第31回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第31回都市対抗野球大会(だい31かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1960年7月30日から8月8日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 前回大会は記念大会で出場チームは30チームだったが、今回は通常どおり25チームによる大会に戻った。そのうち初出場は川崎市東芝1チームのみ、残る24チームのうち14チームが連続出場と、強豪チーム、名門チームがしのぎを削る戦いとなった。
  • その中で勝ち上がったのが、投手力を中心に接戦をしのいできた東京都熊谷組門真町松下電器。似たようなチームカラーの2チームが勝ちあがって決勝戦で対戦し、延長10回、熊谷組がサヨナラ勝ちで松下電器を降して2回目の優勝を決めた。松下電器は40回以上の本大会出場を誇るが、黒獅子旗を手にしたことはなく、一番優勝に近かった大会であったといえる。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
富士鉄室蘭 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
ニッポンビール 0 1 0 0 0 1 0 0 X 2

勝:高橋栄 敗:稲川 本:堀内(ビール)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新潟交通 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
川崎重工 1 0 0 0 0 0 2 0 X 3

勝:都出 敗:大塚

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 1 0 0 0 0 1 0 1 0 3
常磐炭鉱 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:森崎 敗:近藤

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
積水化学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
日鉄二瀬 0 0 0 0 3 0 0 1 X 4

勝:井上 敗:竹村

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 0 3 0 3 0 0 0 0 6
東洋高圧砂川 3 0 0 0 0 0 1 0 1 5

勝:入江 敗:青山

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
富士重工業 0 1 0 0 1 1 1 0 X 4

勝:大沼 敗:藤田

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:西弟 敗:佐野 本:岡田義(丸善)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三重交通 0 0 0 0 0 3 0 0 1 4
富士鉄広畑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:伊藤孝 敗:二出川

  • 第9試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
リッカーミシン 2 0 3 0 7 1 1 1 2 17
東洋レーヨン 0 1 1 0 0 0 3 0 0 5

勝:黒木 敗:永橋 本:長田(リッカー)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3
新三菱重工 0 0 0 1 2 0 0 0 1x 4

勝:上田 敗:西本

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2
倉敷レイヨン 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:斎藤 敗:栗本

  • 第3試合-延長13回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
日本石油 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
鹿児島鉄道管理局 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:野村 敗:森山

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎重工 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
ニッポンビール 0 0 6 1 0 2 0 0 X 9

勝:城之内 敗:津田 本:松山(ビール)

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
東洋高圧大牟田 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:森崎 敗:宮崎 本:西岡(松下)

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 1 0 0 0 0 0 1 0 1 3
富士重工業 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:井上 敗:大沼 本:山田(丸善)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日鉄二瀬 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
住友金属 2 0 0 0 0 0 0 0 X 2

勝:酒井 敗:井上

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
リッカーミシン 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
三重交通 0 0 0 0 0 0 0 2 X 2

勝:伊藤孝 敗:妻島

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
ニッポンビール 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:松浦 敗:高橋栄

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新三菱重工 0 0 0 0 2 0 0 0 X 2

勝:上田 敗:入江

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
丸善石油 0 0 0 0 1 1 0 0 1 3
熊谷組 1 0 0 1 3 0 1 0 X 6

勝:橋本 敗:西弟 本:西弟(丸善)

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
三重交通 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:野村 敗:円子 本:林(三重)

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 1 1 3 0 0 0 0 5
新三菱重工 1 0 1 0 0 0 0 1 0 3

勝:松浦 敗:上田

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
熊谷組 2 0 0 0 0 0 0 0 X 2

勝:橋本 敗:伊藤

3位決定戦[編集]

  • 3位決定戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新三菱重工 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1

勝:稲垣 敗:佐々木 本:伊藤盛(新三菱)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
松下電器 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
熊谷組 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1x 3

勝:橋本 敗:松浦 本:高林(熊谷組)
(熊谷組は3年ぶり2回目の優勝)

表彰選手[編集]

  • 橋戸賞 高林恒夫左翼手(熊谷組)
  • 久慈賞 松浦三千男投手(松下電器(鐘化カネカロン))
  • 小野賞 大沢貞義監督(熊谷組)