - 11:25に短縮された。
  • 2011年4月14日から7月28日まで、木曜21:54 - 22:00にミニ番組『miniPON!』が放送された(関東ローカル)。週替わりの一社提供番組で、毎週テーマを決めて雑談やゲームをしていた。本番組の生放送終了後に収録されていた。他の番組宣伝のため休止することがあった。
  • 日本テレビ系列局の大半では、当番組の時間帯に、自社制作番組・系列外から購入した番組テレビショッピングの放送やドラマ・バラエティ番組の再放送を実施している。そのため、当番組の同時ネットを常時実施している系列局は2局にとどまる。ただし、それ以外の系列局でも、大規模災害への対応や編成上の事情などで臨時ネットを実施することがある(後述)。
  • 2012年8月6日からデータ放送を開始。2013年9月2日放送分からは、視聴者が1日に1回参加できる「クルクルPON!」(ポイントの取得→蓄積によってインターネットからプレゼントに応募できるスロットゲーム)や放送日に対応した「プレミアム星座占い」(10:45以降)を表示できるように、配信内容を一新した。
  • 2014年4月1日より、3年ぶりに放送終了時刻が11:30になり、再び5分拡大された。これに合わせ、同年3月31日までの後続番組『ママモコモてれび』を本番組の11:10頃に内包した。

出演者[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
MC
ビビる大木[1] 岡田圭右ますだおかだ[1]
徳島えりか日本テレビアナウンサー 上田まりえ(日本テレビアナウンサー)[2]
パネリスト
新谷里映
華原朋美
椿鬼奴[3]
篠原ともえ[4]
絵美里
キンタロー。
(週替わり)
濱田マリ
篠田麻里子
大柳葵理絵
ロッチ
品田英雄[5]
辺見えみり
バービーフォーリンラブ[6]
ヒャダイン
小嶋陽菜AKB48[7]
あべこうじ[8]
DJ
DJ MICKEY(坂上みき[9]
突撃芸人
厚切りジェイソン チョコレートプラネット ロッチ 座敷ボウラー あべこうじ
特集
浜内千波
中村昌也
絵美里
キンタロー。
中岡創一(ロッチ)
山本紘之(日本テレビアナウンサー)
重盛さと美[10]
菅谷大介(日本テレビアナウンサー)[11]
あべこうじ
土屋巴瑞季[12]
朝比奈彩
山田五郎[13]
曜日企画
安村直樹(日本テレビアナウンサー)[14] ザ・たっち[15]
お天気お姉さん
原田ゆか 山下永夏 窪真理 山下永夏 窪真理
「PON!×NNNストレイトニュース」
森富美(日本テレビアナウンサー)
「ママモコモてれび」
友近レイザーラモンRG、ほか(声の出演)[16]
「PON!PON!ポシュレ」
クワバタオハラ
遼河はるひ
児嶋浩次郎渡辺ミエコこにわ[17](商品説明担当)
栗田圭(ナレーション)
お天気お姉さん(商品紹介)

過去の出演者[編集]

タイムテーブル[編集]

現在[編集]

時刻 コーナー 詳細
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
10:23.15 15秒予告アイキャッチ ゼロスタから、当日出演のレギュラー陣が放送内容を予告する。『スッキリ!!』(第2部)終了直後に放送される。『スッキリ!!』(第2部)本編終了時刻の繰り上げ、繰り下げがあるため、それに伴い前後する。
10:25.00 オープニング 当日のMCとスタジオパネリストが、ゼロスタ内にスタンバイ。お天気カメラの映像をバックに、オープニングタイトルとオープニングテーマ曲(「PON!のテーマ」、作曲:中田ヤスタカ)を放送した後で「今日も始まるよー!PON!」という大木・岡田の掛け声の後、徳島・上田アナが放送内容をラインナップ形式で紹介。ゼロスタ内のカメラに切り替わり、フリートーク後、次コーナーを振る。
番宣スタジオゲストがいる場合、簡単にゲストを紹介。曜日企画後に、ゲストが出演する日本テレビ系列で放送予定の番組を紹介する。
10:26頃 特集 曜日毎に異なる中継・VTR企画が放送される。月曜日と水曜日についてはゲストを迎えることがある。
  • 月曜日「いますぐマネシピ ちなみにヘルシー!」
マイスタジオから[28]誰でも簡単に作れる料理を浜内千波と中村昌也が紹介する。
  • 火曜日「絵美里とキンタロー。のキレイをフライングゲット」
絵美里とキンタロー。がモデルやセレブの間で流行っているオシャレなグッズやアイテム、美容法を紹介する。
マイスタ前広場(雨天時はマイスタ内)からロッチ・中岡と窪真理のコントを交えつつ、山本紘之アナが生活や行楽に役立つテクニックを紹介する。
  • 木曜日「話題のニュースが誰でもわかる教室」
バーチャルCGセットを使い、菅谷アナと重盛が専門家を交えて話題のニュースについて解説する。
  • 金曜日「今これ流行ってます 知らないとヘコむわー」
あべ、土屋、朝比奈が週末におすすめのお出かけスポットなどの情報を伝える。
  • 金曜日(月に1回)「ア〜トおどろく!!為になる五郎」
山田五郎の解説を交え、美術展等の旬なアートスポットを紹介する。
10:35頃 「エンタメよーいPON!」 『ラジかるッ』の「DJ TERUの特だねワイド」のエンタメニュースの部分を受け継ぐ内容で、スポーツ紙夕刊紙などからの芸能ニュースをDJ MICKEYが紹介する。また、注目エンタメについてエンタメ雑誌編集者であるパネリストが解説する。
後半は、メッセージVTRを交えながら、日本テレビ系列で放送予定の番組や、公開・上演・発売間近の映像・舞台・音楽作品を紹介する。新譜紹介では注目アーティストが、お勧めのグルメメニューを紹介する。重大ニュースが発生した場合、当放送枠を短縮する。
  • 「突撃PON!」
曜日毎の突撃芸人が、コントやネタを交えながら、注目の記事やイベントに登場したタレントへ放送前日に取材した模様を放送する。
10:47頃 「毎日が緊急企画!ちょっとおトーク(得)」 「毎日が緊急企画!ちょっとおトーク(得)」 「毎日が緊急企画!ちょっとおトーク(得)」

