ゲイビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゲイビデオ(和製英語:Gay Video、漢語:㚻片[1][2])とは、男性同性愛者(ゲイ)や男性両性愛者(バイセクシュアル)向けのアダルトビデオやそのソフトのことである。男性のオナニーや男性同士のセックスが収められている。ホモビデオ、ゲイAVなどともいう。

日本のゲイビデオ[編集]

概略[編集]

1981年8月22日にフェスター・エンタプライズから日本初のゲイビデオ「青春体験シリーズ 少年・純の夏」が発売されて以来(後述)、多くのゲイビデオメーカーが設立され、今日に至っている。ただし、それ以前にも個人やノンケ向けメーカーが撮影したゲイビデオがあった可能性もあるが、その点については検証されていない[3]

内容は、オナニーフェラチオアナルセックスが中心だが、SM浣腸スカトロスパンキングフィストコスプレなどマニア向け作品もある。ゲイの男性が出演者の多くを占めるが[4]、「ノンケもの」といわれるストレート(異性愛)の男性やストレートと銘打った男性が出演する作品もある。

出演する男性モデルは、ゲイに一番人気がある精悍で筋肉質なスポーツマン[5]を始め、美青年、ジャニーズ系などが主流である。「何処にでもいる学生風の兄ちゃん」というタイプも人気がある。バルク体型(スーパーマッチョ、ボディビル系)、ガチムチ、熊系、中性的な美少年、デブ専、フケ専などターゲットを絞ったものもある。

ゲイビデオとはいっても2010年代以降はビデオ作品は製作されておらず(後述)、DVDや動画配信(後述)に移行している。価格は数千円〜1万5千円程度までと幅広いが、市場規模が小さいこともあり、異性愛男性向けAVより高めである。

歴史[編集]

写真集・生写真からゲイビデオへ[編集]

ゲイ・ポルノ日本のゲイ文化#ゲイポルノ系も参照

日本において、ゲイビデオがゲイ向けポルノの主流になる前は、ゲイ雑誌グラビア官能小説成人漫画、更には写真集や生写真等が中心を占めていた。音声のみのカセットやカセットが付いた写真集もあった[6]。写真集では1970〜80年代は梵アソシエーションの「BON」シリーズが人気で、ストームプランニング(1978年)[7]、クリエイターズなどがあった。写真集は出していたか未検証だが、Y.B.SPORTS(1980年)[8]もあった。梵アソシエーションは他にも「虐」「年頃」「おとこ同士」など波賀九郎の写真集も出していた。それが家庭用ビデオデッキの普及に伴い、媒体がビデオテープ(VHS/ベータ)に移っていく。またゲイビデオが普及し始めたのとほぼ同時期に、ゲイポルノ映画も成人映画館で上映されるようになった[9]

日本初のゲイビデオ[編集]

日本初のゲイビデオは、1981年8月22日にゲイ雑誌薔薇族発行元の第二書房内に設立された、フェスター・エンタプライズから発売された「青春体験シリーズ 少年・純の夏」(制作アポロン企画)だといわれている。(但し、それ以前にも個人などが撮影したゲイビデオが出回っていた可能性もあるが、その点については未検証である)。また同年9月22日発売の第2作目「薔薇と海と太陽と」(制作ワールド映画株式会社)は好評で、翌1982年に東映セントラルで全国配給された。この頃はいわゆる「美青年」や「日本男児」によるドラマ仕立ての非常にソフトな内容で、30分ほどで2万円近くする高価なものだった[10]

1980年代前半 ゲイビデオ黎明期[編集]

フェスター作品のヒットを皮切りに、「The Gay」編集長の東郷健新宿エレクト[11] や アテネ上野[12]といったアダルトショップがオリジナル作品の制作に乗り出す。設立年は不明だが、BONアートハウス(BONビデオ、西新宿。前身は写真集メーカー・梵アソシエーション)[13]、キャッツビデオ、パインハウス(灯光)[14]、堂山ビデオ(1980年代に設立)等のメーカーもでき始めた。またこの頃は素人が撮影したインディーズ作品もポルノショップで多く売られていて[15]、現在では違法な少年愛ビデオも多かった[16]

ゲイショップ作品[編集]

アダルトショップのオリジナル作品は、価格の手頃なエレクト作品(エレクト・オリジナル)が大きなシェアを占めたが、同店舗が謎の火災で焼失したため、同じ経営者が1986年に開店したルミエールがその後継作品を手がける。後に誕生した系列店・メモワールとジャンル分け(ルミエール・オリジナル=18歳以上[17]、メモワール・オリジナル=18歳未満のモデル)を経てリリース数は増加の一途を辿った(但しメモワールは少年愛以外の作品もリリースしていた)。

