1979年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1979年 | 1979年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 広島東洋カープ 67 50 13 .573 -
2位 横浜大洋ホエールズ 59 54 17 .522 6.0
3位 中日ドラゴンズ 59 57 14 .509 7.5
4位 阪神タイガース 61 60 9 .504 8.0
5位 読売ジャイアンツ 58 62 10 .483 10.5
6位 ヤクルトスワローズ 48 69 13 .410 19.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 前・後
優勝 近鉄バファローズ 74 45 11 .622 1・2
2位 阪急ブレーブス 75 44 11 .630 2・1
3位 日本ハムファイターズ 63 60 7 .512 3・4
4位 ロッテオリオンズ 55 63 12 .466 4・3
5位 南海ホークス 46 73 11 .387 5・6
6位 西武ライオンズ 45 73 12 .381 6・5
  • 優勝・2位はプレーオフで決定。年間勝率順位では、総合優勝の近鉄バファローズが2位・総合2位の阪急ブレーブスが首位となる。

パシフィック・リーグプレーオフ[編集]

1979年 パシフィック・リーグプレーオフ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 阪急ブレーブス 1-5 近鉄バファローズ 大阪球場
10月14日(日) 第2戦 阪急ブレーブス 4-7 近鉄バファローズ
10月15日(月) 移動日
10月16日(火) 第3戦 近鉄バファローズ 2-1 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
年間優勝:近鉄バファローズ

日本シリーズ[編集]

1979年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(土) 第1戦 広島東洋カープ 2-5 近鉄バファローズ 大阪球場
10月28日(日) 第2戦 広島東洋カープ 0-4 近鉄バファローズ
10月29日(月) 移動日
10月30日(火) 第3戦 近鉄バファローズ 2-3 広島東洋カープ 広島市民球場
10月31日(水) 第4戦 近鉄バファローズ 3-5 広島東洋カープ
11月1日(木) 第5戦 近鉄バファローズ 0-1 広島東洋カープ
11月2日(金) 移動日
11月3日(土) 第6戦 広島東洋カープ 2-6 近鉄バファローズ 大阪球場
11月4日(日) 第7戦 広島東洋カープ 4-3 近鉄バファローズ
優勝:広島東洋カープ(初優勝)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 江夏豊 広島   C.マニエル 近鉄  
最優秀新人 藤沢公也 中日   松沼博久 西武  
首位打者 F.ミヤーン 大洋 .346 加藤英司 阪急 .364
本塁打王 掛布雅之 阪神 48本 C.マニエル 近鉄 37本
打点王 山本浩二 広島 113点 加藤英司 阪急 104点
最多安打 大島康徳 中日 159本 加藤英司 阪急 163本
盗塁王 高橋慶彦 広島 55個 福本豊 阪急 60個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
山本浩二 広島 220個 加藤英司 阪急 .443
最優秀防御率 平松政次 大洋 2.39 山口哲治 近鉄 2.49
最多勝利 小林繁 阪神 22勝 山田久志 阪急 21勝
最多奪三振 新浦寿夫 巨人 223個 村田兆治 ロッテ 230個
最高勝率 藤沢公也 中日 .722 山田久志 阪急 .808
最優秀救援投手 江夏豊 広島 31SP 金城基泰 南海 20SP

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 小林繁 阪神 山田久志 阪急
捕手 木俣達彦 中日 梨田昌崇 近鉄
一塁手 王貞治 巨人 加藤英司 阪急
二塁手 F.ミヤーン 大洋 B.マルカーノ 阪急
三塁手 掛布雅之 阪神 島谷金二 阪急
遊撃手 高橋慶彦 広島 石渡茂 近鉄
外野手 山本浩二 広島 福本豊 阪急
若松勉 ヤクルト 栗橋茂 近鉄
M.ラインバック 阪神 新井宏昌 南海
指名打者   C.マニエル 近鉄

