ドラァグクイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
異性装 > ドラァグ/女装 > ドラァグクイーン
舞台映画でも活躍するニューヨークベースのドラァグクイーン、リプシンカ

ドラァグクイーン: drag queen)は、男性女性の姿で行うパフォーマンスの一種。

概要[編集]

ドラァグクイーンの起源は、男性同性愛者性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスハイヒールなどの派手な衣裳を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。

本来はサブカルチャーとしてのゲイ文化の一環として生まれた異性装の一つであるため、ドラァグクイーンには男性の同性愛者両性愛者が圧倒的に多い。しかし近年では男性の異性愛者や女性がこれを行うこともある。また趣味としてこれを行う者からプロのパフォーマーとして活躍する者まで、ドラァグクイーンの層も厚くなっている。

MtF のトランスジェンダー(肉体は男だが心は女である人)が女物の服を着るのは「女性になる」または「女性として見られる」ことが目的であるのに対し、ドラァグクイーンのそれは「女性のパロディ」あるいは「女性の性を遊ぶ」ことを目的としている点が大きく異なる。

語源[編集]

英語の drag が「女装した男性」を意味するようになったのには三つの説がある。

  1. 演劇界の隠語だとするもの。1870年に初出の記録がある。当時舞台上で女性の役を演じる女優が不足した時は、子役や背の低い若作りの俳優が女装してこれを務めたが、無骨な脚が観客に見えないようにロングスカートを履いた。ところがスカートの履き方に慣れていなかった彼らは裾を床に引きずっても平気な顔をしていた。それが滑稽だったのでこの名がついたというもの。英語の名詞 drag の本来の意味はこの「引きずる」である。これが最も一般に普及している説。
  2. ドイツ語で「着る」を意味する tragen が、イディッシュ語の trogn となり、これが英語化して drag となったとする説。現代口語英語にはイディッシュ語を経由したドイツ語を源とすることばが多いことを背景とした説だが、変化した際の子音交換が必ずしも音声学の法則に沿っていないところもあり、こじつけだとする見方が一般的。
  3. 英語の句「dressed as a girl」(女性のように装う)の略語だとする説。英語圏以外で巷間に流布している説だが、これはいわゆる俗説である(正しい英語では「dressed like a girl」という)。

なお drag queen という成語の初出は1941年である。

表記[編集]

英語の「drag」を片仮名表記するとき、標準的な転記法に則って「ドラッグ」とする場合もあるが、LGBTのメディアでは通常「ドラァグ」という表記をすることが多い。これは dragdrug(ドラッグ、違法薬物)に関係あるかのように誤解されないよう、あえて差別化しているのがその理由である。

日本で最初にこの「drag」を「ドラァグ」と表記することを提唱したのは、元『Badi』編集長の「マーガレット」こと小倉東であると言われている。またこれ以前から独自のドラァグ文化が存在した主に関西方面では、今日でも「ドラッグ」と表記することが多い。

以下本記事では便宜上、関東関西を問わず「ドラァグ」を使う。

日本におけるドラァグクイーン[編集]

歴史[編集]

背景[編集]

歌舞伎女形の伝統がある日本では古くから男性が女装して人前で芸を披露する伝統があった。また畿内では女舞が主体である上方舞の伝統が根ざしており、そうした中からは人間国宝吉村雄輝のような舞手も出ている。この吉村の一人息子が1969年『薔薇の葬列』で衝撃的なデビューをしたピーター(池畑慎之介)である。ピーターはデビュー後しばらくは女装でさまざまな芸能活動を行ったが、一歩カメラの前を離れると通常は男装または中性装(ただし派手なものだったが)で、しかも自らのセクシュアリティを一切芸の中には持ち込まなかった。この点で途中から常時女装になり同性愛者を公言していた美輪明宏などとは一線を画していた。

このような背景を下地に、既成の「芸能人ドラァグ」には飽き足らなくなった一般の人々が、この新しい分野の芸を自ら体現してみせるようになり始めたのは、時代が下って1980年代クラブショーパブドラァグクイーンショーで注目を集めたニューハーフとは一線を画する日出郎メディアに登場したのは、いわゆるバブル全盛の時代のことだった。

黎明期[編集]

