吉田孝司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田 孝司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1946-06-23) 1946年6月23日(71歳)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1965年
初出場 1965年
最終出場 1984年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ(1982 - 1995)

吉田 孝司(よしだ たかし、1946年6月23日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

市立神港高校では2年生から正捕手。1963年には3年生エース宮本幸信投手とバッテリーを組み、春の選抜に出場。準決勝まで勝ち進むが、下関商池永正明投手に抑えられ、1-4で敗れた。同年夏は県予選準決勝で市西宮高に敗退、翌1964年夏も県予選で敗れ、甲子園出場はならなかった。

1965年読売ジャイアンツへ入団。1969年に入団五年目にして一軍に定着、森昌彦に次ぐ二番手捕手としてV9を支える。森の現役最終年となった1974年、ついに試合数が森を上回り正捕手に昇格、以後長嶋茂雄監督の下で数年に渡りジャイアンツの正捕手として活躍した。1976年にはオールスターゲームに出場し、第3戦では9回に代打でダメ押しの2点適時三塁打を放ち、巨人の捕手として初のMVPに輝いた。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは全7試合のうち6試合に先発マスクを被り、第5戦では2点適時打を放つが、シリーズ通算16打数2安打に終わりチーム日本一を逃す。翌1977年も2年連続でオールスターに出場しリーグ連覇に貢献したが、阪急との日本シリーズでは11打数2安打と活躍できず、日本一奪回はならなかった。

二番手捕手として長きに渡り川上哲治監督に重宝されたこともあって、選手として一軍ベンチ入りの試合数はジャイアンツ史上4位であり、これは川上や長嶋より多い(1位は王貞治柴田勲森昌彦が2位タイ)[1]。川上政権下では怒られ役で、何かにつけて「ヨシ!」と叱られたという。

1978年山倉和博が入団、山倉が正捕手となった1980年以降は再び控え捕手になる。1982年には選手兼バッテリーコーチ補佐に就任。選手兼バッテリーコーチに就任した1984年は一軍出場がなく現役引退。引退後は1985年からバッテリーコーチ専任となり1995年までコーチを務め、1996年にフロント入りした。編成部長在任時の2004年に、一場事件に関連してスカウト職を解任された。

2012年から横浜DeNAベイスターズの編成・スカウト部長に就任[2]2013年からは現職のまま、浅利光博(統括マネジャー)・竹田光訓(ファームディレクター)とともにGM補佐を兼務する。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 巨人 3 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 1 .000 .143 .000 .143
1966 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1967 11 24 21 3 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 3 0 0 4 0 .238 .333 .238 .571
1968 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
1969 56 119 103 15 24 5 0 2 35 7 1 1 1 1 13 0 1 26 2 .233 .325 .340 .665
1970 79 194 169 10 30 8 1 3 49 17 0 0 3 1 20 3 1 41 4 .178 .268 .290 .558
1971 42 92 82 8 18 3 0 0 21 5 0 1 0 0 6 0 4 14 1 .220 .304 .256 .560
1972 56 91 81 11 23 3 1 3 37 9 0 0 0 0 9 2 1 16 1 .284 .363 .457 .819
1973 85 221 191 15 51 2 1 5 70 20 0 1 6 0 23 3 1 25 3 .267 .349 .366 .715
1974 106 258 234 15 48 8 0 7 77 20 0 1 7 1 14 3 2 40 7 .205 .256 .329 .585
1975 79 174 160 9 42 6 1 3 59 20 1 0 2 1 11 0 0 24 12 .263 .310 .369 .679
1976 124 423 377 36 98 16 3 5 135 37 0 1 4 4 33 3 5 49 11 .260 .328 .358 .686
1977 93 279 249 20 57 6 0 5 78 25 0 1 7 3 18 5 2 19 1 .229 .286 .313 .599
1978 54 100 92 8 14 4 0 1 21 8 0 0 4 1 3 0 0 8 3 .152 .179 .228 .407
1979 87 209 187 13 53 8 0 6 79 22 1 1 0 2 18 10 2 30 5 .283 .353 .422 .775
1980 10 15 13 2 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 1 0 0 3 1 .154 .214 .154 .368
1981 40 35 31 1 2 0 0 1 8 6 0 0 0 1 3 0 0 5 1 .065 .147 .258 .405
1982 14 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1983 12 19 17 4 6 0 0 1 9 2 0 0 0 1 1 0 0 2 0 .353 .389 .529 .918
通算:19年 954 2272 2025 170 476 69 7 42 685 199 3 7 35 16 177 29 19 314 54 .235 .303 .338 .641
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (1965年 - 1968年)
  • 9 (1969年 - 1984年)
  • 79 (1985年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ 『巨人軍の100人』(Nippon sports mook (45)) 日本スポーツ出版社、2001年、104頁
  2. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P21

関連項目[編集]