澤村拓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
澤村 拓一
千葉ロッテマリーンズ #11
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県栃木市
生年月日 (1988-04-03) 1988年4月3日(35歳)
身長
体重
184 cm
105 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 NPB / 2011年4月15日
MLB / 2021年4月2日
年俸 2億円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2013年
プレミア12 2015年
獲得メダル
日本の旗 日本
WBSCプレミア12
2015

澤村 拓一(さわむら ひろかず、1988年4月3日[2] - )は、栃木県栃木市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

メディアによっては沢村 拓一の表記も見られる[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年時に野球を始め、6年から投手を務める。この頃から自己主張が強かったという[4]栃木市立東陽中学校でも野球部に所属して県大会に出場。佐野日大高校時代は3番手投手として夏を迎え、登板機会がないまま栃木大会決勝で敗退[5]。高校の先輩で、中央大学OBでもある会田有志の勧めもあって[4][6]中央大学硬式野球部を受験した。東海大学も受験して両校に合格したが、先に合格通知が届いた中央大学(商学部[7]への進学を決めた[4]

大学進学後、2年秋には東都大学1部リーグ先発・初勝利完封で飾りエースへ成長。2009年第37回日米大学野球選手権大会日本代表第25回アジア野球選手権大会日本代表に選出された。3年秋のリーグ戦の青山学院大学戦の初回に、神宮での大学生歴代最速となる最速156km/hを記録した。11月22日のU-26 NPB選抜 対 大学日本代表に出場し、3回裏に1イニングを投げ、坂本勇人を直球で見逃し三振に仕留めるなど無失点に抑えた。4年春には東洋大学戦で大学生歴代トップ(当時)を更新する最速157km/h[5]を記録するなどの活躍で最優秀投手賞を受賞した。リーグ戦終了後には世界大学野球選手権大会の日本代表に選出されたが、故障のため出場は辞退した。東都大学1部リーグ通算41試合に登板し19勝14敗、防御率1.31、266奪三振。2部リーグで7勝2敗。2011年大学卒業[8]

大学2年秋には球速が150km/hを超えるようになっていたが、中央大学野球部監督の高橋善正はコントロールと変化球を磨くよう繰り返し指導した。3年秋頃から成長の兆しが見られたといい[9]、完封した4年秋の亜細亜大学戦は高橋も「ピッチングと呼べる投球」と評価した[6]。澤村も同年春から変化球を磨き、ピッチングの幅が広がっていることを実感していた[10]

2010年10月のドラフト会議では、同じ中央大学出身の阿部慎之助亀井義行の活躍を見て入団を希望し、相思相愛とも言われた[11]読売ジャイアンツ(巨人)から単独1位指名を受け、記者会見では喜びの涙を流した。指名直後の会見で背番号18を希望したが、10月30日に挨拶に訪れた球団代表の清武英利から「沢村(栄治)さんを1つ超えるという意味で、15を背負ってほしい。18は力で勝ち取ってもらいたい」と話した[12]が、結果的に2011年FA権を行使して移籍した杉内俊哉に18が与えられた。

ドラフト直前には『中日スポーツ[13]・『スポーツ報知[14]・『スポーツニッポン』が、「中日ドラゴンズも澤村を1位指名する方針である」と報道していた[15]が、中日は最終的に澤村ではなく、大野雄大佛教大学)を単独1位指名した。『日刊ゲンダイ』は2011年10月に「中日は入団拒否されるリスクを考え、当日のスカウト会議で澤村指名を見送り、大野の単独指名に切り替えた」と報道しており[16]、澤村自身も2010年12月に「ドラフトに際しては複数のメジャー球団からメジャー契約でのオファーもあり、巨人以外から指名された場合はアメリカでのプロ入りを選択していた可能性もあった」と話していた[5]

巨人時代[編集]

2012年5月13日、こまちスタジアムにて

2011年は開幕を一軍で迎えた4月15日の広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)でプロ初登板・初先発し、7回途中まで2失点(自責点0)の投球。ここでは初勝利はならなかったものの、同月21日の阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)を、7回1失点でプロ初勝利を挙げた[17]。5月31日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)ではプロ初の完投勝利を挙げると、6月19日の西武戦(東京ドーム)では7回無失点に抑えて本拠地初勝利を達成(しかし、初勝利のウイニングボールはこの日最後に登板したジョナサン・アルバラデホが客席に投げ入れてしまったため、澤村自身の手元には渡っていない)。序盤から中盤にかけては安定した投球をしても援護に恵まれず負けが先行した。9月以降は5勝1敗、防御率1.10、WHIP0.64と好投を続け、最終戦で防御率1点台は逃したが、セ・リーグの新人では江夏豊以来となる200イニング到達を果たした[18]。最終的に5完投を含む11勝11敗、防御率2.03、174奪三振、WHIP0.97と好成績を収め、新人王に選ばれた。澤村の受賞により巨人からは2008年山口鉄也以来4年連続で新人王を輩出したこととなった。同一球団から4年連続新人王受賞はプロ野球史上初。10月11日には偵察メンバーとして、2番・一塁手でスタメン出場した[注 1]

日本テレビアナウンサー森麻季とシーズン終了後に結婚することを10月17日に発表し、12月17日、挙式披露宴を行った。

2012年は2年連続で2桁勝利を達成。巨人で新人から2年連続で2桁勝利を記録したのは1966年 - 1967年堀内恒夫(16勝、12勝)以来45年ぶりである[19]。このシーズンは「相手を制圧するピッチング」を目指し、前シーズンのオフから肉体改造に取り組んだ。シーズン当初は防御率1点台と安定していたものの交流戦を境に調子を崩し、以降は不安定な投球が目立つようになった。最終登板の横浜DeNAベイスターズ戦で5回1失点で勝利投手となりなんとか10勝に到達するも、巨人では1979年 - 1980年江川卓(10敗、12敗)以来32年ぶりの新人から2年連続での2桁敗戦を記録、投球内容も前年より数字を落とした。

