小野和幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野 和幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市金足
生年月日 (1962-08-19) 1962年8月19日(55歳)
身長
体重
186 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1980年 ドラフト外
初出場 1981年10月4日
最終出場 1995年5月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

小野 和幸(おの かずゆき、1962年8月19日 - )は、秋田県秋田市[1]金足出身の元プロ野球選手投手)・コーチ監督

経歴[編集]

小学6年の時に野球を始め、高校時代の1年秋からエースとなる[1]1979年秋季東北大会県予選決勝に進出、秋田商高山郁夫と投げ合うが敗退、本大会には進めなかった。翌1980年夏の甲子園県予選では、準決勝まで進むが能代高に敗れる。高校同期に森田実捕手(巨人)がいた。

同年にドラフト外西武ライオンズへ入団[1]。二軍では1981年1983年に最多勝、1984年に最優秀防御率を獲得[1]阪神タイガースとの1985年の日本シリーズでは五戦目に登板するが掛布雅之に3ラン打たれるなど4失点、1回持たず交代敗戦投手。1986年オールスターゲームに出場するなど大いに期待されたが、精神面の弱さから一軍では期待通りの成績を挙げることができなかった。初の規定投球回数到達を果たした1987年オフ、平野謙との交換トレード中日ドラゴンズへ移籍[1]。移籍1年目の1988年、才能が一気に開花。オールスターゲームにも2度目の出場を果たし、シーズンでは18勝を挙げ最多勝などのタイトルを取り、優勝に大きく貢献した。古巣西武との日本シリーズで第一戦目に先発投手を務めるが清原和博に場外ホームラン、石毛宏典にソロホームランを打たれるなど6回4失点で敗戦投手、五戦目も先発投手を務めたが初回にバークレオ、石毛に連続タイムリーで3失点、2回途中で交代、チームも1勝4敗で敗戦。日本シリーズの登板はこれ以降なかった。翌年は開幕投手を務めたが(対大洋戦)敗戦投手になり、それ以降故障などもあり活躍できず、1993年オフに自由契約となった[1]1994年から千葉ロッテマリーンズでプレー(同年、西武時代のトレード相手である平野謙も奇しくも同じくロッテに移籍)し、同年は4勝を挙げる。1995年は未勝利に終わり、同年限りで現役引退[1]

引退後はロッテに残り1998年まで二軍投手コーチ、1999年は一軍投手コーチ、2000年は再び二軍投手コーチ、2001年から2002年まで再び一軍投手コーチ、2003年は三度二軍投手コーチを務めたが同年に解任された[2]2004年には台湾プロ野球統一ライオンズで投手コーチを務めた。2005年からは四国アイランドリーグ徳島インディゴソックスの監督に就任[1]。翌年の2006年9月25日に辞任した。

現役時代、肩が仕上がるまでに70~80球を要するため、典型的な先発タイプの投手だった。

ファーム通算63勝(イースタンで46勝、ウエスタンで17勝)は歴代最多記録。

唇の上にたっぷりと蓄えたヒゲがトレードマーク(1980年代後半から生やし始める)で、しばしば「ヒゲの小野」と呼ばれた(同時期に活躍していた名前の似てる近鉄小野和義がいたため)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 西武 1 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 21 5.0 4 1 0 0 0 1 0 0 3 2 3.60 0.80
1983 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 30 6.1 7 2 3 0 0 5 0 0 4 4 5.68 1.58
1984 8 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 67 15.1 16 3 8 0 0 8 0 0 10 8 4.70 1.57
1985 11 10 1 1 0 3 2 0 -- .600 235 57.1 56 9 12 0 1 37 0 0 28 26 4.08 1.19
1986 20 20 3 0 0 6 5 0 -- .545 500 117.1 116 20 39 1 0 86 0 0 64 59 4.53 1.32
1987 23 20 4 2 2 4 11 0 -- .267 544 130.2 131 15 31 5 1 65 0 0 61 56 3.86 1.24
1988 中日 29 29 4 1 1 18 4 0 -- .818 757 187.0 173 21 44 3 1 106 0 1 56 54 2.60 1.16
1989 21 13 1 0 0 1 8 0 -- .111 378 81.1 108 11 32 3 3 53 0 0 59 56 6.20 1.72
1990 14 12 3 0 0 5 5 0 -- .500 310 71.2 85 12 15 2 2 44 0 0 40 40 5.02 1.40
1992 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 2.2 4 0 1 0 0 1 0 0 1 1 3.38 1.88
1994 ロッテ 15 13 0 0 0 4 4 0 -- .500 294 64.1 74 11 31 0 2 38 3 0 40 36 5.04 1.63
1995 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 5.0 7 1 0 0 0 2 0 0 4 4 7.20 1.40
通算:12年 151 118 16 4 3 43 39 0 -- .524 3168 744.0 781 106 216 14 10 446 3 1 370 346 4.19 1.34
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 13 (1981年、1982年途中 - 1991年)
  • 17 (1982年 - 同年途中)
  • 11 (1992年 - 1993年)
  • 38 (1994年 - 1995年)
  • 72 (1996年 - 2003年、2005年 - 2006年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、132ページ
  2. ^ ロッテ・山本監督が試合前のスタッフ解雇通告に激怒、2003年10月13日、スポーツニッポン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]