PON!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PON!
Zero studio 2.jpg
番組の生放送が行われていた
日本テレビタワー・ゼロスタジオ
ジャンル 帯番組 / 情報バラエティ番組
演出 石村修司(総合演出)
出演者 ビビる大木(月・火・木)
岡田圭右(水・木)
青木源太
ほか
オープニング 「PON to the Future」
作曲:ヒャダイン
エンディング 参照
製作
プロデューサー 中谷聡、山本由緖ほか
小林景一(CP
スタッフを参照
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
放送開始から2011年3月25日まで
2014年4月1日から2016年3月25日まで
放送期間 2010年3月29日 - 2011年3月25日
2014年4月1日 - 2016年3月25日
放送時間 月 - 金曜日 10:25 - 11:30
放送枠 日本テレビ平日昼前の情報番組枠
放送分 65分
2011年3月28日から2014年3月31日まで
放送期間 2011年3月28日 - 2014年3月31日
放送時間 月 - 金曜日 10:25 - 11:25
放送分 60分
2016年3月28日から
放送期間 2016年3月28日 - 2018年9月27日
放送時間 月 - 木曜日 10:25 - 11:30
放送分 65分
miniPON!
放送期間 2011年4月14日 - 2011年7月28日
放送時間 木曜 21:54 - 22:00
放送分 6分

特記事項:
放送回数は全2046回。


PON!』(ポン)は、2010年3月29日から2018年9月27日まで日本テレビ中京テレビで毎週 - 木曜日[注 1]10:25 - 11:30(JST)に生放送されていた情報バラエティ番組である。ハイビジョン制作

概要[編集]

2010年3月26日まで平日10:25 - 11:25に放送されていた『おもいッきりPON!』の後継番組である。同年3月末まで平日11:25 - 11:30に放送されていた『おまけのDON!』(月曜 - 水曜)と『ご存じですか』(木曜・金曜)が終了した関係で、『おもいッきりPON!』から5分拡大された。

ラジかる!!』、『ラジかるッ』、『おもいッきりDON! 1025』、『おもいッきりPON!』同様に汐留・日テレタワー「ゼロスタジオ」からの放送となっている。

2011年3月28日から新番組『ヒルナンデス!』の開始に伴い、事前番組として平日11:25 - 11:30に『まもなく!ヒルナンデス!』が放送されることになったため(2012年3月まで、後番組は『ママモコモてれび』)、放送時間が『おもいッきりPON!』時代と同じ10:25 - 11:25に短縮された。なお、2014年4月1日より、3年ぶりに放送終了時刻が11:30になり、再び5分拡大するとともに、同年3月31日までの後続番組『ママモコモてれび』を本番組の11:10頃に内包した(『ママモコモ』は2016年3月31日放送分で終了)。

同年4月14日から7月28日まで、木曜21:54 - 22:00にミニ番組『miniPON!』が放送された(関東ローカル)。週替わりの一社提供番組で、毎週テーマを決めて雑談やゲームをしていた。当番組の生放送終了後に収録されていた。他の番組宣伝のため休止することがあった。

日本テレビ系列局の大半では、当番組の時間帯に、自社制作番組・系列外から購入した番組テレビショッピングの放送やドラマ・バラエティ番組の再放送を実施しており、当番組の同時ネットを常時実施している系列局は2局にとどまる。ただし、それ以外の系列局でも、大規模災害への対応や編成上の事情などで臨時ネットを実施することがある(後述)。

2015年10月5日の放送より、新MCに青木源太(日本テレビアナウンサー)が加わる[1]とともに、タイトルロゴやスタジオセットを一新(増田セバスチャンが監修)、ヒャダイン作曲によるテーマ曲「PON to the Future!」の採用、時刻表示のデザイン変更といった大リニューアルを実施。

2016年3月28日より月 - 木曜日の放送に変更、内容もエンタメ情報専門となり「エンタメ専門リサーチ情報まとめTV」として、芸能情報を軸にテレビ・映画・音楽・舞台・イベント・インターネット・スポーツ・アミューズメントパークなど、視聴者の関心の高いものに絞り込み、裏話などを紹介する[2]。なお、金曜日の後継番組として同年3月までは同日16時台前半の通販番組『女神のマルシェ』および、後半の長寿テレビアニメそれいけ!アンパンマン』を5時間25分前倒し[3]し、続く11:25からの5分間はミニ番組枠となった[2](2017年3月31日までは『アナQUIZ』を放送)。

当番組の非ネット地域でネット化を求める声も多く上がっていた[4]ほか、視聴者から「前座番組『スッキリ』の放送時間を縮小した上で、当番組を9:55開始(拡大)にしてほしい」[5][6]「金曜版を再開してほしい」「プロ野球読売ジャイアンツのコーナーを作ってほしい」[7]との意見も寄せられていた。

2018年9月27日をもって終了[8][9]、8年半の歴史に幕を下ろした(旧『おもいッきりDON!1025』→『おもいッきりPON!』時代(2009年3月30日 - 2010年3月26日)を含めると9年半)。後継番組として10月1日から『バゲット』を開始し、青木は同番組に続役となった[10]。また、当番組の終了と同時に、『汐留スタイル!』以来15年半に渡って続いたゼロスタジオからの生放送番組が消滅した[注 2][注 3]。なお、当番組で放送されていたコーナーの内、後座番組『NNNストレイトニュース』の告知コーナーや「日テレポシュレ」については『バゲット』でも引き続き放送されている。

出演者[編集]

(2018年9月27日番組終了時点)※肩書は最終出演時のもの。
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
MC
ビビる大木 岡田圭右ますだおかだ 岡田圭右
ビビる大木
青木源太日本テレビアナウンサー
パネリスト
増田貴久NEWS
関根麻里1[11]
澤部佑ハライチ
あらぽんANZEN漫才1[11]
辺見えみり
ロッチ
コカドケンタロウ中岡創一
小嶋陽菜
ヒャダイン
椿鬼奴
木下優樹菜
(日替わりゲストパネラー)[注 4]
芸人リポーター
カミナリ
竹内まなぶ石田たくみ
銀シャリ
鰻和弘橋本直
永野 ブルゾンちえみ with B
アナウンサー
山本紘之笹崎里菜
(両名とも、日本テレビアナウンサー)
[注 5]
その他レギュラー
大柳葵理絵(FRONT ROW編集長) 西岡健吾MAG!C☆PRINCE[12][注 6]
ザ・たっち(たくや・かずや)
お天気お兄さん
河井佑樹[13][注 7] 小澤廉[13] 元木聖也[13] 大城光(MAG!C☆PRINCE)[注 8][13]
最新のニュース
森富美(日本テレビアナウンサー)
日テレポシュレ
くわばたりえクワバタオハラ
遼河はるひ
(日替わりゲスト1〜2名)
児嶋浩次郎渡辺ミエコこにわ、ほか(商品説明担当)
栗田圭三石琴乃(ナレーション)
1 通常は隔週交代で出演するが、週によっては連続出演、もしくはそろって出演する場合もある。

不定期出演[編集]

座席順[編集]

各曜日ごとのMC・パネリストらの席順は以下の通り(ゲストなどの配置は除く)。

各曜日の着席順(メインテーブル席の左側から順。)
笹崎 山本 竹内・石田 青木 大木 増田 関根 澤部 あらぽん
笹崎 山本 鰻・橋本 青木 大木 辺見 コカド 中岡
笹崎 山本 青木 岡田 小嶋 ヒャダイン 永野
ブルゾン with B 青木 岡田 大木 木下 鬼奴