日本におけるドラァグクイーン第一号は、ミス・グロリアスだと言われている[要出典]。ミス・グロリアスは90年代初頭から京都を拠点にしてドラァグを広めていく[要出典]。同じ頃、東京ではマーガレットこと小倉東がアメリカのゲイ文化としてのドラァグを紹介していた。そして関西ではシモーヌ深雪率いる「Diamonds Are Forever」というクラブイベント[要出典]、関東では「Gold」という伝説的クラブでドラァグを行う者が多く現れ始めた。その中にはテクノポップを歌う日出郎やJINCOママやKEIKOママがいてマドンナやユーミンを熱唱した[1]。因みに「Badi」(1998年5月号)「同じゲイなら踊らにゃソンソン」には、「ドラァグ・ショウの誕生はゴールドから」「日本のクラブでのドラァグクイーン文化はミス・ユニバースコンテストから」とあり、ゴールドのフライヤーやミス・ユニバースコンテストの写真が掲載されている。

この頃のドラァグには、関西と関東でその毛色に違いがあった。関西では主にレヴュースタイルやアート的な要素が強く[要出典]、一方の関東ではクラブの盛り上げとしてパーティ的、あるいはミスコン的なお祭り騒ぎであるものが主流であった。

90年代半ばになると、日本を拠点としていたドラァグクイーンが海外のショーにも出演するようになり、ニューヨークにあるLucky Cheng's(605 W 48th St, New York, NY)には、日本人ドラァグクイーンが在籍するようになった。しかし海外で活動していた日本人ドラァグクイーンの多くが、日本に帰国するとさまざまな理由から表舞台から去っていった。

日本では、折しも映画『プリシラ』のヒットなどと共に1990年代のゲイブームが到来、ドラァグはゲイカルチャーになくてはならない存在となった。1990年代半ば以降はスーパーモデルばりにキレイなドラァグクィーンが主流になっていった。「歌モノハウス」が隆盛を極め、そのためクラブイベントでのドラァグは、洋楽女性DIVAリップシンクや、お立ち台へのお供えが中心となっていった。

その一方で、UC(アッパーキャンプ)と呼ばれる従来のドラァッグとは一線を画すドラァグが東京に現れ始める。UCの出現によりドラァグは、日本の女優をオマージュしたセクシャルなショーに変化。流行アイドルのリップシンクや、テレビドラマのパクリなど、ネタ色が強く、しかも誰もが知っているようなネタにより、これがファン層を広げることにもなった。関西のアート性、関東のパーティー美人性の持つ既存権威性に対してのアンチテーゼとしてのアイデンティティーを獲得するが、拡大するなかで、自スタイルが権威性を持つ事となり結果的に自家中毒を起こし、惜しまれる中で解散を迎える。 黎明期は既存文化に対するアンチテーゼとしたレーゾンデートルをエネルギーに拡大してきたが、UCの解散後、不景気に重ね、ドラァグとしての存在意義を明確化できず、時代は迷走期を迎えることとなる。

2000年代以降[編集]

2000年代後半に入り、マツコ・デラックスや、ミッツ・マングローブが容姿のインパクトに加え、鋭い切れ味を持つご意見番的なオネェ系という存在で娯楽メディアでも大きな立場を担い始めた。女装家という呼称はミッツがメディア向けに言い始めたことがきっかけに広まっていった。

2010年代に入り、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブ、ブルボンヌにナジャ・グランディーバの人気や、かねてからのオネェ系のブームにより、様々なドラァグクイーンが女装家という枠で、主にバラエティ番組を通してメディアへ露出するようになった。その結果、オネェ系のひとつの形としてドラァグクイーンの存在が社会的に認知され始めた。

著名なドラァグクイーン[編集]