クライマックスシリーズ・ファイナルステージではチームが3連敗し、後がなくなった4戦目に先発登板し自責点0(失点1)と好投し、勝利投手となる。この後チームがこの試合を含めて3連勝して進出した日本シリーズでは第2戦に先発登板し、8回無失点の好投で日本シリーズ初登板初先発初勝利を挙げた。この試合では、初回にピンチを背負い、牽制のサインを見逃したため捕手阿部慎之助にマウンド上で頭を叩かれるシーンもあった後に立ち直ったということも話題となった[20]。この日本シリーズでは第6戦にも登板するが、6回表に中田翔に3点本塁打を打たれ同点とされ、その裏に代打を送られて降板した。

チームが上記の日本シリーズを制し、その後の11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され[21]代表入りした[22]。また、12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人が発表され[23]候補入りした[24]

2013年は、2月20日に第3回WBC日本代表選手28人が発表され[25]代表入りした[26][27][28]。本戦では4試合に中継ぎ登板、3回1/3を1失点という成績だった。

同年3月末に森麻季と離婚。結婚から1年5か月であった[29]

この年は打線の援護に恵まれない中(この年の援護率は規定投球回到達者の中ではリーグワーストであった)で前半戦は4勝6敗・防御率2.46と一定の成績を残す。オールスターゲームでは監督推薦で出場選手に選出[30]され、第1戦で3イニングを投げてMVPを受賞。巨人の投手では1984年の江川以来、29年ぶりの受賞となった。しかし、後半戦では前半戦に引き続き勝てない試合が続く中でピッチング内容も徐々に悪化するようになる。9月12日のDeNA戦(東京ドーム)よりリリーフとして起用された。リリーフでは12試合に登板し1勝1敗6ホールド・防御率0.63と好投したが、シーズンを通しては5勝しかできず、3年連続の2桁敗戦を記録するなど前年以上の不調に苦しんだ。広島とのクライマックスシリーズでは1戦目に中継ぎ登板し無失点と好投。東北楽天ゴールデンイーグルスとの日本シリーズでは4試合に中継ぎ登板した。

2014年はキャンプ序盤の2月3日に発症した右肩の違和感で開幕は二軍スタートとなる[31]。7月に一軍昇格したものの同30日に登録抹消され、8月に再昇格[32]し5勝3敗でレギュラーシーズンを終えた。10月16日に行われた阪神とのクライマックスシリーズファイナルステージでは第2戦に登板したものの、上本博紀の頭部に死球を与え危険球退場となった[33]。結果的にこの危険球で阪神打線に火が付きチームは敗れた。その後4連敗でクライマックスシリーズ敗退となった。11月9日、原辰徳監督は不安定だった救援陣を強化するため澤村を中継ぎに配置転換すると明かした[34]

2015年2月16日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出されたことが発表され、小久保裕紀が日本代表監督に就任してから初めて日本代表に選出されることとなった[35]。しかし、登板することはなかった[36]

リリーフに正式に転向してからは最初のシーズンとなったが、3月27日のDeNAとの開幕戦で、9回に登板し関根大気に本塁打を被弾するも自身初のセーブを記録した[37]。その後もセーブを重ねて、7月10日の阪神戦でセーブを挙げ、前半戦での20セーブに到達した。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出されたことが発表された[38]。9月10日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表候補選手に選出されたことが発表された[39]。後半戦も守護神の地位を確立し、最終的に36セーブを記録した。その一方、走者を出しながら抑える登板が多く、BB/9が2.77、WHIPが1.16(共に30セーブ以上挙げた投手では両リーグで最も高い数値)と安定感に欠く内容であった。

10月9日に第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出されたことが発表された[40]。11月1日には契約更改に臨み、年俸1億円で更改した[41]

2016年は年間を通して抑えの座を務め続けて、37セーブを挙げて、自身初めてのセーブ王に輝いた。巨人でのセーブ王は2013年の西村健太朗以来3年ぶりである。その一方で、後半戦では被弾をしつつセーブを挙げるなどして大幅に数字を落としたり、チームのエースである菅野智之の登板試合のリリーフで打ち込まれる場面が散見される(菅野の勝利数を3つ消すこととなった)など、勝負どころでの脆さが目立ち、主としてファンの間では「澤村劇場」と称されることが少なからず起こるようになってしまった[42][43][44]。特に、9月4日の対中日ドラゴンズ戦では、9回表に高橋周平に対して投げた1球が三塁側ベンチまでに達する大暴投となってしまった。この大暴投は海外メディアでも報じられた[45]。澤村に刺激を与える意味合いをも含めて、この年のオフに球団は速球派の外国人投手であるアルキメデス・カミネーロを獲得した。

2017年沖縄県でキャンプ中の2月25日に右肩に張りを感じ、翌々日に球団のトレーナーによる鍼治療を受けた。しかしその後も状態が改善しなかったことから、複数の医師による診察を受けたところ、「長胸神経の麻痺」と診断された。麻痺は鍼治療によって起きた可能性が高く、更に一時的に麻痺が出た結果、前鋸筋の機能障害が起きた可能性が考えられている。9月9日、球団ゼネラルマネージャー鹿取義隆と球団社長の石井一夫が、読売ジャイアンツ球場で澤村に直接謝罪し、澤村はこれを受け入れた。鹿取は澤村について「順調に回復し、かなり良くなってきているので、投げながら筋力を付けていくことになる」としている[46]。この肩の故障等もあり、イースタン・リーグでは数試合登板したものの、シーズンでの一軍登板はプロ入り初めて0に終わった。

