山崎裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山崎 裕之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県上尾市
生年月日 (1946-12-22) 1946年12月22日(73歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1965年
初出場 1965年4月10日
最終出場 1984年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山崎 裕之(やまざき ひろゆき、1946年12月22日 - )は、埼玉県上尾市出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

埼玉県立上尾高等学校では1962年、1年生の時に投手、三番打者として夏の甲子園予選西関東大会決勝に進出するが、甲府工に敗退。翌1963年春の選抜遊撃手、控え投手として初出場を果たす。同大会では1回戦で松阪商を降すが、2回戦で東邦高に完封負け[1]。この試合ではリリーフとして甲子園初登板を果たした。1964年夏の県予選は準決勝で熊谷商工に敗れた。この年9月、上尾市内で東京オリンピック聖火ランナーを務めている[2]。高校の1年下に会田照夫江田幸一がいた。

1965年東京オリオンズに入団。『長嶋二世』と言われた所以で、オリオンズ入団時に当時の看板打者・榎本喜八がつけていた背番号3を提示されたが、2を希望する。当時はドラフト制度が無く、各球団での競合となり、当時としては破格の契約金5000万円での入団となった。1年目から一軍に定着、1967年には遊撃手のレギュラーとなる。同年は規定打席(17位、打率.255)にも到達するが、打撃は今一つ伸び悩む。しかし1969年に二塁手に回り、打率.301(リーグ5位)、25本塁打を記録。

以後不動の二塁手として活躍。1970年は開幕戦の南海ホークス戦で1回裏に先発・西岡三四郎の初球を初回先頭打者初球本塁打している[3]。この年のロッテ打線はミサイル打線の異名を取って、山崎も6番で25HRを放って75打点を挙げ、10年ぶりのリーグ優勝に貢献、しかし同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは16打数2安打と精彩を欠いた。

1971年8月14日東映フライヤーズ戦では史上25人目となるサイクルヒットを達成。1973年のオールスターゲームでは第3戦で9回裏にヤクルトスワローズ安田猛からサヨナラヒットを放ち、この試合のMVPに輝いた。

1974年には自身2度目のリーグ優勝を経験、中日ドラゴンズとの日本シリーズでは、最終第6戦で3安打を放つなど22打数8安打3打点と活躍して優秀選手賞を獲得し、チーム24年ぶりとなる日本一に貢献した。

しかし1978年オフに就任した新監督の山内一弘の構想から外れ、古賀正明倉持明との交換トレードで、福岡から所沢へ移転したばかりの新生西武ライオンズ成重春生と共に移籍。当時、ヤクルト監督の広岡達朗からヤクルト移籍を誘われたが、この時は実現しなかった[4]。このオフに「球界の寝業師」の異名を取った西武根本陸夫監督はBクラスが定位置となっていたライオンズの体質改善の為に他にも田淵幸一野村克也など他球団で実績を残した大物のベテラン選手を続々と獲得していたが、山崎もロッテ時代と同じ背番号2を与えられ、チーム再建を担うベテランの一角として期待を受けた。

1979年は故障欠場もあって規定打席に届かなかったが、打率.332を記録。根元に代わって広岡が西武監督に就任した1982年には120試合以上に出場しチームは7年ぶりのAクラス入りと同時に19年ぶりのリーグ優勝・24年ぶりの日本一へと駆け上がり、1983年にもほとんどの試合に出場して2年連続となるリーグ優勝・日本一連覇に貢献し、自己最多の82打点をマークし、当時プロ野球18人目となる通算2000本安打も達成している。1984年、チームのリーグ3連覇が絶望的になったのを機に若手主体の編成に変わり、自身の打撃の低迷も相まってこの年限りで現役を引退した。

引退後は、文化放送テレビ東京野球解説者日刊ゲンダイの野球評論家として活動している。

逸話[編集]

高校時代は埼玉県営大宮公園野球場長嶋茂雄以来のバックスクリーン弾を放つなど強打で鳴らして『長嶋二世』と評され、当時は広島カープを除く11球団が興味を示したというプロ注目の内野手であったが、まず1番に声をかけてくれた東京オリオンズに入団することを決意したという[5]。この時にオリオンズが提示した5,000万円という契約金は当時としては破格であり、山崎本人はこれを手取りで受け取っていたと証言しており、こうした契約金の高騰合戦が1965年オフより始まったプロ野球ドラフト会議導入のきっかけになったのではないかと推測している(ただし、山崎は契約金は慶応大学から南海ホークス入りした渡辺泰輔の方がさらに上であったとも語っている)[6]

広岡達朗は選手として山崎に大きな信任を寄せており、ヤクルト監督時代は獲得を熱望していたほか、西武監督となってからは東尾修田淵幸一などのチームの看板選手も特別扱いをせずに厳しい態度で臨んだが、山崎に関してだけは何も言うことは無く、1982年シーズンは打率.246、7HRという不本意な成績で終わったにも関わらず「チームへの貢献度は一番」と評してこの年は年俸が上がったという[7]