洋物の輸入販売[編集]

1980年代前半には、洋物のゲイAVも通販等で既に売られていて[18]、ゲイ雑誌に限らずノンケ向け成人雑誌にも小さな広告が載っていた。その中でジェフ・ストライカーのような人気モデルも生まれた[19]

1980年代中頃 御三家の登場[編集]

1980年代に入ると新世代の写真集メーカーがゲイAV界に進出する。写真集メーカーにはストームプランニング(1978年)[20]東風終(こちしゅん)や若林靖宏のクリエイターズ(19??年設立。マンハウスの前身)[21]があり、また写真集メーカーだったかは不明だが、新宿西口甲州街道沿いのゲイショップ・パラダイス北欧(1972年開店。現アンジェロ)と提携関係にあった、Y.B.SPORTS(1980年。現ADONIS LAND・CDFなど)[22]も大阪で設立された。当時流行の作風は、写真集メーカーらしく業務用カメラを撮影に使い、映像美を追求し、風景やシチュエーションにこだわったものだった。またクラシカルなBGMや凝ったセット使うなど芸術性に重点が置かれていた。モデルには美青年・スポーツマンを起用し、性描写は抑制され、オナニーのみ、絡みであってもアナル・セックスを伴わないソフトなもの、相互オナニーだけといった作品が多かった。

またアップル・イン(元、下着ショップ「アロー・インターナショナル」)等[23]からは8ミリビデオ作品がリリースされていたほか、個人で8ミリフィルムの撮影なども行われていたが、値段が高価で一部マニア間での普及に留まっていた。

因みに1980年代中頃のゲイビデオと写真/写真集の比率は、1985年「さぶ」のゲイショップ「エレクト」と「アンデルセンBOY」の広告(各2ページ)では、1ページが写真と写真集中心、もう1ページがビデオ中心で構成されている。

1990年代① 収録時間の延伸[編集]

1990年代頃から、収録時間の長時間化が可能になったことで、結果的に従来のビデオメーカーに変化を迫った。 クリエイターズは1991年に解散しマンハウスとなり[24]、芸術的な作風を引き継ぎながらもややハード路線へ転換、収録時間は従来の60分から90分以上に延び、後にモデルの年齢やタイプ別に新レーベルを創設した。だが芸術性偏重・性描写軽視や、光量の少ない薄暗い映像で局部が見えにくいのは相変わらずで、ゲイに支持されず人気メーカーから転落した。ストームプランニングは従来の60分から30分に短縮。価格据置きで1本を2本に分けた結果値上げ感が増し、後に収録時間を40~80分程度に伸ばしたものの、従来の性表現を抑えた芸術路線や中途半端なシチュエーションもの路線を踏襲したことも仇となり、2003年に撤退した。Y.B.スポーツも収録時間が60分から揺らぎ出したが、ソフト路線に加えて80年代アイドル風の作りが時代とのズレを生じさせ、後に撤退した(但しCDF,ADNISLANDなど別レーベルに引き継がれた)。

1990年代② 次世代メーカー登場[編集]

1990年前後頃から、代わって台頭し始めたのは、ブロンコ・スタジオ(1987年)、キャンパスビデオ(アイダックスの前々身)、パラダイス(1988年頃。アキ総合企画、後のアルゴスタジオ)[25]、ギンギンクルー(96年にジャック・リードに変更)、コートコーポレーション(1993年。Power Gripとして第1号を出したのは1991年[26])、オフィスカワサキ(1992年[27])、「ガレオン」(マグマ,1993年[28])、ケーオーカンパニー(1994年)、ゲンマビデオ(1995年)、チークス (1995年[29])等の次世代メーカーであった。

キャンパスビデオは「バナナランド」シリーズの前身「キャンパス通信」シリーズで、「街角BOYS◯秘拝見コーナー」という素人ノンケのナンパ企画を始めた。このコーナーは街角の素人のんけをナンパし、アミダクジをやらせて当たったら賞金、外れたらペニスやアナル、お尻を見せるというものだった。パラダイスの作品では、面接官(故・川口昭美[30])が本番撮影前にモデルにインタビューしてオナニーの回数や初体験年齢などを聞き出し、モデルの本音や素顔に迫るようになった。パワーグリップもスポーツマンのナンパや面接企画、サウナでのいたずら企画などを始めた。いずれも芸術性重視の旧来メーカーにはなかった企画であり、この頃から現在のゲイAVのスタイルは確立した。こうして素人ナンパ物や少し後の本格的なSM物(80年代前半に既にポルノショップ系や素人作品のSM物はあった[31])等バリエーションの幅が広がっていった。