ダイヤモンドグラブ賞[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 西本聖 巨人 山田久志 阪急
捕手 若菜嘉晴 阪神 梨田昌崇 近鉄
一塁手 王貞治 巨人 柏原純一 日本ハム
二塁手 高木守道 中日 B.マルカーノ 阪急
三塁手 掛布雅之 阪神 島谷金二 阪急
遊撃手 山下大輔 大洋 高代延博 日本ハム
外野手 山本浩二 広島 福本豊 阪急
J.スコット ヤクルト 簑田浩二 阪急
J.ライトル 広島 平野光泰 近鉄

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

箕島が史上3校目の春夏連覇

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 2月8日
    • プロ野球実行委員会が開かれ、江川問題に関し(1)1月31日に提示された「江川 - 小林トレード」を撤回したうえで(2)小林を阪神へ無償トレード(3)江川は阪神と契約して支配下選手とし、4月7日の開幕までトレードを認めない、と決定[4]
    • コミッショナーの金子鋭は、江川事件で混乱した責任をとって辞任すると実行委員会にて表明し、了承される[4]
  • 2月11日 - 小林繁が阪神の安芸キャンプに合流。
  • 2月16日 - 南海ホークス門田博光が右足アキレス腱を断裂[5]

3月[編集]

4月[編集]

  • 4月7日
    • 午前10時に銀座のセ・リーグ事務局にて阪神から巨人へ江川の譲渡の手続きを行い、その後巨人が譲渡証明書を提出し、支配下選手申請書を提出した[8]。巨人は午前11時より港区虎ノ門のホテル・オークラにて江川卓の入団を発表[9]
    • 第51回選抜高校野球大会の決勝戦が阪神甲子園球場にて行われ、和歌山箕島高校が2年ぶり3度目の優勝[10]
    • プロ野球がセ・リーグ、パ・リーグ同時に開幕。
  • 4月9日
    • 巨人はテスト生として採用していた石井茂雄の現役選手登録をセ・リーグに申請し、この日公示される[11]
    • 巨人が後楽園球場での対中日3回戦に8-2と勝利し、球団通算3000勝を達成[12]
  • 4月10日 - 阪急の福本豊が西宮球場での対西武1回戦の2回裏に二盗を成功させ、プロ通算700盗塁を達成[13]
  • 4月14日
    • 西武の本拠地、西武ライオンズ球場が開場。福田赳夫首相が始球式を行う。西武対日本ハム1回戦が行われ、日本ハムが7-1と勝利[14]
    • 横浜スタジアムでの巨人対大洋2回戦の7回表に、横浜市中区曙町の中華料理店で起きた火事の煙が球場に流れ込み、試合が約8分間中断[15]
  • 4月16日 - 南海の佐々木宏一郎が大阪球場での対近鉄3回戦の7回途中から登板し、プロ通算600試合登板を達成[16]
  • 4月17日 - 近鉄の鈴木啓示が日生球場での対日本ハム1回戦の5回表に柏原純一から三振を奪ってプロ通算2500奪三振を達成、またこの日柏原、加藤俊夫に本塁打を打たれて通算被本塁打が381となり、金田正一の持つ最多被本塁打記録380を更新[17]
  • 4月21日 - 阪神の掛布雅之が阪神甲子園球場で対大洋1回戦の7回裏に4号本塁打を放ち、プロ通算100本塁打を達成[18]
  • 4月24日 - 開幕から引き分け2つを挟み12連敗の西武が対南海戦(西武)で移転後初勝利。新人の松沼博久がプロ初勝利を挙げる[19]
  • 4月29日 - 西武の土井正博が後楽園球場での対日本ハム6回戦の9回表に6号3点本塁打を放ってホームインしプロ通算1000得点を達成[20]

5月[編集]

