ドラァグクイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
異性装 > ドラァグ/女装 > ドラァグクイーン
舞台映画でも活躍するニューヨークベースのドラァグクイーン、リプシンカ

ドラァグクイーン: drag queen)は、女装で行うパフォーマンスの一種。女装パフォーマー[1]。纏った衣装の裾を引き摺る(drag)ことからこう呼ばれる[2]

概要[編集]

ドラァグクイーンの起源は、男性の同性愛者性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスハイヒールなどの派手な衣裳を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。

本来はサブカルチャーとしてのゲイ文化の一環として生まれた異性装の一つであるため、ドラァグクイーンには男性の同性愛者両性愛者が圧倒的に多い。しかし近年では男性の異性愛者や女性がこれを行うこともある。また趣味としてこれを行う者からプロのパフォーマーとして活躍する者まで、ドラァグクイーンの層も厚くなっている。

トランスジェンダー女性(性自認は女性だが、出生時に身体的特徴から性別を男性とされた人)が女物の服を着るのは「女性になる」または「女性として見られる」ことが目的であるのに対し、ドラァグクイーンのそれは「女性のパロディ」あるいは「女性の性表現を遊ぶ」ことを目的としている点が大きく異なる。

ロシアでは2022年にドラァグクイーンも規制する法案の罰則が2年の懲役刑に引き上げられる修正案が可決される[1]

語源[編集]

英語の drag が「女装した男性」を意味するようになったのには三つの説がある。

  1. 演劇界の隠語だとするもの。1870年に初出の記録がある。当時舞台上で女性の役を演じる女優が不足した時は、子役や背の低い若作りの俳優が女装してこれを務めたが、無骨な脚が観客に見えないようにロングスカートを履いた。ところがスカートの履き方に慣れていなかった彼らは裾を床に引きずっても平気な顔をしていた。それが滑稽だったのでこの名がついたというもの。英語の名詞 drag の本来の意味はこの「引きずる」である。これが最も一般に普及している説。
  2. ドイツ語で「着る」を意味する tragen が、イディッシュ語の trogn となり、これが英語化して drag となったとする説。現代口語英語にはイディッシュ語を経由したドイツ語を源とすることばが多いことを背景とした説だが、変化した際の子音交換が必ずしも音声学の法則に沿っていないところもあり、こじつけだとする見方が一般的。
  3. 英語の句「dressed as a girl」(女性のように装う)の略語だとする説。英語圏以外で巷間に流布している説だが、これはいわゆる俗説である(正しい英語では「dressed like a girl」という)。

なお drag queen という成語の初出は1941年である。

表記[編集]

英語の「drag」を片仮名表記するとき、標準的な転記法に則って「ドラッグ」とする場合もあるが、LGBTのメディアでは通常「ドラァグ」という表記をすることが多い。これは dragdrug(ドラッグ、薬。スラングとして違法薬物)に関係あるかのように誤解されないようにするためである。

日本で最初にこの「drag」を「ドラァグ」と表記することを提唱したのは、元『Badi』編集長のマーガレットこと小倉東であると言われている。またこれ以前から独自のドラァグ文化が存在した主に関西方面では、今日でも「ドラッグ」と表記することが多い。

日本におけるドラァグクイーン[編集]

歴史[編集]

歌舞伎女形の伝統がある日本では古くから男性が女装して人前で芸を披露する伝統があった。また畿内では女舞が主体である上方舞の伝統が根ざしており、そうした中からは人間国宝吉村雄輝のような舞手も出ている。この吉村の一人息子が1969年『薔薇の葬列』で衝撃的なデビューをした ピーターである。ピーターはデビュー後しばらくは女装でさまざまな芸能活動を行ったが、一歩カメラの前を離れると通常は男装または中性装(ただし派手なものだったが)で、しかも自らのセクシュアリティを一切芸の中には持ち込まなかった。この点で途中から常時女装になり同性愛者を公言していた美輪明宏などとは一線を画していた。カルーセル麻紀は、モロッコで性転換手術も受けている。

1980年代、いわゆるバブル全盛時代にクラブショーパブドラァグクイーンショーで注目を集めたニューハーフとは一線を画する日出郎メディアに登場したのもこの頃である。

黎明期[編集]

ミス・グロリアスは90年代初頭から京都で活動し始めた。同じ頃、東京ではマーガレットこと小倉東がアメリカのゲイ文化としてのドラァグを紹介していた。関東では「Gold」という伝説的クラブでドラァグを行う者が多く現れ始めた。その中にはテクノポップを歌う日出郎やJINCOママやKEIKOママがいてマドンナやユーミンを熱唱した[3]。因みに「Badi」(1998年5月号)「同じゲイなら踊らにゃソンソン」には、「ドラァグ・ショウの誕生はゴールドから」「日本のクラブでのドラァグクイーン文化はミス・ユニバースコンテストから」とあり、ゴールドのフライヤーやミス・ユニバースコンテストの写真が掲載されている。

2000年代以降[編集]

2000年代後半に入り、マツコ・デラックスや、ミッツ・マングローブが容姿のインパクトに加え、鋭い切れ味を持つご意見番的なオネェ系という存在で娯楽メディアでも大きな立場を担い始めた。女装家という呼称はミッツがメディア向けに言い始めたことがきっかけに広まっていった。

2010年代に入り、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブ、ブルボンヌナジャ・グランディーバの人気や、かねてからのオネェ系のブームにより、様々なドラァグクイーンが女装家という枠で、主にバラエティ番組を通してメディアへ露出するようになった。その結果、オネェ系のひとつの形としてドラァグクイーンの存在が社会的に認知され始めた。

著名なドラァグクイーン[編集]

日本
アイルランド
アメリカ
イギリス
オーストラリア
オーストリア
スウェーデン

ドラァグクイーンが登場する作品[編集]

映画[編集]

洋画[編集]

邦画[編集]

ミュージカル[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

楽曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 迫る反LGBT法に「最悪を覚悟」 今を生きるロシアのドラァグクイーン” (日本語). www.afpbb.com. 2022年11月26日閲覧。
  2. ^ 佐伯順子 『「女装と男装」の文化史』講談社、2009年10月10日、99頁。ISBN 978-4-06-258450-0NCID BA91661359 
  3. ^ Badi1998年5月号P52「同じゲイなら踊らにゃソンソン」。
  4. ^ 【インタビュー】シモーヌ深雪 シャンソン歌手/ドラァグクイーン その2/6”. 花形文化通信. ワークルーム (2020年7月24日). 2021年5月15日閲覧。
  5. ^ AFPBB News 2014年5月11日 オーストリア代表の「ひげの女装歌手」が優勝、欧州歌謡祭ユーロビジョン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]