ブルゾンちえみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルゾンちえみ
生年月日 (1990-08-03) 1990年8月3日(27歳)[1]
出身地 岡山県[1]岡山市[2]
身長 155cm[1]
方言 岡山弁
最終学歴 岡山県立岡山大安寺高等学校卒業 島根大学教育学部中退
出身 ワタナベエンターテインメントカレッジ2015年9月卒業)
トリオ名 ブルゾンちえみ with B
芸風 漫談コント
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2015年 -
同期 セクシーチョコレートきょどり親方
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴

ブルゾンちえみ1990年8月3日 - )[1]は、日本のお笑いタレント女優ワタナベエンターテインメントに所属し、所属プロダクションの後輩にあたるコージとダイキから成る2人組ユニット「ブリリアン」とのユニットで「ブルゾンちえみ with B」の名で登場することも多い。

来歴[編集]

1990年 - 2015年:生い立ち、芸能界入り[編集]

1990年8月3日に岡山県で生まれた[1]。父は地元・岡山県の小学校教員[4]、祖父は地元農協の幹部、祖母は幼稚園教員[5]。小学生・中学生時代は常にクラスの盛り上げ役で、小学生の頃から同級生とお笑いコンビを組んでクラスなどの場を盛り上げていたことがあった[5]岡山県立岡山大安寺高等学校(現: 岡山県立岡山大安寺中等教育学校[6]を卒業。教員を目指し、島根大学教育学部に入学。大学時代のゼミは加藤寿朗ゼミ(加藤教授は後に教育学部の副学部長になっている)[7]。しかし、大学は3年で中退した[4]。帰郷してしばらくは実家に滞在し、地元・岡山の劇団で活動した後、大阪の音楽専門学校に進み[8]、大阪で歌の活動を始めた[9]

大阪で活動していた当時、友人がワタナベエンターテインメントカレッジを受験すると聞いて2013年に一緒に上京し、同校に入学した。しかし、自身は歌手ではなくタレントの方を勧められ、バラエティタレントコースに入った。その中で、ネタの授業があったのをきっかけに、ネタ作りに興味を持った。お笑いライブを手伝ったのをきっかけに、「芸人」のかっこよさに惹かれ、芸人になることを決めた。同校を2015年9月に卒業した[10]後、ワタナベエンターテインメントに正所属となり、同年中にデビューした。ワタナベコメディスクール21期と同期扱いとなった。芸名の名付け親は、同じ事務所の先輩・はなしょーの杵渕はな。自分の芸名で悩んでいた時に初めて杵渕に会い、「ブルゾンちえみっぽい!」という簡単なノリで3秒で決まったという[8][11]。なお、ブルゾンというのは英語フランス語で、"blouson" と書く[注 1]

2016年 - 2017年:お笑い芸人としてのブレイク、女優デビュー[編集]

テレビの地上波初出演は『パチFUN!』の「爆笑!芸人魂!」コーナー(2016年2月3日 - 2月24日放送、テレビ愛知長野放送テレビ埼玉千葉テレビサンテレビ群馬テレビとちテレ三重テレビ北陸朝日放送びわ湖放送[12][13][14][15]。その後、2017年1月1日に日本テレビぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』に「ブルゾンちえみ with B」として出演し、優勝した。これをきっかけにテレビやメディアへの出演を増やしている。2017年のR-1ぐらんぷりで初の決勝進出。決勝ファーストステージCブロックに登場したブルゾンはキャリアウーマンネタを披露したが、ネタを途中で飛ばしてしまい。「お茶の間投票」では最多の44%を集めたが、審査員票は伸びずファストステージ敗退[16][17][18]2017年4月、放送されたフジテレビの連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』において主要キャストのひとりとして女優デビューした[19]。、『VOGUE JAPAN』の2017年5月号にブリリアンと共に、80年代バブルを追体験するスペシャル特集に掲載された[20]。2017年3月、第24回東京ガールズコレクション2017SPRING/SUMMERに出演。『人は見た目が100パーセント』の共演者桐谷美玲水川あさみ成田凌町田啓太と共にランウェイに登場した。ブルゾンはその後、成田と町田を従えてキャリアウーマンネタを披露した[21]2017年8月、with Bとは別の5人組ユニット「Royal Flush」を結成。同年8月11日LINE LIVEで初お披露目された[22]。 2017年8月26日〜27日に放送された24時間テレビ日本テレビ)のマラソンランナーとして完走した[23]。 2017年12月1日、『ユーキャン新語・流行語大賞2017』に「35億」がトップ10を受賞した[24]

