コートコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社コートコーポレーション
COAT CORPORATION & co.,ltd.
種類 株式会社
略称 COAT
本社所在地 155-0031
東京都世田谷区北沢3-23-14
コートファーストステージ
業種 情報・通信業
代表者 代表取締役 江島隼人
外部リンク http://www.coat.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社コートコーポレーション (COAT CORPORATION) は、1993年に設立された日本の大手ゲイビデオ製作会社である(本項目のゲイは、男性同士の意味)。本社は東京都世田谷区北沢。

概要[編集]

コートコーポレーションは1991年に「POWER GRIP」を創刊し[1]、以降毎月コンスタントに8タイトル程度の作品を発売し、扱うジャンルも変えつつ現在までに160本以上のタイトルを数えている。関連会社として有限会社「蔵建」(KURATATSU)、有限会社「COAT WEST」(大阪)があり、KURATATSUは1997年(平成9年)頃から、COAT WESTは2003年(平成15年)から同名ブランドの作品をリリースしている。

初期の作品は「POWER GRIP」を代表に体育会系学生が出演するものがメインだったが、その後多くの新レーベルを立ち上げ、現在40以上のレーベルを有している。アスリート系・ジャニーズ系・リーマン系ガチムチ系・SM系など、モデルや企画の幅は広く、ソフトなものからハードなものまで様々なジャンルの作品がある。

同じ頃、コートとしては初のシチュエーション・ゲイビデオ「Babylon」が創刊された(2012年までに60号)。1997年にはKURATATSUからOUT STAFFよりもヘビーな体育会系レーベル「danGet」と、ジャニーズJr系レーベル「Fine」が設立された。danGetはvol.25(2008年)で打ち切られたが、Fineは現在もリリースされており、タイトル数は60を超えている(2012年まで)。その他にも多種多様なレーベルが設立された。その中の一つ「EXFEED」は後に独立している。

刑事事件[編集]

1996年平成8年)、男子高校生を世田谷区の路上で「ビデオに出演しないか」と声をかけ、同意すると「パンツを脱いだら2000円」「30分で5万」など具体的な金額を提示し近くのカラオケボックスで裸の姿などを撮影したということで、江島社長ら7人が職業安定法違反(有害業務就業目的募集)で逮捕された。この事件は都立高校の教員やテレビタレントの「いまきた加藤」こと加藤由美子が関わっていた上に、勧誘に応じ出演した高校生が170人にものぼるということでして大きく報道された[2][3]

真夏の夜の淫夢[編集]

コートコーポレーションのビデオの中ではインターネット上でも著名なもので、シリーズの内の一つに著名人が出演していたとして大きく報道されたものである。 正式なタイトルを『BABYLON STAGE34 真夏の夜の淫夢 the IMP』といい、COATのブランドである「BABYLON」シリーズの34作目にあたり、2001年に発売された[4]。これはストーリーに繋がりを持たない4つの章から成る全90分の作品である。タイトルはシェイクスピアの戯曲『真夏の夜の夢』からと推測される[5]

日本の大手動画投稿・配信サイト「ニコニコ動画」においては大きな人気を持ち、2010年頃からこの作品を題材とした動画投稿が急増し、2014年現在まで増加の一途を辿っている。人気の動画のランキングとも言える「ニコ動人気タグトレンド」の2014年3月4日から10日においては、他のあらゆるジャンルを差し置いて、関連動画の人気は1位となり[4]、2015年5月においても5位にランクインしている[6]

またビデオ内の台詞や動画を用いた、「MAD動画」もしくはそれに類するものの製作や、何故か全く関係の無いゲームのプレイ実況動画に同作の台詞もしくは音声を入れ込んでくるなど、日本のネット社会、特にニコニコ動画界隈における人気は高い[4]。また人気のアニメに「淫夢」との一致部分を見いだし騒ぎとして楽しむなどといったことも、ネットニュースで取りあげられている[7]

作中に現れる特徴的な台詞は「淫夢語録」と呼ばれており、2016年現在の日本においてはネットスラングとして成立しているようだ[8]。さらに、Amebaが行っている「JCJK流行語ランキング」(JCは女子中学生、JKは女子高生の意味である)では、2014年に「淫夢語録」である「微レ存」[9]が10位にランクインしている[10][11]

