第63回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第63回都市対抗野球大会(だい63かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1992年8月27日から9月6日まで東京ドームで開催された都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • バルセロナオリンピック開催のため、アマチュアで日本代表を編成した関係から、大会は例年より1ヶ月繰り下げられ、8月27日開幕となった。
  • 大会では同オリンピックで活躍した選手が多く出場し、レベルの高いプレーを随所で発揮した。若獅子賞は横浜市日本石油のルーキーバッテリー、小桧山雅仁投手・大久保秀昭捕手が受賞した。
  • 本大会出場チームのうち、初出場は春日井市王子製紙春日井の1チームのみだったが、初陣とは思えぬ勝負強さを見せ、準決勝まで駒を進め、小野賞を獲得した。また、東京都プリンスホテルは連続出場を10年の大台に乗せた。
  • 大会初日に前回大会前々回大会の覇者が相次いで敗れる波乱の幕開けとなったが、オリンピック代表選手を多く擁する実力派チームが勝ち残り、決勝は大阪市日本生命東京都熊谷組の常連対戦となった。試合は4-2で日本生命が制し、7年ぶり2回目の黒獅子旗を手にした。橋戸賞はオリンピック日本代表でストッパーを務めた杉浦正則投手が獲得した。
  • この年から都市対抗のテレビ中継が変更され、決勝戦を含む注目試合をNHK衛星第1放送(BS1)で、また全試合の生放送は東京ケーブルネットワーク(TCN)の製作・配給によりスポーツ・アイ ESPNに全国放送された(その後数年でGAORAに委譲)。TCNはこれまで通り独自放送用のチャンネルでも全試合を生放送しているため、同じ内容の並列中継となった。

出場チーム[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 4 0 2 0 0 6
東芝 0 0 0 0 0 2 0 1 0 3

勝:尾山 敗:杉山 本:大島、内匠(以上日生)

  • 第2試合(8月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東京 3 0 1 0 1 0 2 0 2 9
ヤマハ 0 0 0 4 0 0 0 0 0 4

勝:今関 敗:下嶋 本:為永2(NTT)、渋谷(ヤマハ)

  • 第3試合(8月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵光 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
プリンスホテル 0 0 0 0 4 0 1 5 X 10

勝:武藤 敗:一倉 本:東方(光)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
トヨタ自動車 2 0 0 0 0 0 2 5 0 9
富士重工業 0 1 0 0 1 0 0 1 0 3

勝:鈴木 敗:明戸 本:横井(トヨタ)、恒吉(富士重)、岡崎、蛭田(以上トヨタ)

  • 第5試合(8月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄水島 0 2 0 0 0 5 0 0 0 7
いすゞ自動車 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:竹ノ内 敗:依田 本:伊藤(水島)

  • 第6試合(8月28日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
三菱重工長崎 0 0 1 0 0 0 0 1
日本石油 1 0 6 1 2 1 X 11

勝:小桧山 敗:牧瀬 本:村上和(長崎)、高柳、高林、若林(以上日石)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 0 0 0 0 4 0 2 0 1 7
松下電器 1 0 1 0 2 0 0 0 2 6

勝:荻原 敗:小間 本:原井3、北口(以上松下)、佐藤真(北海道)
※松下電器・原井和也二塁手は大会史上4人目の1試合3本塁打を記録

  • 第8試合(8月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT四国 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2
川崎製鉄千葉 1 0 0 0 0 2 1 0 X 4

勝:松田 敗:山部 本:河野(NTT)、藤井(千葉)

  • 第9試合(8月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT九州 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
本田技研 0 0 0 0 0 0 1 4 X 5

勝:佐藤 敗:野村 本:朝山(本田)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JT 3 0 2 0 0 1 0 0 0 6
神戸製鋼 1 0 5 0 3 1 0 1 X 11

勝:後藤 敗:及川弘 本:原野(JT)、山口、スコット(以上神鋼)

  • 第11試合(8月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT信越 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
大阪ガス 1 1 1 0 0 0 2 1 X 6

勝:成本 敗:佃 本:西、中西(以上大ガス)

  • 第12試合(8月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 2 2 0 0 1 0 4 0 0 9
NTT東海 0 0 0 0 1 0 2 4 0 7

勝:中山 敗:岩瀬 本:田嶋(熊谷組)、大久保(NTT)、向山(熊谷組)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
日本通運 0 3 0 1 0 0 5 0 X 9

勝:秋沢 敗:金沢 本:井出、川崎、田中泰(以上日通)

  • 第14試合(8月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
TDK 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
王子製紙春日井 0 0 0 2 2 0 0 0 X 4

勝:松田 敗:佐藤亘 本:吉本(春日井)、森山(TDK)
※王子製紙春日井は大会史上7度目の全員安打を記録

  • 第15試合(8月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 1 0 0 2 0 0 2 5
日産自動車 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:足達 敗:一条 本:山野(広畑)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 1 0 1 0 0 0 0 1 3
NTT北海道 0 0 3 1 0 1 0 1 X 6

勝:吉井 敗:遠野 本:狐塚(NTT)

2回戦[編集]

  • 第1試合(9月1日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東京 0 0 1 0 0 0 0 3 0 4
日本生命 0 1 2 2 4 0 0 0 X 9

勝:池添 敗:今関 本:梶田2、大島(以上日生)、長堀、為永(以上NTT)

  • 第2試合(9月1日)-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
プリンスホテル 0 0 0 0 0 0 2 2 1 0 0 2 7
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 3 0 2 0 0 0 0 5

