第5回全日本都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第5回全日本都市対抗野球大会(だい5かいぜんにほんとしたいこうやきゅうたいかい)は、1931年8月4日から8月9日まで明治神宮野球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 参加チームは前回大会と同じく15チーム。うち初出場は富山紡績1チーム。
  • 大会の盛り上がりは回を重ねるごとに大きくなり、「労働スポーツの花形大会」と評されるに至った。時の若槻禮次郎内閣総理大臣は、開会式に「赫赫烈日の下、堂々覇を争うは日本男子の本懐これに過ぎず、諸君は相互に運動精神を尊重し、フェアプレーを終始され、本大会の使命を完(まっと)うされんことを希望する」とのメッセージを寄せた。
  • 大会を制したのは前回に続き東京倶楽部。東京六大学のスター選手を貪欲に補強し、初戦こそ僅差で制したが、2回戦以降は打線が火を噴き、2連覇を達成した。

出場チーム[編集]

  • 大阪市・全大阪(5年連続5回目)
  • 神戸市・全神戸(5年連続5回目)
  • 呉市・全呉(2年ぶり4回目)
  • 八幡市・八幡製鉄(3年ぶり2回目)
  • 大連市・満州倶楽部(3年連続4回目)
  • 京城府・竜山鉄道局(4年ぶり2回目)
  • 台北市・台北交通団(2年連続2回目)

大会[編集]

1回戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全呉 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
東京倶楽部 0 0 0 0 1 0 0 1 x 2
  1. : 中村  : 迫田  
  • 第2試合(8月4日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
竜山鉄道局 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2
台北交通団 1 3 0 0 0 3 5 0 x 12
  1. : 渡辺  : 安口  
  • 第3試合(8月4日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全大阪 2 2 0 0 0 0 1 3 0 8
富山紡績 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 黒田  : 大島  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
八幡製鉄 0 1 0 1 0 0 0 0 0 1
満州倶楽部 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
  1. : 大岡  : 浜崎  
  2. :  満 – 片岡
  • 第5試合(8月5日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全神戸 0 0 6 1 0 0 0 0 0 7
全京都 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
  1. : 森口  : 手塚  


  • 第6試合(8月5日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全横浜 1 0 0 7 1 1 0 3 0 13
高陽倶楽部 0 0 0 0 1 3 0 0 0 4
  1. : 多瀬  : 山本栄  
  2. :  高 – 山本栄
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
函館太洋倶楽部 0 1 0 0 0 0 1 2 0 4
名古屋鉄道局 1 2 0 0 0 2 0 0 x 5
  1. : 武田  : 奥野  


2回戦[編集]

  • 第1試合(8月6日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
仙台鉄道局 0 0 0 0 0 3 0 1 0 4
東京倶楽部 0 2 1 0 0 3 2 0 x 8
  1. : 宮武  : 五十嵐  
  • 第2試合(8月6日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全大阪 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
台北交通団 0 0 2 2 0 2 0 0 x 6
  1. : 渡辺  : 鶴田  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全神戸 0 0 0 1 0 1 1 1 1 5
八幡製鉄 0 3 0 5 1 0 2 0 x 11
  1. : 大岡  : 森口  
  • 第4試合(8月7日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
名古屋鉄道局 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
全横浜 0 0 2 0 0 0 1 0 x 3
  1. : 多瀬  : 清田  

準決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東京倶楽部 0 0 2 0 0 0 3 0 4 9
台北交通団 0 1 0 0 1 0 1 2 0 5
  1. : 宮武  : 渡辺  
  • 第2試合(8月8日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
八幡製鉄 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3
全横浜 1 0 0 4 4 0 0 0 x 1
  1. : 鈴木  : 大岡  

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全横浜 0 0 3 2 0 0 1 0 0 6
東京倶楽部 0 0 1 2 5 0 0 4 x 12
  1. : 永井  : 富士川  
  2. :  東 – 宮武
  3. (東京倶楽部は2年連続2回目の優勝)