補足[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
  • 現在、木曜日は岡田と大木がダブルMCを務める(メインは岡田)。なお、以前は祝日の放送でダブルMCを務めていた(その他、祝日以外に特別回でダブルMCの場合もあった)。
  • 大木、岡田のどちらかが夏季休暇などにより出演しない場合、もう片方が1週間通しでMCを務める(その場合、木曜日も単独MCとなる)。
  • 青木が季節休暇(夏・冬・春)や出張などにより不在の場合、山本が代行でMCを務める。
  • この他、各曜日ともレギュラーパネラーに加え、ゲストパネラー1組が番組宣伝などの関係で出演することがある(ただし、トークコーナーには同席しない[注 9])。なお、ゲストパネラーは番組途中で退席するが、場合によってはエンディングまで出演することもある。
  • 日テレポシュレ」(2017年9月までは「PON!PON!ポシュレ」)では2017年3月までコーナー冒頭でお天気お姉さん(2016年10月より木曜日のみお天気お兄さん=西岡)が商品紹介を担当してからコーナー本編に入っていたが、お天気お姉さん廃止および「お笑い10秒LIVE!」新設に伴い商品紹介をやめ、そのまま本編に入る形となった。
  • 青木の衣装は冬場はカーディガン、夏場はベストを着用している。服の色はオレンジピンク水色など、放送日ごとに異なっている(ネクタイもその日の色に合わせる)が、特に着用する順番は決まっていない[注 10]。また山本も2016年以降はカーディガンおよびベストを着用(こちらもネクタイを色に合わせる)、主に青系の色(水色など)を着用していた[注 11]が、番組末期[注 12]はジャケット着用で出演した。
  • 番組では上述のレギュラー出演者は勿論の事、下記の過去のレギュラー出演者も総称して「PON!ファミリー」と呼んでいる。レギュラー以外にも、エンタメ取材(芸人突撃など)の登場回数やゲスト出演の常連となっている著名人などがファミリーに数えられることがある。自称「PON!心のレギュラー」であり「ジャニッPON!」顧問の二宮和也)を始めとして、市川海老蔵大泉洋[注 13]金子賢斎藤工武井咲中島健人Sexy Zone)、中村アン[注 14]菜々緒[注 15]松坂桃李山田裕貴といったような人気者の他、明石家さんま物真似で知られるほいけんたなどがそれに該当する。
  • 2018年1月以降、番組冒頭でのレギュラー出演者全員の氏名がスクロールで表示されている(ゲストなどは従来通り)。
  • 番組公式サイトのトップページにはレギュラー出演者の集合写真が掲載されており、各曜日ごとに交代で表示する(毎日0:00に更新)。なお、金・土・日曜日は木曜レギュラーの集合写真を掲載している[注 16]

歴代の出演者[編集]

※氏名、肩書はすべて出演当時。

タイムテーブル[編集]

(※2018年9月27日番組終了時点。ただし9月時点で休止中だったコーナーも含める)

時刻 コーナー 詳細
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
10:23.15 15秒予告アイキャッチ ゼロスタから、当日出演のレギュラー陣が放送内容を予告する。『スッキリ』(第2部)終了直後に放送。なお『スッキリ』(第2部)本編終了時刻の繰り上げ、繰り下げがあるため、それに伴い前後する。
10:25.00 オープニング映像 CGによるオープニングタイトルとオープニングテーマ曲(「PON of the Future」、作曲:ヒャダイン)に乗せてスタート。
10:25.15
  ↓  
11:08.59
オープニング 当日のMCとスタジオパネリストが、ゼロスタ内にスタンバイ。大木・岡田、青木が挨拶し、レギュラー出演者を紹介。フリートーク後、次コーナーを振る。なお、レギュラー出演者氏名のテロップ表示はスクロール状に連続して表示される(例「岡田圭右ますだおかだ・ビビる大木・青木源太日本テレビアナウンサー…」)。
また、冒頭からゲストがいる場合、ゲストを最初に紹介する。曜日企画後に、ゲストが出演する日本テレビ系列で放送予定の番組を紹介する。
※重大ニュースが発生している場合、一部および全体の番組内容を変更(オープニングおよびコーナーを短縮・休止)し、ゼロスタおよびニュースフロアから速報を伝える。
なお、以前はエンタメまとめ(下述)の後オープニングに(木曜日はタイトルの後そのまま)入っていた。
東京の空模様(中継・天気) 番組最末期(2018年9月現在)。山本が東京都内のスポットに出向き、現地から見所やおすすめグルメなどをリポートで紹介する(この際、ゼロスタの大木(または岡田)が山本に対して茶々を入れることがある)。[注 50]
中継先からの挨拶の後、気象予報士の奈良岡希実子が東京の天気の現況を解説し、前橋・東京・横浜名古屋のこれから3時間の気象予報を伝えた後、再度中継をつなぐ。
「今朝のゴシッPON!」 その日に届いた最新の芸能ニュースと、そのニュースにおける最新の裏事情などを紹介する。ただし芸能に限らず、スポーツなども扱う場合がある[注 51]
ジャニーズ事務所関連は「ジャニッPON!」として紹介される。[16]
複数のエンタメ情報をフラッシュで紹介する場合「まとめ」として、番組独自で様々な芸能人・著名人の動向を紹介する[注 52](なお、VTR右上には紹介番号および点数が表示される)。
エンタメ情報 今、気になるエンタメ情報を番組独自の目線で紹介する。曜日毎のレギュラー芸人や青木、ディレクターらが、注目の記事やイベントに登場したタレントへ放送前日に取材した模様や、番組独自でリポートした企画を放送する。
最新グルメ・トレンド情報(日替わり) 最新のトレンド・流行(人気グルメ、お役立ちグッズなど)や各都道府県アンテナショップの売れ筋商品のベスト5などを日替わりで紹介する。
日替わり企画 曜日毎に異なる中継・VTR企画が放送される。曜日によってはゲストを迎えることがある。
  • 月曜日「カミナリのビリビリする話」
カミナリが芸能人の元を訪れ、独特のツッコミと茨城弁を駆使した裏情報を紹介する。

  • 火曜日「銀シャリのほっかほっかトーク」
銀シャリが芸能人やスポーツ選手らの元を訪れ、最新の裏情報を紹介する。

  • 火曜日「海外セレブワイドショー ゴシッPON!」[注 53]
「FRONT ROW」編集長・大柳葵理絵が海外セレブに関する情報をベスト5形式で紹介する。

  • 水曜日「永野にお"シェー"て〜!」
永野が芸人ならではの独自の方法で、ゲストの元を訪れあらゆる情報を聞き出す。

  • 水曜日「山本マイク〜いま、会いたい人は?〜」
「青木マイク」の後継企画。山本が街頭などに出向き、街行く人々にインタビューを行い、今一番会いたい人とその人への思いについて聞く。

  • 木曜日「ブルゾンちえみのキャリアウーマンQ」
ブルゾンちえみ with Bが芸能人の元を訪れ、with Bの背中に貼られたカードにある質問からクイズ形式で裏情報を紹介する。

  • 木曜日「with B企画」
with B(コウジ・ダイキ)がおすすめのトレンド(スイーツ、美容など)を紹介する。コーナータイトルは内容により変わる。

  • 不定期「ボルサリーノ関の出張!開運飯食堂」
ボルサリーノ関好江が山本とともに、願いを叶えたい芸能人のもとへ出向き、関が運気を上げる食材を使った料理をふるまう。

  • 曜日不定「出張PON!マイク」[17]
番組最末期(2018年9月現在)。日本テレビ系でその日の夜(ゴールデンプライム枠)に放送される番組の収録現場に「PON!」の飾り付きマイクを置き、出演者に直撃質問する。
「PON!PON!話そう フェニックスの部屋」 レギュラー陣とゲストによるトークコーナー。
通常はパネラー席の反対側にあるトークセット「フェニックスの部屋」(フェニックスを模したバルーンセット)で行うが、ゲストパネラーがトークゲストも兼ねている場合、パネラー席で行うこともある。
※ただし、特別企画を行う場合など、当日の番組進行により休止する場合もある。
11:10.30 NNNストレイトニュース 報道フロアから森富美が『NNNストレイトニュース』から最新ニュース3項目を簡潔に伝える(このうち1項目を映像付きで紹介する)[注 54]。最後に「この後のストレイトニュースで詳しくお伝えします」と挨拶し終了。

このコーナーを以て中京テレビは実質飛び降り。(番組表上は11:25まで)

11:13.00 「たっちのチェック!チェックチェック!」 【ローカル枠扱い】
ザ・たっちが企業を訪問し、注目の新製品を紹介する。[注 55]
11:15.00 「お笑い10秒LIVE!」 【ローカル枠扱い】
各曜日レギュラー芸人(カミナリ、銀シャリ、永野、ブルゾンちえみ With B)が10秒間という短い時間でネタを披露する。
11:15.10 日テレポシュレ 【ローカル枠扱い】
通販コーナー[注 56]
11:26.30 最新の天気予報
視聴者プレゼント紹介
エンディング
【ローカル枠扱い[注 57]
出演者全員がゼロスタ前に集合[注 58]し、お天気お兄さんが気象庁11時発表の関東地方[注 59]の最新の天気予報を伝える(番組最終期の2018年9月は映画『3D彼女』とコラボレーションを行った)。
天気に続けて、視聴者プレゼントを紹介する[注 60]
最後にフリートークの後「明日もPON!」という大木・岡田の掛け声で締める[注 61]
また、年末の岡田担当最終日(年度により、最終放送日の場合もあった)には、岡田が新年の干支ギャグを発表して締めるのが定例となっていた。
11:28.00 CM(ステブレ) 11:30.00 『NNNストレイトニュース』に続く。