勝:武藤 敗:石黒 本:佐藤友(プリンス)、田中(トヨタ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 1 2 0 0 0 2 0 0 1 6
川崎製鉄水島 0 0 1 0 0 0 0 2 0 3

勝:小桧山 敗:朝間 本:高林、伊藤(以上日石)

  • 第4試合(9月2日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 0 0 5 0 0 0 0 0 0 5
大昭和製紙北海道 3 1 0 0 0 0 0 1 1x 6

勝:荻原 敗:野崎 本:酒井(北海道)

  • 第5試合(9月2日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2
神戸製鋼 1 0 0 0 1 0 0 1 X 3

勝:後藤 敗:佐藤 本:鈴木、河内山(以上神鋼)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 8 0 0 0 0 0 0 8
大阪ガス 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3

勝:北島 敗:成本 本:田嶋(熊谷組)

  • 第7試合(9月3日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
王子製紙春日井 0 0 3 1 0 0 0 2 1 3 10
日本通運 1 1 0 1 0 1 0 0 3 0 7

勝:吉井 敗:黒川 本:旗手、細野(以上春日井)

  • 第8試合(9月3日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3
NTT北海道 2 0 2 0 0 0 4 0 X 8

勝:斉藤 敗:足達 本:春木、沢田(以上NTT)、山野(広畑)

準々決勝[編集]

  • 第1試合(9月4日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
プリンスホテル 0 0 0 0 0 1 0 1
日本生命 1 3 2 2 5 0 X 13

勝:岩本 敗:白井 本:川村(日生)

  • 第2試合(9月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 0 1 0 8 0 0 0 1 10
大昭和製紙北海道 0 2 0 0 0 0 0 0 2 4

勝:鈴木 敗:荻原 本:大久保2(日石)

  • 第3試合(9月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 3 0 0 0 0 2 0 5
神戸製鋼 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:中山 敗:坂本 本:スコット(神鋼)、松田(熊谷組)

  • 第4試合(9月4日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT北海道 0 3 0 0 1 0 1 0 0 5
王子製紙春日井 4 2 2 0 0 0 0 0 X 8

勝:橋本 敗:吉井 本:吉本、隈村(以上春日井)
※王子製紙春日井は大会史上8度目の全員安打を記録。

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 3 0 0 3 0 0 6
日本石油 0 0 2 2 0 0 0 0 1 5

勝:杉浦 敗:小桧山 本:高林、村上(以上日石)

  • 第2試合(9月5日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
王子製紙春日井 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
熊谷組 1 0 0 2 1 0 0 0 X 4

勝:渡辺 敗:中島 本:向山、菅沢(以上熊谷組)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 1 0 0 3 0 0 4
熊谷組 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2

勝:杉浦 敗:中山 本:向山(熊谷組)、川村、岡(以上日生)
(日本生命は7年ぶり2回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 杉浦正則投手(日本生命)
  • 久慈賞 向山隆康一塁手(熊谷組)
  • 小野賞 春日井市・王子製紙春日井チーム
  • 若獅子賞 小桧山雅仁投手(日本石油)、大久保秀昭捕手(日本石油)、中山雅行投手(熊谷組)
  • 打撃賞 大島公一二塁手(日本生命)
  • 首位打者賞 村田雅彦左翼手(日本石油(三菱自動車川崎))
  • 大会優秀選手
    • 投手
    杉浦正則(日本生命)
    中山雅行(熊谷組)
    小桧山雅仁(日本石油)
    松田慎治(王子製紙春日井(西濃運輸))
    後藤利幸(神戸製鋼(三菱重工神戸))
    武藤潤一郎(プリンスホテル)
    北島広行(熊谷組(東芝府中))
    • 捕手
    田嶋大三(熊谷組)
    岡隆博(日本生命)
    吉本亮(王子製紙春日井)
    • 一塁手
    川村祥一(日本生命)
    向山隆康(熊谷組)
    奥村伸一(プリンスホテル)
    狐塚賢浩(NTT北海道(たくぎん))
    • 二塁手
    大島公一(日本生命)
    高木吉夫(大昭和製紙北海道)
    • 三塁手
    旗手浩二(王子製紙春日井(本田技研鈴鹿))
    松本尚樹(日本生命(住友金属))
    • 遊撃手
    河内山大(神戸製鋼)
    十河章浩(日本生命)
    • 外野手
    内匠政博(日本生命)
    梶田茂生(日本生命)
    村田雅彦(日本石油(三菱自動車川崎))
    高林孝行(日本石油)
    井城昇(NTT北海道)
    前川忠由(熊谷組)
    • 指名打者
    大久保秀昭(日本石油)
    松田訓(熊谷組)
  • 10年連続出場表彰選手
米山浩一投手(大昭和製紙北海道(新日鐵室蘭))
長井秀夫内野手(日本通運(NTT関東))
谷津田順一投手(熊谷組)
向山隆康内野手(熊谷組)
宮里多美男捕手(プリンスホテル)
瀬戸山満年捕手(プリンスホテル)
横井信一内野手(NTT信越)
富永哲司捕手(ヤマハ)
村瀬耕次内野手(ヤマハ(河合楽器))
中村和彦外野手(ヤマハ)
後藤政広外野手(ヤマハ)
石田富士男投手(松下電器)
岩野好伸外野手(川崎製鉄水島(NKK))
武田和高捕手(NTT四国)
三好利幸内野手(NTT四国)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 熊谷組
    • 優秀賞 日本生命
    • 敢闘賞 プリンスホテル
    • 特別賞 該当なし