1990年代以降 競争激化の時代へ[編集]

1990年代中後半頃からは、更に多くのメーカーが設立された。多様な需要に応えるべく又は競争激化で差異化が必要になったこともあり、同一メーカー内でも体型・企画ごとのレーベルの濫立化が進んだ。

本格的なSM・野郎系メーカー「ガレオン」(マグマ 93年設立)は、90年代後半にかけて一世を風靡した(後撤退)。ガレオンのヒットが火付け役となり、様々なメーカーがSM作品の制作に乗り出した[32]。97年頃、体育会系専門メーカー「VIDEO EXPRESS」(オフィス アイ)が新宿2丁目で設立され[33]、「FIELD EXPRESS」と改めた後、人気絶頂の中、2006年を最後に打ち切られた。だがその前の2001年頃、同系列の別会社「ゲームス」(大阪)が設立されている。コートから2001年頃に独立した体育会専門メーカー「JAPAN PICTURES」は人気を集めたが、現在は新作の制作からは撤退し、動画配信専門になっている。コートは1995年に新しく体育会専門レーベル「OUT STAFF」を設立し、1991年からリリースしていた体育会系中心の「POWER GRIP」は、街角のイケメンを中心としたレーベル色を強めていく[34]。またストーリー性重視や異性間のSEXを男性中心に撮ったレーベル[35]等、多くの新レーベルを創設した。KOも「スタジオ・ジゴロ」「ミニ・ジゴロ」「Secret Film」(現在も存続)などのレーベルでリリースしていたが、途中からジゴロを廃し、「BEAST」「surprise!」など、体育会系からイケメン、ジャニーズJr系まで更に多くの新レーベルを創設した。この他にも、「DANK」、「サーフライダー」、「スーパースリー」、「アクシード」、「GET-Film」など、夥しい数のメーカーが設立された(参照)。

ゲイショップ系のルミエール・オリジナルは、元々、SM浣腸スカトロ作品が多かったが、競合メーカーの増加などもあり撤退した。一方、1999年の「児童買春・児童ポルノ禁止法」の制定など児童ポルノの規制強化の波を受け、メモワール・オリジナルも制作が打ち切られ、少年愛専門店メモワールも閉店し、元の店舗は2002年に中古専門店になった。

2000年前後からはブロードバンド化が進み、動画配信されるようになったことで、競争は更に激しくなっている(後述)。淘汰されたゲイビデオメーカーも数多いが、作品は有料動画配信サイトから提供されていることが多い。

流通・広告[編集]

一般ビデオ販売店、レンタルビデオ店ではほとんど取り扱っておらず(ゲイビデオは一部を除きレンタル禁止の場合が多い)、主にゲイ向けのアダルトショップで販売されてきた。店頭販売のほか、毎月ゲイ雑誌に広告が掲載され、通信販売及びメーカーの直販で成り立っていた。

1980〜90年代のゲイ雑誌は全体の1/3近くを広告が占めていて、ゲイバーなどに混じりゲイショップやゲイAVメーカーの広告が大量に載っていた。80年代後半頃からはゲイ雑誌の巻頭・巻中グラビアでも、ゲイビデオの最新作を紹介するようになり、読者にゲイAVの購買を促していた。しかしインターネットの普及でゲイ雑誌が衰退するに連れ、インターネット通販が主流になりつつある。2000年代初頭頃から中古専門のゲイショップも次々にオープンし、中古作品も売られるようになっている。

ゲイショップ一覧[編集]

閉店になったものを含む。

  • パラダイス北欧(1972年開店。新宿地区では最古のゲイ専門ショップ[36]。)
  • アテネ上野店
  • エレクト
  • カバリエ(1972年開店の新宿3丁目店は異性愛男性向け作品中心。他に2丁目仲通りの雑居ビルにも店舗があった。)
  • ルミエール(1986年開店)
  • メモワール
  • 薔薇の文庫センター
  • ベルジュルネ
  • レインボーワールド(旧薔薇の文庫センターとベルジュルネ)
  • ブックスローズ
  • アップルイン
  • ぶどう屋(博多、広島)
  • あんず屋(博多、熊本)
  • スタディ
  • BIG GYM
  • 玩具や(名古屋、1994年開店)
  • ちゃりんこ(京都)
  • ダウン・タウン(金沢)
  • etcBOX
  • CHECK
  • RAINBOW SHOPPERS(オンラインショップ)