根本陸夫は山崎の獲得に当たって投手2人をロッテから要求された事については「バッテリー間を先に作り上げるという考え方からすれば、やっちゃいかんこと」と後年振り返りつつも、山崎の事は「打の柱が田淵なら、投の軸が東尾、あとは内野にキーマンが必要です。守れて打てる山崎君は、その役にピタリでした。オリオンズに在籍して14年、キャリアは十分です。派手ではないけれど、野球の職人です。放っといても自分で自分をつくるタイプです。新しい環境が水に合えば、最盛期のレベルに復活してくれると期待しています。5年待てば、新しく入れた若手が育ちます。その間、西武の力となり、若手の見本となってくれればと思いました。」と評している[8]。この根本の読み通りに山崎は移籍後にキャリアハイと言えるような数字を残して西武の優勝と日本一に貢献し、在籍6年でユニフォームを脱いだが、次世代のセカンドには行沢久隆辻発彦ら若手が既に台頭を見せていた。

選手としての特徴[編集]

高卒1年目からショートでレギュラー出場するもなかなかプロのレベルでは芽は出なかったが、守備位置がセカンドに固定されてレギュラーに定着してからは打撃でもパンチ力を見せ、現役20シーズン中14シーズンで2桁本塁打を記録し、通算で270HRを放った。しかし、規定打席に到達して打率3割を記録したのは1度だけであり、通算打率は.265と決して高くはない。

通算盗塁数は137だが、盗塁死も多く成功率は55.9%に留まり、通算犠打も104と多くはなく、リードオフマンや繋ぎの2番といったタイプではない。プロ入りから打順は毎年のように変動しており、ロッテ時代は1番~7番での間で打順がチーム状態に応じて変動していたが、西武移籍後は現役晩年ながら1番や2番での起用で固まり[9]、1980年にはリーグ最多四球を記録するなど出塁するために四球を選ぶようになり、1981年と1983年にはリーグ最多得点も記録している。プロ入りしてから1番から9番までの全打順での起用経験を持つ[10]

