ザック・ニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザック・ニール
Zach Neal
埼玉西武ライオンズ #54
Zach Neal 2016.jpg
アスレチックス時代
(2016年9月26日 リングセントラル・コロシアム
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗サウスカロライナ州コロンビア
生年月日 (1988-11-09) 1988年11月9日(31歳)
身長
体重
191 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト17巡目
初出場 MLB / 2016年5月11日
NPB / 2019年4月2日
年俸 7,300万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ザッカリー・シェリダン・ニールZachary Sheridan Neal , 1988年11月9日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州コロンビア出身のプロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。ニックネームは、「ニーリー(Nealy)」。

経歴[編集]

アマチュア時代からプロ入り[編集]

フラワーマウント高校サムヒューストン州立大学ハワード短期大学、そしてオクラホマ大学を経て、2010年MLBドラフトにてドラフト17位でフロリダ・マーリンズから指名されプロ入り。

アスレチックス時代[編集]

2013年シーズン途中、オークランド・アスレチックスとマイナーリーグ契約を結ぶ[1]

2016年5月11日、メジャー昇格[2]。当初は、低いストライク率(3.5)が課題ながら、24試合で6SPとチームに貢献する。その年、2勝4敗2セーブでシーズンを終える。

2017年1月18日、アスレチックスを自由契約となるが、権利を放棄し、3Aナッシュビル・サウンズに所属する[3] [4]。5月24日にメジャー昇格[5]。その年、オプションにより2回ナッシュビルに戻った末、8月16日のシーズン中に解雇される[6]。シーズン終了後にフリーエージェントとなる[7]

ドジャース時代[編集]

2018年1月6日、ロサンゼルス・ドジャースのスプリングトレーニングへの招待を含んだマイナーリーグ契約に署名する[8]。4月3日、メジャー昇格[9]。4月4日に1試合投げたのみで、4月5日にマイナーへ降格となる[10]。4月17日、ドジャースはアリエル・ヘルナンデスと引き換えにニールとイバンデル・イザベルシンシナティ・レッズへトレードした。レッズでは、ルイビルバットに配属された[11]。しかしながら、7月4日、ジェームズ・マリナンアヌリス・ザバラと引き換えにディラン・フローロと国際賞与スペースと共に再びドジャースへトレードとなる[12]。オクラホマシティのDodgers 3Aチームで14試合で出場し(うち11試合は先発)、3勝2敗で防御率4.40を記録した[7] 。10月11日にFAとなる。

西武時代[編集]

2018年11月22日、NPBの埼玉西武ライオンズと契約した[13]

2019年は前年までのエース菊池雄星のMLB移籍などで投手陣が手薄な中、先発投手として起用された。開幕を一軍で迎え4月2日の対千葉ロッテマリーンズ戦で初登板を果たし5回途中2失点の内容で初勝利を挙げた。4月24日に一軍登録を抹消されるも、6月20日に再登録され同日の対中日ドラゴンズ戦では2勝目を挙げたのを皮切りに、6月以降は黒星なしという安定した投球でチームの2年連続リーグ優勝に貢献した。リーグ優勝が懸かった9月24日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で先発を任されると再登録後11連勝となる12勝目を挙げた。外国人投手のシーズン11連勝は史上4人目のタイ記録であり、球団では1983年高橋直樹以来36年ぶり4人目、球団の外国人投手では1988年郭泰源がマークした10連勝を抜き最長となった。この試合は6回3失点とQSを達成し、12-4で西武が勝ち、1997年1998年以来21年ぶりの連覇に貢献した[14]。9月は防御率0.66、4勝0敗、四球0の大活躍で自身初の月間MVPを受賞した。

人物[編集]

オクラホマ大学時代に出逢い、結婚した夫人の父は、テキサス・レンジャーズなどで通算142勝を挙げたボビー・ウィットである[15]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 OAK 24 6 0 0 0 2 4 2 0 .083 281 70.0 72 9 6 0 0 27 2 1 35 33 4.24 1.11
2017 6 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 65 14.2 19 5 1 0 0 10 1 0 13 13 7.98 1.36
2018 LAD 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 5 1.0 2 1 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00
2019 西武 17 17 0 0 0 12 1 0 0 .923 410 100.1 103 8 15 0 6 51 2 1 38 32 2.87 1.18
MLB:3年 31 6 0 0 0 2 4 2 0 .064 351 85.2 93 15 7 0 0 37 3 1 49 47 4.94 1.17
MLB:1年 17 17 0 0 0 12 1 0 0 .923 410 100.1 103 8 15 0 6 51 2 1 38 32 2.87 1.18
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回 (投手部門:2019年9月)

記録[編集]

NPB投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 58(2016年)
  • 36(2017年)
  • 49(2018年)
  • 54(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ LeRoy, Oscar (2013年4月3日). “Rockhounds: Former Howard star Neal hoping to make more baseball memories in Midland”. mrt.com. 2017年1月26日閲覧。
  2. ^ Oakland Athletics [@Athletics] (2016年5月11日). "MOVES: RHP Zach Neal selected; LHP Surkamp recalled; INF Lowrie to 15-day DL (shin contusion); LHP Coulombe optioned; INF Sogard to 60-day DL" (ツイート) – via Twitter.
  3. ^ Todd, Jeff (2017年1月18日). “Athletics Designate Zach Neal”. mlbtraderumors.com. 2017年1月18日閲覧。
  4. ^ Hall, Alex (2017年1月25日). “Zach Neal clears waivers, remains in Oakland A's organization”. Athletics Nation. 2017年1月26日閲覧。
  5. ^ Athletics' Zach Neal: Promoted to majors”. CBS Sports (2017年5月24日). 2017年5月24日閲覧。
  6. ^ Todd, Jeff (2017年8月16日). “Athletics Designate Zach Neal”. mlbtraderumors.com. 2017年8月16日閲覧。
  7. ^ a b Zach Neal Stats, Highlights, Bio”. milb.com. 2017年10月3日閲覧。
  8. ^ Starkand, Daniel (2018年1月6日). “Dodgers Rumors: Zach Neal Agrees To Minor League Contract”. DodgerBlue.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ Stephen, Eric (2018年4月3日). “Zach Neal called up from Triple-A, Josh Fields placed on paternity list”. SB Nation. 2018年4月3日閲覧。
  10. ^ Todd, Jeff (2018年4月5日). “Dodgers Claim Alec Asher, Designate Zach Neal”. MLB Trade Rumors. 2018年4月5日閲覧。
  11. ^ Sheldon, Mark (2018年4月17日). “Reds acquire Minor Leaguers Neal, Isabel”. MLB.com. 2018年4月17日閲覧。
  12. ^ Polishuk, Mark (2018年7月4日). “Dodgers Acquire Dylan Floro, Zach Neal From Reds”. MLB Trade Rumors. 2018年7月4日閲覧。
  13. ^ 西武が新助っ人右腕ニールとの選手契約締結を発表 「ずっと夢見ていたこと」”. Full-count (2018年12月8日). 2019年2月22日閲覧。
  14. ^ “西武8・5差から逆転V 雄星、浅村、炭谷移籍も21年ぶり連覇 打線爆発、ニール助っ人タイ11連勝”. 西日本スポーツ. (2019年9月24日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/545738/ 2019年9月24日閲覧。 
  15. ^ “西武の新外国人右腕、家族がすごかった!義父は世界一投手、義弟は…” (日本語). スポーツニッポン新聞社. (2019年3月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/18/kiji/20190318s00001173295000c.html 2019年3月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]