関本賢太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関本 賢太郎 (関本 健太郎)
HT-Kentaro-Sekimoto2.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県橿原市(大阪府寝屋川市生まれ)
生年月日 1978年8月26日(38歳)
身長
体重
186 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1996年 ドラフト2位
初出場 2000年10月3日
最終出場 2015年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

関本 賢太郎(せきもと けんたろう、本名及び旧登録名:関本 健太郎(読み同じ)、1978年8月26日 - )は、大阪府寝屋川市生まれ、奈良県橿原市育ちの元プロ野球選手内野手)。

1997年天理高校から阪神タイガースに入団して以降、他球団への移籍経験がないまま、同球団に19年間在籍。この年数は、藤田平川藤幸三に並ぶ球団歴代3位[1]の長さである。現役引退を表明した2015年の時点では、高校から直接入団した生え抜き選手のチーム最年長でもあった。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼少期に生まれ故郷である大阪府寝屋川市から奈良県橿原市へ転居、以降橿原市で育つ。小学生時代は少年野球チームの金橋バッファローズに在籍。中学校では後にプロでチームメイトとなる中村泰広と同級生で、当時所属していたボーイズリーグの橿原コンドルには同じく庄田隆弘が1年後輩にいた。

天理高校では3年時に1番二塁手として第78回全国高等学校野球選手権大会に出場し、2回戦で中濱裕之新沼慎二らを擁する仙台育英高校に敗れた。大会に出場した際、記念に有名な高校球児と写真を撮ろうと開会式で3人の選手に頼みこんで記念撮影をしたが、そのうち2人はこれも後にプロでチームメイトとなる前川勝彦三東洋だった。高校通算20本塁打

1996年ドラフト会議で阪神から2位指名を受け入団。入団当時の背番号は「64」で、指名後のインタビューでは、「当たれば本塁打のような選手になりたい」と語っていた。

プロ入り後[編集]

「大型内野手」という期待を受けて、1年目の1997年から、ウエスタン・リーグ公式戦80試合に出場。レギュラーに定着したが、打率が.162にとどまったことから、「長打ではプロで勝負できない」と悟ったという。1998年から遊撃手に転向すると、1999年ジュニアオールスターゲームには、ウエスタン・リーグ選抜の一員として出場した。

2000年には、ウエスタン・リーグ公式戦で打率.276、9本塁打、31打点と好調。9月に打者部門の月間MVPに選ばれたことを機に、10月3日の対横浜ベイスターズ戦(阪神甲子園球場)に、「7番・三塁手」として、スタメンで一軍デビューを果たした。チームのシーズン最終戦でもスタメンに起用されたが、一軍では2試合通算で5打数無安打に終わった。

2001年には、右肩を痛めたため、シーズン中に手術を受けた。公式戦には一・二軍とも出場できなかったが、二軍のウエスタン・リーグ優勝で迎えたファーム日本選手権で実戦復帰を果たした。

2002年には、「阪神史上最強の助っ人」と評されたランディ・バースへの憧れから、背番号をかつてバースが着用していた「44」へ変更。4月下旬に2年振りの一軍昇格を果たすと、5月8日の対横浜戦に三塁打で一軍初安打、同月25日の対中日ドラゴンズ戦で一軍初本塁打を放った。一軍公式戦には、通算で71試合に出場。5本塁打、11打点、打率.254を記録した。

2003年には、ウエスタン・リーグ公式戦56試合に出場。9本塁打、31打点、打率.319という好成績を残した。一軍公式戦では、4本塁打を放ったが、36試合の出場にとどまった。しかし、チームの18年振りセントラル・リーグ優勝で迎えた福岡ダイエーホークスとの日本シリーズでは、福岡ドームでの第7戦(10月27日)に「9番・三塁手」としてスタメンに起用。5回裏には、シリーズ自身初のソロ本塁打を和田毅から放った(詳細後述[2]

2004年には、主に2番打者として起用されると、しぶとい打撃を披露。1番打者・赤星憲広とのコンビは高い評価を得た。規定打席には届かなかったものの打率.316, 出塁率.404を記録。右の代打としても活躍した。