過去のコーナー[編集]

使用楽曲[編集]

歴代オープニングテーマ[編集]

  • 初代:2010年3月29日 - 2014年3月28日:「Hooked On Dixie」
  • 2代目:2014年3月31日 - 2015年10月2日:「PON!のテーマ」/作曲・中田ヤスタカ
  • 3代目:2015年10月5日 - 2018年9月27日:「PON to the Future」/作曲・ヒャダイン

番組ジングル[編集]

『PON!』歴代ジングル
使用期間 歌手名・ユニット名
2010年3月29日 - 2010年6月25日
2010年6月28日 - 2010年10月1日 PE'Z
2010年10月4日 - 2010年12月28日 たむらぱん
2011年1月4日 - 2011年3月25日 KG
2011年3月28日 - 2011年7月1日 SPECIAL OTHERS
2011年7月4日 - 2011年9月30日 土岐麻子
2011年10月3日 - 2011年12月28日 Rake
2012年1月4日 - 2012年3月30日 井手綾香
2012年4月2日 - 2012年6月29日 在日ファンク
2012年7月2日 - 2012年9月28日 ORANGE RANGE
2012年10月1日 - 2012年12月28日 奥華子
2013年1月4日 - 2013年3月29日 南波志帆
2013年4月1日 - 2013年6月28日 ヒャダイン
2013年7月1日 - 2013年9月30日 シシド・カフカ
2013年10月1日 - 2013年12月26日 赤い公園
2014年1月6日 - 2014年3月28日 WEAVER
2014年3月31日 - 2014年9月30日 中田ヤスタカCAPSULE[注 71]
2014年10月1日 - 2014年12月26日 大原櫻子
2015年1月5日 - 2015年3月27日 [Alexandros]
2015年3月30日 - 2015年6月30日 大森靖子
2015年7月1日 - 10月2日 DJみそしるとMCごはん
2015年10月5日 - 2018年9月27日 ヒャダイン

歴代エンディングテーマ[編集]

出来事[編集]

(※注 出演者の肩書、宣伝対象番組などは当時)

2010年[編集]

  • 3月29日) - 新番組『PON!』としてスタート。
  • 5月16日) - スピンオフ番組として日本テレビ系の番組宣伝を行う『ばんせんだPON!』が13:20 - 14:00に放送された(関東ローカル)。
  • 6月25日) - 占いのコーナー「トリプルラッキー」がこの日を以て終了した。
  • 7月15日(木) - 2009年4月より月曜日 - 木曜日に放送していた福岡放送は同日でネットを終了(当初、夏休み期間限定としていた自社制作番組『お得にDON!』およびバラエティ番組再放送枠『ナツバラ!』を『アサバラ!』に改称し、9月以降も継続)。
  • 10月1日(金) - Vanilla Moodが番組を卒業。プレゼントコーナーの演奏はこの日をもって終了した。
  • 12月28日(火) - スピンオフ番組として日本テレビ系の年末年始の番組宣伝を行う『年末年始はコレを見ろ! 豪華芸能人に突撃だPON!』が17:00 - 17:50に放送された。

2011年[編集]

  • 1月4日(火) - 静岡第一テレビがネットを開始した( - 2014年3月28日)。
  • 2月20日(日) - スピンオフ番組として『日曜だPON!』が15:00 - 16:25に放送された(関東ローカル)。なお、産休中だった坂下千里子がこの回で復帰し、直前まで放送されていた『タケダスポーツスペシャル 第2回横浜国際女子マラソン』中継班の杉上佐智枝(日本テレビアナウンサー)に代わってMCを務めた。
  • 3月3日(木) - 耳の日ということで本番組含め当日の同局系の全国ネットの生番組の全てでリアルタイム字幕放送が実施された[37]
  • 3月14日週 - 番組全編を3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の報道を中心に充て、普段ネットされていない地方局でも放送された[注 75]。オープニングはなし。3月18日 - 21日に日本テレビで開催予定だったイベント『春のPON!祭り』は中止されることが番組内で発表された。なお、3月14日は11:01に福島第一原子力発電所事故3号機水素爆発発生のため11:14で本番組を打ち切り、これ以降『情報ライブ ミヤネ屋』開始の13:55まで、『PON!』臨時非ネット局を含めてノーCMで『NNN報道特別番組』を放送した。さらに、3月15日から3月25日までは『NNNストレイトニュース』にステブレレスで接続した。
  • 3月28日(月) - 放送2年目に突入。リニューアルを行い、出演者・コーナーを一部変更した。また、平日11:25 - 11:30に『まもなく!ヒルナンデス!』が放送されることになったため、放送時間が『おもいッきりPON!』時代と同じ10:25 - 11:25に短縮された。番組内で放送されていた「PON!×NNNストレイトニュース」のコーナーは4月4日より再開した。
  • 5月28日) - 日テレ系ecoウィーク期間中に放送される特別番組の宣伝を行うスピンオフ番組『ecoPON!』が16:00 - 17:00に放送された(関東ローカル)。
  • 9月30日(金) - 前番組『おもいッきりPON!』と合わせて2年間MCを担当してきた杉上佐智枝(日本テレビアナウンサー)が産休のために一時降板(2013年4月より復帰)。

2012年[編集]

  • 8月20日(月) - 銀座で行われたロンドンオリンピック日本代表メダリストによるパレードを生中継した。この時の関東地区視聴率は番組歴代3位となる7%を記録、同じくこのパレードの生中継を実施したフジテレビ『ノンストップ!』(4.8%)を中継技術(5カメ、5マイクロ)・内容・獲得視聴率でも大きく引き離した[38]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

  • 3月6日(金)の生放送中、中継場所のマイスタジオ前で仕切りの柵が崩れ、この日ゲストとして生歌を披露した舞祭組の応援に来ていたファン3人が転倒し軽傷を負った[46]
  • 3月30日(月) - スピンオフ番組として、日テレ系の春の新番組およびPON!新年度レギュラーのPR特番『よるPON!』が「日テレプッシュ」(1:40 - 2:40、関東ローカル)枠にて放送された。
  • 7月5日(日)、10月3日(土) - スピンオフ番組として、日テレ系の新ドラマのPR特番『ドラマだPON!』を放送。7月5日は14:15 - 16:00に放送された(『日曜スペシャル』枠、関東ローカル)。10月3日は13:30 - 15:05に放送された[注 77]
  • 10月5日週 - この週から新たに青木源太(日本テレビアナウンサー)が番組MC陣に加入[1]。タイトルロゴ、テーマ曲の変更およびスタジオセットや内容の一新など、大幅なリニューアルを実施。

2016年[編集]

  • 3月25日(金)をもって金曜日の放送を終了。翌週以降、金曜日レギュラーの小嶋陽菜ヒャダイン朝比奈彩はいずれも水曜日レギュラーへ移動(朝比奈は9月28日放送で卒業)。
  • 3月28日(月)より週4日放送に[3]リニューアル、「エンタメ専門リサーチ情報まとめTV」として大刷新[2]。これまで月 - 水曜MCを担当していた大木は月・火・木曜MCに、同じく木・金曜MCを担当していた岡田は水・木曜MCに担当を変更。これにより木曜日はダブルMCが務める形となる。新レギュラーとして、月曜日に矢沢心、木曜日に木下優樹菜が加入[2]、さらに木曜日レギュラーだった辺見えみり、火曜日レギュラーだった椿鬼奴が曜日交換で移動。
  • 5月11日(水)より水曜日担当お天気お姉さんとして、眞木美咲パメラ(ファッションモデル)がこの日から登板(9月28日放送で卒業、翌週10月5日より木曜日担当の三浦優奈(タレント)が水曜日担当となる)。
  • 9月29日(木)の放送をもって、第1回放送から約6年半[注 78]DJを務めたDJ MICKEY(坂上みき)が勇退。また『ラジかるッ』から引き継がれてきた突撃芸人枠も廃止となった。
  • 10月6日(木)より、番組初の「お天気お兄さん」として、中京圏で活動する男性アイドルグループ・MAG!C☆PRINCEの桃色担当・西岡健吾が木曜日担当としてこの日の放送から登板[12]