2018年は肩の怪我から復帰して勝ちパターンとしての登板[47]を重ねたものの、夏場以降は安定せずに8月26日の阪神戦では6失点を喫する[48]など49試合に投げたものの防御率は4点台後半と完全復活には至らなかった[49]

2019年は脇腹痛で一時戦列を離れた時期はあったが、主に中継ぎ登板であったが急遽の先発登板(2014年以来の先発登板)もこなし43試合登板で防御率、WHIPなど成績は前年より数字を改善し、優勝に貢献した。年俸も自己最高の1億5400万円(推定)になった[50]

2020年新型コロナウイルスによる影響でプロ野球開幕が6月19日まで延期されたが、澤村は開幕ベンチ入りを果たし阪神との開幕三連戦の2試合に登板し無失点の好投、初登板ではシーズン初ホールドを記録する等好スタートを切ったに思えた。しかし、続く対広島3回戦では2番手としてマウンドに上ったが3失点で同点に追いつかれ一死しか取れず降板。続くヤクルト1回戦では一死の登板ながらシーズン初勝利を記録したが不安定な投球は続いた。7月25日は新外国人のエンジェル・サンチェスが予告先発されていたが、右肩の違和感で先発登板を回避[51]。急遽先発登板となり4回途中まで2失点の投球でマウンドを降り翌日、サンチェスと共に二軍落ちとなった[52]。結果これが巨人での最後の登板となった。その後二軍で調整をしていたが二軍でも防御率こそ1.29ながら、7回を投げて四球10と投球の内容の悪さから二軍監督の阿部慎之助から三軍の降格を告げられた[53]

第一次ロッテ時代[編集]

2020年9月7日、香月一也とのトレードで、千葉ロッテマリーンズへ移籍[注 2][55]。推定年俸1億円以上の日本人選手がシーズン途中でトレードされた例は、2001年の波留敏夫(横浜→中日)、2011年のサブロー(ロッテ→巨人)に次いでNPB史上3例目で、投手としては初である。推定年俸でもサブローの1億3000万を越えているため記録を更新した。背番号は、巨人時代につけていた「15」は前年オフに加入した大学の先輩、美馬学が既に使用していたため、香月が着用していた「57」に決定。9月8日に入団発表会見を行い、直ちに支配下登録及び一軍出場選手登録され、同日に行われた北海道日本ハムファイターズ戦(ZOZOマリンスタジアム)にベンチ入りしたが、ユニホームの新調が間に合わなかった為に打撃投手の福嶋明弘の「106」のユニフォームを借用した[56]。6回表に登板して、3者連続三振の1回無失点に抑え、衝撃デビューを果たした[57]

9月20日の日本ハム戦(札幌ドーム)延長10回裏、3四球を与えながらも無失点でしのぎ、チームの連敗を2で止め、セーブを記録した。シーズン途中の加入でセーブを記録したのはチーム3人目となった[58]。同年のCSでは、1戦目に登板して1失点で敗戦投手になっている。レギュラーシーズン中の10月17日、海外フリーエージェント権(FA)の取得条件を満たし[59]、11月30日にメジャー移籍を目的としFA権を行使した。

ロッテは、澤村が残留した場合に背番号14(巨人では沢村栄治の番号であり永久欠番となっている特別な番号)と、4年10億円規模の契約を提示した[60]

レッドソックス時代[編集]

2021年2月16日にボストン・レッドソックスと2年契約を結んだ[61][62]。3年目の2023年は相互オプションとなる。背番号は暫定的に「22」を着けていたが、3月6日(日本時間)に巨人・レッドソックスの先輩である上原浩治が着用していた「19」を背負うことが正式に決まった。栃木県ならびに同県の高校出身選手として史上初のメジャーリーガーとなった。

開幕戦となった4月2日のボルチモア・オリオールズ戦で、9回に5番手として初登板。メジャーデビューを果たし、1回を1安打無失点に抑えた[63]。4月11日のオリオールズ戦では、7回裏に二死走者なしから3番手で救援登板し、1回1/3を投げ、1四球無安打無失点で抑え初ホールドを挙げた[64]。シーズンで新型コロナウイルス感染などで2度の故障者リスト入りもあったが、最終的に55試合に登板して5勝10ホールド、防御率3.06を記録[65]し、チームのポストシーズン進出に貢献した。プレーオフではヒューストン・アストロズと対戦したリーグチャンピオンシップシリーズのロースターに登録され、3試合に登板した。オフには、レッドソックスに復帰したジャッキー・ブラッドリー・ジュニアが、元々着用していた背番号19を希望したため、翌2022年からは過去に松坂大輔が着用した背番号18に変更となった[66]

2022年8月17日のピッツバーグ・パイレーツ戦でMLB通算100試合登板と100奪三振を記録した[67]。8月29日にDFAとなり[68]、31日にマイナー契約で傘下のAAA級ウースター・レッドソックス英語版へ配属された。その後、9月12日に自由契約となった[69]。同年は49試合の登板で1勝1敗3ホールド、防御率3.73の成績だった[70]

第二次ロッテ時代[編集]