メディア・媒体[編集]

異性愛男性向けのアダルトビデオ同様、かつてはVHS版が主流であったが、現在はDVD(標準画質)への移行を完了している。また高画質なハイビジョン/フルハイビジョン映像が見られるブルーレイ版3D版も登場している。

動画配信[編集]

2000年代以降は、ブロードバンド化が進んだことで、インターネット上から作品をダウンロード購入できるゲイ向けアダルトサイトも登場している。パソコンのほか、携帯電話スマートフォンから購入・視聴できるサイトもあり、各老舗メーカーや新規メーカーなどが続々と参入している。その為、新規作品であっても動画配信のみで、DVD版が発売されないこともある。

大手の動画配信サイトなどでは様々なメーカーの過去の膨大な作品が、パートごとにリーズナブルな価格で提供されているため、1作1万円以上する新作が売れにくくなるというジレンマを抱えている。またネットで配信されると家族や知人などに知られるリスクが高まるという不安から、出演モデルの獲得が難しくなりつつある。

特徴[編集]

異性愛男性向けのアダルトビデオとの比較では、

  • マーケットが小さい。これは同性愛者の数に比例するものである。
  • 素人的な撮影方式である(照明が無いか暗い、出演者とカメラマンのみの撮影など。但し素のモデルの表情を引き出す為、敢えてカメラマンだけで撮影する場合もある)。

などのことが挙げられる。

諸問題[編集]

  • 1996年(平成8年)、男子中学生や高校生を作品に出演させたとして、当時のコートコーポレーションの社長、取締役、現役の都立高校定時制)の教員、元タレントら計7人が逮捕され、ワイドショーなどで報じられ問題になった。そのうち社長・取締役・教員の3人は歌舞伎町の発展場などで知り合った15年来(当時)のゲイ仲間で、1993年にコートコーポレーションを設立している[37]
  • 異性愛者向けAV同様、ゲイビデオに出演していたモデルの個人情報がインターネット上で晒され、部活を退部させられたり就職の内定を辞退するといったことが起きている。一部のゲイビデオを見た人が、愉快犯的にモデルの特定や個人情報を晒す場合が多い。今後は、モデルの名誉・人権の保護や、個人情報を晒したり暴露する行為への罰則を伴う法規制の導入などが求められる。

日本のゲイビデオメーカー一覧[編集]

ア行[編集]

  • アイダックス(前身の社名はワールド映像出版社。前々身はキャンパスビデオといったが、レーベル名兼社名なのか社名は別なのかは不明。大阪淀川区)
    バナナランド・マッスルコレクション・SP
  • OUT LAW (旧レッドスカイ、野郎系)
    OUTLAW・BOLT
  • AXIS PICTURES(旧ZEEBRA CREATIONS、博多で設立、イケメン系。REAL FILM系を吸収)
  • Acceed (イケメン系、SM・スカトロ・女装などフェチ・企画物も)
  • ADONIS LAND (旧Y.B.SPORTS、イケメン系)
    CDF・Visual(i)Land・at-B・gf-FellowS・X.A.WING
  • RCHS-STUDIO (少年系、着エロ、スカトロ)
  • ウルトラボディ [ULTRA Body]
  • extra studio(FAT BALLOON・HEAVY WEIGHT・STRIKE TOKYO)
  • EXFEED(COATから独立、イケメン系)
  • EJIKI VIDEO WORKS(野郎系)

カ行[編集]

  • GLOSS MEN(JAPAN PICTURES系の動画配信専門サイト)
  • ケーオーカンパニー(1994年、総合)
    KO・BEAST・Secret Film・surprise!・go guy plus・eros・deep・Mania Club・狂・sportus・TYSON VIDEO・N.Station・STUDIO GIGOLO・HUNTERなど、他に動画配信専用KOTUBE
  • G@MES(ゲームス)(動画配信専用 HUNK CHANNEL もあり)
  • GET-Film (動画配信專門 Men's Rush. TV も、イケメン系)
  • コートコーポレーション(1993年。Power Gripとして第1号を出したのは1991年)
    COAT・KURATATSU・COAT WEST
  • KONG(野郎系)

サ行[編集]

タ行[編集]

  • チークス (美青年・イケメン系)
    Cheeks・Crimson Blood・Stand Up
  • テキーラネットワーク(野郎系)
    テキーラ・サンダー・アトミックちゃぶ
  • TRANCE VIDEO(スポーツマン、リーマン、ガテン系)

