加藤初

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 初
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県富士市
生年月日 (1949-12-20) 1949年12月20日
没年月日 (2016-12-11) 2016年12月11日(66歳没)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト外
初出場 1972年4月25日
最終出場 1990年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

加藤 初(かとう はじめ、1949年12月20日 - 2016年12月11日)は、静岡県富士市出身のプロ野球選手投手)、野球解説者、野球指導者。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

吉原商業高校から亜細亜大学に進む。入学早々、膝を悪くし、実家近くの信頼ある鍼灸医による治療により回復したが、帰京の際に途中下車して亜細亜大学を中退した友人宅に寄り、大学ではシゴキもあったことから一泊の予定が三週間も滞在してしまい、復学しづらくなって入学後3ヶ月あまりで中退した[1]

社会人野球大昭和製紙へ入社し、4年目にエースとして第42回都市対抗野球大会へ出場。秋の日本産業対抗野球大会では優勝候補の熊谷組を1安打完封して優勝に貢献した[1]。この活躍により、巨人中日ヤクルト南海東映西鉄らのスカウトが訪れたが、大昭和製紙には前年の都市対抗優勝投手の安田猛がおり、会社側が「同時に投手2人は出せない」とプロ側へ表明。1971年のドラフト会議では安田のみが指名され、加藤は指名されなかった[1]。どうしてもプロへ行きたかった加藤はドラフトの数日後、野球部長や社長に辞表を提出するも不受理となり、喧嘩別れのようにして退社。直後、西鉄スカウトの浦田直治が加藤を訪ね、ドラフト会議のリストアップ表を見せて、一番上に加藤が書かれていたが、大昭和製紙の意向で指名を断念し、二重線で名前を消したことを説明した[1]。後にプレーすることになる巨人からも誘いがあったが、高評価であったことが嬉しかったこと、当時弱小だった西鉄の方が登板機会が多いだろうと考えて西鉄を選んだ[1]

現役時代[編集]

1971年ドラフト外で西鉄に入団。当時の西鉄は黒い霧事件のために主力投手が数多く退団して戦力が大きく落ちていた頃で、稲尾和久監督は新人の加藤を東尾修とともに先発ローテーションの柱として起用した。入団初年度の1972年にいきなり17勝を挙げ、同年のオールスターゲームにも選出、新人王に輝いた(記者投票では195票中194票という圧倒的な支持を得た)。以後、身売りするなど経営に苦しむライオンズで東尾とともに投手の二本柱として活躍。

1976年関本四十四玉井信博とのトレードにより伊原春樹と共に巨人に移籍、もともと巨人ファンであった加藤には願ってもない話であった[1]。これは張本勲とともに、同年の巨人の戦力補強の象徴とされている[2][3]。同年4月18日広島東洋カープ戦(広島市民球場)では史上51人目(62度目)のノーヒットノーランを達成。この年15勝4敗の好成績を挙げ、セ・リーグでは正式タイトルではないものの最高勝率を記録、巨人の前年最下位からの優勝に貢献した。

同年オフ、ハワイへの優勝旅行の事前健康診断で、肺門リンパ腫が見つかる。医者から運動を止めるように言われ、球団も背広の仕事を用意したが、本人が現役続行を強く申し出て対外的には肋膜炎と公表。10月10日から1977年6月末まで入院したところ、自然治癒した[1]

1983年5月頃から、日常生活では右手が上がらないという症状が出始める。試合までには治る状態だったが、6月29日の対阪神戦で1安打完封試合をした後から治らなくなった。精密検査をしたところ、右肩の血行障害が見つかり、7月8日に左足の血管を右肩へ移植するバイパス手術を行い、9月9日に一軍へ復帰した[1]

1987年は登板は多くなかったが、加藤が投げれば負けないというジンクスを作り、リーグ優勝に貢献した。同年の日本シリーズでは第1戦にリリーフで登板して勝利投手になっている。

巨人の主力投手として息長く活躍。オールスターゲームにも6度選出され、1989年からは選手兼任コーチも務めた。1990年に大腿の裏側を痛め、二軍の試合で一塁ゴロのベースカバーに入れず、他球団移籍も考えたが、巨人での現役引退を決めた[1]。プロ生活でシーズンを無事に過ごせたのは半年もないほど怪我や血行障害に悩まされたが、西鉄・太平洋-巨人で通算19年間プレーした[1]

引退後[編集]

1991年から1994年まで、フジテレビニッポン放送野球解説者として4年間過ごしたが、あまりしゃべりは得意でなかったと後に振り返っている。

1995年、西武の監督に就任した東尾修の要請[4]で同球団の二軍投手コーチに就任。1998年シーズン途中からは二軍投手コーチに降格となった森繁和の後任として一軍投手コーチを務める。2000年に一旦フロント入りし、2001年に再び一軍投手コーチを務めた。

西武退団後、2004年にはかつての同僚・大田卓司が監督を務める台湾プロ野球La Newベアーズ2005年には韓国プロ野球SKワイバーンズで投手コーチを務めた。2002年2006年は韓国・LGツインズで投手インストラクターを務めていた。

2007年から再び韓国・SKの一軍投手コーチに就任。同年チームの韓国一に貢献し、11月に開催されたアジアシリーズにもコーチとして来日した。翌2008年は球団史上初の2年連続の公式戦優勝、韓国シリーズ優勝に貢献、2010年も公式戦優勝、韓国シリーズ優勝に貢献した。2011年に体調不良[5]で退団。