2005年には、背番号を「3」に変更。藤本敦士と併用で二塁手として起用されたほか、一塁手三塁手も務めた。5月11日には第1子が誕生した。同年から個人的に親交のあるポルノグラフィティの「エブリバディ・セイ」を打席に入る時のテーマソングとして使うようになった。これはポルノグラフィティが関本のために自らの楽曲「Century Lovers」をアレンジし提供したオリジナルのバージョンとなっており、「エブリバディ・セイ」という歌詞の間に阪神の選手テーマソングでは唯一「関本!」とファンの合いの手が入る。2007年開幕からしばらくはジョージ・ベイカーの「リトル・グリーン・バック」を使っていたが、打撃不振に陥ったことやファンからの要望も多かったことから「エブリバディ・セイ」に戻している。

2006年は怪我や不振が重なった今岡誠に代わり、2番三塁手でレギュラーに定着。規定打席不足ながら打率.301, 出塁率.383を記録し、自己最多の9本塁打を放った。特にシーズン後半に首位の中日ドラゴンズを猛追する時の活躍ぶりは岡田彰布監督に「後半戦のMVP」と評された。

2007年はプロ11年目で初の開幕スタメンを勝ち取ったが、開幕から不振に喘いで4月やオールスター前は藤本や坂克彦にスタメンを譲ることもあった。後半戦は7本塁打を放つなど好調だったが前半戦での不振が響き、最終的には打率.243と低迷した。守備では8月1日に二塁手としての連続守備機会失策記録を714としてセ・リーグ記録だった立浪和義の712を更新し、最終的に804まで伸ばした。

2008年から、風水建築デザイナーの直居由美里の勧めにより登録名を「関本 賢太郎」に変更。移籍してきた平野恵一が二塁手の定位置を掴んだことや、今岡の復帰もあり開幕スタメンからは外れたが、今岡の不調により三塁手のレギュラーに復帰。6月17日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、1試合4連続犠打のプロ野球タイ記録を達成した。夏場は新井貴浩の離脱もあって3番や5番のクリーンナップを打つことも多く、7月25日の対中日戦では5回裏に川上憲伸からプロ初の満塁本塁打を放つなど勝負強さが光った。最終的には初めて規定打席に到達して打率.298の成績を残した。

2009年は新井が三塁へ回ったため一塁手で開幕を迎え、6月にクレイグ・ブラゼルの入団により二塁へ回るなどチームの穴を埋め、規定打席にも到達した一方、夏場に右足の内転筋を痛めて1か月以上離脱、また失策も自己ワーストの10と大幅に増え、シーズンを通しての打率もやや落としてしまった。

2010年はブラゼルが開幕から一塁で固定され、三塁には新井、遊撃には鳥谷敬が固定されており、平野との二塁手争いにも敗れる形で守るポジションが事実上なくなってしまう。スタメン出場はシーズン序盤を除いてほとんどなくわずか8試合であった。シーズン中盤以降徐々に守備固めでの出場も減少し、代打での出場が主になり、代打での打率は.355を記録した。シーズン終了後には、シーズン中に取得したFA権の行使を宣言したうえで、3年契約で残留した。ちなみに、関本が引退表明の直後に明かした手記によれば、この契約を結んだことが引退を意識するきっかけになったという[3]

2011年もポジションがなく代打出場が多かったが、チームの打撃不振から交流戦中盤で平野を中堅手・関本を二塁手で使うことが多くなり、このスタメン起用以降、それまで低迷していたチームも奮起した。新井の三塁守備に不安があったことから、8月31日には、2008年以来4年振りに「一塁・新井、三塁・関本」というスタメン起用が実現。9月1日の対中日戦(ナゴヤドーム)では、打撃不振の新井に代わって球団第92代の4番打者[4][5]に起用されたことで、一軍で1~9番の全打順を経験した[3]。11月24日、翌2012年からの選手会長就任が発表された[6]

2012年3月30日、横浜DeNAベイスターズとの開幕戦で1-3とリードされた7回裏、二死一、二塁の場面で代打で登場し、加賀繁から逆転3ランを放った。開幕戦代打本塁打はセ・リーグ史上7人目で、阪神では1978年4月1日の大島忠一以来34年ぶり2人目。シーズンでは、代打や守備固めを中心に91試合に出場したが、打率は一軍定着後最低の.212だった。

