第65回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第65回都市対抗野球大会(だい65かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1994年7月22日から8月1日まで東京ドームで開催された都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 32チーム中、ヤオハンジャパンシダックス日産自動車九州の3チームが初出場を決めた。一方、プリンスホテルの本大会連続出場が11年で途絶えた。
  • シダックス、ニコニコドーに加入したキューバ人選手が補強も含め5人出場、初めて都市対抗の舞台にアマチュア最強国のプレーヤーが登場した。
  • 開幕戦で前年優勝の日本石油が敗れた。これで推薦出場の前年優勝チームは4年連続1回戦敗退となった。また、日本石油も含めて日産自動車東芝いすゞ自動車の4チームがいずれも1回戦敗退。神奈川勢の初戦全滅は44年ぶりの出来事。
  • 東京ドームへの順応も進み、相変わらず打高投低のゲームも多い中、好投手も続出。大会は打撃陣と投手陣のかみ合いがうまく回った本田技研鈴鹿と突出した投手力を誇る西濃運輸がそれぞれ初の決勝進出を果たした。史上初の東海勢同士の決勝は本田技研鈴鹿が制し、初優勝を飾った。
  • 西濃運輸の杉山孝一内野手(新日鐵名古屋から補強)は今大会で4本塁打を放ち、従来の個人通算本塁打記録(12本-丹波健二内野手(東芝→千葉ロッテマリーンズ))を塗り替える通算14本の本塁打をマークした。この記録は2012年現在も破られていない。

出場チーム[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
日本石油 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:渡部 敗:松嶋 本:田中(新薬)

  • 第2試合(7月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
北陸銀行 0 0 2 0 1 0 0 2 0 5
NTT四国 0 0 1 0 1 0 0 0 0 3

勝:竹島 敗:杉山 本:木村弘、田中2(以上北銀)

  • 第3試合(7月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 0 2 0 3 0 0 0 5
NTT関東 2 0 2 0 0 0 0 0 0 4

勝:足達 敗:黒川 本:松本(NTT)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士重工業 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
日産自動車九州 0 0 1 0 0 3 0 0 X 4

勝:藤井 敗:俵

  • 第5試合(7月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 2 0 0 2 0 0 3 0 7
東芝 1 0 0 0 1 1 0 0 0 3

勝:田中 敗:岡本 本:野沢(ヤマハ)、多田(東芝)

  • 第6試合(7月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 0 0 1 0 0 0 0 1 2 4
松下電器 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:北島 敗:日紫喜 本:長友(府中)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤオハンジャパン 2 3 0 2 0 1 1 0 0 9
いすゞ自動車 2 2 0 2 0 0 0 1 0 7

勝:野末 敗:二宮 本:大西2、中山恵(以上ヤオハン)、峯山、唐真(以上いすゞ)、石黒(ヤオハン)

  • 第8試合(7月24日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
NTT東北 1 0 0 5 0 1 2 0 1 0 10
本田技研鈴鹿 0 1 0 0 1 3 4 1 0 1x 11

勝:森 敗:山田 本:近藤(鈴鹿)、三瓶(NTT)、旗手(鈴鹿)

  • 第9試合(7月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT九州 0 0 0 0 0 1 0 1 1 3
川崎製鉄千葉 0 1 0 1 0 2 2 2 X 8

勝:松田大 敗:海老名 本:ハリソン、松田訓(以上川鉄千葉)、矢野(NTT)

  • 第10試合(7月25日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
たくぎん 4 0 1 5 0 0 2 12
NKK 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:萩原 敗:古賀 本:横山、酒井2、田中、小沢(以上たくぎん)

  • 第11試合(7月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運名古屋 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2
ヨークベニマル 1 0 0 0 1 0 3 2 X 7

勝:高橋 敗:山田 本:鵜飼(名古屋)、森山(ヨーク)

  • 第12試合(7月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 1 0 1 0 0 1 0 0 3
三菱重工三原 0 1 0 0 0 0 0 2 1x 4

勝:岩田 敗:川尻 本:早川(日産)、益田、児馬(以上三菱三原)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属鹿島 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
西濃運輸 3 0 0 0 0 1 0 2 X 6

勝:岩崎 敗:田本 本:杉山2、硯2(以上西濃)

  • 第14試合(7月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT北海道 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
川崎製鉄神戸 4 0 0 0 0 0 3 2 X 9

勝:豊田 敗:高橋 本:池本(NTT)、鈴木(川鉄神戸)

  • 第15試合(7月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
シダックス 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3
大阪ガス 0 0 0 1 2 0 2 0 X 5

勝:坂本 敗:滝口 本:佐藤(シダックス)、中西、山本2(以上大ガス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東京 0 4 0 3 0 0 0 1 0 8
日本生命 4 0 1 1 0 0 0 0 0 6

勝:古谷 敗:赤井 本:仁志(日生)、中村(NTT)、梶田(日生)、長堀(NTT)

2回戦[編集]

  • 第1試合(7月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
北陸銀行 0 2 0 0 0 2 0 0 0 4
日本新薬 1 1 1 0 2 0 0 0 X 5

勝:渡部 敗:佃 本:長谷川(北銀)

  • 第2試合(7月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
日産自動車九州 0 0 3 0 0 0 0 1 X 4

勝:西村 敗:足達 本:小川(日産九州)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 2 3 0 0 0 2 7
東芝府中 0 1 0 1 0 2 3 3 X 10