レギュラー陣とゲストが、日替わりの「緊急企画」(おやつ・宝物・特技などの紹介)を交えながらトークを展開する。2014年8月29日までは番組内で「ちょっとおトーク」のコーナー名が用いられていたが、9月1日よりコーナー名がなくなり単にトークコーナーなどと呼ばれるようになる。ただし、番組HPでは引き続き「ちょっとおトーク」の記載はある。

10:58頃 ねた自慢
ウケなかったらズームアウト
全国LIVEカメラの旅
あっちこっちたっち
  • 月曜日「ねた自慢 ウケなかったらズームアウト」
マイスタ デッキから芸人がネタを披露し、面白さによってスタジオ出演者が上げる「キープ」札の数に応じて映る大きさが変わる。全てのネタで全員が「キープ」札を上げると、賞品として『PON!カレー』が贈呈される。
  • 金曜日「全国LIVEカメラの旅 あっちこっちたっち」[29]
ザ・たっちが中継先とクロマキー上の解説で、関東近郊のイベント情報を伝える。
11:03頃 今日のPV
今日誕生日の有名人
最新の天気予報
近日開催予定のイベントや、日テレで放送予定の番組を紹介後、お天気カメラの映像をバックに、放送日前後に発売される曲のPVと、放送当日に誕生日を迎える有名人の一覧を流す。その後で、リサとガスパールとのコラボレーション映像を交えながら、お天気お姉さんが気象庁11時発表の最新の全国の天気予報を伝える。
11:09.00 最新のニュース ゼロスタでの紹介に続いて、報道フロアから森富美が最新のニュースを3項目伝える[30]
11:12.00 ママモコモてれび 【ローカル枠扱い】※中京テレビは別内容
「オトナと子どもたちの新しい関係」を提案し、「子どもの無限の可能性を伸ばす」情報を発信する。
11:16.00 「PON!PON!ポシュレ 「PON!PON!ポシュレ」 【ローカル枠扱い】※中京テレビは別内容
11:23.00 たっちのチェック!チェック!チェック! ザ・たっちが企業を訪問し、注目の新製品を紹介する。
11:26.30 視聴者プレゼント紹介
エンディング
【ネット局向けの飛び乗り点】
お天気お姉さんが、ゼロスタから視聴者へのプレゼントを紹介する。[31]
徳島・上田アナが明日の放送内容を紹介後、時間になるまでフリートーク。最後に「明日もPON!」という大木・岡田の掛け声で締める[32]
月曜日は「ねた自慢」出演芸人を紹介したうえで、芸人の出演作品・イベントなどを告知する。
火曜日から金曜日は突撃芸人による「突撃こぼれ話」を紹介する[32]
また、以前は大木がスポーツ紙から注目のプロ野球関連記事を紹介する「ビビる大木のエンドリポート」が不定期で放送されていた。
11:28.00 CM(ステブレ) 11:30.00 『NNNストレイトニュース』に続く。

過去[編集]

使用楽曲[編集]

番組ジングル[編集]