芸風[編集]

漫談コント。前髪を切り揃えている[25]。メイクはコシノジュンコをリスペクトし[4]、外国のSNSのインスタグラムを参考にしているという[8]キャリアウーマン外科医デザイナーなどの社会人女性キャラになりきり、ダンスやパフォーマンスを入れながら恋愛が苦手な女性たちに向けて上から目線でアドバイスをするというネタを持つ[4]。同じ事務所所属の後輩コンビ・ブリリアン[26]ワタナベコメディスクール23期生出身[27])を"with B" として従えて披露するネタも多い[28]。ちえみ自身が、外国のアーティストが複数の男性をはべらせて踊っているのを一度はやってみたいと思って、同じ事務所の後輩の中で「一番“シュッ”とした感じ」と思ったブリリアンに声をかけた[8]。ブリリアンは事務所ライブなどにおいては、「ファッショナブルパフォーマー」などとも紹介されているが[29]、彼らの「モテますエピソード」などのネタを見ても「全然そう思えなかった」ので「正直、最初はこの2人のことが嫌いだった」とのことである[30]

ネタのレパートリーには「キャリア・ウーマン」[28]、「彼氏のお願いに仕方なく答えています」[29]、「我慢してても、出ちゃうものは、出ちゃうんです。」[31]、「つける、つけない、で昨晩彼氏と揉めました」[32]、「筋肉のゴールデンタイム」[33]、「命を狙われる女スパイ、極秘任務遂行中」[34]などがある。「体が動くのと一緒にピチッとなるので、こういう感覚が大事」としてタイトスカートを舞台衣装にしている[35]。「キャリア・ウーマン」のネタの中で使用している曲は、オースティン・マホーンダーティ・ワーク」である[8]Youtubeの動画を見ていくうちにこの曲のミュージックビデオを関連動画で見つけ、これがオフィスの設定ということだったので、この雰囲気でネタをやりたくて選曲したと言っている。台詞に於いての語呂はとても気にしているとのこと[35]

本人曰く、ネタを作るのが得意ではなくネタ見せの時もいつもギリギリの時まで出来ず、キャリアウーマンのネタの場合も、そのコンセプトと「ダーティ・ワーク」の選曲を決めたのはネタ見せ当日の朝であり、ネタの流れはネタ見せの会場入りしてから自分の出番までに考えたという切羽詰まった状況だったとのこと。ウケはしたが、自信のネタではなく「こんなネタを見せてしまった」というような罪悪感があったが先輩たちの評価が良かったなどのことから徐々に自信を持つようになっていった[30]

この他に「他にセレブが言いそうな一言シリーズ」がある[36]。ネタによってはフリップを持ちながらパフォーマンスをする[31]

評価[編集]

オリコンは、1980年代清水ミチコに始まり、渡辺直美キンタロー。に至る物真似・顔真似系、2000年代に入り登場した友近柳原可奈子横澤夏子など一人コントによって演じられるキャリアウーマン、女医、教師、主婦、妊婦など普通に存在する女性を題材にしたネタ、2016年バブル時代のOLネタでブレイクした平野ノラなど女性ピン芸人に脈々と受け継がれるパロディ芸の系譜を繋ぐ存在と評価した[37]お笑い評論家ラリー遠田は、同性に支持されやすい女性ピン芸人の特徴の1つとして「女性である自分を明るく楽しく肯定するような力強さのある(芸人)」という点を挙げ、その典型として渡辺直美と共にブルゾンちえみの名前を挙げた[38]TechinsightJapanは、ブルゾンちえみの強みとして「見たら忘れないインパクトと女性が羨ましいと感じる魅力」「海外アーティストに詳しくそのミュージックビデオを見てネタの参考にしていること」の2点を挙げている。一方、弱みとして「突然(話を)振られた時の返し」を挙げており、ネタの様な知性的で洒落たオチで返せるようになるとそれが彼女の大きな強みになるのではないかと指摘した[39]

