第44回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第44回都市対抗野球大会(だい44かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1973年7月27日から8月7日後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 今回も32チームが本大会に参加。そのうち初出場は仁賀保町TDK福山市日本鋼管福山松山市・伊予銀行の3チーム。
  • ベスト4に関東地区のチームが勢揃いする「東高西低」の大会となった。決勝戦は互いに初優勝を狙う横須賀市日産自動車川崎市日本鋼管の神奈川県対決となったが、日本鋼管の“ハガネ打線”が準決勝・決勝と火を噴いて日産を一蹴。初の黒獅子旗を手にした。
  • この大会から新人賞にあたる若獅子賞が創設された。受賞資格は大卒選手は1年目、高卒選手は1年目・2年目の選手であること。若獅子賞第1号受賞者は、チーム初のベスト8入りに貢献した白老町大昭和製紙北海道中山俊之投手。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本楽器 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:池谷 敗:利光 本:鈴木憲(日生)

  • 第2試合-延長15回規定により引き分け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
大昭和製紙北海道 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
住友金属 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱名古屋 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
日本通運 0 0 0 0 0 3 1 0 X 4

勝:若宮 敗:神吉 本:板倉、関東(以上日通)

  • 第4試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
電電近畿 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
熊谷組 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:和田 敗:久保田 本:角田(近畿)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電九州 0 5 0 3 0 2 0 0 2 12
TDK 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:長嶺 敗:野村 本:倉石(TDK)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鋼管福山 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本軽金属 1 1 0 0 0 0 0 1 X 3

勝:戸塚隆 敗:田村

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日産自動車 0 0 0 0 0 3 1 1 X 5

勝:藤田 敗:山口高 本:倍賞(日産)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鉱業佐賀関 1 1 1 0 0 0 0 0 0 3
電電東京 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:萩野 敗:松浦 本:江口(佐賀関)

  • 第2試合再試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大昭和製紙北海道 0 1 0 0 0 0 0 0 X 1

勝:中山 敗:光内

  • 第9試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三協精機 1 0 0 0 2 2 0 0 0 5
西川物産 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:大塚 敗:山崎

  • 第10試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
日立製作所 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
電電中国 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:佐藤 敗:若松

  • 第11試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3
西濃運輸 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:黒沢 敗:柴田

  • 第12試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 0 0 1 1 0 6 0 2 10
盛岡鉄道管理局 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:久玉 敗:瀬戸 本:山下2(丸善)

  • 第13試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電北海道 0 0 0 0 1 0 2 1 1 5
伊予銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:柳 敗:横松

  • 第14試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
鷺宮製作所 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:久保 敗:安藤

  • 第15試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鋼管 0 2 0 1 1 0 0 0 0 4
大丸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:古屋 敗:清水 本:福崎(鋼管)

  • 第16試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
小西酒造 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:若林 敗:山根 本:渡辺(大昭和)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鉱業佐賀関 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3
日産自動車 0 4 0 0 0 0 0 1 X 5

勝:長谷川 敗:萩野 本:佐伯(佐賀関)、須藤(日産)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 0 1 0 0 0 0 0 3 0 4
日本楽器 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2

勝:中山 敗:池谷 本:我喜屋(北海道)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
小西酒造 0 0 1 0 1 2 0 0 0 4
電電北海道 0 0 1 0 0 2 0 0 0 3

勝:若林 敗:山口

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電九州 1 0 0 0 0 0 1 1 1 4
日本軽金属 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:長嶺 敗:戸塚隆

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 1 0 0 0 5 0 0 0 0 6
電電近畿 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:佐藤昭 敗:加納 本:角田(近畿)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 0 0 0 2 0 1 0 2 5
三協精機 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3

勝:久玉 敗:大塚 本:水中、永田、浦下(以上丸善)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
日立製作所 0 3 0 0 0 0 0 2 X 5

勝:佐藤 敗:黒沢 本:佐藤、岡安(以上日立)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日本鋼管 0 0 0 0 0 2 0 0 X 2

勝:上岡 敗:久保 本:細矢、福崎(以上鋼管)

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2
日本通運 0 0 0 0 0 3 0 0 X 3

勝:若宮 敗:中山 本:斎藤(北海道)、前田(日通)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
電電九州 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
日産自動車 2 2 1 0 0 0 0 0 X 5

勝:長谷川 敗:長嶺 本:須藤(日産)

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
日立製作所 2 0 0 0 0 0 0 0 X 2

勝:佐藤 敗:久玉 本:浦下(丸善)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鋼管 2 2 0 0 0 0 3 0 0 7
小西酒造 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3

勝:池田 敗:若林 本:上村(小西)
※日本鋼管・内藤博遊撃手は1試合5盗塁の大会記録を樹立

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 0 0 0 0 0 3 0 1 0 4
日産自動車 0 0 2 0 0 0 0 2 1x 5

勝:樋口 敗:若宮

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鋼管 4 0 3 0 0 6 0 0 0 13
日立製作所 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:古屋 敗:佐藤 本:宇賀山2(鋼管)、山田(日立)、鈴木博、佐々木(以上鋼管)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本鋼管 0 0 0 3 1 0 2 5 0 11
日産自動車 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2

勝:古屋 敗:河本 本:鈴木博(鋼管)、杉山(日産)
(日本鋼管は初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 宇賀山徹一塁手(日本鋼管
  • 久慈賞 須藤和彦捕手(日産自動車)
  • 小野賞 内藤博遊撃手(日本鋼管)
  • 若獅子賞 中山俊之投手(大昭和製紙北海道)
  • 10年連続出場表彰選手
中川隆道捕手(日本通運)
加嶋和彦外野手(日本生命)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 日産自動車
    • 優秀賞 日立製作所、日本鋼管
    • 敢闘賞 TDK
    • 特別賞 該当なし
    • 努力賞 大昭和製紙北海道