池田純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田 純一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県荒尾市
生年月日 (1946-05-15) 1946年5月15日
没年月日 (2005-05-17) 2005年5月17日(59歳没)
身長
体重
175 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1965年
初出場 1965年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

池田 純一(いけだ じゅんいち、1946年5月15日 - 2005年5月17日)は、熊本県荒尾市[1]出身のプロ野球選手外野手)。1971年から1976年までの登録名は、池田祥浩

経歴[編集]

八代東高校では1964年夏の甲子園に四番打者、投手右翼手として出場。1回戦第1試合で掛川西の山崎道夫投手(日本楽器)と投げ合い、延長18回0-0で引き分け(掛川西対八代東延長18回引き分け再試合[1]。1日後の再試合では2-6で敗退した。

巨人阪神のスカウト合戦の末、1965年阪神タイガースへ入団。1967年には中堅手の定位置を獲得、強肩好打の外野手として活躍した[1]1972年には初の規定打席に到達、打率.283(9位)の成績を残す。同年のオールスターゲーム第3戦では、決勝打を含む2安打を放ちMVPを獲得した。後述の1973年の巨人戦転倒の後も中心打者として起用されるが、1976年にはラインバック東田正義の入団によって出場機会が減り、1978年限りで引退した。

1973年シーズン、阪神は8連覇中の巨人と優勝争いを展開していたが、8月5日の対巨人戦で黒江透修の打球を池田が整備の悪いグラウンドの芝に足を取られて転倒。打球は外野を転々とし走者一掃で逆転負けを喫する。阪神は最終的に0.5ゲーム差で9年ぶりのリーグ優勝を逃した(今も語り草となっている中日球場での中日最終戦では一時同点となる二塁打を放っている)。

この年は金田正泰監督と主力選手の間で争い事があり、球団も優勝することを望んでいない節があったという証言があるが、シーズン後にあの試合に勝っておけば優勝できたとして、池田の落球にV逸の責任を全て負わすかのような世紀の落球(実際には落球ではなく転倒なのだが)という話にまで発展し、池田は心無いファンからの嫌がらせ行為に苛まれて苦しんだ。

サヨナラ本塁打を通算5本記録しており、1970年の対ヤクルト戦で松岡弘から代打サヨナラ満塁本塁打を放っている[1]。その後も1975年の対巨人戦で高橋一三から逆転満塁ホームラン、1976年の対広島戦で外木場義郎から逆転3ランホームランを放つなど、しばしば大事な場面で長打を飛ばした。

引退後は球界を離れ、洋品店「ラッキーゾーン」を経営した。1986年のワールドシリーズで一塁ゴロをトンネルしてしまい、戦犯的存在となったボストン・レッドソックスビル・バックナー英語版記事)の、「このエラーをこれからの人生の糧にしたい」という趣旨の発言を聞いて涙したという[2]。2005年5月17日死去。59歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 阪神 11 24 23 1 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 1 10 0 .174 .208 .217 .426
1966 52 84 78 1 10 2 0 1 15 2 0 2 0 0 6 1 0 25 3 .128 .190 .192 .383
1967 116 350 333 31 78 13 1 9 120 23 4 1 1 2 12 1 2 52 6 .234 .264 .360 .624
1968 94 239 214 27 51 6 3 10 93 19 2 1 0 0 21 0 4 59 2 .238 .318 .435 .753
1969 99 237 215 15 39 7 0 3 55 13 4 2 5 0 16 1 1 47 7 .181 .241 .256 .497
1970 100 190 176 25 44 5 1 12 87 32 0 3 2 0 11 2 1 34 1 .250 .298 .494 .792
1971 91 211 201 24 48 4 0 11 85 24 0 1 0 1 9 0 0 45 4 .239 .270 .423 .693
1972 121 434 400 32 113 24 1 9 166 50 5 4 1 4 28 8 1 61 3 .283 .328 .415 .743
1973 120 475 441 43 114 23 1 11 172 52 3 3 2 1 30 4 1 76 8 .259 .307 .390 .697
1974 107 405 378 32 95 23 6 6 148 42 1 5 5 0 21 0 1 57 9 .251 .293 .392 .684
1975 118 343 309 25 77 11 4 6 114 28 3 6 2 2 29 1 1 29 11 .249 .314 .369 .683
1976 40 37 30 6 6 2 0 2 14 7 1 1 1 0 6 2 0 7 1 .200 .333 .467 .800
1978 23 44 44 1 7 0 0 0 7 3 0 0 0 0 0 0 0 12 0 .159 .159 .159 .318
通算:13年 1092 3073 2842 263 686 121 17 80 1081 295 23 29 19 10 189 20 13 514 55 .241 .291 .380 .671

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1975年9月3日 ※史上184人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 52 (1965年)
  • 32 (1966年 - 1970年)
  • 7 (1971年 - 1978年)

登録名[編集]

  • 池田 純一 (いけだ じゅんいち、1965年 - 1970年、1976年 - 1978年)
  • 池田 祥浩 (いけだ よしひろ、1971年 - 1975年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、34ページ
  2. ^ 週刊ベースボールベースボール・マガジン社、2004年11月8日号、86頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]