伊集院光は、自身がお笑い芸人であることから好き嫌いは関係なく「お笑いの構造はある程度は分かる」と前置きした上で、ブルゾンちえみは「あまり分からない」とし、彼女からは「作られたニオイ」と「『エンタの神様』のニオイ」がすると発言。加えて、渡辺直美、平野ノラ、ゆりやんレトリィバァといったウケている女性芸人を合成して作られた「ケミカル臭」もすると指摘。更に、後方で踊っているブリリアンを「事務所がきちんと用意している感」があると持論を述べた[40]ライタードラァグクイーンエスムラルダはブルゾンの「高飛車なキャリアウーマン」ネタ、どことなくドラァグクイーン感もあるメイク、私生活の恋愛事情、with Bの使い方など男性同性愛者の心の琴線に触れる要素が多いため、ブルゾンは彼らに高い人気を得ていると語っている[41]。また、2017年1月1日の『ぐるナイ!おもしろ荘』で共演したもりせいじゅは「ブルゾンのウケ方が尋常ではなかった。なので自分もその陰に隠れて、思ったほど(この番組きっかけの)反響が無く、(同日の)おもしろ荘に出演した他の芸人はみんな「戦死した」と言っている」と語っている[42]

情報サイトモデルプレスは、女性を中央に、2人の男性を両脇に携える配置が「ブルゾンちえみ With B」として浸透したことで有名人の間で軒並みコラボが繰り広げられていると指摘。ブリリアンを他の男性有名人に置き換えたり[注 2]、また、ブルゾン不在の場合でも女性1人、男性2人いればパロディが可能である[注 3]ことから、同サイトは "with B" のポジションには「無限の可能性がある」とコメントした[47]

ブルゾンは音楽業界にも影響を与えた。彼女がネタ披露時に使用しているオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」は、ネタ披露での注目度の上昇により2017年2月27日付のBillboard Japan Hot 100総合シングルチャートで第8位を獲得[48][49]Billboard JAPANによると、日本国内における「ダーティ・ワーク」の動画週間再生回数は2月20日付の約47.5万回(実数475,956回)から2月27日付では前週比約730%上昇し約347万回(実数3,477,183回)を記録、急伸している[48]。これに対してマホーンが直接ブルゾンのtwitterに感謝のツイートを送った。ブルゾンも自身もこれに興奮してブログで報告している[50]。その後、2017年4月23日付の日テレ系バラエティ番組「行列のできる法律相談所」において、サプライズという形でオースティン本人との共演を果たした[51]

人物[編集]

妹がいる[52]。小学生・中学生時代は常にクラスの盛り上げ役で、小学生の頃から同級生とお笑いコンビを組んでクラスなどの場を盛り上げていた[5]。元々当時からお笑いが好きで、チュートリアル福田ファンの友人に誘われて地元岡山の三丁目劇場に行って以来、お笑いライブをよく見に行くようになった[52]

特技は、西洋占星術[36]。また、アルバイト先での影響からインド人ネパール人スリランカ人が見分けられる[36][9]。また、ネパール人3人と交際したことがある[53]。趣味は、日々の生活で見たコケティッシュなものを撮ってその写真をInstagramに載せること[54]洋画鑑賞(ヒューマン的作品、ラブストーリー[54] 邦画はあまり観ない[55])、海外メイク研究[54]ウィル・スミスについて詳しい[56]。洋画などで観る、海外セレブのやかましさを好む[57]。また、レオナルド・ディカプリオの演技が好きだが、真剣に演じているつもりでも見ていると格好良過ぎて笑ってしまうという[8]。メイクでリスペクトしているコシノジュンコには2016年8月に直接会うことが出来、褒めの言葉をもらってこれで自信が付いたという[4]。映画『GANTZ』にハマっていたのがきっかけで、2012年頃にはのファンクラブに入っていた[58]

週に1度は花を買っている[54]英会話教室に通っている(2017年時点)[54]。実家でネコを6匹飼っている[59]英検2級の資格有り[60]。スポーツは、父親が陸上の指導者だったこともあって、中学生・高校生時代は部活は陸上部で[5]長距離走3000m5000m10000m)を10年間やっていた[61]。陸上をやっていたことから、中学生の頃は腹筋が割れていたとのことだが、大学入学後およそ2年で今に近いような体形になったという証言がある[5]。大学生1年生の時はラグビー部のマネージャーをしていたが[62]。大学2年生の時から陸上部に入部している[7]

