船田和英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
船田 和英
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県浜松市
生年月日 1942年5月5日
没年月日 (1992-05-28) 1992年5月28日(満50歳没)
身長
体重
181 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年10月4日
最終出場 1980年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1981 - 1990)

船田 和英(ふなだ かずひで、1942年5月5日 - 1992年5月28日)は、静岡県出身のプロ野球選手内野手)。

ニックネームは「ライフルマン」(同名のアメリカのテレビドラマにちなむ。主人公ルーカス・マッケイン役のチャック・コナーズに顔が似ていた)。

経歴[編集]

静岡県立浜松商業高等学校では1960年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、清水市商に敗れる。北洋水産を経て、1962年のシーズン途中で読売ジャイアンツへ入団。

1963年には、塩原明須藤豊らとのレギュラー争いを制し二塁手の定位置を獲得。オールスターゲームに初出場し、同年のリーグ優勝、日本一に貢献する。しかし打撃面で伸び悩み、1965年にはレギュラーの座も失う。

1966年田中久寿男との交換トレードで、西鉄ライオンズへ移籍。一年目から遊撃手として活躍、同年は初の規定打席(25位、打率.222)にも達する。1967年は故障で浜村健史にレギュラーを譲るが、翌年から三塁手として復活した。1969年のオールスターゲーム第2戦では3安打を放ちMVPを獲得。1970年黒い霧事件に連座。11月末まで野球活動禁止処分を受けた影響で、1972年ヤクルトアトムズへ移籍。

ヤクルトでは、内外野どこでもこなすユーティリティプレイヤーとして重宝され、1973年には通算1000試合出場。1975年セ・リーグ通算1500盗塁を達成。1976年には三塁手のレギュラーとなり、通算1000本安打を達成。同年は打率.302(12位)を記録し、カムバック賞を受賞する。1978年のリーグ優勝にも貢献。同年6月6日の読売ジャイアンツ戦の角三男[1]9月19日中日ドラゴンズ戦では星野仙一からサヨナラホームランを打った[2]阪急ブレーブスとの日本シリーズでは全7戦のうち6試合に二番打者として先発出場、22打数7安打4打点を記録し日本一に力を添えた。同年は第29回NHK紅白歌合戦に応援ゲストとして登場している。1980年限りで現役引退。

引退後は1981年1990年ヤクルトのコーチを務めるが、この頃から病気を患い、1991年病気療養のため名目上スカウトに異動。1992年5月28日、50歳の若さで逝去。1月前に逝去した大杉勝男に続くV1戦士の訃報であった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 巨人 2 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1963 125 395 367 30 91 15 2 6 128 34 14 10 4 3 16 0 5 46 6 .248 .286 .349 .635
1964 95 301 272 27 59 11 2 2 80 10 7 9 4 0 19 3 6 40 9 .217 .283 .294 .577
1965 78 180 162 14 36 2 3 2 50 14 5 1 6 0 9 1 3 21 0 .222 .276 .309 .585
1966 西鉄 135 484 427 41 95 10 1 14 149 43 19 8 27 4 21 0 5 73 8 .222 .265 .349 .614
1967 51 155 143 19 38 1 0 4 51 10 10 4 5 1 5 0 1 33 2 .266 .293 .357 .650
1968 116 417 370 52 106 22 1 16 178 43 15 10 9 1 30 6 7 72 7 .286 .350 .481 .832
1969 109 409 374 38 93 12 2 8 133 35 7 4 8 2 21 0 4 66 8 .249 .294 .356 .650
1970 18 79 70 13 18 1 0 1 22 5 6 2 2 1 4 0 2 6 1 .257 .312 .314 .626
1971 78 250 224 23 40 10 2 5 69 17 7 2 11 3 10 0 2 43 4 .179 .218 .308 .526
1972 ヤクルト 100 287 254 35 63 9 3 8 102 31 9 3 7 1 23 1 2 45 4 .248 .314 .402 .716
1973 117 396 347 32 80 11 2 4 107 24 9 5 16 1 31 0 1 58 8 .231 .295 .308 .603
1974 119 423 384 38 96 11 2 6 129 32 20 7 9 1 27 3 2 52 5 .250 .302 .336 .638
1975 109 335 301 23 65 5 0 2 76 21 13 5 12 2 17 2 3 29 9 .216 .263 .252 .516
1976 124 450 411 34 124 10 1 2 142 23 8 9 4 4 28 0 3 29 18 .302 .348 .345 .693
1977 101 339 304 24 86 10 2 1 103 20 15 5 4 1 29 0 1 25 10 .283 .346 .339 .685
1978 95 270 236 38 64 12 3 8 106 25 1 2 8 2 22 0 2 24 3 .271 .336 .449 .785
1979 105 420 371 51 105 13 0 14 160 49 6 2 13 4 29 1 3 33 9 .283 .337 .431 .768
1980 53 83 71 9 22 1 0 2 29 10 4 0 2 1 9 2 0 11 1 .310 .383 .408 .791
通算:19年 1730 5679 5094 541 1281 166 26 105 1814 446 175 88 151 32 350 19 52 706 112 .251 .304 .356 .661
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1973年9月8日、対阪神タイガース24回戦(阪神甲子園球場)、2番・二塁手として先発出場 ※史上169人目
  • 1000本安打:1976年10月12日、対広島東洋カープ24回戦(明治神宮野球場)、2回裏に北別府学から中越二塁打 ※史上99人目
  • 1500試合出場:1978年6月1日、対中日ドラゴンズ7回戦(草薙球場)、8回表に小林国男の代打として出場 ※史上58人目
  • 100本塁打:1979年8月31日、対読売ジャイアンツ19回戦(明治神宮野球場)、5回裏に新浦寿夫から左越3ラン ※史上105人目

背番号[編集]

  • 56 (1962年)
  • 22 (1963年 - 1965年)
  • 28 (1966年)
  • 8 (1967年 - 1971年)
  • 25 (1972年 - 1980年)
  • 76 (1981年 - 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 東京ヤクルトスワローズ球団アーカイブサヨナラ本塁打
  2. ^ 徳永喜男著『ヤクルトスワローズ球団史』ベースボールマガジン社、P401

関連項目[編集]