3年契約の最終年である2013年には、開幕から代打を中心に出場。しかし、5月12日の東京ヤクルトスワローズ戦に代打で安打を放った際に左ふくらはぎを痛めたため、同月16日に出場選手登録を抹消された[7]。6月25日に再登録。7月31日の中日ドラゴンズ戦では、7回裏に代打でこの年初打点となる2点適時打を放つと、3年振りに盗塁を成功させた[8]

2014年は4月13日の読売ジャイアンツ戦で山口鉄也から自身3年ぶりとなるサヨナラタイムリーを放ち、甲子園での開幕カード3連勝に貢献した[9]。7月13日の同カードでは1-3とリードされた7回表、二死満塁の場面で代打で登場すると、先発の澤村拓一から代打逆転満塁ホームランを放った。球団史上、代打満塁ホームランは07年8月21日のヤクルト戦で桧山進次郎が打って以来、7年ぶり14本目。さらに、代打逆転満塁本塁打は2002年7月30日の横浜戦で八木裕が打って以来、12年ぶり6本目であった[10]日本シリーズでは西岡剛が右肘に不安を抱えていたため、10月29日の第4戦で7番、三塁としてスタメン起用された[11]

2015年には、開幕2戦目(3月28日)の中日戦(京セラドーム)延長10回裏無死満塁から代打に起用されたところ、祖父江大輔からフルカウントの末に左腕へ死球を受けた。チームは前夜(27日)の開幕戦でも中日から延長10回裏にサヨナラ勝ちを収めていたため、この死球によって、球団史上初(延長戦としてはNPB史上4度目)の開幕2試合連続サヨナラ勝利を達成した[12]セ・パ交流戦の期間中には、西岡と新井良太(前述した貴浩の弟)が故障で相次いで戦線を離脱したため、彼らに代わる三塁手として急遽スタメンに起用[13]。しかし、その直後に左脇腹を痛めたため、6月2日に出場選手登録を抹消された[14]。7月10日に一軍へ復帰した[15]が、復帰後に右の背筋を痛めたことや、自身の離脱中に狩野恵輔が右の代打要員として自身を上回る成績を残してきたことから8月6日付で再び登録を抹消[16]。9月8日の再々登録後は、代打での打率が一時5割を越えていた[17]。しかし、同月29日には、この年限りで現役を引退する意思を球団に伝えていたことが判明[18]。翌30日に阪神甲子園球場内で開いた記者会見を通じて、正式に引退を表明した[19][20]。なお、引退表明直後の10月2日には、1点ビハインドで迎えた対ヤクルト戦(神宮)の9回表に代打で同点適時打[21]。結果として、この一打で現役最後の安打と打点を記録した。

阪神球団では、2015年10月4日のレギュラーシーズン最終戦(甲子園球場での対広島戦)を、関本の引退試合として開催した。関本は、8回裏2死1塁からの代打で黒田博樹から投手ゴロに打ち取られた後に、9回表の三塁守備で公式戦への出場を終了。試合後に開かれた引退セレモニーでは、10年間付けていた背番号「3」にちなんで、ナインから3回胴上げされた[22]。なお、チームのシーズン3位で進出した巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージ(東京ドーム)には、第3戦(10月12日)にのみ出場。「6番・三塁手」としてスタメンで起用されたが、チームがこの試合の敗戦でファイナルステージに進めなかったため、7回表の第3打席が現役最後の打席になった(記録は右飛)[23]。同月30日に、NPBから任意引退選手として公示[24]

現役引退後[編集]

引退試合直前の2015年10月1日に、スポーツビズとの間でマネジメント契約を締結した[25]2016年からは、引退時までの登録名である関本 賢太郎の名義で、地元の関西を拠点に、スポーツニッポンで野球評論家[26]朝日放送サンテレビ野球解説者[27]として活動。2016年1月4日からは、朝日放送の解説者として、『おはよう朝日です』(ABCテレビ平日朝の情報番組)の月曜日でスポーツキャスターを務める。

プレースタイル[編集]