2016年12月11日、直腸癌のため死去[6]。66歳没。

巨人移籍時の監督だった長嶋茂雄は「1976年にトレードで入団して15勝を挙げ、ノーヒットノーランも達成しました。私が監督1年目だった1975年の最下位から、翌年に初優勝できたのは『初っちゃん(はっちゃん)』の活躍があってのものでした。とにかく球が速く、そして私は『鉄仮面』と呼んだのですが、ピンチでも表情を変えずに投げ抜く姿が印象的でした。先発、リリーフとよく働いてくれて、頼りがいのあるピッチャーでした。韓国のプロ野球でコーチをしていた時から体調が良くないとは聞いていたのですが、こんなに早く亡くなるとは、とても残念です。」[7]、加藤をLG・SK監督時投手コーチで招聘した金星根は「きのう(20日)聞いて驚いた。まだ若いのに寂しい。私がSKの監督を(2011年に)辞めた後、高陽ハンファの監督をやる時にも加藤さんとは一緒にやりたいと思っていたが体調が良くないと聞いて全快するのを待っていた。LGもSKも加藤さんのおかげで若い投手が育った。加藤さんは試合中もあれこれ言うことはなかったが、自分の仕事はしっかりこなす、監督にとって加藤さんは最高の投手コーチだった。」[8]と追悼した。

人物[編集]

現役時代、打たれても抑えてもポーカーフェイスで感情を表に出さないため「鉄仮面」という愛称を付けられたが、根はひょうきんでユーモアある人物である。

巨人時代はマイカー通勤が多いプロ野球界の中で電車通勤をしていた。

当時では珍しいファミコンを趣味にしていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 西鉄
太平洋
48 31 8 2 0 17 16 -- -- .515 1068 246.0 220 33 137 2 9 114 3 0 117 108 3.95 1.45
1973 43 18 5 0 0 8 11 -- -- .421 680 159.2 145 21 77 2 2 90 1 2 83 74 4.16 1.39
1974 34 26 7 3 0 12 12 0 -- .500 787 189.0 144 18 98 4 7 122 2 0 67 62 2.95 1.28
1975 28 21 11 1 2 8 11 0 -- .421 682 157.0 163 14 62 3 2 109 3 0 86 75 4.30 1.43
1976 巨人 46 14 4 1 0 15 4 8 -- .789 696 168.0 141 21 63 2 2 161 8 0 72 69 3.70 1.21
1977 13 8 0 0 0 4 1 3 -- .800 237 55.2 40 8 28 1 1 60 2 0 19 18 2.89 1.22
1978 34 24 4 0 0 8 5 3 -- .615 661 157.0 146 17 64 1 8 114 5 1 70 63 3.61 1.34
1979 36 22 1 0 0 7 10 2 -- .412 596 142.0 124 23 57 2 1 98 1 0 68 63 3.99 1.27
1980 13 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 122 27.0 29 5 16 0 0 19 0 0 18 11 3.67 1.67
1981 30 18 6 0 0 12 6 2 -- .667 652 158.0 133 20 63 7 3 97 2 1 54 51 2.91 1.24
1982 24 17 3 0 0 4 7 0 -- .364 502 121.2 105 9 41 3 3 97 3 1 52 42 3.10 1.20
1983 17 9 2 1 1 8 3 0 -- .727 330 81.1 70 9 30 0 1 46 1 0 27 24 2.66 1.23
1984 25 24 3 1 0 10 7 0 -- .588 648 152.2 140 19 56 5 2 95 3 1 64 57 3.36 1.28
1985 30 21 0 0 0 4 8 3 -- .333 515 123.1 104 17 52 4 4 89 1 0 53 47 3.43 1.26
1986 26 23 4 1 1 14 5 0 -- .737 592 143.2 123 14 45 5 3 93 2 0 51 44 2.76 1.17
1987 19 18 0 0 0 7 1 0 -- .875 392 92.0 93 11 26 0 3 65 2 2 37 31 3.03 1.29
1988 14 10 0 0 0 2 4 0 -- .333 225 55.1 43 8 24 2 1 16 1 0 24 21 3.42 1.21
1989 4 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 38 7.0 10 3 6 1 0 7 0 0 11 10 12.86 2.29
1990 6 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 61 13.2 14 1 5 0 0 8 0 0 4 4 2.63 1.39
通算:19年 490 306 58 10 4 141 113 22 -- .555 9484 2250.0 1987 271 950 44 52 1500 40 8 977 874 3.50 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1976年4月22日、対ヤクルトスワローズ3回戦(後楽園球場)、8回表3死目に達成
  • 1000奪三振:1982年4月21日、対中日ドラゴンズ4回戦(平和台球場)、6回裏に谷沢健一から ※史上64人目
  • 1500投球回数:1982年6月19日、対広島東洋カープ14回戦(広島市民球場)、6回裏2死目に達成
  • 100勝:1983年 6月18日、対横浜大洋ホエールズ12回戦(後楽園球場)、9回3失点完投勝利 ※史上82人目
  • 2000投球回数:1986年7月1日、対ヤクルトスワローズ11回戦(明治神宮野球場)、4回裏1死目に達成
  • 1500奪三振:1990年8月7日、対横浜大洋ホエールズ21回戦(東京ドーム)、9回表に遠藤一彦から ※史上33人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 11 (1972年 - 1975年)
  • 21 (1976年 - 1990年)
  • 84 (1995年 - 1999年、2001年)

関連情報[編集]

著書[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]