田中久寿男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 久寿男
Kusuo Tanaka 1955 Scan10011.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀市
生年月日 1935年4月24日
没年月日 (2001-02-24) 2001年2月24日(65歳没)
身長
体重
178 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手投手
プロ入り 1955年
初出場 1956年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

田中 久寿男 (たなか くすお、1935年4月24日 - 2001年2月24日)は、佐賀県佐賀市出身の元プロ野球選手内野手外野手)・コーチ

経歴[編集]

佐賀工業高校から東洋高圧大牟田を経て、1955年西鉄ライオンズへ入団。最初は投手だったが、翌1956年に野手へ転向。初期には河野昭修と一塁手のレギュラーを争う。1958年巨人との日本シリーズでは5試合に先発するが、19打数3安打と活躍できなかった。1961年からは三番打者、右翼手に定着、打率.306(ベストテン6位)、12本塁打を記録した。中西太が故障し、豊田泰光がチームを離れた後の中心打者と目され、1963年の巨人との日本シリーズでは第4戦で本塁打を放つ。しかし1965年には故障もあって調子を崩し、球団の経費節減策や外国人中心の打線編成もあって、1966年船田和英とのトレードで読売ジャイアンツへ移籍。

長嶋茂雄王貞治に続く五番打者への定着が期待されたが、移籍後は故障がちになり出場機会も少なくなる。翌1967年8月から主に右翼手として起用され、同年は41試合に先発出場。9月には巨人の第33代四番打者として2試合に出場し、チームのリーグ3連覇に貢献。1969年柳田俊郎との交換トレードで西鉄へ復帰し、同年に引退。

その後は稲尾和久の下、西鉄・太平洋で一軍コーチ(1970年 - 1971年)、二軍コーチ(1972年 - 1973年)、一軍打撃コーチ(1974年)を務めた。1976年からはロッテで二軍コーチを務め、1977年よりスカウトに転身。1995年からはチーフスカウトに就任し、2000年退団。2001年2月24日肝硬変のため死去。

人物[編集]

1967年8月19日中日ドラゴンズ戦では1対1の同点で迎えた9回裏、1死二、三塁の場面で巨人は代打に金田正一を送るが、中日は金田を敬遠[1]し、満塁として田中と勝負したが、田中は小川健太郎からサヨナラ満塁本塁打を放ち、巨人が勝利している[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 西鉄 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 2 0.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
通算:1年 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 2 0.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 西鉄 36 43 38 4 8 0 1 1 13 3 0 0 0 0 3 0 2 9 0 .211 .302 .342 .644
1957 95 179 171 18 42 6 1 4 62 21 4 5 0 1 3 0 4 37 7 .246 .275 .363 .638
1958 94 254 234 23 58 10 2 6 90 25 8 5 0 1 14 0 5 62 6 .248 .304 .385 .689
1959 90 277 260 20 57 7 4 3 81 27 3 3 1 0 12 0 4 44 7 .219 .264 .312 .576
1960 90 337 321 46 85 10 3 15 146 44 6 3 1 2 9 0 4 35 14 .265 .293 .455 .748
1961 125 500 471 65 144 12 5 12 202 58 19 9 3 2 18 1 6 58 18 .306 .339 .429 .768
1962 85 308 283 31 82 11 2 5 112 29 5 9 2 1 19 1 3 44 12 .290 .341 .396 .737
1963 110 395 371 38 85 16 1 5 118 28 5 7 1 2 17 0 4 55 12 .229 .270 .318 .588
1964 128 482 445 55 118 13 2 13 174 47 23 13 6 2 26 0 3 55 13 .265 .310 .391 .701
1965 62 183 169 14 38 5 0 2 49 15 1 6 4 2 6 0 2 35 4 .225 .260 .290 .550
1966 巨人 53 117 110 6 25 2 0 1 30 6 0 2 1 0 5 0 1 24 1 .227 .267 .273 .540
1967 74 186 165 23 48 9 1 8 83 24 1 2 3 1 14 0 3 32 1 .291 .357 .503 .860
1968 38 56 53 3 9 1 0 1 13 3 0 1 0 0 3 0 0 14 0 .170 .214 .245 .460
1969 西鉄 28 52 47 2 6 0 0 0 6 1 2 0 0 0 3 0 2 5 1 .128 .212 .128 .339
通算:14年 1108 3369 3138 348 805 102 22 76 1179 331 77 65 22 14 152 2 43 509 96 .257 .300 .376 .676
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1967年8月7日 ※史上127人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 28 (1955年 - 1965年)
  • 9 (1966年 - 1968年)
  • 27 (1969年)
  • 30 (1970年 - 1972年)
  • 73 (1973年 - 1974年)
  • 87 (1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 金田は打者としても強打者で、これまで7度の敬遠があった
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」615ページ

関連項目[編集]