  • 5月1日 - 巨人対阪神4回戦が後楽園球場にて行われ、巨人が阪神に8対7と勝利し対阪神戦通算500勝を達成[21]
  • 5月6日 - 近鉄のチャーリー・マニエルが藤井寺球場での対近鉄5回戦の1回裏に8号本塁打を放ち、プロ野球通算100号を達成[22]
  • 5月9日 - 大洋の基満男が横浜スタジアムでの対阪神4回戦の第一打席から第四打席まで二塁打を打ち、1試合4二塁打のプロ野球タイ記録[23]
  • 5月11日 - 広島の江夏豊が広島球場での対巨人5回表に王貞治から三振を奪い、プロ通算2500奪三振を達成[24]
  • 5月16日 - 大洋の平松政次が対巨人7回戦戦(石川) に先発登板し、プロ通算500試合登板を達成[25]
  • 5月20日 - 阪神の真弓明信がナゴヤ球場での対中日6回戦で、1回表第一打席で3号本塁打、3回表に安打、7回表に二塁打、9回表に三塁打を放ち、サイクルヒットを達成[26]
  • 5月23日 - 巨人の柴田勲が甲子園球場での対阪神8回戦に先発出場し、プロ通算2000試合出場を達成[27]
  • 5月25日 - 巨人の張本勲が横浜スタジアムでの対大洋8回戦の8回表に二塁打を放ち、プロ通算400二塁打を達成[28]
  • 5月26日 - 巨人の堀内恒夫が横浜スタジアムでの対大洋9回戦に先発しプロ通算500試合登板を達成[29]
  • 5月27日
    • 西武の野村克也が新潟での対南海6回戦の4回表に2号本塁打を放ち、プロ通算650号本塁打を達成[30]
    • ヤクルトのジョン・スコットが甲子園球場での対阪神ダブルヘッダー第一試合9回戦で2本塁打、第二試合の10回戦にも2本塁打を放ち1日で4本塁打[31]
  • 5月30日 - 阪神の若菜嘉晴が仙台での対大洋6回戦で5連続三振のプロ野球新記録[32]
  • 5月31日
    • 巨人の王貞治が後楽園球場での対中日7回戦の8回裏に二塁打を放ち、プロ通算400二塁打を達成[33]
    • 阪急の加藤英司が西宮球場での対日本ハム8回戦の6回裏に15号3点本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打を達成[34]

6月[編集]