『PON!』歴代ジングル
使用期間 歌手名・ユニット名
2010年3月29日 - 2010年6月25日
2010年6月28日 - 2010年10月1日 PE'Z
2010年10月4日 - 2010年12月28日 たむらぱん
2011年1月4日 - 2011年3月25日 KG
2011年3月28日 - 2011年7月1日 SPECIAL OTHERS
2011年7月4日 - 2011年9月30日 土岐麻子
2011年10月3日 - 2011年12月28日 Rake
2012年1月4日 - 2012年3月30日 井手綾香
2012年4月2日 - 2012年6月29日 在日ファンク
2012年7月2日 - 2012年9月28日 ORANGE RANGE
2012年10月1日 - 2012年12月28日 奥華子
2013年1月4日 - 2013年3月29日 南波志帆
2013年4月1日 - 2013年6月28日 ヒャダイン
2013年7月1日 - 2013年9月30日 シシド・カフカ
2013年10月1日 - 2013年12月26日 赤い公園
2014年1月6日 - 2014年3月28日 WEAVER
2014年3月31日 - 2014年9月30日 中田ヤスタカCAPSULE[33]
2014年10月1日 - 2014年12月26日 大原櫻子
2015年1月5日 - 2015年3月27日 [Alexandros]
2015年3月30日 - 2015年6月30日 大森靖子
2015年7月1日 - 現在 DJみそしるとMCごはん

歴代エンディングテーマ[編集]

付記事項[編集]

お天気お姉さんオーディション[編集]

  • 日本テレビ初の試みとして、2011年4月からの「お天気コーナー」を担当するお天気お姉さんをSNSサイトFacebook」を通じて募集した。2012年以降も同様のオーディションが行われている。
  • プロアマを問わない動画投稿オーディションで、2011年は自己紹介とお天気原稿読み、特技実演をまとめた2分以内の動画を受け付けた。2012年は自己紹介とお天気原稿読み、一人芝居原稿読みをまとめた2分以内の動画を受け付けている。
  • 動画投稿オーディションを通過した6名の候補者は2011年3月10日の「お手を拝借! 手相でスッPON!」に出演し、当日2次審査が行われた[38]
  • 2013年度までは3人だったが、2014年度は曜日ごとに5人が担当していた。それぞれにキーカラーとキャラクターを連想させる気象イメージを付け、また番組を飛び出し、ユニットとしてイベント出演なども展開した[39]。なお、2015年度からは再び3人に戻っている。

春のPON!祭り[編集]

  • 番組連動のイベントとして、毎年3月下旬に『春のPON!祭り』と題したイベントを汐留・日テレプラザにて開催。 2012年から毎年行われており[40]、本イベントでは番組の公開生放送のほか、1日2回(土・日曜は3回)のステージライブや、日本テレビ系人気番組のアトラクションなども実施している。入場は無料(ただしライブは整理券が必要)。

PON!カレー[編集]

  • 大塚食品ボンカレー」とのコラボレーション(同社による監修)により「PON!カレー」という商品を発売している。「PON!カレー」には甘口と辛口の2種類があり、甘口(パッケージは黄色で、大木の写真入り)には海苔佃煮、辛口(パッケージは赤色で、岡田の写真入り)には辛子明太子がそれぞれ使用されている。なお「PON!カレー」は日本テレビのオフィシャルグッズショップ「日テレ屋」で販売されている。

出来事[編集]

2010年[編集]

  • 3月29日) - 新番組『PON!』としてスタート。記念すべき第1回目の放送でパネリストのスザンヌが前日にを故障し、会話が出来ない状態であったため、筆談でコメントした。当時のオープニングは「Hooked On Dixie」。
  • 5月4日) - 「スイーツイン!!昼!」のコーナーに本家『ズームイン!!朝!』に出演していたアントン・ウィッキーがサプライズゲストとして生出演した。
  • 5月6日) - 番組スタート以来初めて「トリプルラッキー」で3つの組み合わせが全て揃った出演者が出た。その第1号は重盛さと美であった。
  • 5月16日) - スピンオフ番組として日本テレビ系の番組宣伝を行う『ばんせんだPON!』が13:20 - 14:00に放送された(関東ローカル)。
  • 6月2日) - 鳩山由紀夫首相(当時)の辞意表明を受けて、『NNN緊急特番 鳩山首相 衝撃の辞意表明』が放送されたため、当番組は休止となった。この日は前田敦子AKB48)をゲストパネリストとして迎える予定だった。
  • 6月25日) - 占いのコーナー「トリプルラッキー」がこの日を以て終了した。
  • 7月15日(木) - 2009年4月より月曜日 - 木曜日に放送していた福岡放送は同日でネットを終了(当初、夏休み期間限定としていた自社制作番組『お得にDON!』およびバラエティ番組再放送枠『ナツバラ!』を『アサバラ!』に改称し、9月以降も継続)。
  • 10月1日(金) - Vanilla Moodが番組を卒業。プレゼントコーナーの演奏はこの日をもって終了した。
  • 10月4日(月) - リニューアルを行い、出演者・コーナーを一部変更した。
  • 10月21日(木) - 「お手を拝借!手相でスッPON!」のコーナーで、フジテレビのプロデューサーである中嶋優一が重盛を取材をしに来ている様子が放送された[41]
  • 12月28日(火) - スピンオフ番組として日本テレビ系の年末年始の番組宣伝を行う『年末年始はコレを見ろ! 豪華芸能人に突撃だPON!』が17:00 - 17:50に放送された。

