第9回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第9回都市対抗野球大会(だい9かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1935年8月3日から8月12日まで明治神宮野球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 満州国の成立により、従来の方式を維持するために大会名に冠せられた「全日本」がこの大会から外され、現在まで続く都市対抗野球大会の名が登場した。
  • 第2回大会から本大会に出場するための予選は行われていたが、この大会から16チームとも予選を勝ち上がらない限り本大会に進めないこととなった。ちなみに、この大会での地区割りは次のとおり。
北海道・樺太、東北、甲信越、関東、東京市、名古屋市、大阪市、神戸市、近畿、中国、四国、九州、台湾、朝鮮、大連市、満州(この大会では四国代表は登場せず、関東から2チーム出場した)。
  • 準決勝の行われた8月9日には皇族6名が貴賓席で観戦するなど、当時の野球界での過熱ぶりは増す一方で、球場外では「切符売ります」と看板をぶら下げたダフ屋が登場した。
  • 大会を制したのは常連中の常連である東京倶楽部。苦戦の連続だったが、決勝では川崎市コロムビアを4安打完封して、史上最多となる4回目の優勝を果たした。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
函館太洋倶楽部 2 0 0 0 0 1 0 1 0 4
全大阪 2 0 3 1 0 1 5 0 X 12

勝:伊達 敗:山田

  • 第2試合(8月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2
神戸税関 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:若林 敗:加藤

1 2 3 4 5 6 7 8 9
仙台鉄道局 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2
満鉄倶楽部 3 0 0 0 0 0 0 1 X 4

勝:小島 敗:富田

  • 第4試合(8月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪鉄道局米子 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
満州倶楽部 0 3 0 1 0 1 1 0 X 6

勝:五十嵐 敗:中村

  • 第5試合(8月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
千里山鉄道倶楽部 0 0 1 0 0 1 0 1 0 3
全京城 0 2 0 0 3 1 0 0 X 6

勝:李 敗:高井

1 2 3 4 5 6 7 8 9
台南州団 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東京倶楽部 1 0 0 0 1 0 1 0 X 3

勝:宮武 敗:児玉

  • 第7試合(8月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新潟コンマーシャル倶楽部 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
名古屋鉄道局 0 1 6 2 0 1 3 0 X 13

勝:武田 敗:磯野

  • 第8試合(8月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大宮 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3
八幡製鉄 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:前川 敗:酒井 本:伊藤(大宮)

2回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 0 1 0 0 2 0 0 0 0 3
全大阪 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:若林 敗:伊達

  • 第2試合(8月7日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
満州倶楽部 1 0 0 0 0 2 0 0 0 3
満鉄倶楽部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:五十嵐 敗:小島

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京倶楽部 0 3 3 0 0 0 0 0 0 6
全京城 0 0 0 0 1 0 3 1 0 5

勝:三宅 敗:関

  • 第4試合(8月8日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
全大宮 0 0 0 3 0 0 0 4 0 2 9
名古屋鉄道局 0 0 0 2 0 1 2 2 0 0 7

勝:前川 敗:武田

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
満州倶楽部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:若林 敗:五十嵐

  • 第2試合(8月9日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全大宮 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3
東京倶楽部 0 0 0 2 0 1 0 0 1x 4

勝:菊谷 敗:前川 本:宮武(東京)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
コロムビア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東京倶楽部 0 0 3 0 0 0 0 0 X 3

勝:宮武 敗:鈴木
(東京倶楽部は2年ぶり4回目の優勝)

表彰選手[編集]