  • 6月2日 - 巨人の江川卓が後楽園球場での対阪神11回戦で先発しプロ初登板、8回126球を投げ4失点、3被本塁打の内容で敗戦投手となる[35]
  • 6月5日 - 日本ハムの島田誠が後楽園球場での対西武11回戦の3回裏に二盗、三盗、本盗の1イニング3盗塁プロ野球タイ記録[36]
  • 6月9日 - 近鉄のチャーリー・マニエルが日生球場での対ロッテ10回戦の5回裏に八木沢荘六の投球を顔面に受け顎を複雑骨折[37]
  • 6月12日 - 巨人の王貞治が後楽園球場での対ヤクルト7回戦で1回裏に安打を放ち、プロ野球史上初の通算5500塁打を達成[38]
  • 6月17日 - 日本ハムの村上雅則が藤井寺球場での対近鉄前期11回戦の五回裏二死からリリーフ登板して5勝目を挙げ、プロ通算100勝を達成[39]
  • 6月20日 - 巨人のジョン・シピンが横浜スタジアムでの対大洋12回戦の5回表に安打を放ち、プロ野球通算1000本安打を達成[40]
  • 6月21日 - 日本ハムと西武は行沢久隆吉岡悟のトレードが成立したと発表[41]
  • 6月23日 - 巨人の石井茂雄が甲子園球場での対阪神14回戦に3回途中からリリーフとして登板し、プロ通算700試合登板を達成[42]
  • 6月26日
    • 近鉄対南海前期最終戦が大阪球場で行われ1-1の引き分けとなり、近鉄が前期優勝を決める[43][44]
    • 中日の星野仙一が甲子園球場での対阪神13回戦の一回裏に阪神のマイク・ラインバックから三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成[45]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月1日 - 巨人の西本聖が広島市民球場での対広島17回戦の7回裏に、三村敏之萩原康弘衣笠祥雄へ死球を与え1イニング3死球セ・リーグ新記録[48]。3人目に死球を受けた広島の衣笠祥雄は左肩亀裂骨折で全治2週間の重傷を負うが、翌日の試合も代打で出場。
  • 8月2日 - 【MLB】ニューヨーク・ヤンキースサーマン・マンソンが、自家用セスナ機を操縦中に木に衝突して墜落事故死。
  • 8月4日 - 2か月前に死球で顎を骨折した近鉄のマニエルが、この日の対阪急戦(西宮)からフェイスガード付きヘルメットをかぶり復帰。
  • 8月12日
    • ロッテの有藤道世レオン・リーが日生球場での対近鉄後期4回戦で共に1試合3本塁打[49]
    • 大洋の松原誠が後楽園球場での対巨人17回戦に出場し、プロ通算2000試合出場を達成[50]
  • 8月17日
    • ヤクルトは球団社長の佐藤邦雄が後楽園球場にて午後5時15分より記者会見し、森昌彦、植村義信の2コーチの休養を発表し、また監督の広岡達朗について「広岡監督は、チームの指揮が取れないといっていたので、佐藤孝夫コーチを監督代行にする」と発表。これに対し、広岡は神宮球場でのクラブハウスで午後9時半に記者会見して声明文を発表し、退団を発表[51]
    • 横浜スタジアムでの広島対大洋18回戦で広島が大洋に4-3で勝利し、ナゴヤ球場での阪神対中日17回戦で中日が阪神に2-3で敗れ、広島が1975年以来の単独首位に立つ[52]
  • 8月21日
  • 8月22日 - 西宮球場での阪急対南海後期7回戦で、阪急が一回裏に二死から島谷金二以降連続10人が得点を挙げる10者連続得点のパ・リーグ新記録[54]
  • 8月23日 - ロッテの有藤通世が後楽園球場での対日本ハム後期8回戦の六回表に21号本塁打を放ち、プロ通算250号本塁打を達成[55]
  • 8月31日 - ヤクルトの船田和英が神宮球場での対巨人19回戦の五回裏に11号三点本塁打を放ち、プロ通算100号本塁打を達成。

9月[編集]

  • 9月2日 - 阪神の竹之内雅史がナゴヤ球場での七回表に21号本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打を達成[56]
  • 9月12日 - 巨人の王貞治が後楽園球場での対25回戦の八回裏に二宮至の代打として登場し、池内豊から26号本塁打を放つ。王はこれが唯一の代打本塁打[57]
  • 9月18日 - 阪神の江本孟紀が甲子園球場での対広島22回戦に先発して11勝目を挙げ、プロ通算100勝を達成[58]
  • 9月19日 - 広島の江夏豊が甲子園球場での対阪神23回戦の6回途中からリリーフ登板し、プロ通算600試合登板を達成[59]
  • 9月21日 - 西武の野村克也が西宮球場での対阪急後期12回戦の四回表に二死三塁で立花義家の適時打で生還し、王貞治に次いでプロ野球2人目の通算1500得点を達成[60]
  • 9月24日 - 南海の山内新一が後楽園球場での対日本ハム後期12回戦に先発して12勝目を挙げ、プロ通算100勝を達成[61]

10月[編集]