阪神への入団2年目以降は、「自分が現在どのレベルにあるのか?」ということを常に意識しながら、対戦した相手投手の成績を細かくチェック[3]。ヤクルト時代に「バントの名手」として知られたチームメイトの城友博に教えを請いながら、高校時代まで全く練習していなかった小技(バントや流し打ちなど)を鍛えるとともに、複数のポジションをこなせるように内野の守備を練習していた[28]。関本自身は、入団4年目の一軍初打席で同郷(奈良県)の先輩・三浦大輔から三振を喫した際に、一線級投手との力の差を痛感したという[19]

2002年・2003年に関本を指導した田淵幸一チーフ打撃コーチは、関本の打撃フォームを、自身の苗字(タブチ)・中村紀洋(ノリ)・関本と同期入団の濱中治(ハマ)を組み合わせた「ブチノリハマ打法」と命名。しかし、2003年の日本シリーズでは、極度の不振にあえいだ。このため、野球人生で初めてバットを短く持って打席に立ったところ、スタメンに起用された第7戦で本塁打を記録。「短く持っても打球は飛ぶ」という理由で、翌2004年から現役を引退するまで、バットを短く持つ打撃フォームを貫き通した[28]

一軍に定着してからは、1試合4犠打のNPBタイ記録を達成するなど、選球眼の高さを随所で発揮。現役生活の終盤には、満塁で代打へ起用された際に、押し出し四球や押し出し死球を何度も記録している。

プロ野球選手にしては足が遅かったにもかかわらず、一軍公式戦で内野の全ポジションを守ったり、二塁手として連続守備機会無失策のセントラル・リーグ記録を達成したりするほど守備力は堅実。試合の終盤に正一塁手・ブラゼルの守備固めとして一塁に入ることが多かった2010年には、この年から野球解説者に転身した赤星が、「グラブさばきなど、守備に関しては関本がチーム一」という理由で「(試合の終盤には正三塁手の)新井を一塁に回す代わりに、関本を三塁に入るべき」と指摘している。なお、桧山の引退で「代打の神様」と呼ばれるようになった2014年以降も、チーム事情で一塁や三塁を随時守っていた。

人物[編集]

2006年シーズン終了後の契約更改では、成績に対する評価に加えて、交渉の中で担当者にあくびをされたことを理由に1,000万円増の年俸4,000万円という提示を保留。2度目の交渉で、年俸5,000万円(金額は推定)という条件で更改に至った。関本の代理人は、「彼の話は退屈であくびをするのも無理はない」と冗談交じりに述べている。

2008年7月25日のヒーローインタビューで、ファンに向かって「自分の出したゴミは自分で持って帰るようにお願いします!」と呼びかけた。試合終了後の清掃作業中にかかる照明などの莫大な電気使用量を減らせば、地球温暖化防止につながるとの思いからだった[29]。シーズン後、契約更改の席でも球団に対して環境問題への取り組みを訴え、2009年から地球環境問題に取り組む「エコ作戦」を計画していると報じられた[30]。また、2009年には甲子園美化委員長に任命。甲子園球場では、同年から2015年の引退試合まで、環境に配慮した容器を用いたコラボレーションメニュー「セッキー幕の内弁当」を販売していた[31]

かつてチームメイトだった矢野燿大との「必死のパッチ」(「必死で頑張った」という意味の関西弁)という発言をめぐる丁々発止のやり取りは名物と化しており、球団公認でグッズも作られた。西岡剛藤浪晋太郎が入団した2013年シーズンには、西岡や藤浪もヒーローインタビューでたびたび「必死のパッチ」と発言。一方の関本は、西岡と並んでヒーローインタビューを受けた際に、西岡に対して「『必死のパッチ』は矢野さんに借りている」と応酬している[32]。前述の引退セレモニーでも、「阪神タイガース、背番号3、関本賢太郎はユニホームを脱ぎますが、第2の人生は、みなさんの声援を胸に、『必死のパッチ』で頑張っていきたいと思っています。いつか甲子園に帰ってきたい」と述べている[19]。2016年シーズンからは、引退した関本と入れ替わる格好で、矢野が一軍作戦兼バッテリーコーチとして阪神に復帰。逆に、矢野が復帰前まで携わっていた仕事の一部(朝日放送の野球解説者やスポーツニッポンの野球評論家)を関本が引き継ぐ。