ナ行[編集]

ハ行[編集]

  • Beard Project
    DANJI・MACHO・over40など
  • Bプロダクト(1987年にブロンコスタジオ発足。野郎系)
    ブロンコビデオ・ブルビデオ・キング・マグナム
  • Future Entertainment(イケメン系)
  • BRAVO WORKS (体育会・ガチムチ・イカツイ・イケメン系)
  • Free Dom(イケメン系)
    STABS・MUGEN・TIME
  • PRISM VIDEO (プリズムビデオ、野郎・イケメン系)
    PRISM・ZAPPY・OSUINRA
  • ブックスマル

マ行[編集]

  • マンハウス(旧クリエーターズ、イケメン・リーマン・スポーツマン系など)
    Erotic Scan・Heat Up・Live Shock・ATELIER IMAGO・Mr Hat・Mr.Leo
  • MEC Company(メックカンパニー、野郎系など)
    MEC Company・VOLCANO・SYMBOL・SMILEY・PREMIUM・Stars
  • メンズキャンプ(COATで「FINE」シリーズを手掛けていた制作者が2011年に独立して設立。イケメン系の他、女装・ニューハーフ・企画作品も扱う)
  • Men's Rush.tv(動画配信専門、GET FILM系)

ラ行[編集]

  • Likeboys(イケメン系)
  • レインボーマン(RAINBOW PICTURES)
  • Wrestle Factory(スポーツマン系)
  • Rosenkrap(旧・TOP ATHLETE・デスペラード・パピヨン・Creator's File、イケメン系)

かつて存在した日本のゲイビデオメーカー一覧[編集]

メーカー自体はなくなっても、作品は有料動画配信サイトから提供されていることが多い。

ア行

  • Aiki Revolution (レーベル名REAL FILM、Shake Japan。AXIS PICTURESに版権移行)
  • Active-boy
  • アッシュビデオ(大阪北区豊崎、体育会系、SM系)
  • アテネ・オリジナル(ゲイポルノショップ、アテネ上野店が制作していたビデオ、若専、美少年系)
  • アルゴスタジオ(アキ総合企画、前身レーベルはパラダイス、若専、スポーツマン系)
  • illusion(大阪淀川区西中島。社名はユー クリエイティブ。アナルマニア向けで青春レポートと青春パンパカパンシリーズを出していた。)
  • アングラ
  • N.A.O(静岡、若専・スリム・普通体型)
  • エレクト(後のルミエール・メモワールオリジナル系)
  • SF企画(ショタ系)
  • オーバーワークプロダクション (デンジャラスビデオ、名古屋)
  • オフィス・アイ (VIDEO EXPRESS 所在地東京新宿2丁目。後身はFIELD EXPRESS。G@MESの前身)
  • オフィス・カワサキ(1992年大阪北区神山町で設立、SM系など。92年~02年頃までリリースを続け、00年3月頃に新レーベル「MANIA CLUB」設立)
  • オフィス志茂村

カ行

  • ガレオン(ガレオン、ガレオンジュニア、マグマなど。1993年大阪府大東市で設立されたSM・野郎系メーカー)
  • ギン・ギン・クルー(ジャック・リードの前身。1990年前後か前半頃設立)
  • 銀嶺出版
  • COOL FACTORY
  • クエスト [Quest Video] (重山でおなじみ)
  • GUGUN(ググン)
  • グリーンベル (フェチ系)
  • クリエーターズ(マンハウスの前身。1980年代頃写真集メーカーとして設立され91年に解散。かつてY.B.SPORTSストームプランニングと並ぶ御三家)
  • Creator's File(現Rosenkrap)
  • ゲンマビデオ(1995年、若専・体育会・イケメン系)
  • コーエイビデオ(2001年。伊藤文學が作品タイトルを命名)

サ行

  • サーフライダー(大阪、美青年・体育会系)
  • SEEK
  • シスト (イケメン・美少年)
  • J.T.K(静岡)
  • ジャストアンドジャスト(大阪)
  • ジャパンピクチャーズ(COATから2001年頃独立。動画配信専門「GLOSS MEN」から配信。体育会専門)
  • 新弥生プロダクション(レーベルBLACK VIDEO。旧弥生プロダクション)
  • STUDIO 101
  • STUDIO V (ULTRA BODYの・・・)
  • スタジオKID'S(広島)
  • ストームプランニング(STORM PLANNING、かつてのYBスポーツ、クリエーターズと並ぶ御三家。1978年写真集メーカーとして設立。)
  • G-SHOCK
  • ZEEBRA CREATIONS(現AXIS PICTURES、博多で設立、美少年・美青年系)
  • スプラッシュ インターナショナル/SPLASH International (体育会系、DANKと並ぶ)
  • ソリッドゴールド

