義田貴士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
義田 貴士
(吉田 貴志)
生誕 (1967-02-19) 1967年2月19日(51歳)
日本の旗 日本広島県広島市
教育 広島修道大学商学部
職業 テレビ朝日スポーツ部記者
スポーツジャーナリスト
プロ野球インタビュアー
テレビプロデューサー
俳優
タレント
公式サイト http://www.formula-music.com/yoshidatakashi/
よしだ たかし
義田 貴士
本名 吉田 貴志
生年月日 (1967-02-19) 1967年2月19日(51歳)
出生地 広島県広島市
血液型 A
職業 スポーツジャーナリストテレビプロデューサー俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2001年 - (俳優)
公式サイト http://ameblo.jp/yoshida-takashi/

義田 貴士(よしだ たかし、本名:吉田 貴志=読みは同じ、1967年2月19日 - )は、広島県広島市出身のスポーツジャーナリストプロ野球インタビュアーテレビプロデューサー俳優タレント。血液型はA型。実父は元崇徳高校硬式野球部監督・元OB会会長の吉田祥三。

来歴・人物[編集]

広島国泰寺高校広島修道大学商学部経営学科卒業後、1990年テレビ朝日へ入社。

スポーツ部記者として、プロ野球中継(読売ジャイアンツ=巨人、千葉ロッテマリーンズ日本ハムファイターズ)や『GET SPORTS』の取材、リポーターとして活躍。中継出演時は「Dr.レポート」と銘打たれていた。また、自社のドラマ番組に出演し話題を集めた。

プロデューサーやディレクターとしても、取材対象だった巨人の選手篠塚和典原辰徳宮本和知の引退ドキュメント番組等に関わる。

2002年にテレビ朝日を退社して俳優、タレントとなり、その際に現在の芸名に改めている。並行して、フリーの野球選手インタビュアーとしての活動がメインとなっている。イチロー選手を始めとするプロ野球選手との交流を描いた著書、並びに取材レポートを発表している。テレビ朝日は退社しているものの、現在でも殆どのメディア関係の仕事は、古巣であるテレビ朝日のものである。

当初、「俳優」を目指すためにテレビ朝日を退職したと語っていた。収入が三分の一程度になることを覚悟したうえでの挑戦と話していたが、後に「スポーツジャーナリスト」と名乗るようになった。 松井秀喜とも交友がある。松井からは「おっさん」と呼ばれている。

イチローがゲスト出演したドラマ『古畑任三郎』にも演者として出演している。

年下の取材相手にタメ口でインタビューしたところ「テメェ何様だ!」と多数の視聴者から猛抗議・苦情が寄せられたことがあると、2006年11月12日フジテレビ系列で放送した『ジャンクSPORTS』「スポーツマスコミ」の回[1]へ出演した際に語った。タメ口をあえて使う理由を「急にかしこまると、選手がぎこちなくなり、違和感をもってしまうので」と取材の進め方について述べている。

詳細情報[編集]

出演番組・CM[編集]

テレビ[編集]

特記なしはすべてテレビ朝日系列
スポーツ
  • スーパーベースボール(大リーグ情報。『ゴールデンナイター』時代の1993年より巨人担当リポーターとしてABC制作の対阪神戦以外に出演した時期がある。『スーパーベースボール』となった2003年には副音声中継で長島三奈とキャスターを担当)
  • GET SPORTS(1998年4月 - 、ナビゲーター)
  • 僕は天才じゃない!独占!メジャーリーガー・イチローの本音(2000年12月29日)
  • 2001イチローの真実(2001年12月28日、コメンテーター)
  • イチ流(2004年12月 - 不定期)
  • ナンだ!?(2006年4月 - 2007年9月、レギュラー。特別番組『南原清隆&長島三奈のプロ野球ってナンだ!?』として放送していた1999年の2回にもリポーターとして出演)
  • FOX SPORTS ジャパンBASEBALL CENTER」(2013年4月-。FOXスポーツ&エンターテイメント MC 2013年度はメインMCとして主に平日の試合、2014年度は金曜日の総合司会)
ニュース・情報
ドラマ

ラジオ[編集]

CM(テレビ)[編集]

出演映画[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

プロフィール
ブログ
ネットラジオ