なおこのシリーズでは、同作第一章に出演する前述の著名人である「TDN」、第四章にて後輩への昏睡レイプを行う「野獣先輩」などのキャラクターが大きな人気をもっている。当初はTDNなど第一章のキャラクターの人気が高かったが野獣先輩の人気が徐々に上昇、2016年には8月10日を8(や)10(じゅう)の日と掛け、当日はTwitter上で、元ネタがゲイビデオであると知らないユーザーまで巻き込み、「#野獣の日」タグが終日トレンド入りする事態となった[4][5]。なお同年にはネット配信番組において、「野獣先輩」が現在何をしているのかを突き止めようとする企画が立ち上がるも、プライバシーの侵害に当たるとして中止されるといった事件も起きており、人気は根強い[12]

あらすじ[編集]

第一章「極道脅迫!体育部員たちの逆襲」[編集]

試合を終えて家路へ向かうサッカー部員達。

疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…。

第二章「モデル反撃!犯されるスカウトマン」[編集]

スカウトマンがノンケの青年をモデルスカウトするところから始まる。5万円のギャラで承諾したものの、乗り気でないモデルと、撮りたい画を撮れないスカウトマンとの間ですれ違いが生じてしまう。そしてスカウトマンの「フェラも出来ないの?」という嘲笑に、ついにモデルは怒りを爆発させる…。

第三章「盗撮!そしてSM妄想へ 」[編集]

大学生アパートに同級生の友人が訪れる。二人はしばらく仲良くくつろぐが、学生にアルバイトの時間が訪れると、友人を部屋で独りでゆっくりさせる。学生が不在の間、友人は自慰を始める。しかし、その一部始終は学生が事前に仕掛けたビデオカメラによって盗撮されていた。学生が帰宅して、酒を交わし、再び楽しんだ後、友人はベッドで仮眠を取る。学生は彼の寝ている横でビデオカメラをチェックすると、SM妄想の世界へと突入していく…。

第四章「昏睡レイプ!野獣と化した先輩」[編集]

水泳部の後輩が練習帰りに先輩の実家に訪問するところから話が始まる。部活の会話の後、先輩が後輩に屋上で日焼けしに行かないかと誘う。後輩は快諾し、二人は競泳パンツに着替え、日光浴を始める。しかし、この後、普段面倒見の良い先輩が豹変。彼の歪んだ愛情が暴走して、後輩に襲いかかる…。

ブランド名一覧[編集]

終了レーベル含む

COAT[編集]

  • ACTIVE BODY
  • ANOTHER VERSION (男女物)
  • Babylon (ストーリー物)真夏の夜の淫夢で有名。
  • COAT
  • D.M.T. (アスリート系)
  • フェラ三昧
  • GAND
  • Hello
  • Number (アスリート系)
  • POWER GRIP
  • Rock Bull
  • Round Zero(アスリート系)
  • Precious (ソロ企画)
  • SHOOT
  • 体育会制覇
  • KING COCK
  • birth

終了レーベル

  • 変態面接官 SUPER S(面接
  • 密室撮人
  • ナンパ専門学群
  • OUT STAFF (アスリート系/ただし再編集版は2013年度も刊行)
  • SCOOOP
  • SCOUT CARAVAN (スカウト

KURATATSU[編集]

  • バサラ (SM系)
  • CK HEAD LINE (カタログ
  • COMPLETE COUPLE (2人の男優のタイトルを集めたベスト版)
  • COMPLETE FILE (1人の男優のタイトルを集めたベスト版)
  • danGet (野郎系、1997年創刊号発売)
  • Conception
  • danGet
  • Discovery
  • EnVY (ストーリー物)
  • E-STYLE
  • Fine (アイドル系、1997年創刊号発売)
  • フェチ (スカトロ系・ガテン系など)
  • ガッちび!! (身長の低い男優)
  • Ge:X
  • HAREM
  • i-mode学園 (アイドル系) ※終了
  • KURATATSU
  • NUDE (アイドル系)
  • scooop!!! (ハード系)
  • SCRATCH (ドキュメンタリー系)
  • 制コレ。 (学ラン系)
  • 太極 (ガチムチ系)
  • ザ・フェチ

COAT WEST(大阪)[編集]

  • ACE
  • BACK SNIPER
  • ザ・シリーズ「ザ・交渉」
  • ザシリーズ 「ザ・泥酔」
  • ELoS (Edge Life of Story) (ストーリー物)
  • Grand Slam
  • HOSTCLUB HOT NEWS* IDOL BEACH (BIG WAVE, ENDLESS JOURNY etc.)
  • KISS
  • LUXE (SHO, HIKARU, NAGI)
  • MANIAC (盗撮系)
  • MVP (アスリート系)
  • ONLY SHINING STAR (ソロ企画)
  • 男 (ガチムチ系)
  • Re:D (ハード系)
  • 射精トライアスロン
  • smart (アイドル系)
  • スタ誕
  • Straight Style (男女物)
  • S.W.A.P
  • Versus
  • WEST GATE
  • WILD BIZ (リーマン系)
  • Winner (アスリート系)
  • COAT WEST

