浦田直治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浦田 直治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県桐生市
生年月日 (1936-09-08) 1936年9月8日(82歳)
身長
体重
175 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 西鉄ライオンズ
    クラウンライターライオンズ
    西武ライオンズ (1968 - 1969, 1978 - 1980)

浦田 直治(うらた なおじ、1936年9月8日 - )は、群馬県桐生市[1]出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

群馬県立桐生高等学校大昭和製紙から西鉄ライオンズ入団[1]。その後コーチ兼スコアラー、大阪駐在スカウト、チーフスカウト兼投手コーチ、スカウト部長を経て、1995年に西武球団本部長、後に編成部長を兼務[1]

西武の初代監督、GM的立場で独特の戦力補強手腕を発揮した根本陸夫の下、秋山幸二伊東勤工藤公康といった金の卵を獲得し、発足間もない弱小球団を、「3年、5年先を考えた」ドラフト戦略で常勝軍団に育てていった。

根本イズムの継承者といわれる。いわゆる「隠し球ドラフト」「一本釣り」と呼ばれる、無名有望選手の獲得を数多く実行した。

1998年には、「横浜以外なら社会人」を宣言していた松坂大輔をくじ引き直後の電撃訪問で口説き落とした。この時、浦田はくじ引きの結果次第ですぐにアプローチ出来るように横浜高校校門前で待機していた。くじ引き直後にも「自分の気持ちは変わらない」という松坂であったが、報道陣から「西武の関係者が校門前に来ているようですが」といわれ、笑みを浮かべながら困惑する様子が中継されている。

徹底したチーム事情の把握、それに対応した戦力補強は、25年連続Aクラス(2006年シーズンまで)を維持し続けた常勝軍団を支え続けている。

1999年には球団取締役に就任[1]。2005年に勇退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 西鉄 3 5 5 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
1958 3 2 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
1959 13 22 20 3 5 0 0 0 5 0 0 1 0 0 1 0 1 5 0 .250 .318 .250 .568
1960 14 14 14 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .071 .071 .071 .143
1961 18 27 25 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 2 0 0 6 0 .160 .222 .160 .382
1962 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1963 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1964 14 13 13 0 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .308 .308 .308 .615
通算:8年 70 86 82 4 16 0 0 0 16 2 0 1 0 0 3 0 1 19 0 .195 .233 .195 .428

背番号[編集]

  • 41 (1957年 - 1964年、1966年 - 1968年)
  • 80 (1969年)
  • 75 (1979年 - 1980年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、86ページ