2011年[編集]

  • 1月4日(火) - 2011年の初回放送のため、出演者全員が晴れ着で出演した。また、静岡第一テレビがネットを開始した( - 2014年3月28日)。
  • 2月20日(日) - スピンオフ番組として『日曜だPON!』が15:00 - 16:25に放送された(関東ローカル)。なお、産休中だった坂下千里子がこの回で復帰し、直前まで放送されていた『タケダスポーツスペシャル 第2回横浜国際女子マラソン』中継班の杉上佐智枝(日本テレビアナウンサー)に代わってMCを務めた。
  • 3月3日(木) - 耳の日ということで本番組含め当日の同局系の全国ネットの生番組の全てでリアルタイム字幕放送が実施された[42]
  • 3月14日週 - 番組全編を3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の報道を中心に充て、普段ネットされていない地方局でも放送された[43]。オープニングはなし。3月18日 - 21日に日本テレビで開催予定だったイベント『春のPON!祭り』は中止されることが番組内で発表された。なお、3月14日は11:01に福島第一原子力発電所事故3号機水素爆発発生のため11:14で本番組を打ち切り、これ以降『情報ライブ ミヤネ屋』開始の13:55まで、『PON!』臨時非ネット局を含めてノーCMで『NNN報道特別番組』を放送した。さらに、3月15日から3月25日までは『NNNストレイトニュース』にステブレレスで接続した。
  • 3月28日(月) - 放送2年目に突入。リニューアルを行い、出演者・コーナーを一部変更した。また、平日11:25 - 11:30に『まもなく!ヒルナンデス!』が放送されることになったため、放送時間が『おもいッきりPON!』時代と同じ10:25 - 11:25に短縮された。番組内で放送されていた「PON!×NNNストレイトニュース」のコーナーは4月4日より再開した。
  • 5月28日) - 日テレ系ecoウィーク期間中に放送される特別番組の宣伝を行うスピンオフ番組『ecoPON!』が16:00 - 17:00に放送された(関東ローカル)。
  • 7月27日(水) - 汐博2011会場のゼロスタ広場から公開生放送を行った。
  • 8月12日(金) - 夏休みスペシャルと題し、日本テレビマイスタデッキから公開生放送を行った。
  • 9月30日(金) - 前番組『おもいッきりPON!』と合わせて2年間MCを担当してきた杉上佐智枝(日本テレビアナウンサー)が産休のために一時降板(2013年4月より復帰)。
  • 10月3日(月) - リニューアルを行い、出演者・コーナーを一部変更した。
  • 12月28日(水) - 年内最後の放送。曜日企画「美~Life~」は中止となり、「エンタメよーいPON!」を年末拡大版として放送した。

2012年[編集]

  • 1月4日(水) - 2012年の初回放送のため、出演者全員が晴れ着で出演した。
  • 3月9日(金) - 放送500回目を迎えた。曜日コーナー「きょう行く 教育いい〜んです!」は休止し 、東日本大震災復興関連の特別企画が行われた。また、エンディングでは3月19日から25日までの開催される『春のPON!祭り』の開催が告知された。
  • 3月19日3月23日(月・金) - 特設ステージから公開生放送が行われた。
  • 4月2日(月) - 放送3年目に突入。リニューアルを行い、出演者・コーナーを一部変更した。
  • 7月27日(金) - 汐博2012会場のゼロスタ広場から公開生放送を行った。
  • 8月20日(月) - 銀座で行われたロンドンオリンピック日本代表メダリストによるパレードを生中継した。この時の関東地区視聴率は番組歴代3位となる7%を記録、同じくこのパレードの生中継を実施したフジテレビノンストップ!』(4.8%)を中継技術(5カメ、5マイクロ)・内容・獲得視聴率でも大きく引き離した[44]
  • 8月27日週 - 番組のオープニングで『さよなら夏休み特別企画「腰ふってPON!」』が曜日対抗企画として1週間行われた。
  • 9月3日(月) - 産休のDJ MICKEY(坂上みき)に代わり、この日からDJ michi(山村美智)が代理出演( - 11月30日)。
  • 10月1日(月) - リニューアルを行い、出演者・コーナーを一部変更した。
  • 11月7日(水) - 『ZERO SP WEEK NNNアメリカ大統領選挙速報 Who's NEXT?』放送のため休止。

2013年[編集]