2023年1月28日、中継ぎ投手を補強ポイントとしていた[70][71]古巣の千葉ロッテマリーンズが再獲得を発表し、3年振りに古巣に復帰した[2][65][72]。背番号は54[2][65][70]。6月4日時点で20試合に登板していたが、防御率6.52と打ち込まれ、再調整のために登録抹消された[73]。その後、14日に再登録され、同日の中日戦で1回無失点の投球を見せる[74]。7月30日の福岡ソフトバンクホークス戦では、延長11回に登板し日米通算1000投球回を達成するが、サヨナラ負けを喫し敗戦投手となった[75]。同時期から頭痛を感じており、検査入院のため8月2日に登録抹消されたが、10日に可逆性脳血管攣縮症候群と診断された事を球団が発表した[76]。8月末まで高強度の運動は禁止されていたが、軽めの運動で練習を再開[77]。8月30日にイースタン・リーグの楽天戦で実戦復帰し、9月3日に一軍登録されると同日の楽天戦に登板し、ソロ本塁打こそ浴びたものの1回を1失点に抑えた[78]。 2024年からは背番号が11となった。

選手としての特徴[編集]

澤村の投球フォーム(2012年)

オーバースローから先発時代の平均球速約145km/h[79]ストレート、縦横のスライダーカーブスプリットを投げ分け[80]クイックも1.0秒台と速い[81]。2020年にリリーフとして自己最速159km/hを計測[82]。スプリットは最速152km/h[83]のスピードが出ることに加えてスライダー回転するため、縦のスライダーと混同されることもあった[84]。また、2012年の日本シリーズからツーシームを加える[85]。リリーフ転向後はほぼ全てストレートとスプリットで配球を組み立てており、稀にスライダーやカットボールを投げる。

2013年にリリーフとして起用された際には平均球速約148km/hを記録し[86]、先発としてもセ・リーグ屈指の球速を誇るが、本人はスピードにはこだわっておらず、高めのストレートと低めの変化球が生命線だと語っている[80]一方でピッチングに『若さ』を出したいとも語っている[87][88]。また右打者の内角をつくストレートに自信を持っている[4]。一方で、ストレートで相手を「制圧」することに固執せず、打者の狙いやタイミングを外す投球を覚えることを課題として自覚している[89]

一方で、巨人時代から制球難に悩まされており好不調の波が激しく、相手打者に四球を与え走者を溜め込み、押し出しの四球で1点を献上する、痛恨の一発を浴びる等で自滅する事もあり、これらも前述の澤村自身の勝負所での脆さを象徴していると言われている。

人物[編集]

2012年に巨人が日本一に輝いた際に出演したテレビ番組『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ)で「日本一になったら何をするか」と問われ、「トレーニング」というほどの練習好き[90]。特に大学時代から取り組み始めたウェイトトレーニングに熱心で、2011年時点ではスクワットで240kgの重量を10回持ち上げた[91]。しかし2014年の自主トレの段階では「3年やったけど、結果を残せなかった。今年、真価が問われる年だと言われているのに、同じことを繰り返しているようではバカでしょう」と言う理由で高重量のバーベルを使った練習は行わなくなり、体を上手く使う技術を追求することを模索しはじめた[92]

憧れの選手は斉藤和巳[88]。座右の銘は「猪突猛進」。趣味は家電で「語ると何時間も話せる」と豪語するほど[93]

用具は、入団当初ミズノ、2012年よりアンダーアーマーとアドバイザリー契約を結び、同社のグラブやスパイク、ウェア[94]、2016年よりアシックス、2020年から再びミズノを使用している。

中学から大学時代までの監督は揃って「研究熱心な選手」と評し、本人も小さい頃からピッチングフォームについて考えることが好きだったという[87][88]。高校時代と比べて大学では周囲の影響を受けて練習に取り組む意識が変わり、1部リーグに上がったことがターニングポイントとなり[80]、人に見てもらえる状況になって自分に良いプレッシャーをかけられたと語っている[10]

中央大野球部監督の高橋善正からは「自分のために野球をする」意識を叩き込まれた。これは自分が良いプレーをすればチームの勝ちにつながり双方にとってプラスになるというもので、味方が打てないなら自分が抑えればいいという考えにつながっている[4]。澤村は、高橋との出会いが自分を変えたと語っている。また大学時代に球速が上がった理由として下半身を鍛えたことを挙げ、言われるままするのではなく、自分で考えながら練習することで他人と差をつけられると語っている[4]