2017年[編集]

  • 1月5日(木) - この日をもって中京テレビが11:25以降のネット取り止め[注 79]
  • 3月29日(水) - この日の放送をもって、水曜担当のお天気お姉さんを務めた三浦優奈[注 80]が番組卒業。なお、後述の通り翌週から「お天気お兄さん」枠を設立するのに伴い、『ラジかるッ』から引き継がれてきた「お天気お姉さん」はこの日をもって廃止。三浦が番組最後のお天気お姉さんとなった。
  • 4月3日週 - 番組放送8年目に突入、この週からレギュラー出演者を一新。パネリスト枠は月曜が矢沢心の後枠に澤部佑が入った以外変動なし。また、前年9月までの突撃芸人枠を「芸人リポーター」枠として復活、水曜日担当の永野に加え新メンバーが加入(カミナリ銀シャリブルゾンちえみ with B)。さらに、気象情報担当キャスターは引き続き木曜を担当する西岡に加え、各曜日男性1名ずつを起用、これで全曜日「お天気お兄さん」となる[47][48][49][50]
  • 4月19日(水) - この日をもって、小嶋陽菜(水曜日レギュラー)がAKB48を卒業[注 81]、同日夜の卒業公演を前に心境を語った。なお、小嶋の卒業により、番組開始時からいたAKB48現役メンバーのレギュラー出演者は一人もいなくなった(卒業後もレギュラー出演は継続)。
  • 10月2日(月)より、前週で卒業した華原朋美[51]の後枠となる月曜日新レギュラーとして、関根麻里あらぽん(ANZEN漫才)の両名が加入、隔週交代でパネリストとして出演[11][注 82](初日は2名揃って出演した)。

2018年[編集]

  • 5月8日(火) - この日の放送より、日本テレビ系列で放送する番組の最新情報を紹介する新コーナー「日テレ1週間」を開始。
  • 7月9日(月) - 放送2000回を達成した[52]
  • 9月24日27日 - 番組最終週は、約8年半の放送の名場面や、過去の企画の復刻版などを放送。週通し企画として、ザ・たっちの代名詞となった天カメ中継企画「天カメ教室 ちょっとウケたい授業」(2010年3月28日 - 2013年3月29日、月・火・金曜日)を約5年ぶりに復活、1週間にわたり汐留日テレタワー前広場から生中継を実施した[53][54]

付記事項[編集]

お天気お姉さんオーディション[編集]

日本テレビ初の試みとして、2011年4月からの「お天気コーナー」を担当するお天気お姉さんをSNSサイトFacebook」を通じて募集した。2012年以降も同様のオーディションが行われた。

  • プロアマを問わない動画投稿オーディションで、過去の例として、2011年は自己紹介とお天気原稿読み、特技実演をまとめた2分以内の動画を受け付けた。2012年は自己紹介とお天気原稿読み、一人芝居原稿読みをまとめた2分以内の動画を受け付けていた。
  • 動画投稿オーディションを通過した6名の候補者は2011年3月10日の「お手を拝借! 手相でスッPON!」に出演し、当日2次審査が行われた[注 83]
  • 2013年度までは3人だったが、2014年度は曜日ごとに5人が担当していた。それぞれにキーカラーとキャラクターを連想させる気象イメージを付け、また番組を飛び出し、ユニットとしてイベント出演なども展開した[55]2015年度は再び3人に戻った。
  • なお、2016年度はFacebookによる募集は行わず、非公開でオーディションを実施。同年度は曜日ごとに4人が担当していた(10月から木曜日「お天気お兄さん」として西岡健吾が加入したため1名減り[注 84]、末期は3人となった)。
  • 2017年度からお天気コーナーは各曜日とも男性が担当となり「お天気お兄さん」へ移行したため、2016年度限りでお天気お姉さんは廃止となった。

春のPON!祭り[編集]

番組連動のイベントとして、2012年から2015年まで、毎年3月下旬に『春のPON!祭り』と題したイベントを汐留・日テレプラザにて開催していた[注 85]

  • 本イベントでは番組の公開生放送の=ほか、1日2回(土・日曜は3回)のステージライブや、日本テレビ系人気番組のアトラクションなども実施していた。入場は無料(ただしライブは整理券が必要)だった。

PON!カレー[編集]

PON!カレー」は、本番組と大塚食品ボンカレー」とのコラボレーション(同社による監修)により制作・発売されたカレー。日テレ関連会社の日本テレビサービスが発売し、日テレのオフィシャルグッズショップ「日テレ屋」やインターネット通販サイト「日テレ屋Web」で販売されていた。

2013年12月に番組内で行われた企画で試食等を重ね、その後商品化し、2014年より発売した。

「PON!カレー」には甘口と辛口の2種類があり、甘口(パッケージは黄色で、大木の写真入り)には海苔佃煮、辛口(パッケージは赤色で、岡田の写真入り)には辛子明太子をそれぞれ使用(賞味期限は2016年3月)。2015年末で発売を終了した。

お笑い数うちゃPON![編集]

2015年8月3日から12月25日まで行われた、視聴者参加によるお笑い芸人応援企画。月〜木曜まで、若手芸人1組が日替わりで登場しネタを競うもので、投票でネタの面白さに応じて得点(単位は「PON!」)が加算されるものであった。4日間で最も高得点を出した芸人がその週のチャンピオンとなり、金曜日の放送では週間チャンピオンが再出演しネタを披露する。

  • 投票にはパソコンスマートフォンおよびデータ放送から参加する方式で、一人3PON!まで投票可能。データ放送は2015年11月2日より新たに追加された。なお、投票参加者はその日の視聴者プレゼントへの応募が可能となる。
  • 総合得点は各日エンディングにて、天気予報の後に大木・岡田から発表される。
  • また、月末の最終金曜日には最終週を含む優勝芸人各組による「月間チャンピオン大会」を開催。2015年10月までは各週優勝芸人4組がそのまま月間チャンピオン大会に出場していたが、11月からは上述の投票方式変更に伴い、芸人が優勝した週の金曜日に12,000PON!以上獲得すれば月間チャンピオン大会の出場権を得る方式となった(最終月となった同年12月は獲得者が1組も出なかったため、開催はなくなった)。
  • また、隔週金曜日の放送後に今後出場する芸人を選ぶ抽選会が行われていた[注 86]
  • 2015年12月18日放送では初の同点決勝(同一週に2組が同じ得票数でトップ)が行われた。
月間チャンピオン大会優勝芸人
優勝芸人 所属事務所 備考
2015年 8月 ANZEN漫才 浅井企画
9月 西村ヒロチョ よしもとクリエイティブ・エージェンシー
10月 BBゴロー トップカラー
11月 カトゥー マセキ芸能社
12月 (なし) 各週優勝芸人が12,000PON!以上獲得出来なかったため。

ネット局[編集]

『PON!』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送開始日 備考
関東広域圏 日本テレビ
(NTV)
日本テレビ系列 月曜 - 木曜
10:25 - 11:30
2010年3月29日 - 『PON!』制作局
2016年3月25日までは月曜 - 金曜。
2011年3月28日から2014年3月31日までは10:25 - 11:25。
中京広域圏 中京テレビ
(CTV)
月曜 - 木曜
10:25 - 11:25[注 79]
[注 87]
2014年4月1日から2017年1月5日までは10:25 - 11:30。
  • 当番組の非ネット局においても、「ラジかるッ×ポシュレ」時代からの流れで「日テレポシュレ(平日昼版)」のみが以下の一部地方局にネットされている。逆に中京テレビのように、『PON!』ネット局でも「PON!PON!ポシュレ」をローカルコーナーに差し替える局もあった。過去にネットしていた読売テレビは、自社通販番組『ビートップスでお買物』や『11分間のハピネスタイム』(番組PRおよび中谷しのぶ〈読売テレビアナウンサー〉による視聴者からのメッセージ紹介コーナー)を放送。
  • 大規模災害への対応などで、通常は当番組をネットしていない一部の局にも臨時ネットする場合もある。なかでも、2011年3月14日から31日までの間、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の被害・影響で、上記2局と当時本番組をネットしていた静岡第一テレビのほか、一時的にネットした局もあった。なお、2016年4月の熊本地震においては、本番組の臨時ネットは行われなかった。
『日テレポシュレ』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間
愛媛県 南海放送
(RNB)
日本テレビ系列 土曜
11:55 - 12:55内[注 88]