タ行

  • ダンク [DANK](体育会系、ムッチリ系)
  • DANJIVIDEO(DANJIVIDEO・Plus!・MACHO)
  • TRY (体育会系 杉並区方南)
  • Twinkle Angel (イケメン・美少年系)
  • デンジャラスビデオ(オーバーワークプロダクション、名古屋)
  • Desperado(現Rosenkrap、イケメン系)
  • TOP ATHLETE(現Rosenkrap、イケメン系)
  • DRUG
  • 堂山ビデオ(知る人ぞ知るショタ系。但し非少年愛系作品もあった。大阪)

ナ行

  • 肉体番付
  • NO BRAND
  • 信長ファクトリー (EGOIST)

ハ行

  • パインハウス(レーベル名ビジュアルランド。1980年代設立。作品:「リニューアルコレクション 2」1992年発売、「俺たち新人類~18才の一人遊びと19才・21才迫力の2P~」)[14]
  • パピヨン(現Rosenkrap、イケメン系)
  • パラダイス(アキ総合企画。アルゴスタジオの前身レーベル、スポーツマン系)
  • パワービデオメディカルオフィス (小便・SMなど)
  • 縛団
  • パンダ商会(デブ専・ガチムチ)
  • PIGEET VIDEO
  • VIDEO EXPRESS (オフィス・アイ。後身FIELD EXPRESS。G@MESの前身)
  • VIDEO CITY
  • VIDEO DRUM
  • ビデオマガジン
  • フィールド(前身はVIDEO EXPRESS。G@MESの前身。イケメン・スポーツマン系)
  • B+B Videos
  • Bプロダクト(池袋、野郎系)
  • Free Dom(STABS・MUGEN・TIME。美少年系)
  • PRODUCTION 32(名古屋)
  • V-JET(BORDER・V-JET)
  • V Factory
  • Phenix Japan
  • ヘラクレス(体育会・野郎系)
  • BONビデオ(西新宿。前身は写真集メーカー・梵アソシエーション)[13]

マ行

  • メディア・ブロス [Media Bros.] Mr.ゴリラ (SAMSONの前身)
  • メモワール・オリジナル(旧エレクト系、少年愛系・青年系)
  • メル・キャブ
  • Men-Kura/男蔵
  • Men's Heaven

ヤ行

ラ行

  • ルミエール・オリジナル(旧エレクト系、SM・浣腸作品多し)
  • RISE (COATに吸収)

ワ行

  • Y.B.SPORTS
  • YSL

世界のゲイビデオ[編集]

1980年代前半には「にんじんくらぶ」「A&Iトレーディング」などの業者が洋物ビデオを通販で売っていた[38]。またアップルイン、エレクト、カバリエ、黒猫館などの店頭でも売られていた。その後も様々な業者により扱われていて、アキ企画系のARGO STUDIOやルミエールなども洋物ゲイビデオの販売をしていた。

  • AMENITY PLANNING

米国[編集]

米国のゲイAVメーカーでは、en:Falcon Entertainment(Jocks Studios)、en:Lucas Entertainmenten:CockyBoysen:Catalina Video(WILLIAM HIGGINS)、AYOR STUDIOS、NEXT DOORなどが知られている。

欧州[編集]

欧州では、Bel Ami、Czech Hunterなどが知られている。

アジア[編集]