  • 1月4日(金) - 2013年の初回放送のため、出演者全員が晴れ着で出演した。
  • 2月1日(金) - 『TV60 日テレ×NHK 60番勝負』の番組宣伝のためNHKアナウンサーの有働由美子がゲスト出演。NHKの現役女性アナウンサーが民放在京キー局制作の情報番組に出演するのは史上初であった[45]
  • 3月25日週 - 『春のPON!祭り』に合わせて、特設ステージから公開生放送が行われた。
  • 4月1日(月) - 放送4年目に突入。リニューアルを行い、スタジオセット・出演者・コーナーを一部変更した。
  • 4月15日(月) - 開園30周年を迎えた東京ディズニーランドから生放送を行った。
  • 5月14日(火) - AKINAとの入籍報道があった大木が番組冒頭で経緯を報告した。
  • 8月1日(木) - 汐博2013会場のゼロスタ広場から公開生放送を行った。
  • 9月2日(月) - この日の放送からデータ放送をリニューアル。「クルクルPON!」の配信を開始した。
  • 9月3日(火) - 読売テレビがこの日から2週間限定で火曜日 - 木曜日放送分の同時ネットを開始したことから、番組のPRを兼ねて大木と岡田が共同で司会を担当した。
  • 10月1日(火) - 読売テレビが火曜日 - 木曜日限定でネットを再開した( - 12月5日)。
  • 12月3日(火)- 12月19日(木) - ボンカレーとのコラボによりオリジナルカレーを作る企画「いきなり始動!PON!カレー部」を火曜日・木曜日限定で開催。様々な食材を使用、出演者らが試食[46][47][48][49]。最終的には「海苔佃煮」、「辛子明太子」の2種類に決定した[50][51]
  • 12月25日(水)・12月26日(木) - 日本テレビ2階ロビーから公開生放送を行った。

2014年[編集]

  • 2月25日(火) - 放送1000回を達成した。
  • 3月21日(金)・3月24日週 - 『春のPON!祭り』に合わせて、特設ステージから公開生放送が行われた。
  • 3月31日(月) - 放送5年目に突入。リニューアルを行い、スタジオセット・出演者・コーナーを一部変更した。テーマソングを中田ヤスタカが番組のために新しく書き下ろした楽曲に変更した。
  • 4月1日(火) - 放送時間が10:25 - 11:30に拡大。『ママモコモてれび』を当番組に内包した。
  • 4月11日(金) - 『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』の宣伝のため、主演の二宮和也)が一日MCを務めた。
  • 4月29日(火) - 5月5日(月) - 『7daysチャレンジTV』への参加企画「スーパーキッズを探せ!」を特別コーナーとして放送した。
  • 5月6日(火) - 『7daysチャレンジTV』の特別番組『夢見るスーパーキッズ応援SP』として、ゼロスタ広場特設ステージから全国ネットで公開生放送が行われた。
  • 9月22日(月) - 時刻表示をリニューアル、画面左上に表示開始(これまで左下に時刻を表示していたPON!ロゴ、アナログ時計、ワイプは継続使用)。

2015年[編集]

  • 3月20日(金)・3月23日週 - 『春のPON!祭り』に合わせて、特設ステージから公開生放送が行われた。
    • 3月24日(火)の放送で、火曜レギュラー(当時)の椿鬼奴がグランジ佐藤大と結婚したことを発表した。
    • イベント最終日の3月28日(土)にステージ出演した華原朋美が4月より月曜日レギュラーに加わることを発表した[52]
  • 3月30日(月) - スピンオフ番組として、 日テレ系の春の新番組およびPON!新年度レギュラーのPR特番『よるPON!』が「日テレプッシュ」(1:40 - 2:40、関東ローカル)枠にて放送された。
  • 7月5日(日) - スピンオフ番組として、日テレ系の夏の新ドラマのPR特番『ドラマだPON!』が14:15 - 16:00に放送された(『日曜スペシャル』枠、関東ローカル)。

ネット局[編集]

『PON!』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送開始日
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
『PON!』制作局
日本テレビ系列 月曜 - 金曜
10:25 - 11:30
2010年3月29日 -
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 月曜 - 木曜
10:25 - 11:30
  • 当番組の非ネット局においても、「ラジかるッ×ポシュレ」時代からの流れで「PON!PON!ポシュレ」のみが以下の一部地方局にネットされている。逆に中京テレビのように、『PON!』ネット局でも「PON!PON!ポシュレ」をローカルコーナーに差し替える局もあった。過去にネットしていた読売テレビは、自社通販番組『ビートップスでお買物』や『11分間のハピネスタイム』(番組PRおよび中谷しのぶアナウンサーによる視聴者からのメッセージ紹介コーナー)を放送。
  • 2011年3月14日から31日までの間、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の被害・影響で一時的に本番組をネットした局もあった。
  • 中京テレビは祝日のみ番組をネットせず、ジャパネットたかたなどのテレショップや再放送・告知番組に差し替える場合がある。また、金曜日は自社製作番組の『クレママ』、『それいけ!アンパンマン』を放送するため非ネット(2015年4月現在)。
『PON!PON!ポシュレ』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間
愛媛県 南海放送(RNB) 日本テレビ系列 金曜
15:53 - 16:50内[53]

過去のネット局[編集]