  • 10月5日 - 阪急が西京極球場での対南海13回戦に6-6で引き分け、後期優勝を決める[62]
  • 10月6日 - 広島対阪神24回戦が広島市民球場で行われ、広島が阪神に4対3で勝利し、4年ぶりのセ・リーグ優勝が決まる[63]
  • 10月13日 - この日の対ロッテ戦(西武)で西武ライオンズの1年目が終了。この年の観客動員は136万5000人で、100万人以上はパ・リーグでは1962年の東映フライヤーズについで2球団目[64]
  • 10月16日 - パ・リーグプレーオフ第3戦が西宮球場で行われ、前期優勝の近鉄が後期優勝の阪急に延長10回の末2対1で勝利し、3勝0敗で球団創立初のパ・リーグ制覇[65]
  • 10月24日 - 沢村賞の選考が東京運動記者クラブによって東京・数寄屋橋のニュートーキョーで正午から開かれ、阪神の小林繁を選出[66]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞1979年1月8日19面「阪神と江川 初交渉は平行線 『君を欲しい』『巨人で…』」朝日新聞縮刷版1979年1月p215
  2. ^ 日付は公示日。『ライオンズ60年史―獅子の記憶―「西鉄」から「埼玉西武」まで』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2010年、116 - 117頁。ISBN 9784583616858
  3. ^ 朝日新聞1979年2月1日1面「江川が巨人入り 阪神との契約直後 小林投手と交換」朝日新聞縮刷版1979年1月p1
  4. ^ a b 朝日新聞1979年2月9日1面「江川移籍は開幕日以降 小林の阪神入り了承」朝日新聞縮刷版1979年2月p279
  5. ^ 【2月16日】1979年(昭54) 南海・門田、アキレス腱断裂 どうなる住宅ローン!?”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2008年2月6日). 2015年12月18日閲覧。
  6. ^ 【12月12日】1978年(昭53) 世界の王よりも上に!王天上、ホークス入り内定”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2007年11月28日). 2015年12月18日閲覧。
  7. ^ 朝日新聞1979年3月17日17面「プロ野球新コミッショナーに下田氏(元最高裁判事)が就任」朝日新聞縮刷版1979年3月p631
  8. ^ 毎日新聞1979年4月7日夕刊10面「『巨人江川』が誕生 背番号30 上気して『夢みたい』」毎日新聞縮刷版1979年4月p230
  9. ^ 読売新聞1979年4月7日夕刊11面「『巨人・江川』晴れ晴れ30番」読売新聞縮刷版1979年4月p279
  10. ^ 毎日新聞1979年4月8日1面「箕島 三度目の優勝 センバツ 逆転、逆転また逆転 浪商を破る」毎日新聞縮刷版1979年4月p233
  11. ^ 読売新聞1979年4月10日19面「石井が現役選手登録」読売新聞縮刷版1979年4月p363
  12. ^ 読売新聞1979年4月10日19面「巨人、輝く3000勝達成 ベテラン勢、奮起の連打 ここ一番、堀内完投で花」読売新聞縮刷版1979年4月p363
  13. ^ 読売新聞1979年4月11日16面「福本が700盗塁 先制の2号も」読売新聞縮刷版1979年4月p404
  14. ^ 毎日新聞1979年4月15日19面「西武、こけら落とし飾れず エラー続出で自滅 日本ハムに敗れる」毎日新聞縮刷版1979年4月p477
  15. ^ 読売新聞1979年4月15日17面「煙もくもく中断」読売新聞縮刷版1979年4月p563
  16. ^ 読売新聞1979年4月17日17面「南海・佐々木宏一郎投手(三五)が600試合登板」読売新聞縮刷版1979年4月p639
  17. ^ 読売新聞1979年4月18日17面「近鉄・鈴木啓示投手(三一)が通算2500奪三振、最多被本塁打」読売新聞縮刷版1979年4月p679
  18. ^ 毎日新聞1979年4月22日19面「大洋、すかさず逆転 掛布の100号遅かった」毎日新聞縮刷版1979年4月p709
  19. ^ 『読売新聞』1979年4月25日付朝刊、14版、16面
  20. ^ 読売新聞1979年4月30日16面「西武の土井正博外野手(三五)が1000得点」読売新聞縮刷版1979年4月p1140
