第18回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第18回都市対抗野球大会(だい18かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1947年8月3日から8月11日まで後楽園球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 昨年戦争からの復興の中行われた第17回大会の成功を受け、全国に企業チーム、クラブチームが大量に結成された。これを受け、本大会出場チームは16チームから19チームに増やされた。
  • 今大会から、前回優勝チームは予選を免除され、本大会に推薦出場され、開幕戦を戦うこととなった。適用第1号は第17回優勝の岐阜市・大日本土木。
  • 開幕日には昭和天皇香淳皇后三笠宮崇仁親王を後楽園球場に迎え、開会式が執り行われた。天皇皇后夫妻、三笠宮崇仁は開会式に引き続いて行われた開幕試合も観戦し、史上初の「天覧試合」は都市対抗野球で実現された。また、決勝戦を片山哲内閣総理大臣が観戦した。
  • この大会から、1939年に試合中の事故で逝去した函館太洋倶楽部の名捕手・久慈次郎を称えた久慈賞が従来の殊勲賞に代わって創設された。また、第3位チームに黄獅子旗、第4位チームに記念の楯が贈られることになった。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大日本土木 0 0 0 0 1 0 2 0 0 3
豊岡物産 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:中原 敗:野村 本:小田野(豊岡)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
藤倉全東京 0 0 0 0 0 1 5 0 0 6
全神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:吉田 敗:小泉

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全桐生 1 0 0 0 4 2 1 0 0 8
函館太洋倶楽部 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:三輪 敗:佐藤 本:佐藤(函館)

2回戦[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新潟コンマーシャル倶楽部 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
星野組 2 4 0 1 0 4 4 1 X 16

勝:荒巻 敗:伊狩 本:永利(星野組)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
今泉産業 0 2 0 0 0 0 1 0 0 3
全徳島 0 0 0 1 1 3 1 0 X 6

勝:蔦 敗:前川

  • 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛知産業 0 1 1 0 1 1 1 0 0 5
鐘紡高砂 2 0 0 0 0 0 6 0 X 8

勝:辻 敗:高塚 本:加藤(高砂) ※鐘紡高砂は大会史上2例目の全員安打を記録

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
八幡製鐵 0 1 5 0 0 0 0 0 0 6
横浜金港倶楽部 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:河村 敗:若原

  • 第5試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東洋産業 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
大洋漁業 1 0 0 1 0 0 0 0 X 2

勝:江藤 敗:大平

  • 第6試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大日本土木 0 0 0 4 0 4 1 0 0 9
全京都 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:田中文 敗:橋本 本:伊藤(大日本土木)

  • 第7試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
藤倉全東京 0 0 0 0 0 0 1 4 1 6
川崎トキコ 0 0 0 0 0 0 2 1 4x 7

勝:石原 敗:岩崎 本:小川弟(トキコ)

  • 第8試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全桐生 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
全大阪 2 2 1 0 0 0 2 1 X 8

勝:別当 敗:木暮弟

準々決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
星野組 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
大日本土木 0 1 0 1 0 2 2 0 X 6

勝:中原 敗:荒巻 本:伊藤(大日本土木)

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全徳島 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
川崎トキコ 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2

勝:林 敗:石原

  • 第3試合-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
八幡製鐵 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4
鐘紡高砂 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 1x 5

勝:辻 敗:河村

  • 第4試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大阪 0 1 0 0 2 0 1 0 0 4
大洋漁業 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2

勝:別当 敗:江藤

準決勝[編集]

  • 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大日本土木 0 1 0 0 1 1 0 0 0 3
全徳島 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2

勝:中原 敗:渡辺

  • 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大阪 5 0 1 0 0 2 0 0 0 8
鐘紡高砂 2 0 0 8 0 0 0 1 X 11

勝:辻 敗:三宅 本:藤田(大阪)
※鐘紡高砂は大会史上3例目の全員安打を記録

3位決定戦[編集]

  • 3位決定戦
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大阪 0 1 0 0 4 0 0 3 3 11
全徳島 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:別当 敗:林

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
鐘紡高砂 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2
大日本土木 0 0 0 0 2 0 5 1 X 8

勝:中原 敗:辻
(大日本土木は2年連続2回目の優勝)

表彰選手[編集]

  • 橋戸賞 村瀬保夫監督兼遊撃手(大日本土木)
  • 久慈賞 中原宏投手(大日本土木)