出演[編集]

テレビ[編集]

  • PON!(2017年4月6日 - 、日本テレビ) - 木曜レギュラー、ブルゾンちえみ with Bとして出演[63][64][65]
  • 人は見た目が100パーセント(2017年4月13日 - 6月15日、フジテレビ) - 佐藤聖良 役
  • 24時間テレビ40(2017年8月26日 、日本テレビ系) - 当日発表のチャリティーランナー(90km完走)。
  • 内藤大助の大冒険 大いなる道をゆく(NHK BSプレミアム) - ナレーション
    • 第1回 「馬で駆けろ! 勇者の道」(2017年11月1日)
    • 第2回 「水の迷宮 夢を運ぶカヌー」(2017年11月8日)
    • 第3回 「激流を乗り越えろ! 欲望の道」(2017年11月15日)
    • 第4回 「先住民の知恵が生きる大河」(2017年11月22日)
    • 第5回 「大地に刻まれた鉄道の記憶」(2017年11月29日)
    • 第6回 「黄金のラストフロンティア」(2017年12月6日)

CM[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ちえみはSNS上では日本語ローマ字表記で "Buruzon" とつづっているが、オースティン・マホーンとのCD "Dirty Work Blouson Chiemi Remix" では、原語通りの "Blouson" が採用されている。
  2. ^ 例えば東京ガールズコレクションで披露された「with成田凌&町田啓太[43]日本テレビの特別番組で披露された中島裕翔小山慶一郎を従えた「with J」[44]など。
  3. ^ 例えば、映画「ひるなかの流星」の山本舞香三浦翔平白濱亜嵐の3人は「ブルゾンまいかwith S&A」という動画を映画の公式Twitterに投稿[45]連続ドラマ東京タラレバ娘」の吉高由里子は役名にちなみ「ブルゾンりんこ」として共演の鈴木亮平坂口健太郎を携えた写真を披露している[46]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ブルゾンちえみ”. ワタナベエンターテインメント. 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ 2017年7月19日放送 ヒルナンデス!”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2017年7月19日). 2017年8月29日閲覧。
  3. ^ 吉岡里帆、ブルゾンちえみなど、VOGUE JAPAN Women of the Year 2017決定!”. VOGUE JAPAN. コンデナスト・パブリケーションズ (2017年11月24日). 2017年11月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(226)】上から目線のいい女。謎の女性芸人、ブルゾンちえみ”. サンケイスポーツ (2016年12月22日). 2017年1月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e 女性自身 2017年6月6日号 p.46 - 47
  6. ^ 【岡山】ブルゾンちえみの母校、岡山大安寺中教校・中村 県大会初完全試合”. スポーツニッポン (2017年7月18日). 2017年7月31日閲覧。
  7. ^ a b ぴったんこカン・カン 2017年11月10日(金)”. gooテレビ (2017年11月10日). 2017年11月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 日経エンタテインメント! 2017年3月号「今月のコンテンツガイド」p.95
  9. ^ a b 注目の女芸人が登場! #ナベラジ #soraxniwa”. ソラトニワFM (2016年12月3日). 2017年1月2日閲覧。
  10. ^ ブルゾンちえみtwitter 2015年9月26日(2017年1月2日閲覧)
  11. ^ 9/15 ニューカマーフライデーナイト”. 【お笑いコンビ】はなしょー 山田しょうこ ブログ (2015年9月16日). 2017年2月2日閲覧。
  12. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月3日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  13. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月10日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  14. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月17日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  15. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月24日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  16. ^ ブルゾンちえみ、R-1初決勝でネタ飛んで涙…中盤で突然言葉に詰まる”. デイリースポーツ (2017年2月28日). 2017年3月2日閲覧。
  17. ^ ブルゾンV候補ブルゾンちえみ悔し泣き ネタ飛ぶミスで敗退”. 日刊スポーツ (2017年3月1日). 2017年3月2日閲覧。
  18. ^ 決勝”. R-1ぐらんぷり2017 公式サイト. 2017年3月2日閲覧。
  19. ^ ブルゾンちえみ、女優デビュー!桐谷&水川と女子力ゼロ理系女子に”. SANSPO.COM (2017年3月14日). 2017年3月14日閲覧。