  21. ^ 読売新聞1979年5月2日17面「巨人が阪神戦500勝」読売新聞縮刷版1979年5月p53
  22. ^ 読売ん新聞1979年5月7日夕刊9面「近鉄・マニエルが通算100号本塁打をスピード達成」読売新聞縮刷版1979年5月p201
  23. ^ 読売新聞1979年5月10日17面「大洋・基が1試合二塁打4本のプロ野球タイ記録」読売新聞縮刷版1979年5月p299
  24. ^ 読売新聞1979年5月12日17面「広島・江夏豊投手(三〇)が2500奪三振」読売新聞縮刷版1979年5月p381
  25. ^ 読売新聞1979年5月17日17面「大洋・平松政次投手(三一)が500試合登板達成」読売新聞縮刷版1979年5月p565
  26. ^ 読売新聞1979年5月21日17面「阪神・真弓がセ・リーグ15人目のサイクル・ヒット」読売新聞縮刷版1979年5月p719
  27. ^ 読売新聞1979年5月24日17面「巨人・柴田勲外野手(三五)が二千試合出場」読売新聞縮刷版1979年5月p843
  28. ^ 読売新聞1979年5月26日17面「巨人・張本勲外野手(三八)が通算400二塁打」読売新聞縮刷版1979年5月p929
  29. ^ 読売新聞1979年5月27日17面「巨人・堀内恒夫投手(三一)が500試合登板」読売新聞縮刷版1979年5月p965
  30. ^ 読売新聞1979年5月27日16面「野村650号 西武"越後路連戦"タイに」読売新聞縮刷版1979年5月p996
  31. ^ 読売新聞1979年5月28日17面「スコット 1日に4発 ヤクルト、阪神を連破」読売新聞縮刷版1979年5月p997
  32. ^ 読売新聞1979年5月30日16面「阪神の若菜嘉晴捕手(二五)が一試合5連続三振のプロ野球新記録」読売新聞縮刷版1979年5月p1074
  33. ^ 読売新聞1979年6月1日17面「巨人・王貞治一塁手(三九)が通算400二塁打」読売新聞縮刷版1979年6月p17
  34. ^ 読売新聞1979年6月1日17面「加藤英が通算200号」読売新聞縮刷版1979年6月p17
  35. ^ 読売新聞1979年6月3日17面「江川、苦闘のデビュー 快調スタート、3発で暗転」読売新聞縮刷版1979年6月p99
  36. ^ 読売新聞1979年6月6日17面「日本ハム・島田誠外野手(二五)が1イニング3盗塁のプロ野球タイ記録」読売新聞縮刷版1979年6月p207
  37. ^ 読売新聞1979年6月10日16面「マニエル、アゴ骨折 5回死球 前期残り試合不能か」読売新聞縮刷版1979年6月p362
  38. ^ 読売新聞1979年6月13日16面「巨人・王貞治一塁手(39)がプロ野球史上初の5500塁打」読売新聞縮刷版1979年6月p470
  39. ^ 朝日新聞1979年6月18日19面「この日の顔 石の上にも14年・・・100勝」朝日新聞縮刷版1979年6月p651
  40. ^ 読売新聞1979年6月21日17面「巨人・シピンが外人としては2人目の1000本安打」読売新聞縮刷版1979年6月p773
  41. ^ 読売新聞1979年6月22日17面「日ハム・行沢と西武・吉岡をトレード」読売新聞縮刷版1979年6月p817
  42. ^ 読売新聞1979年6月24日17面「巨人・石井茂雄投手(四〇)が通算700試合登板」読売新聞縮刷版1979年6月p899
  43. ^ 朝日新聞1979年6月27日17面「近鉄、きわどく前期初優勝 本塁へ一直線返球 平野 南海の勝ち越し阻む」朝日新聞縮刷版1979年6月p999
  44. ^ 【6月26日】1979年(昭54) チーム最大の危機を救った“泣きながら”のバックホーム!”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2008年6月20日). 2015年12月18日閲覧。
  45. ^ 朝日新聞1979年6月27日17面「星野が一〇〇〇奪三振」朝日新聞縮刷版1979年6月p999
  46. ^ 【7月31日】1979年(昭54) “ドンくさい”男がスイッチ転向2年目でプロ野球新記録”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2008年7月28日). 2015年12月18日閲覧。