過去のネット局[編集]

『PON!』過去のネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送期間 備考
福岡県 福岡放送
(FBS)
日本テレビ系列 月曜 - 木曜
10:25 - 11:30
2010年3月29日 - 7月15日
近畿広域圏 読売テレビ
(ytv)
火曜 - 木曜
10:25 - 11:25
2013年10月1日 - 12月5日 「PON!PON!ポシュレ」のコーナーは「11分間のハピネスタイム」に差し替え。
2013年9月3日から12日までの火曜 - 木曜にも臨時ネットを実施した。
静岡県 静岡第一テレビ
(SDT)
月曜 - 金曜
10:25 - 11:25
2011年1月4日 - 2014年3月28日 本番組ネット当時の表記は「だいいちテレビ」(現:Daiichi-TV)。
[注 76]
『PON!PON!ポシュレ』(現『日テレポシュレ(平日昼版)』)過去のネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送期間
長野県 テレビ信州
(TSB)
日本テレビ系列 金曜
11:45 - 11:55[注 89]
(2010年4月まで月曜 - 金曜)
2010年3月29日 - 9月24日

スタッフ[編集]

  • 総合演出:石村修司(2018年6月4日 -、2017年12月4日 - 2018年5月31日まではP、以前はVTR監修→一時離脱)
  • 演出:望月理充(月、2017年6月5日 - )、伊藤光明(火、2017年6月6日 -、一時離脱)、宮崎俊彦(水、2016年11月30日までは水曜、2017年3月28日までは火曜演出)、星野克己(木、2017年12月7日 - )(望月以外→以前はディレクター)
  • 構成:カツオ、佐藤満春(佐藤→以前は金曜担当)(毎日)、はっしー橋本、大塚泰博(月)、大名祥子(火、大名→以前は水→木曜担当)、タムケン(水、2017年12月6日-)、倉野満(木、以前は金曜担当)
  • 監修:藤好耕(2018年6月 - 、2015年5月29日までは総合演出、6月1日 - 2016年11月30日まではP►一時離脱)
  • TM:吉松耕司
  • SW:高田憲一、高野信彦、加賀屋博史、岩本茂、黒木貴博、松嶋賢一、早川智晃
  • CAM:中村哲也、荻野高康、日向野崇、福田伸一郎、高野信彦、小林豊、中村佳央、米謙一、村上和正、西阪康史、早川智晃、東武志、榎本丈之、松嶋賢一、津野祐一、濱川和人、井出善彦、渡辺滋雄、三井隆裕、米田博之、佐藤友孝、加美山稔、岩永雄允、伊藤孝浩、岡田勇輝、横田将宏、池田純也、高木亮
  • MIX:勝又理行、林英毅、宮内貞、大島康彦、滝口祐造、原秀彰、藤雅樹、辻直哉、高木哲郎、小原正広、山田値久、三石敏生、櫻田勝博、池田正義、加賀金重郎、川合亮、伊藤義典、小境健太郎、青山禎矢
  • VE:八木一夫、菅谷典彦、岩間知行、小野敏之、鈴木雄仁、三山隆浩、斉藤孝行、三崎美貴、矢田部昭、佐久間治雄、飯島友美、塩原和益、天内理絵、佐藤大心、笈川太、山口考志、石野太一、茅野温子、牛山敏彦、舘野真也、石山実、小澤郁彌、久野崇文、鈴木昭博、斎藤航行、高橋卓、沼田広美、山内理絵、星勇次、渡邊佳寛、田口徹、佐藤勝義、小峰祐司、江頭恭二、矢込宏敬、柳澤圭佑(以前は中継TD)、吉崎慶、佐藤聡一、古手川大、狩野博貴、中村晋也、杉本裕治、鈴木裕美、向山江梨佳、竹内萌江
  • LD:長島美夫(長嶋義夫)、安井雅子、谷田部恵美、井口弘一郎、佐野広之、藤山真緒、大矢幸男、内藤晋、名取考昌、上北直、大川俊行、千葉雄、宮田千尋、小笠原雅登、小川勉、粂野高央、高橋明宏、木村弥史、山崎光男、木村明、下平好実(下平好美)、坂口尚実(坂口尚真)、佐々木康雄、加藤恵介、真壁弘、高橋正彦、吉野一(吉野義)、高星武志、荻野谷徹、池長正宏
  • 技術協力:NiTRo
  • 美術協力:日テレアート
  • 音響効果:杉山謙一郎、岡崎宏、橋本いづみ、橘哲夫
  • TK:奈良里美、竹島祐子、伊村佳恵、山際慎子、長坂真由美
  • 美術:三浦昭彦
  • デザイン:熊崎真知子
  • 美術装飾:増田セバスチャン
  • 音楽協力:日本テレビ音楽
  • CG協力:アイヴリックスタジオ
  • 協力:4Cast.co.jp.
  • 制作協力:AX-ON東阪企画、GOOD JOB
  • 報道デスク:藤井潤、中丸由子
  • 芸能デスク:小川和宏、鈴木政裕(鈴木→以前はディレクター►水・金曜担当AP►火・水・金曜担当P►月曜担当AP兼務)、手塚真顧(2017年12月4日-)、妹尾和夫(2018年6月4日 - )
  • 宣伝:畠山直人(一時離脱►復帰)
  • AP:谷香奈美(毎日、2017年12月4日-、2017年6月1日-11月30日までは毎日デスク)
  • デスク:角田沙織(月・水、以前は月・水・金曜担当)、砂金房枝(火・木)
  • ディレクター:
    • 月曜日:島林誠太朗、久保佑斗、山根真樹、齋藤美里(齋藤→以前は毎日D)、板垣雅斗、井原絢、田中元貴、土師恭子
    • 火曜日:梶山飛博、中村克之、大平莉加、齋藤奈奈(齋藤奈→一時離脱►復帰)、金澤賢史、山本史剛、島袋みさと(島袋→一時離脱►復帰)、井原絢
    • 水曜日:時田和典、成瀬祐太、居垣寿典(居垣→一時離脱►復帰)、飯島航、千葉智亮、長友彩景(長友→一時離脱►復帰)、大平莉加、島袋みさと、赤坂祐貴
    • 木曜日:井上公志、松下貴之、森本裕亮、畑中真治、田中元貴、斎藤悠哉、萩原翔樹、平林淳(平林→一時離脱►復帰)
  • PON!PON!ポシュレプロデューサー:鬼丸尚(2018年6月4日 - )、里村匡史(2017年12月5日 -、一時離脱→復帰)、椿美貴(一時離脱→復帰)
  • プロデューサー:中谷聡(2017年6月1日 - )、山本由緖(2018年6月4日 - )、高田耕作、吉田安宏、三門綾子(三門→以前はAP)、山崎千絵(2018年6月4日 -、以前はAP→一時離脱)、藤永京子[毎日]
  • チーフプロデューサー:小林景一(2018年6月4日 - )
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 総合演出:田中裕樹(2015年6月1日 - 2018年5月31日)
  • 演出:新井規郎(月、2016年3月23日まで水曜演出→以降2017年5月末まで月曜演出)、村田真之(水、2016年3月25日まで火・金曜演出→11月29日まで火曜演出→2017年5月末まで水曜演出)、狩野丈志(木、2016年3月24日まで月・木曜演出→以降2017年11月30日まで木曜演出)(全員→以前はディレクター)
  • 構成:高梨武志(火)、外山信行(水、以前は木曜担当)、今関ちなつ(木)、坂本茜(金)
  • TM:小椋敏宏、石渡敏幸、坂東秀明
  • 音響効果:中山和人
  • TK:橋本美幸
  • 美術:大川明子
  • 中継TD:川村朋秀、小沢俊博、夏目一得(夏越一徳)、篠原昭浩、川村雄一、中濱央友、東條和人、正井祥二郎
  • 中継CAM:八木原輝、原島伸光、村田陸彦、岩倉康宏、出野裕史、山内新太、村田義晴
  • PR→宣伝:向笠啓祐、柳沢典子、松榮大、立柗典子
  • AP:仲田恵一、松本真生(松本→以前はデスク►月〜木曜担当AP►月・水・木曜担当P►火〜木曜担当AP)、齋藤智美(2017年6月1日 - 11月30日)