ロッテ移籍後初登板の際、ユニフォームの新調が間に合わなかったために福嶋明弘から借りて着用した背番号「106」が、ポケットモンスターに登場するかくとうタイプのポケモン「サワムラー」の図鑑番号(図鑑No.106)と同じであるとファンから注目されネットニュースになり[95]、千葉県内のポケモンセンターではサワムラーのぬいぐるみが売り切れとなった[96]。その後、ニュースを知った澤村本人がサワムラーのぬいぐるみとのツーショットを撮った写真が千葉ロッテ球団のTwitterに投稿された[97]。また2020年9月のマリンフェスタでは背ネームを「SAWAMURAAA」としている[97]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 巨人 29 29 5 1 1 11 11 0 0 .500 786 200.0 149 14 45 1 5 174 5 3 53 45 2.03 0.97
2012 27 26 2 1 0 10 10 0 0 .500 716 169.2 172 12 54 0 4 138 2 0 56 54 2.86 1.33
2013 34 22 3 1 0 5 10 0 6 .333 654 158.1 138 18 43 0 5 148 5 0 58 55 3.13 1.14
2014 12 11 2 1 0 5 3 0 0 .625 299 72.2 69 3 14 0 2 66 5 0 31 30 3.72 1.14
2015 60 0 0 0 0 7 3 36 3 .700 282 68.1 58 4 21 0 3 60 2 0 12 10 1.32 1.16
2016 63 0 0 0 0 6 4 37 4 .600 271 64.1 60 5 22 0 1 55 9 1 20 19 2.66 1.27
2018 49 0 0 0 0 1 6 0 24 .143 238 52.1 55 4 27 3 3 54 3 0 29 27 4.64 1.57
2019 43 2 0 0 0 2 2 1 13 .500 197 48.1 40 3 17 1 3 55 1 0 14 14 2.61 1.19
2020 13 1 0 0 0 1 1 0 1 .500 64 13.1 14 1 8 0 2 11 0 0 9 9 6.08 1.65
ロッテ 22 0 0 0 0 0 2 1 13 .000 82 21.0 10 2 10 0 0 29 3 0 4 4 1.71 0.95
'20計 35 1 0 0 0 1 3 1 14 .250 146 34.1 24 3 18 0 2 40 3 0 13 13 3.41 1.29
2021 BOS 55 0 0 0 0 5 1 0 10 .833 233 53.0 45 9 32 6 2 61 8 0 24 18 3.06 1.45
2022 49 0 0 0 0 1 1 0 3 .500 221 50.2 45 4 27 2 0 40 8 0 23 21 3.73 1.42
2023 ロッテ 34 1 0 0 0 4 3 3 14 .571 148 33.0 33 6 18 2 1 24 0 1 18 18 4.91 1.55
NPB:10年 386 92 12 4 1 52 55 78 78 .486 3737 901.1 798 72 279 7 29 814 35 5 304 285 2.85 1.20
MLB:2年 104 0 0 0 0 6 2 0 13 .750 454 103.2 90 13 59 8 2 101 16 0 47 39 3.39 1.44
  • 2023年度シーズン終了時

WBCでの投手成績[編集]










































2013 日本 4 0 0 0 0 13 3.1 3 0 0 0 0 3 0 0 1 1 2.70

WBSCプレミア12での投手成績[編集]










































2015 日本 2 0 1 0 0 7 2.0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4.50

年度別守備成績[編集]



投手












2011 巨人 29 5 27 3 1 .914
2012 27 11 35 1 4 .979
2013 34 7 20 2 0 .931
2014 12 4 9 0 0 1.000
2015 60 3 11 0 0 1.000
2016 63 1 7 0 0 1.000
2018 49 0 6 1 2 .857
2019 43 2 9 0 0 1.000
2020 13 2 1 0 0 1.000
ロッテ 22 0 1 0 0 1.000
'20計 35 2 2 0 0 1.000
2021 BOS 55 1 3 0 0 1.000
2022 49 1 8 1 1 .900
2023 ロッテ 34 0 8 0 0 1.000
NPB:10年 386 35 134 7 7 .960
MLB:2年 104 2 11 1 1 .929
  • 2023年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

NPB[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2011年4月15日、対広島東洋カープ1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回表にディオーニ・ソリアーノから見逃し三振
  • 初安打・初打点:2011年5月11日、対横浜ベイスターズ5回戦(東京ドーム)、5回裏にクレイトン・ハミルトンから左前適時打
その他の記録

MLB[編集]

初記録

NPB/MLB通算[編集]

節目の記録

背番号[編集]

  • 15(2011年 - 2020年9月7日)
  • 57(2020年9月8日 - 同年終了)
  • 19(2021年)[注 3]
  • 18(2022年)
  • 54(2023年)
  • 11(2024年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

著書[編集]

  • だから今日もブルペンに向かうワニブックス、2016年8月。ISBN 978-4847094828https://www.wani.co.jp/event.php?id=5183 

参考文献[編集]

  • 節丸裕一『最強世代1988 田中将大、斎藤佑樹、坂本勇人、前田健太・・・・・・11人の告白』講談社、2011年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これは、NPB最後の偵察メンバーとなっている。翌年からは全試合に予告先発が導入されたため偵察メンバーは不要となった。依然として日本シリーズでは可能性があるものの、2012年以降は偵察メンバーが入ったことはない。
  2. ^ 本来のトレード期限は7月31日までだが、新型コロナウイルスの影響で公式戦の開幕が3か月遅れたことに伴う特例措置として、日本野球機構日本プロ野球選手会の合意により、2020年はトレード期限が9月30日まで延長となった[54]
  3. ^ 未更改選手がいた関係で2月16日から3月5日までは暫定で背番号「22」をつけていた。

