第42回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第42回都市対抗野球大会(だい42かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1971年7月24日から8月3日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 出場チームは32チーム。うち初出場は札幌市電電北海道のみと、実力と実績を兼ね備えた強豪がひしめく激戦の本大会となった。
  • 2回戦の大阪市電電近畿-大阪市・日本生命戦で、大会史上唯一となる無安打勝利試合が実現した。電電近畿は6回、エラーで出塁したランナーが暴投と捕逸で3塁に進み、スクイズで生還。結局この1点を電電近畿が守り抜き、1-0で勝利。第25回大会で両チーム合計1安打の試合があったが、無安打チームが勝ったのは初(なお、日本生命は4安打)。
  • 打撃戦は少なく、投手戦となる試合が多い中、姫路市新日本製鐵広畑山中正竹三沢淳の2本柱がうまく機能し、接戦続きのトーナメントを制して3年ぶり2度目の優勝。また小野賞は新日鐵広畑の高卒ルーキーバッテリー、三沢淳投手と中山拓郎捕手に贈られた。小野賞が個人2人に贈られるのは史上初。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電近畿 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:和田 敗:加藤

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 2 0 0 0 0 1 0 3 6
日本生命 3 0 0 0 0 1 3 0 X 7

勝:利光 敗:吉田 本:鈴木(日生)、植松、岡庭(以上河合)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
クラレ岡山 0 0 0 0 2 2 0 0 0 4
電電関東 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2

勝:松浦 敗:若宮 本:竹井、林田(以上岡山)、須藤(関東)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
盛岡鉄道管理局 0 1 0 2 1 1 0 4 0 9
九州産交 0 1 0 0 1 0 1 0 0 3

勝:堀江 敗:長嶺 本:小林(九州)、佐藤隆(盛岡)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 6 5 0 0 0 0 11
東洋紡岩国 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2

勝:黒沢 敗:斎藤数

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱名古屋 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
電電東京 0 1 0 0 0 4 0 0 X 5

勝:松浦 敗:神吉 本:尾崎、石井(以上東京)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 0 2 1 0 0 1 4
新日鐵八幡 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0

勝:久保田 敗:後藤

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三協精機 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3
新日鐵室蘭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:美川 敗:財前

  • 第9試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 0 5 2 0 5 0 12
西川物産 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:渡辺 敗:山崎 本:内田(日立)

  • 第10試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電東北 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
鐘淵化学 0 3 0 0 0 1 0 0 X 4

勝:井本 敗:大石 本:吉田(東北)

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
西濃運輸 0 2 0 2 0 0 0 0 0 4
電電北海道 0 0 0 3 0 0 0 0 2x 5

勝:柳 敗:柴田

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本楽器 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2
丸善石油 2 0 0 0 0 0 0 0 2x 4

勝:久玉 敗:森永 本:河野(丸善)

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車川崎 0 0 1 0 0 2 0 0 1 4
新日鐵広畑 2 0 4 2 0 0 1 0 X 9

勝:山中 敗:池田 本:白滝(広畑)、青山(川崎)

  • 第14試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
小西酒造 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
本田技研 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:若林 敗:河本

  • 第15試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
いすゞ自動車 1 0 2 0 1 1 0 0 X 5

勝:豊田 敗:福間

  • 第16試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車京都 0 0 1 2 4 1 0 0 0 8
リッカーミシン 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:谷尾 敗:安藤 本:島原、新井(以上京都)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
電電近畿 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1

勝:和田 敗:小弓場
※電電近畿は大会史上初の無安打勝利を達成。

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 1 0 5 0 1 0 1 0 8
盛岡鉄道管理局 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:久玉 敗:瀬戸

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車京都 1 0 0 0 0 0 0 2 0 3
いすゞ自動車 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:山中 敗:矢形 本:渡辺(いすゞ)

  • 第4試合-延長14回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
日本石油 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2
電電東京 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:黒沢 敗:内田 本:富永(東京)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三協精機 1 2 0 0 0 1 1 3 0 8
電電北海道 3 1 0 0 0 0 0 3 0 7

勝:渡辺 敗:佐藤 本:古川(北海道)、美川(三協)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 2 0 1 0 1 0 4
クラレ岡山 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2

勝:久保田 敗:加来

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 0 0 0 2 0 0 0 2 0 4
日立製作所 2 4 0 0 0 0 2 0 X 8

勝:渡辺 敗:柏木 本:石井、小野寺、岡安(以上日立)、大河(鐘淵)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
小西酒造 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日鐵広畑 0 0 0 0 1 0 1 2 X 4

勝:山中 敗:若林

準々決勝[編集]

  • 第1試合-延長12回規定により引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
熊谷組 0 1 2 0 0 0 1 0 0 0 0 0 4
電電近畿 0 0 0 1 0 1 0 0 2 0 0 0 4
  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 0 0 2 0 2 0 0 0 4
日本石油 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:久玉 敗:奥江 本:山下(丸善)

  • 第1試合再試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
電電近畿 0 0 0 3 0 2 0 1 X 6

勝:加納 敗:久保田 本:今西2(近畿)、伊藤(熊谷組)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車京都 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
三協精機 0 1 0 0 0 0 0 1 X 2

勝:美川 敗:山中 本:柳瀬(三協)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日鐵広畑 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1

勝:山中 敗:渡辺

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電近畿 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
丸善石油 4 0 0 1 1 0 0 0 X 6

勝:久玉 敗:和田

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三協精機 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日鐵広畑 0 0 0 2 5 0 0 0 X 7

勝:山中 敗:渡辺 本:佐々木2、中山(以上広畑)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
新日鐵広畑 0 2 0 0 0 1 3 0 X 6

勝:三沢 敗:久玉
(新日鐵広畑は3年ぶり2回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 佐々木恭介一塁手(新日鐵広畑)
  • 久慈賞 久玉清人投手(丸善石油)
  • 小野賞 三沢淳投手、中山拓郎捕手(以上新日鐵広畑)
  • 10年連続出場表彰選手
下田鎮男外野手(松下電器)
長井征一内野手(電電近畿)
高畑武雄投手(日本生命)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 日立製作所
    • 優秀賞 三協精機、新日鐵広畑
    • 敢闘賞 盛岡鉄道管理局、丸善石油
    • 特別賞 該当なし