タイなど東南アジアの一部では多くのゲイAVが制作されている。台湾香港でもゲイ雑誌や写真集の刊行が増えている。一方、その他のアジアの国ではポルノに厳しい規制があり、殆ど制作されていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 㚻/ wiktionary 2016年6月9日
  2. ^ 㚻片/ 維基詞典 2016年6月9日
  3. ^ 「少年・純の夏」が日本初だというのは伊藤文學が言っていることであり、本当にそうなのかは未検証。
    例えば伊藤は「伊藤文學のひとりごと -日本初の男性ヌード写真集」(2005/04/30)において、1972年4月に第二書房が刊行した写真集「脱いだ男たち」は日本初だと主張しているが、実際は、それより前の1961年細江英公薔薇刑」(集英社)、1966年に矢頭保の「体道・日本のボディビルダーたち」(ウエザヒル出版社)、1969年に同「裸祭り」(美術出版社)が出ており、伊藤の主張は事実ではない。「少年・純の夏」も日本初というのは事実なのかは疑問がもたれる。
    更にゲイビデオメーカーY.B.SPORTS社は1980年の設立であり、「少年純の夏」(1981年)より早くゲイビデオ作品を出していた可能性もあり、その他個人がゲイショップに持ち込んだ作品があった可能性も含め未検証である。
  4. ^ Badi[要文献特定詳細情報]
  5. ^ 薔薇族編集長の伊藤は「伊藤文學のひとりごと『廃刊のいきさつ』」などで、「ゲイに一番人気はスポーツマンであり、美少年好きは少数派」という発言を一貫して続けている。薔薇族が商業的に成功したのも、同誌創刊に関わった藤田竜氏と間宮浩氏がゲイの主流派であるスポーツマン好きのゲイだったからだと述べている。
  6. ^ 1985年5月号(3月発売)の「さぶ」の広告では、日本人の写真集は2800円、生写真は10枚セットで1500円ほど、ポストカードは1枚280円ほどだった。カセットは「高校生運動部しごき」など毎月新作2,3種発売、オリジナルテープ生録各30分1800円、「オナニーカセット(30分)付き美少年グラフィー、青春オナニー①」(A&lトレーディング)3000円
  7. ^ 1998年2月22日発売「凌辱!若者狩り」のジャケットに「20周年記念特別限定版」とある。
  8. ^ 2000年7月20日発売のベスト版「海からはじまる物語」のジャケットに「YB20周年を記念して」とある。
  9. ^ 1982年、「白い牡鹿たち」「薔薇と海と太陽と」「薔薇の星座」が東映セントラルフィルムによって配給され、東京・大阪の成人館で上映されて人気を博した。
  10. ^ 1981年8月22日発売「青春体験シリーズ 少年・純の夏」30分18,000円、同年9月22日発売「薔薇と海と太陽と」上巻30分18000円,上下巻セット60分32,000円(薔薇族394号「結婚と100号とアダルトビデオ」)、「フェスターハードビデオ・光と風の中の男たち」60分12000円(1985年5月号さぶ広告より)。
  11. ^ エレクトオリジナル「青春アイラブユー残酷SM編」32分8200円、「美少年同士トリプルは最高」62分12800円(1985年5月号「さぶ」広告より)
  12. ^ 「別れの肉宴」「陵辱の菊座」「白い血のハンター」「アポロン達の宴」「刺青とA感覚」など30分2万円(1985年5月号「さぶ」広告より)
  13. ^ a b BONビデオ:画像「青春ブランコ」「SMスポーツ野郎地獄責」「森の猟人」「獣あそび」「少年狩り」「愛裸撫(兄貴と少年)」「キャンパス野郎」「めざめ」等各30~40分で15000円(1985年5月号「さぶ」広告より)「新宿2丁目SMナイト 店のボーイに手を出すな」(60分5980円,90年代発売)。梵アソシエーションは「BON」「虐」「年頃」「おとこ同士」などの波賀九郎写真集を出していた。
  14. ^ a b パインハウスビデオ:画像
  15. ^ さぶ1985年5月号の「アンデルセンBOY」の広告に「日本人ハード生撮りビデオをマニア(撮影者)別に販売中。当店ビデオは全部素人の自主制作者よりマザーテープを買取した、オリジナル販売ビデオです。VHSベータの機種指定をお忘れなく。8ミリビデオも用意」「マニアより入手の写真・ビデオが店内に溢れています。貴男の撮った写真・ビデオも是非高値でお譲り下さい」とある。作品名「マニアより入手ビデオ・ハンサムな短髪のスポーツでぶを泣かせるゴムの手」40分12000円など。
  16. ^ 「ときめき15才トロピカルな夏が過ぎて」40分1万円(さぶ1985年5月号エレクト広告より)
  17. ^ ルミエールオリジナル:「大学水泳ボーイ 悪夢のような休日」「花よりSMフェア」「SMトラック野郎」「青年地獄体験記 あえぎドロロロ」「美少年玉地獄」など。