出典[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c 澤村投手 入団について”. 千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp) (2023年1月28日). 2023年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月28日閲覧。
  3. ^ もっと中継ぎ投手も取材して!沢村拓一の大活躍で考えたい「日本メディアは選手の報道が偏っていないか?」(上原浩治)”. Yahoo!ニュース (2021年6月3日). 2021年6月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 節丸裕一『最強世代1988 田中将大、斎藤佑樹、坂本勇人、前田健太・・・・・・11人の告白』講談社、2011年。ISBN 978-4-0629-5066-4 
  5. ^ a b c 沢村 涙の理由は…巨人でなければ、ヤンキースだった(野球)」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2010年12月1日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2010年12月4日時点におけるアーカイブ。
  6. ^ a b <本格派誕生秘話> 澤村拓一 「不器用さが生んだ剛速球」(3/4)”. Number Web (2011年4月15日). 2021年8月9日閲覧。
  7. ^ 硬式野球部の澤村 拓一さん(商学部4年)がプロ野球ドラフト会議において読売ジャイアンツから1位指名されました”. 中央大学. 2010年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月28日閲覧。
  8. ^ 沢村拓一選手(読売巨人軍・2011年卒業)が新人賞(新人王)に選ばれました”. 中央大学. 2012年10月28日閲覧。
  9. ^ 野球 : 中大・高橋監督「巨人・沢村が2ケタ勝つ条件」”. SPORTS COMMUNICATIONS (2011年3月16日). 2021年8月9日閲覧。
  10. ^ a b 矢島彩 (2010年10月22日). “「1年目から最低10勝」――157キロ右腕・澤村の決意と覚悟 2010年プロ野球ドラフト注目選手”. スポーツナビ. 2014年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月5日閲覧。
  11. ^ 巨人の沢村、相思相愛実った!/ドラフト”. サンケイスポーツ (2010年10月29日). 2010年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月9日閲覧。
  12. ^ 巨人 沢村にあいさつ 用意した背番号15の意味は?」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2010年10月30日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2010年12月4日時点におけるアーカイブ。
  13. ^ 中大・沢村、竜157キロ右腕獲り」『中日スポーツ』中日新聞社、2010年10月17日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2010年10月19日時点におけるアーカイブ。
  14. ^ 指名最少2人も 豊作ドラフトも独自の方針…中日」『スポーツ報知』報知新聞社、2010年10月24日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2010年10月28日時点におけるアーカイブ。
  15. ^ ドラ1は沢村を基本線…直前に指揮官の意向確認」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2010年10月28日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2010年10月19日時点におけるアーカイブ。
  16. ^ 沢村に花道を邪魔される落合監督の皮肉」『日刊ゲンダイ講談社、2011年10月15日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2011年10月18日時点におけるアーカイブ。
  17. ^ 巨人・澤村拓一投手「高校時代の仲間の分まで……」/思い出の初○○ | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE. 2022年2月26日閲覧。
  18. ^ セ・リーグ6球団 直近の新人王は? | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE. 2022年2月26日閲覧。
  19. ^ “沢村入団後連続10勝 Gは堀内氏以来”. デイリースポーツ. (2012年10月6日). オリジナルの2012年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121007110156/https://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2012/10/06/1p_0005431461.shtml 2012年10月8日閲覧。 
  20. ^ 巨人 沢村にあいさつ 用意した背番号15の意味は?」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2012年10月29日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2010年10月31日時点におけるアーカイブ。
  21. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー”. NPB公式サイト (2012年11月6日). 2015年4月14日閲覧。
  22. ^ 日本代表メンバー”. NPB公式サイト (2012年11月6日). 2015年4月14日閲覧。
  23. ^ 2013WBC日本代表候補選手発表”. 日本野球機構 (2012年12月4日). 2015年4月3日閲覧。
  24. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表候補選手”. 日本野球機構 (2012年12月4日). 2015年4月3日閲覧。
  25. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表”. 日本野球機構 (2013年2月20日). 2015年4月2日閲覧。
  26. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). WBC公式サイト. 2015年4月2日閲覧。
  27. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表メンバー”. 日本野球機構 (2013年2月20日). 2015年4月2日閲覧。
  28. ^ WBC日本代表 最終メンバーにG戦士7選手”. 読売巨人軍公式サイト (2013年2月20日). 2021年8月9日閲覧。
  29. ^ 沢村が離婚 昨年から協議、先月末届け出”. スポーツ報知 (2013年4月13日). 2013年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月13日閲覧。
  30. ^ “オールスターの監督推薦に、西村、澤村、菅野の3投手”. Yomiuri Giants Offitial Website. (2013年7月1日). https://www.giants.jp/G/gnews/news_397323.html 2021年8月9日閲覧。 
  31. ^ 澤村拓一投手・日本シリーズ以来の一軍マウンドへ、明るい兆し”. 週刊ベースボールONLINE (2014年6月12日). 2021年8月9日閲覧。
  32. ^ 沢村、18日1軍合流 21日・ヤクルト戦先発へ”. スポーツ報知 (2014年8月18日). 2021年8月9日閲覧。
  33. ^ プロ野球:巨人・沢村が危険球退場 CS第2戦”. 毎日新聞 (2014年10月16日). 2021年8月9日閲覧。