2013年には、本塁打やサヨナラ安打を放ったチームメートを出迎える際のチームパフォーマンスとして、左右の親指・人差し指・中指を立てたまま空中へ一斉に腕を振り上げるポーズを西岡と共に提案。公式戦の開幕からチーム内に浸透させた。さらに関本は、35歳の誕生日に当たる8月26日に、このポーズの名称がGratiii(グラティ)であることを西岡と共に発表。この発表では、ポーズに「ファンの拍手に対する感謝(Gratitude)」という意味を込めていることや、ポーズの由来が春季キャンプ中における関本から西岡への挨拶にあったことも明かしている[33]。その一方で、相手チームの投手や一部の野球評論家野球解説者(同年の秋季キャンプで「ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター」として現場に復帰した掛布雅之など)からは、「Gratiii」をめぐって「(相手に対する)尊敬の念が感じられない挑発行為」という趣旨の批判が続出。選手代表と球団関係者が話し合いを重ねた末に、2014年シーズン以降は、選手側で新しいチームパフォーマンスを考えることを条件に、「Gratiii」の披露を見送っている[34]

2015年9月30日の引退記者会見では、引退を決意した理由として、「(同年8月に右背筋痛でシーズン)2回目の二軍生活を送っている間に、『もしかしたらもう潮時かな』という考えが芽生えた。(一軍への再々昇格後に)打てるようになったが、打てなくなって野球を嫌いになって野球を辞めるのは嫌だったので、『(打撃の調子が)いいところで辞める』という選択肢もあるのかな(という思いで引退を決意した)」と述べた。現役時代の後年に「代打の神様」と呼ばれる存在になったことについては、「自分で試合を決めて勝つことが代打の醍醐味」としながらも、「『すんなりゲームが終わってくれたらいいのにな』『僕の打席にまで回らずに(チームが)勝ったらいいのにな』と思っていた」という本心を吐露した[19]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 阪神 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2002 71 216 193 22 49 12 2 5 80 11 1 1 6 0 12 0 5 51 4 .254 .314 .415 .729
2003 36 74 67 13 18 4 0 4 34 12 2 0 0 1 6 0 0 15 4 .269 .324 .507 .832
2004 110 413 354 60 112 13 1 5 142 41 4 1 2 3 51 0 3 74 6 .316 .404 .401 .805
2005 97 266 229 37 68 13 1 0 83 24 1 1 11 2 23 2 1 46 4 .297 .361 .362 .723
2006 132 439 356 52 107 19 2 9 157 33 0 1 33 2 42 0 6 76 8 .301 .382 .441 .823
2007 131 433 358 38 87 12 1 7 122 25 0 0 29 2 39 6 5 67 10 .243 .324 .341 .665
2008 136 521 430 57 128 25 2 8 181 52 2 1 38 5 42 0 6 47 10 .298 .364 .421 .785
2009 113 462 377 45 102 18 2 3 133 44 3 4 34 2 36 0 13 56 7 .271 .353 .353 .706
2010 79 98 78 12 20 5 1 3 36 12 1 0 3 0 15 0 2 24 2 .256 .389 .462 .851
2011 100 255 224 15 59 7 0 2 72 16 0 0 0 0 28 1 3 55 9 .263 .353 .321 .674
2012 91 124 99 9 21 1 0 1 25 12 0 0 5 0 17 0 3 23 0 .212 .345 .253 .598
2013 56 55 43 4 12 3 0 0 15 5 1 0 2 0 8 1 2 10 1 .279 .415 .349 .764
2014 63 66 50 3 13 4 0 1 20 15 0 0 1 1 13 1 1 16 3 .260 .415 .400 .815
2015 55 54 42 1 11 0 0 0 11 10 1 0 0 1 8 0 3 10 1 .262 .407 .262 .669
通算:15年 1272 3481 2905 368 807 136 12 48 1111 312 16 9 164 19 340 11 53 572 69 .278 .362 .382 .746

年度別守備成績[編集]