  47. ^ 読売新聞1979年8月1日19面「シピン通算200号」読売新聞縮刷版1979年8月p19
  48. ^ 読売新聞1979年8月2日19面「巨人・西本投手が一イニング3死球のセ・リーグ新」読売新聞縮刷版1979年8月p53
  49. ^ 読売新聞1979年8月17日17面「ドカンと3発二人 有藤、レオンが快記録 ロッテが大勝」読売新聞縮刷版1979年8月p415
  50. ^ 読売新聞1979年8月17日17面「大洋・松原誠選手(三五)が通算2000試合出場」読売新聞縮刷版1979年8月p415
  51. ^ 読売新聞1979年8月18日19面「広岡監督が突然対団 ヤクルト コーチ更迭に怒る」読売新聞縮刷版1979年8月p585
  52. ^ 毎日新聞1979年8月18Ⅰ14面「広島、首位に躍り出る 4年ぶり"古葉スマイル"」毎日新聞縮刷版1979年8月p494
  53. ^ 読売新聞1979年8月22日19面「ヤクルト・松岡弘投手(三二)が通算1500奪三振」読売新聞縮刷版1979年8月p729
  54. ^ 読売新聞1979年8月23日17面「阪急がパ新の1位イニング連続10得点」読売新聞縮刷版1979年8月p763
  55. ^ 読売新聞1979年8月24日17面「ロッテ・有藤通世内野手(三二)が通算250本塁打」読売新聞縮刷版1979年8月p803
  56. ^ 読売新聞1979年9月3日17面「阪神・竹之内雅史(三四)が200号本塁打」読売新聞縮刷版1979年9月p85
  57. ^ 【9月12日】1979年(昭54) ただ1度だけ!王貞治、21年目の代打本塁打”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2008年9月10日). 2015年12月18日閲覧。
  58. ^ 読売新聞1979年9月19日17面「阪神・江本孟紀投手(三二)がプロ入り100勝を達成」読売新聞縮刷版1979年9月p709
  59. ^ 読売新聞1979年9月20日17面「広島・江夏豊投手(三一)が600試合登板を達成」読売新聞縮刷版1979年9月p745
  60. ^ 読売新聞1979年9月22日17面「西武・野村克也捕手(四四)が史上人目の通算1500得点」読売新聞縮刷版1979年9月p833
  61. ^ 読売新聞1979年9月25日夕刊11面「南海・山内 プロ入り100勝目」読売新聞縮刷版1979年9月p923
  62. ^ 読売新聞1979年10月6日19面「阪急"土壇場アーチ"で後期優勝」読売新聞縮刷版1979年10月p225
  63. ^ 読売新聞1979年10月7日1面「広島、二度目の優勝 セ・リーグ」読売新聞縮刷版1979年10月p243
  64. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 1077 - 1082.
  65. ^ 読売新聞1979年10月17日1面「『パ』近鉄が初優勝 球団創設30年目」読売新聞縮刷版1979年10月p583
  66. ^ 読売新聞1979年10月25日16面「小林、2度目の『沢村賞』 セ最多の22勝 満場一致」読売新聞縮刷版1979年10月p922
  67. ^ 中国新聞1979年11月5日1面「広島、日本シリーズ初優勝 球団創設30年 悲願を達成 近鉄に4勝3敗 全員野球 見事に実る」
  68. ^ 読売新聞1979年11月7日17面「MVP セはセーブ王江夏 パは本塁打王マニエル」読売新聞縮刷版1979年11月p243
  69. ^ 読売新聞1979年11月21日17面「大北(巨人)と成重(西武)交換トレード成立」読売新聞縮刷版1979年11月p771
  70. ^ 読売新聞1979年11月21日17面「球界ルポ プロ厳し、ロッテの成田退団」読売新聞縮刷版1979年12月p179
  71. ^ 読売新聞1979年12月14日17面「柳田らトレード発表」読売新聞縮刷版1979年12月p547
  72. ^ 読売新聞1979年12月18日15面「ハム・永淵ついに引退」読売新聞縮刷版1979年12月p729
  73. ^ 読売新聞1979年12月22日15面「中日代表に鈴木氏」読売新聞縮刷版1979年12月p837
  74. ^ 読売新聞1979年12月25日15面「パ、正式呼称を変更」読売新聞縮刷版1979年12月p937