日本
  • ヴィヴィアン佐藤(1945年7月10日生まれ。文化、アート系ドラァグクイーン)
  • オナペッツ(1990年代にテレビを中心に活動)
  • 日出郎(1980年代後半〜90年代にテレビを中心に活動、近年では新宿2丁目ゲイナイトにも出演。晩年は女装をすることなく、普通の年輩のゲイ男性として2丁目を徘徊)
  • ナジャ・グランディーバ(1974年4月10日生まれ。大阪発 日本が誇るDIVA、PV、テレビと大活躍。大阪時代は「do with cafe」勤務。現在、太田プロダクション所属)
  • ダイアナ・エクストラバガンザ(1975年12月18日生まれ。大阪府大阪市生野区出身。電動衝睫毛オーガナイズ、ドラグクイーン界の申し子。ダイアナの世界観とショーには、ミッツも絶賛する。かつて銀座の超高級クラブと言われた「サロン・ド・慎太郎」に勤務。関西大学文学部中退)
  • ミッツ・マングローブ(中森明菜や工藤静香のリップシンクが得意)
  • ブルボンヌUPPER CAMP/Campy! 1971年11月1日生まれ。大学在学中の1990年にゲイのためのパソコン通信「UC-GALOP」を立ち上げ、1994年にUPPER CAMPを立ち上げる。斎藤靖紀として雑誌編集、ライター、コラムニストとして活動。岐阜県出身。早稲田大学第一文学部除籍)
  • エスムラルダ(ホラー系ドラァグクイーン、東京都ヘブンアーティスト。脚本家・ライターとしても活躍中。歌に限らずTVドラマやアニメ、「徹子の部屋」などの音声を使ったリップシンクや、手品を織り交ぜたものなど、ショーのレパートリー多数。UPPER CAMPのメンバーとしてブルボンヌとともに活躍。森村明生(もりむら あきお)名義で『英語で新宿二丁目を紹介する本』を出版。その他、著書多数。一橋大学社会学部卒業)
  • マツコ・デラックス(コメンテーター・コラムニスト、140-140-140)
  • バブリーナ(元祖コギャル女装。新宿2丁目ポータルサイト「2CHOPO」元編集長)
  • ギャランティーク和恵(歌謡歌手・小芝居を要所に挟み込む舞台芸術における美意識の高さは定評がある)
オーストラリア
  • デイム・エドナ・エバレッジ(1955年デビュー、70歳を越えた現在でもテレビ・映画・舞台などで現役活動中。本国はもとより、イギリス、カナダ、アメリカなどで絶大な人気を誇るメガスター。)
アメリカ
  • ディヴァイン
  • チ・チ・ラルー
  • ルポール英語版 (1960年11月17日生まれ。カリフォルニア州サンディエゴ出身。15歳でアトランタ州ジョージアに移り住む。ジョージアではナイトクラブでパフォーマンスを学び、その後ニューヨークで活動。数々のメディアに露出し、映画やテレビでも活躍する。1993年にはエルトンジョンとのデュエット曲 "Don't Go Breaking My Heart"を発表。多くの日本人ドラァグクイーンに多大な影響を与えた)
  • ジョン・エパーソン英語版 (伝説のドラァグクイーンと呼ばれるリプシンカことジョン・エパーソンは、30年以上ニューヨークで活動を続けているため、多くのショービス関係者からは“ゴッドブレス・オブ・ショービジネス”とも呼ばれている。日本ではルポールほどメジャーではないが、リプシンカに憧れる日本人ドラァグクイーンは多い)
  • ミス・ココ・ペルー英語版 (ニューヨーク州シティーアイランド出身。1983年にCardinal Spellman High Schoolを卒業。Adelphi Universityにて芝居を学ぶ。1992年に最初のワンマンショーである「Miss Coco Peru in My Goddamn Cabaret」を発表すると、さまざまなメディアで活躍する。1995年にスペイン出身の大学教授であるRafaelと出逢い、2008年にスペインにて同性婚をする。現在、Los Ángelesに在住)
  • ミス・アンダーストゥッド英語版 (ニューヨーク州レヴィットタウン出身。1980年代からニューヨーク市を中心に活動。1993年にドラァグクイーン専用のエージェント会社「Screaming Queens Entertainment」を立ち上げ、東海岸を中心に多くのドラァグクイーンのマネジメントを行う)
イギリス

オーストリア[編集]

スウェーデン[編集]

ドラァグクイーンが登場する作品[編集]

映画[編集]

洋画[編集]

邦画[編集]

テレビドラマ[編集]

楽曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Badi1998年5月号P52「同じゲイなら踊らにゃソンソン」。
  2. ^ AFPBB News 2014年5月11日 オーストリア代表の「ひげの女装歌手」が優勝、欧州歌謡祭ユーロビジョン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]