勝:斉藤 敗:藤本泰 本:長谷部(ヤマハ)、宮本(府中)、小林(ヤマハ)

  • 第4試合(7月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研鈴鹿 2 0 0 1 2 3 0 1 0 9
ヤオハンジャパン 0 1 0 0 0 1 1 0 0 3

勝:黒木 敗:田中 本:近藤(鈴鹿)、原(ヤオハン)

  • 第5試合(7月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 0 0 0 0 7 0 0 3 2 12
たくぎん 5 2 1 0 0 0 0 3 0 11

勝:松田大 敗:戸村 本:横山(たくぎん)、松田訓、斎藤、ハリソン(以上川鉄千葉)

1 2 3 4 5 6 7
ヨークベニマル 0 5 0 0 3 3 0 11
三菱重工三原 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:高橋 敗:朝間 本:森山2、黒木(以上ヨーク)

  • 第7試合(7月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
西濃運輸 1 0 0 0 0 0 3 1 1 6
川崎製鉄神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:中ノ瀬 敗:豊田 本:藤井(西濃)

  • 第8試合(7月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東京 0 2 0 0 0 0 3 0 1 6
大阪ガス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:石平 敗:芝崎 本:荒木、藤嶺(以上NTT)、俣瀬(大ガス)、斉藤(NTT)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 2 1 0 3 0 0 0 6
日産自動車九州 0 0 0 1 1 0 1 0 1 4

勝:渡部 敗:藤井 本:松本(新薬)、小川、村上和(以上日産九州)

  • 第2試合(7月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研鈴鹿 7 0 0 1 0 1 1 0 2 12
東芝府中 0 1 1 2 1 0 0 1 0 6

勝:森 敗:竹内 本:旗手(鈴鹿)、奥村2、大友(以上府中)、斉本、萩尾(以上鈴鹿)

  • 第3試合(7月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヨークベニマル 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
川崎製鉄千葉 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1

勝:須合 敗:平松 本:高岡(川鉄千葉)

  • 第4試合(7月30日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
NTT東京 0 0 0 0 1 0 0 1
西濃運輸 0 0 5 0 0 2 4x 11

勝:岩崎 敗:佐藤 本:硯、杉山、吉竹、鈴木康(以上西濃)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 1 0 0 3 0 1 0 5
本田技研鈴鹿 0 0 0 1 0 1 2 2 X 6

勝:森 敗:遠野 本:與本(鈴鹿)

  • 第2試合(7月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
西濃運輸 0 0 1 0 1 0 0 4 X 6

勝:中ノ瀬 敗:松田大 本:吉竹2、横井、杉山(以上西濃)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西濃運輸 0 0 0 0 0 0 1 2 0 3
本田技研鈴鹿 0 0 0 2 0 3 0 0 X 5

勝:甲元 敗:岩崎 本:吉竹(西濃)
(本田技研鈴鹿は初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 森昌彦投手(本田技研鈴鹿(NTT東海))
  • 久慈賞 中ノ瀬幸泰投手(西濃運輸)
  • 小野賞 杉山孝一内野手(西濃運輸(新日鐵名古屋))
  • 若獅子賞 鯉渕一彦内野手(本田技研鈴鹿)
  • 首位打者賞 高橋徹中堅手(西濃運輸)
  • 打撃賞 與本敏弘右翼手(本田技研鈴鹿)
  • 大会優秀選手
    • 投手
    森昌彦(本田技研鈴鹿(NTT東海))
    中ノ瀬幸泰(西濃運輸)
    岩崎充宏(西濃運輸(新日鐵名古屋))
    渡部信(日本新薬)
    松田大(川崎製鉄千葉)
    高橋孝治(ヨークベニマル)
    • 捕手
    萩尾宏治(本田技研鈴鹿(王子製紙春日井))
    藤井省二(川崎製鉄千葉)
    • 一塁手
    近藤博一(本田技研鈴鹿)
    奥村伸一(東芝府中(プリンスホテル))
    松田訓(川崎製鉄千葉(日本通運))
    • 二塁手
    吉竹正(西濃運輸)
    石橋幹彦(日本新薬)
    旗手浩二(本田技研鈴鹿)
    • 三塁手
    鯉渕一彦(本田技研鈴鹿)
    長沢和彦(日本新薬)
    橋本哲也(西濃運輸(NTT東海))
    • 遊撃手
    上村匡史(日本新薬)
    藤嶺典優(NTT東京(JR東日本))
    • 外野手
    吉田昭二(東芝府中)
    高橋徹(西濃運輸)
    松本安司(日本新薬(三菱自動車京都))
    與本敏弘(本田技研鈴鹿)
    小川正洋(日産自動車九州)
    硯昌己(西濃運輸)
    服部誠(NTT東京)
    高岡雅人(川崎製鉄千葉)
    • 指名打者
    杉山孝一(西濃運輸(新日鐵名古屋))
    森山記志生(ヨークベニマル)
  • 10年連続出場表彰選手
松本安司外野手(日本新薬(三菱自動車京都))
長崎徳好捕手(富士重工業)
和久井勇人外野手(富士重工業(日立製作所))
杉山孝一内野手(西濃運輸(新日鐵名古屋))
山口敏弘内野手(新日鐵広畑(三菱重工神戸))
村上文敏内野手(NKK)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 川崎製鉄千葉
    • 優秀賞 NTT東京
    • 敢闘賞 本田技研鈴鹿
    • 特別賞 西濃運輸