  • 制作進行:浜武由衣(月・火、以前はディレクター)
  • デスク:安永美和、志村美果、井上喜子
  • 報道デスク:宇佐美理、岸田雪子、片谷直子
  • 芸能デスク:高安彰、木村和也、藤田梨奈、才野雅彦(才野→以前はAP►一時離脱►復帰)
  • ディレクター:切田美伸、佛田珠美、氣賀澤宏隆、古賀浩一、宮良純子、菊池豪、比良かおり、竹田阿弥乃、今井晶子、関まほろ、山越由貴、岸田直子、中村浩士、増田友加里、山本紗智子、城美幸、高橋秀与、小堀紘枝、保田美里、下川翔平、大沼慶太、吉濱明秀、滝川義子、坂本春菜、村上宗義、山内夢子、藤森和彦(山内・藤森→毎曜日D)、今村健二、小舩井悠輔、星恵美子、中島慶一郎、渡邊洋介、平田啓志、松下理、山口亞里永、斉藤良大、高山利成、飯塚尊、金秀智、安部雅史、松浦巧晃、佐藤伸一(佐藤→一時離脱►復帰)
  • PON!PON!ポシュレプロデューサー:清水美菜子、小串理江(小串理恵)、細谷祥子(細谷詳子)、及川千津、小林拓弘、久保田誠、筒井亥彦(筒井→一時離脱►復帰)、竹葉信太郎(竹葉→2016年6月2日 - 2017年5月)、土田健太(2017年6月1日 - 11月、一時離脱►復帰)、中村博行(2017年12月4日 - 2018年5月)
  • プロデューサー:中西太、安彦真利江、白川大介、貝山京子、菅結子(菅→以前はAP)、杉本光一朗(杉本→2016年6月1日 - 11月30日)、脇山浩一(脇山→2015年6月1日 - 2017年5月31日)、松本浩明(松本→2016年12月1日 - 2017年5月31日)、池田潔美、小野元(小野→以前は芸能デスク)、武井泉、小嶋清美、大田貴史、神崎裕子、三浦顕太郎、布瀬和夫
  • チーフクリエイター:西山美樹子
  • ラインプロデューサー:宮木宣嗣(以前はプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:岡田泰三、鈴江秀樹、染井将吾[注 90]、森田公三[注 91]、小松良徳[注 92]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 番組開始から2016年3月までは金曜日も放送。
  2. ^ 但し、『汐留スタイル!』は開始当初、麹町旧本社のマイスタジオから放送されていたため、厳密には14年7か月となる。
  3. ^ 後継番組『バゲット』はマイスタジオから放送されている。
  4. ^ 普段はゲストパネラー枠は設けていないが、日本テレビで放送される番組をはじめ、映画・演劇・CD・著書・イベントの宣伝等の関係で出演する事例がある。出演は主に1名だが、2名出演する場合もある。
  5. ^ 2018年7月以降は空席となっているが、尾崎里紗郡司恭子などのアナウンサーがVTRナレーションを担当する場合がある。2018年8月30日の放送では杉野真実が出演した。
  6. ^ 「今週の注目ワード」では「Yahoo!検索ランキング」で紹介されなかった注目ワードの紹介を担当していた。2016年10月 - 2018年3月は木曜日お天気お兄さんを担当、クイズコーナーアシスタントも兼務していた。なお、2017年3月までは通販商品紹介も兼務していた。
  7. ^ 名前が似ている競艇選手とは別人。
  8. ^ クイズコーナーにも出演。
  9. ^ 例外として、2015年12月18日(金)にゲストパネラーとして出演した高橋みなみ(当時AKB48)はトークコーナー(ゲスト:MAX)とエンディングまで全コーナーに同席した(高橋はこの回、著書「リーダー論」の宣伝のために出演した)。同日に限り、当時金曜日レギュラーだった小嶋陽菜とのセット出演となった。
  10. ^ 2018年7月には月曜日レギュラーの増田貴久から5色ジャケットを進呈され(カラーはNEWSのメンバーカラー4色に、青木にちなんで青をセンタリングしたもの)、稀に特別回などで勝負服として着用していた。月曜最終日(2018年9月24日放送)[14][15]および最終回(2018年9月27日放送)でも着用した。
  11. ^ 稀に、青系以外を着用する場合もあった。
  12. ^ 山本は2018年6月から7月までワールドカップロシア大会の取材へ行っており、ロシア取材からの帰国後が該当する。
  13. ^ 大泉は番組の取材に関していつも「めんどくさい」と言うことで知られるが、取材には時々ギャグを交えたりしながら応じている。
  14. ^ 笹崎と出身大学が同じ。
  15. ^ 2018年1月23日放送で笹崎が突撃取材して以来、女性としての生き方に惚れ込んだ笹崎が師と慕うようになり、以来「菜々緒姉さん」と呼んでいる。
  16. ^ ただし4・10月の改編後の新レギュラーを加えた集合写真が出来ていない場合は集合写真完成までの間、大木・岡田・青木のスリーショット写真を掲載する。
  17. ^ スタジオ出演はイーグル溝神のみ。
  18. ^ 「PON!PON!ポシュレ」の商品紹介も担当していた。月曜 - 木曜はメンバーの中から一人が日替わりで出演、金曜は全員が出演していた。なお、ポシュレ本編は録画であるが、Vanilla Moodの出演シーンは生放送であった。また、当日の出演者は番組のエンディングコーナーにも出演していた。
  19. ^ 坂下千里子が2010年11月から産休中だったため、12月までの2か月間代理出演していた。
  20. ^ 原則として松尾のみが突撃ロケに出ていた。
  21. ^ 現:フジテレビアナウンサー。
  22. ^ 出演当時:AKB48メンバー。
  23. ^ a b ノースリーブスとして出演。
  24. ^ a b c 坂下千里子が2010年11月から産休中だったため、2011年1月・2月は1人ずつ交代でパネリストとしてスタジオに代理出演していた。
  25. ^ 現・シェーン
  26. ^ 現・ザ ツネハッチャン
  27. ^ 2012年3月までは隔週金曜日出演。
  28. ^ DJ MICKEY(坂上みき)が2012年9月から産休中だったため、11月までの3ヶ月間代理出演していた。
  29. ^ 元:ぼれろ(ツッコミ担当)
  30. ^ 現・チェルシーリナ
  31. ^ 2010年11月 - 2010年12月は産休のため中山エミリが代理出演していた。
  32. ^ 現:株式会社ナターシャ取締役会長。
  33. ^ a b 現・タイーク
  34. ^ 体調不良により降板(相方の金井貴史は引き続き出演)。
  35. ^ 2010年10月から2012年3月までは「クルム重盛」として出演。
  36. ^ 担当当時:日本テレビアナウンサー。
  37. ^ 2013年7月までAKB48メンバー。
  38. ^ 2015年4月 - 5月は「座敷ボウラー」として出演していたが、相方の和田佑が途中降板したため、以降は「座敷ボウラー金井」として出演。降板後青年タイアップを経て、現在はタイークとして再びコンビ活動している。
  39. ^ 2012年9月 - 2012年11月は産休のためDJ michi(山村美智)が代理出演していた。
  40. ^ 相方のくわばたりえは2017年4月以降も引き続き担当。
  41. ^ 元:東海ラジオアナウンサー。
  42. ^ 2014年4月 - 2016年3月は中岡創一のみ特集コーナーも兼務。
  43. ^ GOSSIPS」編集長を務めた後、現:ウェブマガジン「FRONT ROW」編集長。
