第59回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第59回都市対抗野球大会(だい59かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1988年7月28日から8月7日まで東京ドームで開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • この年から会場が後楽園球場から東京ドームに移り、ドーム人気も手伝って、満員札止めとなる試合が続出。大会通算観客動員記録は第53回大会の35万7000人だったが、今大会は76万3000人と記録を倍増させた。
  • 初出場は仙台市日本たばこ君津市新日鐵君津横浜市三菱重工横浜の3チーム。このうち日本たばこ、三菱重工横浜は8強入りして台風の目となった。
  • 天井知らずで伸び続けていたホームラン数だったが、空調のきいたドームで試合をするようになり、投手のスタミナ配分がうまくできるようになったか、あるいは「ホームランが出にくい」との評判に気圧されたか、大会通算ホームラン数は55本にとどまった。
  • その中でドーム大会初代王者となったのは川崎市東芝。前回(第54回大会)優勝後、準優勝に泣くこと2回、3度目のチャレンジで3度目の黒獅子旗を手にした。橋戸賞は打撃とともに卓越したリードで投手陣を引っ張った高見泰範捕手が獲得。捕手の橋戸賞は第10回大会の井野川利春捕手(北九州市門司鉄道局)以来52年ぶり。また、堺市新日鐵堺野茂英雄投手がその独特なフォームで次々に三振を奪うほか、2回戦では延長17回を投げきる鮮烈なデビューを果たし、若獅子賞を獲得した。
  • この年から文京ケーブルネットワーク(現・東京ケーブルネットワーク)を通して文京区のサービス提供地域で全試合生放送が行われた。(決勝は従来に同じくNHK総合テレビジョンと並列で生中継)

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東海 1 0 0 2 0 0 0 0 1 4
ヤマハ 3 3 0 0 3 0 1 0 X 10

勝:西村 敗:森下 本:加藤健、清水(JR東海)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
NTT信越 0 0 0 0 0 0 0 3 X 3

勝:北沢 敗:宮内

  • 第3試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
日本たばこ 0 0 0 0 1 0 0 0 2 1 4
NTT中国 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3

勝:石崎 敗:石川 本:若松(中国)、若槻、曲山(以上たばこ)

  • 第4試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
熊谷組 1 0 2 0 0 0 0 0 0 4 7
日産自動車 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 3

勝:谷津田 敗:石田

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT四国 2 0 0 0 0 0 4 0 0 6
新日鐵君津 0 1 0 0 0 1 0 0 3 5

勝:渡辺 敗:硲 本:三好(四国)、伊藤、長井(以上君津)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研 0 0 0 0 1 0 0 3 0 4
NTT東北 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2

勝:中屋 敗:大倉 本:雨堤、金子(以上本田)、大竹(東北)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 0 0 0 1 0 3 0 1 5
日本新薬 0 0 1 0 1 0 1 1 0 4

勝:保戸田 敗:阪本 本:遠野(新薬)、丹波(東芝)、岡田(新薬)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
松下電器 1 0 1 3 0 0 0 3 X 8

勝:潮崎 敗:酒井

  • 第9試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東京 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
新日鐵堺 1 0 0 1 0 0 0 1 X 3

勝:野茂 敗:鍋島 本:馬場、佐藤(以上堺)

  • 第10試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
北海道拓殖銀行 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
NTT東海 2 0 0 1 0 0 3 0 X 6

勝:上原 敗:吉田修 本:沢田(NTT東海)

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工三原 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大昭和製紙北海道 0 1 0 0 0 2 0 0 X 3

勝:渡部 敗:金広 本:酒井(北海道)

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT九州 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
本田技研鈴鹿 3 0 0 0 0 0 1 1 X 5

勝:塩崎 敗:安武 本:杉山2(鈴鹿)、山本、端山(以上九州)

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工横浜 0 0 0 3 2 0 0 1 0 6
ニコニコドー 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:小山田 敗:林文 本:田中(横浜)