  18. ^ 1985年5月号(3月発売)の「さぶ」に米国や欧州製のホモAVの広告が出ている。「サイロ・イン・ザ・ワールド」「ファンド・イン」各15000円、「BOY&BOYS」30分16000円など。
  19. ^ ジェフ・ストライカー
  20. ^ 1998年2月22日発売「凌辱!若者狩り」のジャケットに「20周年記念特別限定版」とある。「The 高校生」(1983年)、「16歳 亮の誘惑」(1983年)、「獲物たちの午後」(1984年)、「スイートメモリー」(1984年)、「NICE LOOKING」(1984年)、「誘惑の甘い香り」(1985年)など(Badi1998年3月号「日出ずる男の写真集 日本メールヌードのターニングポイント'80年代」より)。ゲイ雑誌「さぶ」(1985年5月号)に最新写真集「ストームハードコレクションNO.3」2000円の広告。
  21. ^ クリエイターズの設立年は不明だが、1984年には「ある正午の風景」が発売されている(Badi1998年3月号)。他に「マイルドボーイ」(1984年)、「樹液の森」(1985年)、「禁じられた放課後」(1986年)、「青年伝説」(1986年)、「花ざかりの森」(1986年)、「月光の彼」(1988年)等。
  22. ^ 「さぶ」1985年5月号の「パラダイス北欧」の広告には、パラダイス提携ビデオ(Y.Bスポーツ社)と題して「Y.B青年隊」「ベストフレンズ」「美ナルキッソス」「ザ・バイブレーション夢時間」「胸さわぎの放課後」各45分13000円、「ひとりぼっちのアドニス」「20歳のエクスタシー」各60分15000円の7作が載っている。
    2000年7月20日発売のベスト版「海からはじまる物語」のジャケットに「YB20周年を記念して」とある。日本初のゲイビデオは1981年7月発売という説があり、当初からビデオを出していたのか、写真集メーカーだったのか、写真集ではなく生写真など他のポルノを出していたのかなどは未検証。
  23. ^ アップルインだけではなく、さぶ1985年5月号の「アンデルセンBOY」の素人買取ビデオの広告に「VHSベータの機種指定をお忘れなく。8ミリビデオも用意」とある。
  24. ^ 1994年発売の東風スタジオの写真集「月の日」の説明で、画家長谷川サダオが「3年前のクリエイターズ解散で」と発言している。
  25. ^ パラダイス「金色の男」(88年1月発売)「本番男優にデビューします」(89年7月)「でかちん一本勝負」(90年3月)「スペルマジャングル」など、アルゴスタジオ「栗の香のキツイ奴」「アヌス三段締め」など。
  26. ^ PG100号特典DVD「アーカイブ」より。
  27. ^ 2002年6月発売の「蒼い時刻」に「オフィスカワサキ10周年記念」とプリントされている。
  28. ^ 1996年発売の「Mr.ガレオン」のジャケットに「ガレオン3周年特別企画」とある。
  29. ^ 2000年8月21日発売の「青い渚でキスをしよう」の表紙に「Cheeks 5th Anniversary」とプリントされている。
  30. ^ 「新宿2丁目の母逝く ゲイのアキさん、性的少数者勇気づけ」 (2002年6月12日朝日)
  31. ^ エレクトオリジナル「青春アイラブユー残酷SM編」32分8200円、「スポーツ野郎のSMオナニー」32分8500円、SMマニアの生撮り・素人の撮ったSMビデオ「ロープ責め」40分9800円、「カウボーイスタイルの美青年を責める」40分12000円(さぶ1985年5月号エレクト広告より)
  32. ^ iDAX系のスタジオアダム、オフィフカワサキ、KO系のSMシリーズ、コートのバサラなど。
  33. ^ Badi1998年3月号(1月発売)に「体育会LIVE SUPER STAR vol.1」、同5月号に「シリーズ第3弾、ヒーローマガジン 1 新創刊」と「新作6弾 ノンケ悪戯日記シリーズ 顔射天国」の広告があり、前年の97年4月号にはオフィスアイの広告がない。但し同社設立者が関西の海辺でスカウトするゲイビデオ映像(作品名不明、作品化されていたのかも不明)が存在し、そこには「1991年撮影」と画面に表示されている。これは同社の前身メーカーか個人撮影のものなのかは不明。
  34. ^ PG100号特典DVD「アーカイブ」より。
  35. ^ ゲイAVメーカーによる男女物は2001年にCOATが「scooop」シリーズ、「大人のセックスライフお見せします」で始めた。ノンケAVメーカーにも男性メインの男女物はあるが、これより早かったかは不明。
  36. ^ 「伊藤文学さんのところにゲイ雑誌Badiの取材がっ!03」より。
  37. ^ 1996年(平成8年)10月15日『おはよう!ナイスデイ』、『ワイド!スクランブル』
  38. ^ さぶ1985年5月号より。