一塁 二塁 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2000 - 1 2 1 0 0 1.000 1 1 1 0 0 1.000 1 1 1 0 0 1.000
2002 - 14 15 24 1 3 .975 34 18 26 2 3 .970 30 35 67 3 13 .971
2003 7 27 0 2 4 1.000 14 22 31 0 8 1.000 11 3 8 0 0 1.000 2 0 1 1 1 .500
2004 37 183 15 2 8 .990 1 0 0 0 0 ---- 86 39 137 3 16 .983 -
2005 16 56 5 0 4 1.000 67 115 158 1 40 .996 10 0 5 0 0 1.000 -
2006 3 4 0 0 1 1.000 46 56 102 0 25 1.000 98 50 139 4 9 .979 -
2007 5 8 1 0 0 1.000 114 235 307 3 66 .994 59 14 22 0 1 1.000 -
2008 26 151 11 1 9 .994 58 88 129 2 29 .991 93 37 123 1 9 .994 -
2009 83 577 40 3 49 .995 50 91 136 7 27 .970 - -
2010 39 74 5 1 11 .988 12 19 22 0 8 1.000 - -
2011 22 123 4 1 7 .992 41 64 96 1 13 .994 4 3 7 1 2 .909 -
2012 1 2 0 0 0 1.000 1 2 0 0 0 1.000 51 17 28 2 1 .957 -
2013 1 1 0 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .000 34 6 20 0 0 1.000 -
2014 6 5 0 0 0 1.000 - 14 1 7 0 0 1.000 -
2015 19 16 2 0 0 1.000 - 7 1 8 0 0 1.000 -
通算 264 1227 83 10 93 .992 420 709 1006 15 219 .991 502 190 531 13 41 .982 33 36 69 4 14 .963
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:2011年10月9日、対横浜ベイスターズ20回戦(横浜スタジアム)、7番・二塁手で先発出場 ※史上447人目
その他の記録
  • 二塁手連続守備機会無失策804:2005年5月3日 - 2007年8月23日 ※セ・リーグ記録
  • 1試合4犠打:2008年6月17日、対東北楽天ゴールデンイーグルス3回戦(阪神甲子園球場) ※史上8人目(プロ野球タイ記録)
  • 1試合3死球:2008年9月10日、対東京ヤクルトスワローズ19回戦(阪神甲子園球場) ※史上2人目(プロ野球タイ記録)
  • 開幕戦代打本塁打:2012年3月30日、対横浜DeNAベイスターズ1回戦(京セラドーム大阪)、7回裏に能見篤史の代打で出場、加賀繁から左越3ラン ※史上18人目(セ・リーグ7人目)[35]

背番号[編集]

  • 64 (1997年 - 2001年)
  • 44 (2002年 - 2004年)
  • 3 (2005年 - 2015年)

登録名[編集]

  • 関本 健太郎(せきもと けんたろう、1997年 - 2007年)
  • 関本 賢太郎(せきもと けんたろう、2008年 - 2015年)

登場曲[編集]

  • 「Century Lovers」- ポルノグラフィティ
    • 関本のバッティングテーマ用に書き下ろされた楽曲。ポルノグラフィティのライブではイントロ部分で「Every body say!」「fu-!fu-!」と掛け合いするのが定番で、それにあやかり「Every body say!」『関本!』と叫ぶというパターンを3回繰り返すことが、関本が打席へ入る際の応援スタイルとして定着していた。

野球解説者としての活動[編集]

レギュラー出演番組[編集]

以下のプロ野球中継には、2016年シーズンから、阪神戦を中心に出演。

出演CM[編集]

いずれも関西ローカルのCMで、矢野から引き継いでいる。

脚注[編集]

