ドラァグキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
異性装 > ドラァグ/男装 > ドラァグキング
舞台映画でも活躍するニューヨークベースのドラァグクイーン、ムレイ ヒル

ドラァグキング: drag king [1])は、主に男性の姿に異性装した女性パフォーマーのことであり、舞台の個人ないし団体パートにおいて男性のジェンダー的ステレオタイプを表現する[2]。ふつうドラァグキングのショーは、ダンス、芝居、スタンダップ・コメディ、歌(事前に録音した曲に口をあわせることもある)などを取り入れている[3]。そして彼女たちは誇張されたマッチョな男性像を演じることで、建設作業員やラッパーなど社会の周縁にいる男性を表現するだけでなく[4]エルヴィス・プレスリーマイケル・ジャクソンティム・マグロウなどの男性有名人の役に扮することもする[5]

1890年代から1900年代前半には、何人ものドラァグキングがイギリスのミュージックホールのスターとして誕生し、イギリスにおけるパントマイムは男性の役を女性が演じることが伝統にさえなった。1990年代半ば頃からドラァグ・キングは有名になり、ドラァグクイーンがかつてそうであったような注目を浴びるようになった[6][7]

歴史[編集]

ドラァグキングという言葉が初めて活字に現れるのは1972年のことだが[8]、男性の衣装をした女性の演者という図式には長い歴史がある。例えば劇場やオペラには、「ズボン役」、「トラベスチ」という伝統的な役柄があった[9]。女優で劇作家のスザンナ・セントリーヴァがズボン役であったのは1700年頃である[10]。アメリカの劇場では、男役を演じて初めて人気になったのは、1867年にニューヨークでキャリアをスタートしたアニー・ヒンドルである(彼女はその前年に自分の着付師アニー・リャンと結婚している[11][12]。イギリスのミュージックホールであれば、ベスタ・ティリーが19世紀の後半から20世紀初めまで、男役として活躍した[13]。ほかにイギリスの舞台にたった男役として、エラ・シールズ、ヘティー・キングがいる[14]。ブルース歌手のグラディス・ベントレーは、1920年代から40年代にかけてニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコで男役を演じた[15]。ストーム・デラヴィエ(Stormé DeLarverie ) は、1950年代から60年代のジュエルボックス・レヴューで女性のドラァグとともに男役で舞台にたった(その姿はドキュメンタリー映画『Storme: The Lady of the Jewel Box 』にも描かれている)[16]。デラヴィエはストーンウォールの反乱の経験者でもあった[17]

ドラァグキングという言葉はより広い意味でも使われることがある。女性の身体をもった人間が、パフォーマンスアート以外の目的から伝統的な男性の衣装を身につけることがあるからである。例えば女性が一時的に男性としてその場をやりすごしたり、男性とはっきりみなされることなく、しかし力強い男らしいジェンダーを担いたいときがある。ダイアナ・トールは1989年にドラァグキングのワークショップを主催し、女性たちに自らを男性として通すためのレッスンを行った[18][19]

現代では、ファッションの一環としてメンズの帽子やタイ、ジャケットを身につけ、さらには上下のスーツさえ着こなすが、こういった女性がドラァグキングと見なされることはない。

脚注[編集]

  1. ^ 表記について、野宮アキ,東優子 「性同一性障害、トランスセクシュアル、トランスジェンダーに関する用語集」Trans-Net Japan(TSとTGを支える人々の会). http://www.tnjapan.com/data/term.htm 1998年7月12日更新 2012年10月22日閲覧。他の用例として、「言語芸術論2:ドラァグ・キング論」東京大学 学部横断型教育プログラム バリアフリー教育プログラム/東京大学大学院教育学研究科附属 バリアフリー教育開発研究センター. http://www.p.u-tokyo.ac.jp/cbfe/cdp/03_syllabus/2012/2012-08C1120.html 2012年10月22日閲覧。ドラァグクイーン#表記も参照
  2. ^ Aronoff, Jen (2005年10月19日). “Competitive Drag Kings Strut Stuff: With some spit and polish, women perform in growing world of cross-dressing pageantry”. The University of South Carolina Daily Gamecock. 2007年7月29日閲覧。
  3. ^ Dujour, Dick (2006年8月24日). “Drag King Contest”. San Francisco Bay Times. 2007年7月29日閲覧。
  4. ^ Beckner, Chrisanne (2005年9月29日). “Best of Sacramento - Drag King: Buck Naked”. Sacramento News & Review. 2007年7月29日閲覧。
  5. ^ Long, Cris (2007年7月22日). “Bring Out the Kings!: Gage Gatlyn”. Out Impact. 2007年7月29日閲覧。
  6. ^ Gage For Yourself”. Watermark Online (2005年9月22日). 2007年7月29日閲覧。
  7. ^ Caceda, Eden (2015年1月13日). “Inside Sydney's drag king culture”. Hijacked. 2015年1月20日閲覧。
  8. ^ Oxford English Dictionary cites Rogers, Bruce (1972), The Queen's Vernacular: A Gay Lexicon, Straight Arrow Books, https://books.google.com/books?id=aQtjAAAAMAAJ 
  9. ^ Senelick, Laurence (2000), The changing room: sex, drag and theatre, Routledge, ISBN 978-0-415-15986-9 
  10. ^ Pix, Mary; Finberg, Melinda (2001), Eighteenth-century women dramatists, Oxford University Press, p. xviii, ISBN 978-0-19-282729-6, https://books.google.com/books?id=3GkyRMvh348C&pg=PR18 
  11. ^ Duggan, Lisa (2000), Sapphic slashers: sex, violence, and American modernity, Duke University Press, p. 147, ISBN 978-0-8223-2617-5, https://books.google.com/books?id=ino_gj6djj8C&pg=PA147 
  12. ^ Ferris, Lesley (1993), Crossing the stage: controversies on cross-dressing, Routledge, p. 90, ISBN 978-0-415-06269-5, https://books.google.com/books?id=lDBlGeCHjj0C 
  13. ^ Maitland, Sarah (1986), Vesta Tilley, Virago, ISBN 0-86068-795-3 
  14. ^ Slide, Anthony (1986), Great pretenders: a history of female and male impersonation in the performing arts, Wallace-Homestead Book Co., ISBN 978-0-87069-474-5 
  15. ^ Gladys Bentley articles, Queer Music Heritage, (June 2004), http://www.queermusicheritage.us/jun2004gb2.html 2009年11月27日閲覧。 
  16. ^ Klotman, Phyllis Rauch; Cutler, Janet K. (1999), Struggles for representation: African American documentary film and video, Indiana University Press, p. 168, ISBN 978-0-253-21347-1, https://books.google.com/books?id=9egX1te2g7cC&pg=PA168 
  17. ^ Rick, Bragg (1994-06-23), “From a Night of Rage, the Seeds of Liberation”, New York Times, http://www.nytimes.com/1994/06/23/nyregion/from-a-night-of-rage-the-seeds-of-liberation.html?pagewanted=all 2009年9月12日閲覧。 
  18. ^ Halberstam, Judith (2005), “Drag Kings: Masculinity and Performance (1998)”, The Subcultures Reader, Routledge, ISBN 978-0-415-34416-6, https://books.google.com/books?id=USl1G-903EwC&pg=PA410 
  19. ^ Rapi, Nina; Chowdhry, Maya (1998), Acts of passion: sexuality, gender, and performance, Routledge, p. 237, ISBN 978-0-7890-0370-6, https://books.google.com/books?id=ZD0yi6a7od0C&pg=PA237