『PON!』過去のネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送期間
福岡県 福岡放送(FBS) 日本テレビ系列 月曜 - 木曜
10:25 - 11:30
2010年3月29日 - 7月15日
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)[54] 火曜 - 木曜
10:25 - 11:25
2013年10月1日 - 12月5日
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 月曜 - 金曜
10:25 - 11:25
2011年1月4日 - 2014年3月28日
『PON!PON!ポシュレ』過去のネット局(日本テレビ系列)
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送期間
長野県 テレビ信州(TSB) 日本テレビ系列 金曜
11:45 - 11:55[55]
(2010年4月まで月曜 - 金曜)
2010年3月29日 - 9月24日

スタッフ[編集]

  • 総合演出:田中裕樹(2015年6月1日 - )
  • 構成:はっしー橋本(月)、高梨武志(火)、大名祥子(水)、外山信行(木)、倉野満(金)
  • TM:坂東秀明
  • SW:高田憲一、高野信彦、加賀屋博史、岩本茂、黒木貴博、松嶋賢一
  • CAM:中村哲也、荻野高康、日向野崇、福田伸一郎、高野信彦、小林豊、中村佳央、米謙一、村上和正、西阪康史、早川智晃、東武志、榎本丈之、松嶋賢一、津野祐一、濱川和人、井出善彦、渡辺滋雄、三井隆裕、米田博之、佐藤友孝、加美山稔、岩永雄允
  • MIX:勝又理行、林英毅、宮内貞、大島康彦、滝口祐造、原秀彰、藤雅樹、辻直哉、高木哲郎、小原正広、山田値久、三石敏生、櫻田勝博、池田正義、加賀金重郎、川合亮、伊藤義典
  • VE:八木一夫、菅谷典彦、岩間知行、小野敏之、鈴木雄仁、三山隆浩、斉藤孝行、三崎美貴、矢田部昭、佐久間治雄、飯島友美、塩原和益、天内理絵、佐藤大心、笈川太、山口考志、石野太一、茅野温子、牛山敏彦、舘野真也、石山実、小澤郁彌、久野崇文、鈴木昭博、斎藤航行、高橋卓、沼田広美、山内理絵、星勇次、渡邊佳寛、田口徹、佐藤勝義、小峰祐司、江頭恭二、矢込宏敬、柳澤圭佑(以前は中継TD)、吉崎慶、佐藤聡一、古手川大、狩野博貴、中村晋也
  • LD:長島美夫(長嶋義夫)、安井雅子、谷田部恵美、井口弘一郎、佐野広之、藤山真緒、大矢幸男、内藤晋、名取考昌、上北直、大川俊行、千葉雄、宮田千尋、小笠原雅登、小川勉、粂野高央、高橋明宏、木村弥史、山崎光男、木村明、下平好実(下平好美)、坂口尚実(坂口尚真)、佐々木康雄、加藤恵介、真壁弘、高橋正彦、吉野一(吉野義)、高星武志、荻野谷徹、池長正宏
  • 技術協力:NiTRo
  • 美術協力:日テレアート
  • 音響効果:橋本いづみ、岡崎宏、中山和人、橘哲夫、杉山謙一郎
  • TK:奈良里美、竹島祐子、長坂真由美、山際慎子
  • 美術:三浦昭彦
  • デザイン:熊崎真知子
  • 美術装飾:増田セバスチャン
  • 中継TD:川村朋秀、小沢俊博、夏目一得(夏越一徳)、篠原昭浩、川村雄一、中濱央友、東條和人、正井祥二郎
  • 中継CAM:八木原輝、原島伸光、村田陸彦、岩倉康宏、出野裕史、山内新太、村田義晴
  • 音楽協力:日本テレビ音楽
  • CG協力:アイヴリックスタジオ
  • 協力:4Cast.co.jp.
  • 制作協力:AX-ON東阪企画、GOOD JOB
  • AP:松本真生(以前はデスク)[月~木]、鈴木政裕(鈴木→以前はディレクター)[水・金]
  • デスク:砂金房枝[月~木]、角田沙織[金]
  • 芸能デスク:藤田梨奈、木村和也、小川和宏、高安彰
  • 報道デスク:藤井潤、岸田雪子、片谷直子
  • 宣伝:立柗典子
  • ディレクター:小堀紘枝、村上宗義、浜武由衣
    • 月曜日:狩野丈志、松浦巧晃、小舩井雄輔、中村克之、吉濱明秀、千葉智亮、保田美里、松下理、下川翔平
    • 火曜日:村田真之、梶山飛博、森本裕亮、大平莉加、新井規郎、滝川義子、平林淳、斎藤悠哉
    • 水曜日:狩野丈志、島林誠太朗、時田和典、星野克己、大沼慶太、斉藤良大、千葉良亮
    • 木曜日:村田真之、森本裕亮、松浦巧晃、中村克之、大平莉加、佐藤伸一、島林誠太朗
    • 金曜日:狩野丈志、時田和典、島林誠太朗、井上公志、小舩井雄輔、斉藤悠哉、土師恭子、保田美里
  • PON!PON!ポシュレプロデューサー:椿美貴、筒井亥彦(椿・筒井→一時離脱→復帰)、久保田誠
  • プロデューサー:脇山浩一(2015年6月1日 - )、藤好耕(藤好→2015年5月29日までは総合演出)、高田耕作、三浦顕太郎、三門綾子(三門→以前はAP)、藤永京子、菅結子(菅→以前はAP)
  • チーフプロデューサー:染井将吾(2015年6月1日 - )
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:坂本茜(金)
  • TM:小椋敏宏、石渡敏幸
  • TK:橋本美幸
  • 美術:大川明子
  • PR:向笠啓祐、柳沢典子、松榮大
  • AP:山崎千絵、仲田恵一、才野雅彦
  • デスク:安永美和、志村美果、井上喜子
  • 報道デスク:宇佐美理
  • ディレクター:切田美伸、佛田珠美、飯塚尊、氣賀澤宏隆、古賀浩一、宮良純子、伊藤光明、菊池豪、比良かおり、竹田阿弥乃、今井晶子、関まほろ、久保祐斗、山越由貴、岸田直子、中村浩士、増田友加里、山本紗智子、城美幸、山口亞里泳、高橋秀与
  • VTR監修:石村修司
  • PON!PON!ポシュレプロデューサー:清水美菜子、小串理江(小串理恵)、細谷祥子(細谷詳子)、及川千津、小林拓弘、里村匡史、土田健太
  • プロデューサー:中西太、安彦真利江、白川大介、小野元(以前は芸能デスク)、武井泉、小嶋清美、大田貴史、神崎裕子
  • チーフクリエイター:西山美樹子
  • ラインプロデューサー:宮木宣嗣(以前はプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:岡田泰三、鈴江秀樹