  44. ^ 2014年4月 - 2015年9月までは水曜日のパネリスト、2015年10月から2016年3月までは木曜日の特集(月1回、最終週)を担当していた。海外セレブ関連の大型スクープ発生時は、コメンテーターとして出演する場合もある。
  45. ^ 2017年4月19日までAKB48メンバー。
  46. ^ 2010年4月 - 2011年3月のみ、ノースリーブスとして出演。
  47. ^ 2015年10月5日よりオープニングテーマ「PON to the Future」も担当。その前には2013年4月 - 6月期のジングルも担当していた。
  48. ^ 青木が不在の場合、代理でMCを担当した。
  49. ^ 相方の小原正子は2017年3月で降板、以後はくわばたが単独で引き続き担当。
  50. ^ 2018年9月17日放送(日比谷公園で開催の「東京和牛ショー」から中継)では郡司恭子がリポートを担当した。
  51. ^ 大相撲関連については、NNN取材のニュース映像や報道写真などはそのまま使用するが、取組の映像については権利上の都合で使用できず、力士ソフビ人形を使用して取組を再現していた(番組末期にはほとんど行われなくなった)。
  52. ^ 2018年6月まで、月曜日「あの人の金・土・日」、火曜日「日テレ1週間」、水曜日「イケメンまとめ」と、各曜日ごとにテーマを設けていたが、構成変更により終了した。
  53. ^ 2015年10月 - 2016年3月は木曜日(月1回、最終週)に放送していた。
  54. ^ 月〜金曜時代はゼロスタでの紹介(2015年7月まで大木は「最新ニュースです、森さん、お願いします」、岡田は「報道フロアから最新ニュースです、森さん」とそれぞれコールの仕方が異なっていた)に続いて、報道フロアにつないでいた。
  55. ^ 2015年4月 - 2016年3月は金曜日に放送していた。また2016年9月までは11:23 - 24に放送していた。
  56. ^ 2017年9月28日までは『PON!PON!ポシュレ』のタイトルだった。
  57. ^ 2017年1月5日まではネット局(中京テレビ)向けの飛び乗り点だった。
  58. ^ 天候不良時、および不測の事態が予想される場合はゼロスタ内で行われることがある(ただし、お天気お兄さんは通常と同様ゼロスタ前から登場する)。
  59. ^ 2017年1月5日までは全国の天気予報を伝えていた(現在は番組構成により『ストレイトニュース』の前に行う場合のみ、全国予報を伝える)。
  60. ^ プレゼント紹介の際、お天気お兄さんがバック転などの回転技を披露しながら合図するのが慣例となっている。
  61. ^ 大木・岡田が無茶ぶりを振って締めることがある。
  62. ^ 2015年10月上旬〜中旬のみ「クロちゃんのアイドル日記」だった。
  63. ^ a b 以前はマイスタ前広場(雨天時はマイスタ内)で行われていた。
  64. ^ 2015年8月から12月まで、月末の最終金曜日は「お笑い数うちゃPON!・月間チャンピオン大会」のため休止となっていた。
  65. ^ 以前はデータ放送連動企画を実施していた。
  66. ^ この日のゲストは石井竜也
  67. ^ 2017年3月までは『あのニュースで得する人損する人』。2018年9月13日番組終了。
  68. ^ 以前の担当番組(『スッキリ!!』など)のリポートVTRなど。
  69. ^ 2017年12月放送の「得損甲子園・30分スピード料理バトル」にて実況を行った。
  70. ^ 読売テレビでは、「11分間のハピネスタイム」を放送するようになってから、同コーナーの最後に「CMの後は視聴者プレゼント」という映像を流していた。
  71. ^ 番組オープニングテーマ曲「PON!のテーマ」も担当(2015年10月2日まで)。
  72. ^ 深海・広海の変名。
  73. ^ a b 番組オリジナル曲。
  74. ^ 西田有沙小林よう麻倉みなのユニット。
  75. ^ 札幌テレビ青森放送ミヤギテレビ秋田放送山形放送福島中央テレビ山梨放送テレビ新潟テレビ信州北日本放送読売テレビ広島テレビ山口放送西日本放送南海放送福岡放送くまもと県民テレビ鹿児島読売テレビで特別にネットされた。このうち、青森放送・福島中央テレビは臨時ネットの期間が最も長く、3月31日までネットした(青森放送は28日のみ休止で、29日 - 31日は「PON!PON!ポシュレ」直前の11:10で飛び降り)。なお、テレビ岩手は独自の報道特番が放送されたため、東北地方で唯一ネットされなかった。その他の臨時非ネット局のテレビ金沢福井放送日本海テレビ四国放送高知放送長崎国際テレビでは、それぞれの自社製作の報道特番を放送。
  76. ^ a b 本番組打ち切りから3年後の2017年4月3日より自主制作ローカル番組『マルシェア』(月曜 - 金曜 10:25 - 10:55)を放送開始。
  77. ^ 当日は札幌テレビ、福岡放送、くまもと県民テレビへもネットされた。また10月10日(土)15:30 - 16:00に『ドラマだPON!特別編』が放送された(同日は札幌テレビへもネットされた)。
  78. ^ 前身番組の『おもいッきりDON!』時代を含めると約7年半。
  79. ^ a b 11:25 - 11:55枠にローカル情報番組を編成するため(2017年1月9日から2018年3月30日まで『キャッチ!ブランチ』を放送し、2018年4月2日から『ストライク!』を放送開始した)。
  80. ^ 2016年4月 - 9月は木曜日を担当(クイズコーナーアシスタントも兼任)していた。
  81. ^ 4月19日は小嶋の誕生日である。
  82. ^ 関根・あらぽん両名とも浅井企画所属である。
  83. ^ 6名の候補者は久根崎貴子柴田愛実西田有沙小林よう飯島綺美麻倉みな
  84. ^ 5月11日から水曜日を担当した眞木美咲パメラが9月28日で降板、木曜日担当だった三浦優奈が水曜日へ移動。
  85. ^ 本来は2011年に第1回を開催する予定だったが、東日本大震災の影響で中止となっている。このため1年遅れる形で開始となった。
  86. ^ 抽選会については各日、コーナー終了時に告知されるが、開催当日は抽選会場から中継が入ることもある。
  87. ^ 番組開始当初から金曜日は非ネット(『おもいっきりPON!』時代の2010年1月以降)。また、祝日若しくは不定期に1週間から2週間ほど当番組をネットせず、ジャパネットたかたなどのテレショップや再放送・告知番組に差し替える場合がある。
  88. ^ サタデリ』の1コーナー「おかデリポシュレ」として放送。2017年3月24日までは『おかデリ』(金曜 15:53 - 16:50内)で放送されていた。2011年3月16日から数日ほど東日本大震災時の緊急編成で番組そのものもネットしていた。
  89. ^ 後発局のため、日本テレビで同時間帯に放送している『キユーピー3分クッキング』(NTV版)は長野県域局では放送されていない(CBC版が先発局のSBCで放送されているため)。前身「ラジかるッ×ポシュレ」は週1回の放送だった。
  90. ^ 2015年6月1日-2016年5月31日まで担当。
  91. ^ 2016年6月1日-2017年5月31日まで担当。
  92. ^ 2017年6月1日-2018年5月31日まで担当。