  34. ^ 沢村 中継ぎ決定!不安救援陣の起爆剤へ 守護神“ガチバトル”」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2014年11月10日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2014年11月11日時点におけるアーカイブ。
  35. ^ 欧州代表戦、侍ジャパン出場選手発表!6選手が小久保体制下で初招集”. 侍ジャパン公式サイト (2015年2月16日). 2015年3月22日閲覧。
  36. ^ “守護神・沢村”お披露目はお預け…裏なしで終わり登板流れる”. BASEBALL KING (2015年3月11日). 2015年3月22日閲覧。
  37. ^ 巨人 4安打3点 開幕3年連続白星発進 DeNA 倍打って負けた」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2015年3月27日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2021年2月23日時点におけるアーカイブ。
  38. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日). 2015年8月4日閲覧。
  39. ^ 「WBSC世界野球プレミア12」侍ジャパントップチーム候補選手45名を発表”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年9月10日). 2015年9月20日閲覧。
  40. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  41. ^ 年俸1億円で更改”. 産経ニュース (2015年12月1日). 2021年8月9日閲覧。
  42. ^ 巨人 沢村が誤算 菅野の勝ち星消し「3回目なので、申し訳ない」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2016年9月14日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2019年3月29日時点におけるアーカイブ。
  43. ^ 巨人・由伸監督、村田真ヘッドが“澤村劇場”に苦言”. 東京スポーツ (2016年7月6日). 2017年2月8日閲覧。
  44. ^ 【セ・リーグCS】またブチ壊し…巨人・澤村守護神クビ決定的”. 東京スポーツ (2016年10月9日). 2017年2月8日閲覧。
  45. ^ Japanese pitcher throws wild pitch that hits the top of the dugout”. FOXスポーツ. 2017年3月4日閲覧。
  46. ^ “巨人 澤村投手 はり治療のミスで腕の神経にまひか”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年9月10日). オリジナルの2017年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/ZhQVw 2017年9月10日閲覧。 
  47. ^ 真中氏、巨人・沢村を評価「ベンチは助かりますよね」 | ショウアップナイター”. BASEBALL KING. 2022年2月26日閲覧。
  48. ^ 巨人沢村6失点大炎上「反省以上の言葉があれば…」 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年5月9日閲覧。
  49. ^ 巨人・沢村は19%減 9年目へ「胴上げ投手になることが目標」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2018年12月4日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2021年2月23日時点におけるアーカイブ。
  50. ^ 巨人・沢村、3250万円増1億5400万円でサイン」”. サンケイスポーツ (2019年12月3日). 2021年8月9日閲覧。
  51. ^ 巨人サンチェス先発回避、右肩に違和感 代役は沢村”. 日刊スポーツ (2020年7月25日). 2021年8月9日閲覧。
  52. ^ 【巨人】サンチェス、沢村が登録抹消 支配下選手登録された田中豊が即1軍昇格”. スポーツ報知 (2020年7月26日). 2021年8月9日閲覧。
  53. ^ 【巨人】沢村拓一、剛腕復活のために3軍降格 阿部慎之助2軍監督「このままだと終わる」”. スポーツ報知 (2020年8月11日). 2021年8月9日閲覧。
  54. ^ 今季は延長十回まで、トレード期限は9月30日で合意”. サンケイスポーツ (2020年6月10日). 2020年9月20日閲覧。
  55. ^ 電撃!巨人・澤村とロッテ・香月のトレードが成立”. 東スポWeb (2020年9月7日). 2021年8月9日閲覧。
  56. ^ ロッテ沢村背番106でベンチ入り、ユニ間に合わず”. 日刊スポーツ (2020年9月8日). 2021年8月9日閲覧。
  57. ^ 沢村「ホッ」3連続K!ロッテ5連勝 日本ハム連敗”. 日刊スポーツ (2020年9月8日). 2021年8月9日閲覧。
  58. ^ ロッテ沢村、シーズン途中加入でセーブは球団3人目”. 日刊スポーツ (2020年9月20日). 2021年8月9日閲覧。
  59. ^ ロッテ沢村が海外FA権取得「感謝」も今は優勝集中”. 日刊スポーツ (2020年10月17日). 2021年8月9日閲覧。
  60. ^ ロッテが沢村に「14」打診 残留なら伝説の背番号”. 日刊スポーツ (2020年12月9日). 2021年8月9日閲覧。
  61. ^ 沢村のレッドソックス入団を発表 守護神への期待大”. 日刊スポーツ (2021年2月17日). 2021年2月16日閲覧。
  62. ^ Red Sox Sign Hirokazu Sawamura” (英語). MLB Trade Rumors (2021年2月16日). 2021年2月16日閲覧。
  63. ^ a b c “沢村がメジャーデビュー 1回1安打無失点1K”. 日刊スポーツ. (2021年4月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202104030000059.html 2021年4月3日閲覧。 
  64. ^ a b “沢村拓一がデビュー4戦連続無失点で初ホールド”. スポーツ報知. (2021年4月12日). https://hochi.news/articles/20210412-OHT1T50018.html?page=1 2021年4月12日閲覧。 
  65. ^ a b c ロッテが澤村拓一の獲得を発表 背番号54で3年ぶりNPB復帰”. BASEBALL KING (2023年1月28日). 2023年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月28日閲覧。
  66. ^ “レッドソックス背番号「19」は2年ぶり復帰のブラッドリーへ。沢村拓一は、松坂氏が着けていた「18」に変更”. スポーツ報知. (2022年3月16日). https://hochi.news/articles/20220316-OHT1T51006.html?page=1 2022年3月16日閲覧。 
  67. ^ “沢村拓一がメジャー通算100試合登板&100奪三振マーク 敵地で防御率は驚異の0・43”. スポーツ報知. (2022年8月18日). https://hochi.news/articles/20220818-OHT1T51075.html 2022年8月24日閲覧。 
  68. ^ Darragh McDonald (2022年8月29日). “Red Sox Designate Hirokazu Sawamura, Austin Davis; Select Zack Kelly” (英語). MLB Trade Rumors. 2022年8月31日閲覧。
  69. ^ MLB公式プロフィール参照。2022年9月26日閲覧。
  70. ^ a b c ロッテ、澤村拓一獲得を発表 背番号「54」で3年ぶりNPB復帰、昨季Rソックスで49登板”. Full-Count (2023年1月28日). 2023年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月28日閲覧。