その他[編集]

  • EXFEED

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PG100号特典DVD「アーカイブ」より。
  2. ^ 朝日新聞夕刊19頁、1996年平成8年)10月14日
  3. ^ 日本経済新聞夕刊17頁、1996年平成8年)10月14日
  4. ^ a b c d “真正面から「真夏の夜の淫夢」タグを解説してみた ある意味とてもニコ動らしい淫夢動画の世界”. ASCII.jp (アスキー). (2014年3月13日). オリジナル2016年4月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160416005719/http://ascii.jp/elem/000/000/873/873619/  3頁ある記事なので留意。
  5. ^ a b “8月10日は“野獣の日” 『淫夢』野獣先輩を知らない層のおかげもあって、「#野獣の日」がトレンド入りをはたす(ンアッー!)”. おたぽる@HENTAI! (サイゾー). (2016年8月11日). オリジナル2016年10月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161003081538/http://otapol.jp/hentai/2016/08/post-2_entry.html 
  6. ^ “2015年5月のニコ動人気タグトレンド シュガーソングとビターステップとスプラトゥーン”. ASCII.jp (アスキー). (2015年6月11日). オリジナル2016年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160620031941/http://ascii.jp/elem/000/001/016/1016248/ 
  7. ^ “【衝撃】『ちびまる子ちゃん』にあのネタが!? 「完全一致」「想像より淫夢だった」と大反響に!”. おたぽる@HENTAI! (サイゾー). (2016年8月1日). オリジナル2016年10月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161003083413/http://otapol.jp/2016/08/post-7581_entry.html 
  8. ^ フリーライター、赤木智弘による。[1]
  9. ^ びれぞん、びれそん。微粒子レベルで存在、の略。「…という可能性も微レ存?」の様に用い、もの凄く確率が低い、もしくは理論上はそういう可能性はあるが実際には絶対に無いだろう、のような意味で用いる。元々は、淫夢に出演した男優の口中に、TDNを含む他の男優の恥垢が微粒子レベルで(つまり極めて少量)存在しているかもしれない、といったネタであった。すなわち「微レ存」は淫夢語録ではあるが、作中の台詞等を引用・改変したものではない。 微レ存”. 通信用語の基礎知識 通信俗語編 (CZYOGO). 通信用語の基礎知識編纂委員会 (2016年1月26日). 2016年11月30日閲覧。“微レ存とはどんな意味?元ネタや意外な事実って?!使い方を間違えると誤解を招くかも?具体的な使い方や使われ方を徹底調査!”. WELQ [ウェルク] (DeNA Co.,Ltd). (2016年5月18日). オリジナル2016年10月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161003104137/https://welq.jp/22830 
  10. ^ サイバーエージェント (2014-11-21), 「Ameba」が2014年「JCJK流行語ランキング」発表 流行語1位は「ダメよ〜ダメダメ」、「かまちょ」「KS」など新しいJCJK語も上位に 流行っていたモノ・コト1位は「壁ドン」, サイバーエージェント, オリジナルの2016-3-31時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160331234901/https://www.cyberagent.co.jp/news/press/detail/id=9551&season=2014&category=ameba 
  11. ^ “女子中高生の流行語「微レ存」がネットで話題に 「これ使っちゃダメなやつじゃね?」”. aol (AOL オンライン ジャパン). (2014年12月14日). オリジナル2016年1月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160107233923/http://news.aol.jp/2014/12/04/netword/ 
  12. ^ “大島薫、元AV男優の捜索を中止 探偵の山木陽介さん「倫理的に問題ある」”. The Huffington Post Japan (The Huffington Post Japan, Ltd / 朝日新聞). (2016年8月19日). オリジナル2016年10月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161003090047/http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/19/kaoru-ooshima_n_11602322.html?utm_hp_ref=japan 

外部リンク[編集]

  • CLUB CK 公式サイト
  • CK DOWNLOAD コートコーポレーション運営 男性ゲイ動画配信販売サイト

関連項目[編集]

  • 山川純一 - 日本のホモエロ漫画家。日本のインターネット社会上で、コートコーポレーションの「真夏の夜の淫夢」シリーズと同様、その作品が「ホモネタ」として人気を博す。
  • ビリー・ヘリントン - 出演作品が「ホモネタ」として人気を博す。