函館太洋倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
函館太洋倶楽部
チーム名(通称) 函館太洋倶楽部
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム
創部 1907年
チーム名の遍歴 函館太洋倶楽部 (1907 - )
本拠地自治体 北海道函館市
練習グラウンド 函館オーシャンスタジアム
都市対抗野球大会
出場回数 15回
最近の出場 1954年
最高成績 2回戦
社会人野球日本選手権大会
出場回数 0回
最近の出場 なし
最高成績 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 16回
最近の出場 2010年
最高成績 準優勝

函館太洋倶楽部(はこだてオーシャンくらぶ)は、北海道函館市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球クラブチームである。

概要[編集]

チーム結成は1907年であり[1]、現存するクラブチームの中で最も長い歴史を持つ。戦前戦後直後の都市対抗野球大会はまさに都市ごとのクラブチームのトーナメントであったことから、函館太洋倶楽部も15回の出場歴を有する。

函館は海に囲まれた港町であり、海原のごとく首途洋々としたチームであれとの願いから太洋と記してオーシャン(OCEAN)と命名された[1]

練習グラウンドとして使用している、函館市内にある千代台公園野球場は、同チームに因んで「オーシャンスタジアム」という愛称が付与されている。

1922年、後の日米野球で全日本チームの主将を務めることになる名捕手の久慈次郎が入団する。チームの大黒柱として活躍していたが、1939年8月19日の試合中に牽制球を頭部に受け、2日後に死亡する[1]。棺を乗せた列車は、停車駅ごとで熱烈な野球ファンに見送られたと言われている。1947年の都市対抗野球大会から、彼の名を冠し敢闘賞として「久慈賞」が設けられた[1]

2006年にはチーム創設100周年にあたることから、全日本クラブ野球選手権大会への推薦出場を果たした。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

在籍していた人物[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 函館太洋倶楽部史”. 函館太洋倶楽部. 2016年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]