  71. ^ ロッテが沢村拓一の獲得を正式発表 3年ぶりの古巣復帰 背番号は「54」 オスナ流出リリーフ陣の救世主に”. デイリースポーツ online (daily.co.jp) (2023年1月28日). 2023年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月28日閲覧。
  72. ^ 【ロッテ】沢村拓一の入団を発表 メジャーから3年ぶり復帰”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). 日刊スポーツ新聞社 (2023年1月28日). 2023年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月28日閲覧。
  73. ^ 【ロッテ】沢村拓一が出場選手登録抹消「自分の状態を客観的に見てもよくない」”. スポーツ報知 (2023年6月4日). 2023年9月18日閲覧。
  74. ^ 【ロッテ】沢村拓一11日ぶりマウンドで1回無失点 締めた益田直也は通算200セーブ王手”. 日刊スポーツ (2023年6月15日). 2023年9月18日閲覧。
  75. ^ 【ロッテ】沢村拓一、日米通算1000投球回達成も「負けちゃったから何もない」サヨナラ打許す”. 日刊スポーツ (2023年7月30日). 2023年9月18日閲覧。
  76. ^ 【ロッテ】沢村拓一、可逆性脳血管攣縮症候群と診断 専門家「通常であれば、数か月で自然に治る」”. スポーツ報知 (2023年8月11日). 2023年9月18日閲覧。
  77. ^ 沢村拓一は「可逆性脳血管攣縮症候群」と診断 すでに退院、問題なければ9月から通常練習再開【ロッテ】”. 中日スポーツ (2023年8月11日). 2023年9月18日閲覧。
  78. ^ ロッテ・沢村拓一が「可逆性脳血管攣縮症候群」から1軍復帰登板 ソロ浴び1回1失点もファンから大きな拍手で迎えられる”. サンスポ (2023年9月3日). 2023年9月18日閲覧。
  79. ^ 変化球ラーニング スライダー編 澤村拓一『週刊ベースボール』2011年26号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-6/20、24-25頁。
  80. ^ a b c 『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、12-14頁。
  81. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰『プロ野球スカウティングレポート2011』廣済堂出版、2011年、2頁頁。ISBN 978-4-331-51519-8 
  82. ^ ロッテ沢村、自己最速159キロも満塁からV打献上”. 日刊スポーツ (2020年11月14日). 2021年8月9日閲覧。
  83. ^ 【巨人】沢村拓一、152キロの超高速スプリットで1回0封「良かったです」”. スポーツ報知 (2020年6月21日). 2021年8月9日閲覧。
  84. ^ ドラフト候補をたっぷり語る 『アマチュア野球』第29号、日刊スポーツ出版社、2010年、雑誌66835-98、47頁。
  85. ^ 沢村「魔球」解禁で先発再浮上”. 日刊スポーツ (2013年2月19日). 2021年8月9日閲覧。
  86. ^ 『野球太郎 2014 プロ野球&ドラフト候補選手名鑑』廣済堂出版、2014年、175頁。ISBN 978-4-331-80255-7 
  87. ^ a b 『野球小僧』2010年10月号、白夜書房、雑誌18801-10、172-175頁。
  88. ^ a b c ドラフト指名選手の野球人生ドキュメント『野球小僧』2010ドラフト総決算号、白夜書房、雑誌67614-98、84-89頁。
  89. ^ 沢村、覚悟のオフ「笑い者で終わるのか、そうでないか」”. スポーツ報知 (2013年11月18日). 2021年8月9日閲覧。
  90. ^ G澤村、離婚発表も筋肉ツイ連投”. R25.jp (2013年4月19日). 2021年8月9日閲覧。
  91. ^ <本格派誕生秘話> 澤村拓一 「不器用さが生んだ剛速球」(1/4)”. Number Web (2011年4月15日). 2021年8月9日閲覧。
  92. ^ 巨人沢村がバーベルと決別「土台できた」”. 日刊スポーツ (2014年1月16日). 2021年8月9日閲覧。7時37分 紙面から
  93. ^ 沢村、救援陣打たれ白星消滅も「僕の力不足」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2011年4月16日。2021年8月9日閲覧。オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。
  94. ^ 巨人沢村“社運”託された契約”. 日刊スポーツ (2012年1月29日). 2021年8月9日閲覧。
  95. ^ 【ロッテ】沢村拓一が借りた背番号「106」の因縁…ポケモンGOで「サワムラー」だった スポーツ報知 2020年9月8日
  96. ^ 「サワムラー」ぬいぐるみ売り切れ続出!いったい何が?→ロッテ澤村の影響という説”. J-CAST ニュース (2020年10月8日). 2023年1月28日閲覧。
  97. ^ a b ロッテ澤村&サワムラーが“一体化” 2ショット実現にファン歓喜「夢の共演」”. Full-Count (2020年9月27日). 2020年11月28日閲覧。
  98. ^ “【巨人】沢村「緊張しなかった」初先発”. 日刊スポーツ. (2011年4月15日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/f-bb-tp0-20110415-761737.html 2022年11月18日閲覧。 
  99. ^ “沢村プロ1勝、巨人エースへ伝説の始まり”. 日刊スポーツ. (2011年4月22日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20110422-764653.html 2022年11月18日閲覧。 
  100. ^ “沢村 プロ初完投で40日ぶりの2勝目”. スポーツニッポン. (2011年6月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/06/01/kiji/K20110601000934710.html 2021年4月24日閲覧。 
  101. ^ “沢村初完封10勝 1安打投球で防御率1点台の快挙”. スポーツニッポン. (2011年10月9日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/09/kiji/K20111009001786480.html 2021年4月24日閲覧。 
  102. ^ “沢村プロ初セーブ 2死から被弾反省「信頼されるクローザーに」”. スポーツニッポン. (2015年3月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/28/kiji/K20150328010064390.html 2022年11月18日閲覧。 
  103. ^ “【巨人】沢村1イニング4奪三振の珍記録”. 日刊スポーツ. (2012年4月13日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/f-bb-tp0-20120413-933623_m.html 2022年9月16日閲覧。 
  104. ^ “沢村 堀内以来45年ぶり 新人から2年連続の2ケタ勝利”. スポーツニッポン. (2012年10月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/06/kiji/K20121006004270730.html 2022年9月16日閲覧。 
  105. ^ 澤村拓一が好救援でメジャー初勝利 指揮官は賛辞惜しまず「素晴らしい働き」”. Full-Count (2021年4月24日). 2021年4月24日閲覧。
  106. ^ “ロッテ・沢村が日米通算1000投球回を達成”. スポーツニッポン. (2023年7月30日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/07/30/kiji/20230730s00001173542000c.html 2023年7月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]