第23回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第23回都市対抗野球大会(だい23かいとしたいこうやきゅうたいかい)は1952年8月3日から8月11日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • この年から前年優勝チームは予選免除の代わりとして、補強選手を選出することができないこととなった。これを受け、前回大会優勝の全鐘紡は推薦出場権を返上し、予選からの出場を選んだ。
  • そのため、本大会は19チームで争われた。優勝は推薦出場権を返上した全鐘紡。現在でも大会記録となっている3連覇を達成した。橋戸賞は昨年に続き日本生命から補強された松井実選手。長らく2年連続橋戸賞受賞者は現れなかったが、第84回大会2013年)で大城基志投手(JX-ENEOS)が2年連続橋戸賞を獲得した。
  • この大会から、久慈賞の前身として設けられていた殊勲賞が久慈賞とは別に設けられ、この大会では9選手が選出された。
  • 大会直前にアジア野球連盟から「アジア野球連盟パーソン杯」が寄贈された。チャールズ・パーソンは当時の連盟会長を務めたフィリピン人で、杯はこの大会から第85回大会(2014年)まで優勝チームに授与され、2015年に大会本部から日本野球連盟へ返還された後に野球殿堂博物館に寄贈された。
  • 企業チームによる出場が多くなった頃から、応援合戦が名物になりつつあった。この大会から後楽園のスタンドに応援台が設けられ、現在に至るまでの応援スタイルが確立されていった。
  • 第21回大会後に行われた日米間のアマチュア対抗戦が、今大会後にも行われた。「第2回アマチュア野球世界選手権」と名づけられた大会(4戦先勝)で日本チームは全鐘紡を中心に25選手が選ばれ、全米ノンプロ野球大会を制した「コロニアルズ」と対戦。1勝4敗でコロニアルズが全日本を降した。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全鐘紡 1 3 0 2 3 0 1 0 0 10
四国銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:平古場 敗:広瀬

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 5 0 3 1 0 5 0 2 2 18
昭和電工 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:大橋 敗:原

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大生相互銀行 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
日鉄二瀬 0 0 1 1 0 0 0 0 X 2

勝:野見山 敗:藤倉

2回戦[編集]

  • 第1試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本石油 1 0 1 1 0 0 0 0 3 0 0 6
常磐炭鉱 0 0 0 0 0 3 1 0 2 0 1x 7

勝:布施 敗:吉村 本:吉村(日石)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
愛知産業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:大沢 敗:久野勝

  • 第3試合-延長13回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
京都クラブ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
杵島炭鉱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:小竹 敗:田中

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東洋レーヨン 0 0 0 0 0 0 5 0 1 6
東洋高圧砂川 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:鈴木兄 敗:岩佐

  • 第5試合-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
岡山鉄道管理局 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2
三重交通 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 1x 3

勝:服部 敗:吉若

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全鐘紡 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:松井 敗:小川

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎重工業 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3
コロムビア 1 2 0 0 0 1 0 1 X 5

勝:大橋 敗:北山 本:澤田(川崎重)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘淵化学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日鉄二瀬 0 1 0 0 1 0 0 1 X 3

勝:野見山 敗:鈴木

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
常磐炭鉱 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
全鐘紡 0 0 0 4 0 0 0 0 0 4

勝:平古場 敗:沼田

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京都クラブ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
熊谷組 1 0 2 0 0 0 3 1 X 7

勝:大沢 敗:大塚

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
三重交通 0 4 0 1 0 2 3 0 X 10

勝:服部 敗:岡山

  • 第4試合-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
東洋レーヨン 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 5
日鉄二瀬 1 0 1 1 0 0 1 1 0 1x 6

勝:野見山 敗:鈴木輝 本:衛藤(二瀬)

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全鐘紡 2 0 0 0 4 0 0 0 0 6
熊谷組 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3

勝:栄屋 敗:大沢 本:山村弟(全鐘紡)、酒井(熊谷組)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三重交通 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
日鉄二瀬 3 0 0 0 0 0 0 0 X 3

勝:村上 敗:衛藤 本:今久留主(二瀬)

3位決定戦[編集]

  • 3位決定戦-延長13回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
熊谷組 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
三重交通 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 1

勝:服部 敗:本田

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
全鐘紡 0 0 0 4 0 0 4 3 0 11
日鉄二瀬 0 0 2 0 0 1 0 1 1 5

勝:塚本 敗:野見山 本:高橋、松井(以上全鐘紡)

表彰選手[編集]

  • 橋戸賞 松井実遊撃手(全鐘紡(日本生命))
  • 久慈賞 野見山博投手(日鉄二瀬)
  • 殊勲賞
大沢貞義投手(熊谷組)
野見山博投手(日鉄二瀬)
服部力投手(三重交通)
山村博敏一塁手(全鐘紡)
衛藤正三塁手(日鉄二瀬)
香川正外野手(全鐘紡)
今久留主功外野手(日鉄二瀬)
中崎義夫外野手(三重交通)
高橋久雄外野手(全鐘紡)