  20. ^ “ブルゾンちえみ with Bと“バブル”体験「違和感ゼロ」と話題 女らしさの秘訣「妙に納得」の声も”. モデルプレス. (2017年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1674900 
  21. ^ ““ブルゾンちえみ with 成田凌&町田啓太”に興奮の嵐<TGC2017 S/S>”. モデルプレス. (2017年3月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1673527 
  22. ^ ブルゾンちえみが新ユニット「Royal Flush」結成”. デイリースポーツ (2017年8月10日). 2017年9月4日閲覧。
  23. ^ ハフィントンポスト (2017年8月26日). “ブルゾンちえみさん、24時間テレビのランナーに決定(UPDATE)”. モデルプレス. http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/26/24hours-tv_a_23186244/ 2017年8月27日閲覧。 
  24. ^ 流行語大賞は「忖度」&「インスタ映え」 - トップ10に「35億」「ひふみん」など
  25. ^ "ブルゾンちえみ" 2017年ブレイクの予感 大島優子もツボって「おもしろ荘」優勝”. モデルプレス (2017年1月1日). 2017年1月2日閲覧。
  26. ^ ブリリアン”. ワタナベエンターテインメント. 2017年2月15日閲覧。
  27. ^ WCS 23期選抜7組っ!”. ワタナベエンターテインメント (2016年3月1日). 2017年1月2日閲覧。
  28. ^ a b Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『ブルゾンちえみWith"B"「キャリア・ウーマン」』
  29. ^ a b Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「彼氏のお願いに仕方なく答えています」』
  30. ^ a b ブルゾンちえみ「キャリアウーマン」誕生の秘密”. 東京スポーツ (2017年5月4日). 2017年5月6日閲覧。
  31. ^ a b Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『ブルゾンちえみWith"B"「我慢してても、出ちゃうものは、出ちゃうんです。」』
  32. ^ Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「つける、つけない、で昨晩彼氏と揉めました」』
  33. ^ Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「筋肉のゴールデンタイム」』
  34. ^ Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「命を狙われる女スパイ、極秘任務遂行中」』
  35. ^ a b ブルゾン “キャリアウーマン”誕生秘話「先に音から作った」”. スポーツニッポン (2017年4月22日). 2017年4月23日閲覧。
  36. ^ a b c 特技一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  37. ^ “ブルゾンちえみ、上半期の“主役”はほぼ当確か? パロディ芸の系譜を継ぐ新星”. オリコン. (2017年2月15日). http://www.oricon.co.jp/special/49805/ 
  38. ^ ラリー遠田 (2017年2月15日). “ブルゾンちえみ、横澤夏子、渡辺直美――なぜ女性ピン芸人が増えているのか?”. ラリー遠田の笑いのツボ. https://news.yahoo.co.jp/byline/larrytoda/20170221-00067917/ 
  39. ^ 真紀和泉 (2017年2月17日). “【エンタがビタミン♪】ブルゾンちえみの“強みと弱み” 『おもしろ荘』で人生変わった彼女の魅力とは?”. TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2017/02/maki02171159.html/2 
  40. ^ 苺いちえ (2017年2月28日). “伊集院光「ブルゾンちえみはウケている女芸人の合成」との分析にネットの声は…”. Spotlight. http://spotlight-media.jp/article/385596868581015502 
  41. ^ エスムラルダ (2017年3月30日). “ブルゾンちえみが二丁目で大人気!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載148”. OK Music. http://okmusic.jp/#!/news/166180 
  42. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(341)】ライバルはピコ太郎!! 若きピン芸人、もりせいじゅ”. サンケイスポーツ (2017年4月18日). 2017年4月19日閲覧。
  43. ^ “話題沸騰の“ブルゾンちえみ with 成田凌&町田啓太”舞台裏の練習風景公開 ネクタイ外すN&Mに釘付け”. モデルプレス. (2017年3月27日). https://mdpr.jp/news/1674058 
  44. ^ “ブルゾンちえみ、小山慶一郎と中島裕翔との“with J”コラボでの意外な“気遣い”をネット賞賛。「配慮?」「他の女芸人と違う」”. モデルプレス. (2017年4月3日). https://mdpr.jp/music/detail/1676343 