  • 第14試合-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
大阪ガス 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 1 4
プリンスホテル 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3

勝:松谷 敗:末木 本:小川、石井浩(以上プリンス)、中西、折原、内田(以上大ガス)

  • 第15試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士重工業 0 1 0 2 0 0 0 0 0 3
大昭和製紙 1 0 4 1 0 0 2 1 X 9

勝:金沢 敗:泉 本:村田(富士重)

  • 第16試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
河合楽器 0 0 3 0 1 0 0 0 X 4

勝:平田 敗:足達 本:村瀬(河合)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本たばこ 0 1 1 0 2 0 1 0 0 5
ヤマハ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:郭 敗:西村 本:寺嶋、曲山、林(以上たばこ)

  • 第2試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
本田技研 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
河合楽器 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 2

勝:平田 敗:中屋 本:上中(河合)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT四国 0 0 1 1 0 0 1 0 0 3
熊谷組 0 0 0 2 0 0 5 0 X 7

勝:田辺 敗:渡辺 本:黒木(熊谷組)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT信越 1 0 0 0 0 0 0 2 0 3
三菱重工横浜 5 0 0 0 1 0 3 1 X 10

勝:小山田 敗:北沢 本:土居(信越)、田中(横浜)、横井(信越)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研鈴鹿 0 0 0 1 2 1 0 3 1 8
東芝 4 1 0 3 0 0 0 1 X 9

勝:三原 敗:原田 本:鈴木(東芝)、杉山、岡崎(以上鈴鹿)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
NTT東海 0 0 0 2 0 0 0 0 X 2

勝:上原 敗:潮崎

  • 第7試合-延長17回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
新日鐵堺 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1x 2

勝:野茂 敗:金沢

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 5 0 1 0 0 0 0 0 0 6
大阪ガス 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2

勝:渡部 敗:萩原 本:平(北海道)

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 1 0 4 0 1 0 1 1 2 10
日本たばこ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:鈴木哲 敗:柳畑 本:森山、向山、宮崎(以上熊谷組)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工横浜 2 1 0 0 0 0 3 0 4 10
NTT東海 3 1 0 0 6 0 1 0 X 11

勝:今野 敗:岡田 本:清家(横浜)、松本(NTT東海)、細谷(横浜)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵堺 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3
東芝 1 2 0 1 1 2 0 0 X 7

勝:菊池 敗:野茂

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 1 3 0 0 0 0 0 0 4
大昭和製紙北海道 0 1 1 1 0 2 0 0 X 5

勝:浅川 敗:平田 本:阿相2(北海道)

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
NTT東海 0 0 0 0 0 1 1 0 3x 5

勝:上原 敗:谷津田 本:森山(熊谷組)、湯之戸(NTT東海)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 0 0 0 0 0 1 0 1 1 3
東芝 2 2 2 1 0 0 0 0 X 7

勝:三原 敗:渡部 本:前田(東芝)、阿相(北海道)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東海 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
東芝 1 0 0 0 0 0 0 1 1x 3

勝:三原 敗:上原
(東芝は5年ぶり3回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 高見泰範捕手(東芝)
  • 久慈賞 上原勝男投手(NTT東海(NTT北陸))
  • 小野賞 横浜市・三菱重工横浜チーム
  • 若獅子賞 平田幸夫投手(河合楽器)、野茂英雄投手(新日鐵堺)
  • 10年連続出場表彰選手
小林彰外野手(北海道拓殖銀行(NTT北海道))
武居邦生内野手(ヤマハ)
湯之戸孝修内野手(NTT東海)
大本二郎捕手(松下電器)
羽二生俊之内野手(三菱重工三原(NKK))
若松茂樹内野手(NTT中国(三菱重工広島))
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 東芝
    • 優秀賞 熊谷組
    • 敢闘賞 大阪ガス、松下電器
    • 特別賞 NTT東海