脚註[編集]

  1. ^ a b 祝日には大木と岡田がダブルMCを務める。
  2. ^ 2014年10月 - 12月は木・金曜日のみ担当していた。
  3. ^ 2013年4月 - 2014年3月は金曜日のパネリスト、2014年4月 - 2015年3月は火曜日のパネリストを担当していた。
  4. ^ 2013年4月 - 2013年9月は金曜日のパネリスト、2013年10月 - 2015年3月は木曜日のパネリストを担当していた。
  5. ^ 2010年4月 - 2013年9月は水曜日のパネリストを担当していた。
  6. ^ 2013年4月 - 2015年3月は月曜日のパネリストを担当していた。
  7. ^ 2010年4月 - 2011年3月は「ノースリーブス」として金曜日の曜日企画を担当していた。2011年4月 - 2013年3月は月曜日のパネリストを担当していた。
  8. ^ 2013年4月 - 2014年3月は火曜日のパネリスト・突撃芸人を担当していた。
  9. ^ 2012年9月 - 2012年11月は産休のためDJ michi(山村美智)が代理出演していた。
  10. ^ 2010年4月 - 2012年3月は「クルム重盛」として木曜日の曜日企画を担当していた。2012年4月 - 2012年9月は木曜日のパネリストを担当していた。
  11. ^ 2012年7月 - 2012年9月は木曜日の曜日企画を担当していた。
  12. ^ 2012年4月 - 2013年3月は木曜日のパネリストを担当していた。
  13. ^ 2010年4月 - 2014年3月は火曜日のパネリストを担当していた。
  14. ^ 2014年4月 - 2015年3月は金曜日の曜日企画を担当していた。
  15. ^ 2010年4月 - 2013年3月は月 - 金曜日の曜日企画、2013年4月 - 2014年3月は火・木曜日の曜日企画、2014年4月 - 2014年9月は木曜日の曜日企画、2014年10月 - 2015年3月は月曜日の曜日企画を担当していた。
  16. ^ 以前は町田浩徳(日本テレビアナウンサー)、水卜麻美(同)がナレーションを担当していた。
  17. ^ 2010年4月 - 2012年9月は木曜日の曜日企画、2012年10月 - 2013年3月は金曜日の曜日企画を担当していた。レギュラー出演からの降板後も「PON!ソチオリンピックキャスター(仮)」「PON!ワールドカップキャスター(仮)」として、「エンタメよーいPON!」や曜日企画に不定期出演している。
  18. ^ スタジオ出演はイーグル溝神のみ。
  19. ^ 「PON!PON!ポシュレ」の商品紹介も担当していた。月曜 - 木曜はメンバーの中から一人が日替わりで出演、金曜は全員が出演していた。なお、ポシュレ本編は録画であるが、Vanilla Moodの出演シーンは生放送であった。また、当日の出演者は番組のエンディングコーナーにも出演していた。
  20. ^ 坂下千里子が2010年11月から産休中だったため、12月までの2か月間代理出演していた。
  21. ^ 原則として松尾のみが突撃ロケに出ていた。
  22. ^ フジテレビアナウンサー。
  23. ^ 坂下千里子が2010年11月から産休中だったため、2011年1月・2月は1人ずつ交代でパネリストとしてスタジオに代理出演していた。
  24. ^ 小嶋陽菜はパネリストとして引き続きレギュラー出演している。
  25. ^ 2012年3月までは隔週金曜日出演。
  26. ^ DJ MICKEY(坂上みき)が2012年9月から産休中だったため、11月までの3ヶ月間代理出演していた。
  27. ^ 2010年11月 - 2010年12月は産休のため中山エミリが代理出演していた。
  28. ^ 以前はマイスタ前広場(雨天時はマイスタ内)で行われていた。
  29. ^ 以前は火曜日・木曜日→木曜日→月曜日に放送していた。
  30. ^ この際の紹介について、大木は「最新ニュースです、森さん、お願いします」、岡田は「報道フロアから最新ニュースです、森さん」と、コールの仕方が異なる。