  1. ^ 関本が引退を表明した時点での1位は桧山進次郎東洋大学から1992年に入団)の22年、2位は遠井吾郎山口県立柳井高等学校から1958年に入団)の20年(参照)。
  2. ^ 2003年度日本シリーズ 試合結果(第7戦)
  3. ^ a b c 【関本独占手記】FA宣言からの5年間 常に引退を意識していたスポーツニッポン 2015年10月5日付記事
  4. ^ “関本、4番もこなした!究極のマルチ男や”. デイリースポーツ. (2011年9月2日). http://www.daily.co.jp/tigers/2011/09/02/0004428512.shtml 2011年11月18日閲覧。 
  5. ^ “阪神・関本“初4番”燃えた応えた点火打”. サンケイスポーツ. (2011年9月2日). http://www.sanspo.com/baseball/news/110902/bsb1109020502004-n1.htm 2011年11月18日閲覧。 
  6. ^ 来季の選手会役員について 阪神タイガース公式サイト、2011年11月24日。
  7. ^ 【阪神】関本が左ふくらはぎ痛で登録抹消日刊スポーツ、2013年5月16日。
  8. ^ 阪神関本トドメ2点打&3年ぶり盗塁日刊スポーツ、2013年7月31日。
  9. ^ 新・神様や!代打・関本でサヨナラ!巨人3連破で2位浮上スポーツニッポン 2014年4月14日付記事
  10. ^ 関本“神様”ぶり 先々代以来の大仕事デイリースポーツ、2014年7月13日。
  11. ^ 関本 シリーズ初先発、好守&1安打も白星に結びつかずスポーツニッポン 2014年10月30日付記事
  12. ^ 80周年阪神メモリアル開幕 球団初2戦連続サヨナラ日刊スポーツ 2015年3月29日付記事
  13. ^ 阪神関本 三塁バッチリ、西岡代役任せろ日刊スポーツ 2014年5月27日付記事
  14. ^ 虎痛い…関本が左脇腹痛で出場選手登録抹消日刊スポーツ 2015年6月2日付記事
  15. ^ 阪神関本、復帰初戦でいきなり打点日刊スポーツ 2015年7月10日付記事
  16. ^ 阪神関本が2軍降格、代わりに中谷が昇格へ日刊スポーツ 2015年8月6日付記事
  17. ^ 阪神関本、代打で適時打 1軍復帰後の打率5割超え日刊スポーツ 2015年9月27日付記事
  18. ^ 阪神関本が引退「昨日決め、球団に伝えた」日刊スポーツ 2015年9月29日付記事。当日の横浜DeNAベイスターズ戦(甲子園)では、同点で迎えた9回裏無死1・3塁から代打に起用されたところ、DeNA投手・三上朋也が関本に投じた4球目を捕手の嶺井博希後逸。このバッテリーエラーによって、阪神はサヨナラ勝ちを収めるとともに、シーズンの勝利数が70勝に到達した(参考)。
  19. ^ a b c d 関本賢太郎選手が現役引退を発表阪神タイガース公式サイト 2015年9月30日付チームニュース
  20. ^ 阪神「代打の神様」関本、引退
  21. ^ 阪神関本「まさに“必死のパッチ”」執念の適時打日刊スポーツ 2015年10月2日
  22. ^ 阪神関本、引退式で指導者に意欲「いつか甲子園に」日刊スポーツ 2015年10月5日付記事
  23. ^ 阪神関本、現役最後は右飛「いいスイングできた」日刊スポーツ 2015年10月12日
  24. ^ 2015年度 任意引退選手
  25. ^ 関本賢太郎選手(プロ野球)とマネジメント契約を締結スポーツビズ公式サイト 2015年10月1日付ニュース
  26. ^ 前阪神・関本氏 スポニチ評論家就任「一つ前のプレーを掘り下げたい」スポーツニッポン 2015年12月28日
  27. ^ おはよう朝日です』12月28日放送分で発表。
  28. ^ a b 【レジェンドの決断 関本賢太郎2】バットを短く持って生まれた「代打の神様」スポーツニッポン 2016年1月8日
  29. ^ 阪神関本「セッキー君ポリ袋」で球場美化 日刊スポーツ、2008年10月27日。
  30. ^ 関本 似顔絵入りゴミ袋で環境守る!! デイリースポーツ、2008年10月27日。
  31. ^ 関本選手が甲子園美化委員長に!さらに弁当発売!阪神タイガース公式サイト 2009年3月17日付チームニュース
  32. ^ 阪神西岡また先輩いじり 爆笑お立ち台日刊スポーツ、2013年8月19日。
  33. ^ 【阪神】決めポーズの名前はグラティ!日刊スポーツ、2013年8月26日。
  34. ^ 阪神「グラティ」消滅!相手投手や評論家から批判…区切りつけるサンケイスポーツ、2014年3月18日
  35. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号96ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]