出典[編集]

  1. ^ a b “青木源太アナ10月から「PON!」帯司会”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2015年9月22日). http://www.news24.jp/articles/2015/09/22/08310317.html 2015年9月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d “「PON!」刷新 エンタメに特化!矢沢心&優樹菜が新パネラー”. スポーツニッポン. (2016年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/27/kiji/K20160327012286860.html 
  3. ^ a b それいけ!アンパンマン:初の午前10時台へ放送時間がお引越し「PON!」は月~木に 毎日新聞デジタル 2016年2月22日発行、同日閲覧。
  4. ^ PON!のP
  5. ^ アナBAR,2017年12月8日
  6. ^ アナBAR,2018年2月12日
  7. ^ アナBAR,2018年3月28日
  8. ^ “日テレ平日午前強化で「PON!」9月末打ち切り”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年7月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807300000451.html 2018年7月29日閲覧。 
  9. ^ 10・1から日テレ系「PON!」後番組「バゲット」 尾崎&青木アナが司会”. ライブドアニュース (2018年8月28日). 2018年8月28日閲覧。
  10. ^ 日テレ:「PON!」終了で10月から新番組 青木源太&尾崎里紗アナが…”. マイナビニュース (2018年8月28日). 2018年8月28日閲覧。
  11. ^ a b c “関根麻里『PON!』月曜パネラーに就任 婚約発表のあらぽんと隔週出演”. ORICON STYLE. オリコン. (2017年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2098154/full/ 2017年10月2日閲覧。 
  12. ^ a b “マジプリ西岡健吾、『PON!』初の“お天気お兄さん”就任で意気込み「精一杯頑張ります!」”. オリコン. (2016年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2077837/full/ 
  13. ^ a b c d “小澤廉と元木聖也が「PON!」お天気お兄さんに”. ステージナタリー. ナタリー (ナタリー). (2018年3月14日). https://natalie.mu/stage/news/273480 2018年3月29日閲覧。 
  14. ^ PON!のPさんのツイート(2018年9月24日)
  15. ^ PON!のPさんのツイート(2018年9月24日)
  16. ^ 青木 源太「ジャニッPONの流儀」 アナウンスルーム「Relay Essay」(日テレ公式)、2018年4月12日
  17. ^ PON! 岩田剛典&杉咲花に突撃! 2018/09/05(水)10:25放送” (日本語). TVでた蔵. 富士ソフト株式会社. pp. 1-2 (2018年9月5日). 2018年9月5日閲覧。
  18. ^ PON! 鈴木伸之(秘)半裸動画&愛用品を生披露!深田恭子VSブルゾンちえみ 2017/11/23(木)10:25放送 TVでた蔵
  19. ^ “新曲「Party」、日本テレビ系 「PON!」2月エンディングテーマに決定!”. (2016年1月30日). http://www.katahirarina.com/news/848 2016年2月3日閲覧。 
  20. ^ “日本テレビ系「PON!」3月エンディングテーマに新譜『FOUCUS』より「All the freaks around me!」が決定!!!”. (2016年3月1日). http://goodwarp.jp/schedule/detail.php?id=1039482 2016年3月2日閲覧。 
  21. ^ 日本テレビにて放送の「PON!」4月度のエンディング曲に【Good Morning】に収録の”In My Face”が選出!!”. SALUオフィシャルサイト (2016年4月3日). 2016年4月5日閲覧。
  22. ^ http://punpuncircle.com/
  23. ^ 『DREAMS』収録「Dream Beach Sunset」日本テレビ系TV番組 「PON!」7月エンディングテーマに決定!”. Czecho No Republicオフィシャルサイト. 2016年7月6日閲覧。
  24. ^ 三森すずこさんの新曲「FUTURE IS MINE」が日本テレビ系「PON!」8月エンディングテーマに”. ミルキィ通信局 (2016年8月1日). 2016年8月2日閲覧。
  25. ^ 日本テレビ系「PON!」11月エンディングテーマに「cloudy irony」決定!”. 徳間ジャパンコミュニケーションズ (2016年10月31日). 2016年11月4日閲覧。
  26. ^ 「ソリに乗って」が日本テレビ系「PON!」12月エンディングテーマに決定しました!”. LINE BLOG (2016年11月30日). 2016年12月1日閲覧。
  27. ^ オルタニカオフィシャルサイト「NEWS」
  28. ^ 3rdシングル「はじまるきせつ」が日本テレビ系「PON!」2月エンディングテーマに決定! さくらしめじオフィシャルサイト、2017年2月1日閲覧
  29. ^ “フレンズ「塩と砂糖」が「PON!」EDテーマに、MV公開”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年3月25日). http://natalie.mu/music/news/226007 2017年4月3日閲覧。 
  30. ^ 「PON!」7月エンディングテーマに新作EPから"SLACKER"が決定! Homecomings公式サイト、2017年7月4日閲覧
  31. ^ THE CHARM PARK、新曲「Starry」が日テレ『PON!』8月エンディングテーマに決定提供:SPICE(スパイス)/Music.jpニュース、2017年07月28日(8月1日閲覧)
  32. ^ News of Blue Peppers Official Website
  33. ^ ​新曲「好き=ダサい」が 日本テレビ系「PON!」 2月エンディングテーマに決定​​ 万里慧official HP、2018年1月31日発信
  34. ^ 3ヶ月連続デジタル配信第2弾「春の嵐」配信決定! UEBOオフィシャルサイト、2018年2月28日発信、3月1日閲覧
  35. ^ 日本テレビ系「PON!」7月エンディングテーマに「Beautiful」が決定! 清水翔太Official Site Inforamation、2018年6月27日発信、7月17日閲覧
  36. ^ 「ヒカリグライダー」が 日本テレビ系「PON!」8月エンディングテーマに決定! The Super Ballオフィシャルサイト、2018年7月27日発信、8月1日閲覧
  37. ^ 日本テレビ|“耳の日”地デジ推進・字幕放送キャンペーン
  38. ^ 東阪企画 - ウェイバックマシン(2012年10月20日アーカイブ分)
  39. ^ NHK有働アナ、日テレで民放初出演”. デイリースポーツ (2013年2月1日). 2013年2月2日閲覧。
  40. ^ PON!|2013/12/03(火)放送 | TVでた蔵
  41. ^ PON!|2013/12/05(木)放送 | TVでた蔵
  42. ^ PON!|2013/12/10(火)放送 | TVでた蔵
  43. ^ PON!|2013/12/12(木)放送 | TVでた蔵
  44. ^ PON!|2013/12/17(火)放送 | TVでた蔵
  45. ^ PON!|2013/12/19(木)放送 | TVでた蔵
  46. ^ “日テレ番組生放送中に柵崩れ、ファン3人打撲 「舞祭組」が楽曲披露中”. 産経ニュース. (2015年3月6日). http://www.sankei.com/affairs/news/150306/afr1503060033-n1.html 2016年1月19日閲覧。 
  47. ^ “ブルゾンちえみ with Bら「PON!」新レギュラー発表 イケメン“お天気お兄さん”にも新顔現る”. モデルプレス. (2017年4月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1675579 2017年4月1日閲覧。 
  48. ^ “ブルゾンちえみ:PON!に新加入 情報番組初レギュラーで「with B」とリポーターに”. MANTAN WEB (毎日新聞デジタル). (2017年4月1日). https://mantan-web.jp/2017/04/01/20170331dog00m200045000c.html 2017年4月1日閲覧。 
  49. ^ “『PON!』新芸人リポーターにブルゾン、カミナリ、銀シャリら”. ORICON STYLE (オリコン). (2017年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2088469/full/ 2017年4月1日閲覧。 
  50. ^ “カミナリ、銀シャリ、ブルゾンちえみ with Bが「PON!」リポーターに”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年4月1日). http://natalie.mu/owarai/news/226914 2017年4月1日閲覧。 
  51. ^ “華原朋美『PON!』レギュラー卒業「いい思いをさせていただきました」”. ORICON STYLE (オリコン). (2017年9月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2097838/full/ 2017年9月27日閲覧。 
  52. ^ PON!のP(2018年7月9日のツイート)
  53. ^ PON!のP(2018年9月24日のツイート)
  54. ^ PON! ラストウィークSP ジャニッPON!総集編 2018/09/24(月)10:25放送” (日本語). TVでた蔵. 富士ソフト株式会社. p. 1-3 (2018年9月24日). 2018年9月24日閲覧。
  55. ^ 「PON!」お天気お姉さんは戦隊もの?新メンバー披露 スポニチ 2014年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 平日昼前の情報番組枠
前番組 番組名 次番組
PON!
(2010.3.29 - 2018.9.27)
日本テレビ 月曜日 - 木曜日10:25 - 11:25枠
おもいッきりPON!
PON!
(2010.3.29 - 2018.9.27)
バゲット
日本テレビ 金曜日10:25 - 11:25枠
おもいッきりPON!
PON!
(2010.4.2 - 2016.3.25)
女神のマルシェ
※10:25 - 10:55
【5時間25分繰り上げ】
それいけ!アンパンマン
※10:55 - 11:25
【5時間25分繰り上げ】
日本テレビ 月曜日 - 木曜日11:25 - 11:30枠
おまけのDON!
月曜 - 水曜11:25 - 11:30
ご存じですか
木曜11:25 - 11:30
PON!(第1期)
(2010.3.29 - 2011.3.24)
【5分短縮して継続】
ママモコモてれび
【本番組の内包番組に変更】
PON!(第2期)
(2014.4.1 - 2018.9.27)
【5分拡大して継続】
バゲット
日本テレビ 金曜日11:25 - 11:30枠
PON!(第1期)
(2010.4.2 - 2011.3.25)
【5分短縮して継続】
まもなく!ヒルナンデス!
ママモコモてれび
【本番組の内包番組に変更】
PON!(第2期)
(2014.4.4 - 2016.3.25)
【5分拡大して継続】
日本テレビ 木曜日21:54 - 22:00枠
miniPON!
(2011.4.14 - 7.28)