守備に関しては守備位置は入団当初はショートであったが、3年目となる1968年に119試合でショートの守備について23失策・守備率.957を記録するなどプレーに確実性を欠いていた。 しかし、翌1969年よりセカンドにコンバートされると125試合でセカンド守備に入って9失策・守備率.986を記録し、課題だった守備に安定感が出た[11]。以後は長年セカンドを守り続け、セカンドでの試合出場1,883試合は高木守道に次いで歴代2番目に多く[12]、セカンドでの通算捕殺3,972、通算刺殺4,840はいずれも歴代3位の記録となっている[13]。守備に卓越した選手をシーズンごとに選ぶダイヤモンドグラブ賞にはセカンドで3度選出されている。また、現役時代は隠し球の名手として知られ、犠打で二塁へ送られてきたランナーやタイムリーなどを放って油断している選手に不意を突いて仕掛ける事があった[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 東京
ロッテ
71 205 189 10 36 5 1 2 49 14 9 5 3 0 12 0 1 36 8 .190 .243 .259 .502
1966 28 69 65 1 8 0 0 0 8 2 0 0 0 1 3 0 0 11 4 .123 .162 .123 .285
1967 113 367 339 26 76 12 4 7 117 34 8 4 6 0 19 2 3 78 5 .224 .271 .345 .617
1968 128 466 420 47 107 18 5 14 177 49 8 7 4 3 33 4 6 75 5 .255 .318 .421 .740
1969 126 541 495 73 149 19 4 14 218 60 7 6 4 5 34 0 3 74 1 .301 .350 .440 .790
1970 129 520 474 64 117 16 3 25 214 75 15 12 3 6 36 4 1 80 4 .247 .301 .451 .753
1971 123 508 439 84 123 22 3 21 214 50 17 10 2 4 59 2 4 78 10 .280 .371 .487 .858
1972 123 499 442 54 107 22 1 16 179 58 4 9 2 2 52 1 1 76 7 .242 .323 .405 .728
1973 123 429 377 45 90 13 2 9 134 27 11 6 8 1 39 1 4 65 6 .239 .317 .355 .672
1974 124 507 454 62 126 32 3 11 197 58 6 5 9 5 39 2 0 70 12 .278 .335 .434 .769
1975 118 484 430 62 116 17 5 17 194 56 9 8 5 2 46 0 1 74 13 .270 .342 .451 .793
1976 121 478 418 50 114 19 2 16 185 62 7 4 6 5 48 2 1 67 6 .273 .349 .443 .792
1977 128 505 451 49 116 21 4 17 196 62 4 6 10 3 39 0 2 85 7 .257 .319 .435 .754
1978 122 483 435 56 126 23 2 13 192 52 3 4 12 2 33 1 1 55 8 .290 .341 .441 .783
1979 西武 79 337 286 54 95 16 2 12 151 46 7 3 5 1 44 1 1 41 8 .332 .423 .528 .951
1980 128 566 477 89 140 26 2 25 245 77 6 3 3 5 78 2 3 70 11 .294 .396 .514 .910
1981 125 553 457 97 124 27 4 22 225 68 5 5 2 3 88 0 3 83 7 .271 .392 .492 .885
1982 122 473 415 50 102 16 1 7 141 34 4 5 5 2 51 2 0 67 8 .246 .328 .340 .668
1983 128 600 515 96 148 30 3 18 238 82 4 3 9 7 67 3 2 52 12 .287 .372 .462 .834
1984 92 297 267 30 61 17 0 4 90 19 3 0 6 2 22 1 0 30 7 .228 .287 .337 .624
通算:20年 2251 8887 7845 1099 2081 371 51 270 3364 985 137 105 104 59 842 28 37 1267 149 .265 .339 .429 .768
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1973年4月20日、対阪急ブレーブス前期1回戦(後楽園球場)、4回裏に足立光宏から左越ソロ ※史上74人目
  • 1000試合出場:1974年5月21日、対太平洋クラブライオンズ前期7回戦(平和台野球場)、5番・二塁手で先発出場 ※史上170人目
  • 1000安打:1975年7月13日、対太平洋クラブライオンズ後期1回戦(宮城球場)、1回裏に東尾修から中前安打 ※史上91人目
  • 150本塁打:1976年8月29日、対阪急ブレーブス後期7回戦(阪急西宮球場)、9回表に山田久志から左越ソロ ※史上44人目
  • 1500試合出場:1978年5月27日、対日本ハムファイターズ前期9回戦(後楽園球場)、4番・二塁手で先発出場 ※史上57人目
  • 1500安打:1979年10月10日、対日本ハムファイターズ後期13回戦(西武ライオンズ球場)、9回裏に宇田東植から中前安打 ※史上32人目
  • 200本塁打:1980年4月30日、対ロッテオリオンズ前期6回戦(宮城球場)、9回表に安木祥二から左越決勝ソロ ※史上33人目
  • 1000三振:1980年8月1日、対南海ホークス後期4回戦(西武ライオンズ球場)、9回裏に金城基泰から ※史上5人目
  • 300二塁打:1981年8月10日、対ロッテオリオンズ後期5回戦(西武ライオンズ球場)、3回裏に水谷則博から ※史上18人目
  • 3000塁打:1982年8月10日、対ロッテオリオンズ後期4回戦(西武ライオンズ球場)、8回裏に三井雅晴から中前安打 ※史上19人目
  • 2000試合出場:1982年8月17日、対南海ホークス後期7回戦(大阪スタヂアム)、2番・二塁手で先発出場 ※史上17人目
  • 250本塁打:1983年4月22日、対阪急ブレーブス1回戦(西武ライオンズ球場)、8回裏に松本祥志から2ラン ※史上20人目
  • 1000得点:1983年5月19日、対ロッテオリオンズ7回戦(鹿児島県立鴨池野球場)、3回表に大田卓司の決勝適時二塁打で生還して記録 ※史上18人目
  • 350二塁打:1983年9月6日、対南海ホークス20回戦(大阪スタヂアム)、9回表に矢野実から ※史上13人目
  • 2000安打:1983年9月18日、対ロッテオリオンズ24回戦(西武ライオンズ球場)、3回裏に仁科時成から右翼へ三塁打 ※史上18人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 2 (1965年 - 1984年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 64年東京五輪 子供が夢育む好機 山崎裕之さん - 毎日新聞2015年11月5日(聖火の記憶)[リンク切れ]
  3. ^ 開幕直後の“先頭打者弾”!プレイボール直後の“初球”に注目
  4. ^ 「私の履歴書 広岡達朗」日本経済新聞社連載(20)、2010年8月21日
  5. ^ 山崎裕之 廣岡監督に評価された名バイプレーヤー/プロ野球1980年代の名選手”. 週刊ベースボールonline (2019年1月27日). 2020年6月9日閲覧。
  6. ^ 新人選手の獲得、活躍あれこれ(1)”. 東京プロ野球記者OBクラブ (2018年9月1日). 2020年6月9日閲覧。
  7. ^ 山崎裕之 廣岡監督に評価された名バイプレーヤー/プロ野球1980年代の名選手”. 週刊ベースボールonline (2019年1月27日). 2020年6月9日閲覧。
  8. ^ 【根本陸夫伝】 主力を放出してまで田淵幸一の獲得にこだわった男”. web Sportiva (2015年9月2日). 2020年6月9日閲覧。
  9. ^ 山崎裕之[1965-1984]”. 日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblog (2014年1月5日). 2020年6月9日閲覧。
  10. ^ 山崎裕之 廣岡監督に評価された名バイプレーヤー/プロ野球1980年代の名選手”. 週刊ベースボールonline (2019年1月27日). 2020年6月9日閲覧。
  11. ^ プロ野球記録 山崎裕之”. johnnybet.com. 2020年6月9日閲覧。
  12. ^ 追悼・タフさと勤勉さで球史に残る名二塁手となった高木守道”. FRIDAY DIGITAL (2020年1月21日). 2020年6月9日閲覧。
  13. ^ 二塁守備得点[1958-2019]”. 日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblog (2015年8月20日). 2020年6月9日閲覧。
  14. ^ 山崎裕之 廣岡監督に評価された名バイプレーヤー/プロ野球1980年代の名選手”. 週刊ベースボールonline (2019年1月27日). 2020年6月9日閲覧。
  15. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」410ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]