  45. ^ “山本舞香&三浦翔平&白濱亜嵐“ブルゾンまいか with S&A”披露にファン歓喜”. モデルプレス. (2017年3月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1674415 
  46. ^ “吉高由里子&坂口健太郎&鈴木亮平で“ブルゾンりんこ withB”が話題”. モデルプレス. (2017年3月13日). https://mdpr.jp/news/detail/1670314 
  47. ^ “ブルゾンちえみ、“with B”に無限の可能性?ジャニーズも俳優も“あのポジション”に夢中<コラボ一挙>”. モデルプレス. (2017年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1674596 
  48. ^ a b 【ビルボード】HKT48「バグっていいじゃん」31.7万枚セールスでJAPAN HOT100総合首位 ブルゾンちえみ効果で「ダーティ・ワーク」がダウンロードと動画再生で総合8位に”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年2月22日). 2017年2月24日閲覧。
  49. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts | Billboard JAPAN”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2017年2月24日閲覧。
  50. ^ ブルゾンちえみ効果で注目 米人気歌手が感謝のツイート”. シネマトゥデイ (2017年2月17日). 2017年3月2日閲覧。
  51. ^ ブルゾンちえみ“BGM使用”オースティン・マホーンと初対面「泣きます」”. オリコン (2017年4月14日). 2017年5月6日閲覧。
  52. ^ a b 「今夜くらべてみました」 2017年7月19日(水)放送内容(「3丁目劇場」の節)”. カカクコム (2017年7月19日). 2017年8月29日閲覧。
  53. ^ ブルゾンちえみで話題!「外国人モテ」男女の違いと意外な特徴に驚き”. @niftyニュース (2017年2月14日). 2017年3月19日閲覧。
  54. ^ a b c d e 趣味一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  55. ^ 映画「マジックマイクXXL」”. ブルゾンちえみの〜What's up?セレブリティーズ〜 (2016年12月12日). 2017年1月2日閲覧。
  56. ^ 得意トーク一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  57. ^ ”. ブルゾンちえみの〜What's up?セレブリティーズ〜 (2016年12月23日). 2017年1月2日閲覧。
  58. ^ ブルゾンちえみ “元カレ”嵐・二宮に「本当に好きだったんです」”. スポーツニッポン (2017年11月10日). 2017年11月11日閲覧。
  59. ^ ペット一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  60. ^ 資格一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  61. ^ スポーツ経験一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  62. ^ 11月10日(金)よる8時放送『ぴったんこカン・カン』人気お笑い芸人ブルゾンちえみ初登場!7年ぶりに思い出の地・島根県松江市を訪問“35億分の1人”と感動の再会!!”. TBS (2017年11月9日). 2017年11月11日閲覧。
  63. ^ “ブルゾンちえみ:PON!に新加入 情報番組初レギュラーで「with B」とリポーターに”. MANTAN WEB (毎日新聞デジタル). (2017年4月1日). https://mantan-web.jp/2017/04/01/20170331dog00m200045000c.html 2017年4月1日閲覧。 
  64. ^ “『PON!』新芸人リポーターにブルゾン、カミナリ、銀シャリら”. ORICON STYLE (オリコン). (2017年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2088469/full/ 2017年4月1日閲覧。 
  65. ^ “カミナリ、銀シャリ、ブルゾンちえみ with Bが「PON!」リポーターに”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年4月1日). http://natalie.mu/owarai/news/226914 2017年4月1日閲覧。 
  66. ^ 菜々緒さん×ブルゾンちえみさん出演 ブランディア新CMスタート!”. ブランディア. 2017年5月1日閲覧。
  67. ^ 2周年アニバーサリー”. 「あんさんぶるスターズ!」公式. 2017年5月1日閲覧。
  68. ^ ブルゾンちえみ with B、3人での初CM出演は「あんスタ」”. お笑いナタリー (2017年4月28日). 2017年5月1日閲覧。
  69. ^ ブルゾンちえみ、綾野剛の妹で堤真一に恋されるドコモ新CM「ブレイクして…良かった」”. 映画.com (2017年5月25日). 2017年5月25日閲覧。
  70. ^ “上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが「ジオストーム」で吹替を担当”. 映画ナタリー. (2017年11月7日). http://natalie.mu/eiga/news/255638 2017年11月7日閲覧。 

外部リンク[編集]