  31. ^ 読売テレビでは、「11分間のハピネスタイム」を放送するようになってから、同コーナーの最後に「CMの後は視聴者プレゼント」という映像を流していた。
  32. ^ a b 大木・岡田が突撃芸人に無茶ぶりを振って締めることもある。
  33. ^ 番組オープニングテーマ曲「PON!のテーマ」も担当。
  34. ^ 深海・広海の変名。
  35. ^ 番組オリジナル曲。
  36. ^ 西田有沙小林よう麻倉みなのユニット。
  37. ^ 番組オリジナル曲。
  38. ^ 6名の候補者は久根崎貴子柴田愛実西田有沙小林よう飯島綺美麻倉みな
  39. ^ 「PON!」お天気お姉さんは戦隊もの?新メンバー披露 スポニチ 2014年4月4日閲覧。
  40. ^ 本来は2011年に第1回を開催する予定だったが、東日本大震災の影響で中止となっている。
  41. ^ 重盛が『めちゃ×2イケてるッ!』新メンバーオーディションに最終選考まで残ったため(その後『めちゃイケ』新メンバー入り)。
  42. ^ 日本テレビ|“耳の日”地デジ推進・字幕放送キャンペーン
  43. ^ 札幌テレビ青森放送ミヤギテレビ秋田放送山形放送福島中央テレビ山梨放送テレビ新潟テレビ信州北日本放送読売テレビ広島テレビ山口放送西日本放送南海放送福岡放送くまもと県民テレビ鹿児島読売テレビで特別にネットされた。このうち、青森放送・福島中央テレビは臨時ネットの期間が最も長く、3月31日までネットした(青森放送は28日のみ休止で、29日 - 31日は「PON!PON!ポシュレ」直前の11:10で飛び降り)。なお、テレビ岩手は独自の報道特番が放送されたため、東北地方で唯一ネットされなかった。その他の臨時非ネット局のテレビ金沢福井放送日本海テレビ四国放送高知放送長崎国際テレビでは、それぞれの自社製作の報道特番を放送。
  44. ^ 東阪企画
  45. ^ NHK有働アナ、日テレで民放初出演”. デイリースポーツ (2013年2月1日). 2013年2月2日閲覧。
  46. ^ PON!|2013/12/03(火)放送 | TVでた蔵
  47. ^ PON!|2013/12/05(木)放送 | TVでた蔵
  48. ^ PON!|2013/12/10(火)放送 | TVでた蔵
  49. ^ PON!|2013/12/12(木)放送 | TVでた蔵
  50. ^ PON!|2013/12/17(火)放送 | TVでた蔵
  51. ^ PON!|2013/12/19(木)放送 | TVでた蔵
  52. ^ 華原朋美「信用されて嬉しい」と号泣『PON!』月曜レギュラー決定を報告”. テレビドガッチ (2015年3月28日). 2015年5月18日閲覧。
  53. ^ おかデリ』の1コーナー「おかデリポシュレ」として放送。2011年3月16日から数日ほど東日本大震災時の緊急編成で番組そのものもネットしていた。
  54. ^ 「PON!PON!ポシュレ」のコーナーは「11分間のハピネスタイム」に差し替え、2013年9月3日から12日までの火曜 - 木曜にも臨時ネットを実施した。
  55. ^ 後発局のため、日本テレビで同時間帯に放送している『キユーピー3分クッキング』(NTV版)は長野県域局では放送されていない(CBC版が先発局のSBCで放送されているため)。前身「ラジかるッ×ポシュレ」は週1回の放送だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 平日10:25 - 11:25枠
前番組 番組名 次番組
PON!
(2010.3.29 - )
-
日本テレビ 月曜日 - 金曜日11:25 - 11:30枠
おまけのDON!
月曜 - 水曜11:25 - 11:30
ご存じですか
木曜金曜11:25 - 11:30
PON!(第1期)
(2010.3.29 - 2011.3.25)
ママモコモてれび
【本番組の内包番組に変更】
PON!(第2期)
(2014.4.1 - )
-
日本テレビ 木曜日21:54 - 22:00枠
miniPON!
(2011.4.14 - 7.28)
ミニ番宣番組枠

アグリンの家