藤村隆男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤村 隆男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1920-10-05) 1920年10月5日
没年月日 (1993-12-25) 1993年12月25日(73歳没)
身長
体重
170 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1940年
初出場 1940年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

藤村 隆男(ふじむら たかお、1920年10月5日 - 1993年12月25日)は、広島県呉市山手町出身のプロ野球選手投手)・監督

同じくプロ野球選手で「ミスタータイガース」の異名をとった藤村富美男は実兄。

経歴[編集]

旧制呉港中学校では、兄・富美男の4学年下、柚木進と同学年。1937年夏の甲子園では、控え投手兼中堅手・6番で出場。この年呉港中は2学年上のエースで4番の田川豊、控え投手兼一塁手・3番の柚木進と3投手を擁したが、準々決勝でこの年に準優勝した熊本工業川上哲治に3安打に抑えられ敗れた(1-5)。最上級生となった1939年春の甲子園には、のちプロで2人とも100勝を挙げる柚木との2枚エース(藤村の方が主戦)で出場。控え投手・野崎泰一(のち阪神他)、一塁手・道仏訓遊撃手竹林実(のち金鯱)らを揃えた強力チームだったが初戦敗退した(対島田商業1-2)。

1940年に前年まで兄・富美男が所属していた大阪タイガース(シーズン途中より阪神軍)に入団。兄・富美男は前年から兵役に服して不在であったが、石本秀一の後を受け兼任監督に就任した松木謙治郎が兄の代わりとばかり隆男を可愛がり[1]、1年目からシュートを武器に主力投手として活躍し、1942年末に軍の召集により退団するまでに22勝した。戦時は兄と同じ郷里広島の陸軍第五師団に入営。

戦後、1946年パシフィックに入団したが、なおこの際に同郷の白石勝巳も同チームに誘って入団させている。しかし、肩の故障のためほとんど活躍できないまま1947年に退団した。翌1948年には今度は白石が創部した社会人野球チーム・別府植良組に誘われ入団。別府温泉に浸かっているうちに肩が回復し、1949年には復帰を熱望していた大阪タイガースに再入団し、チームの主軸となっていた兄・富美男とともにプレーする。御園生崇男の指導によって急成長した藤村はこの年16勝を挙げて、若林忠志(15勝)・梶岡忠義(13勝)を抑えてチームの勝ち頭となった。

同年オフに若林忠志・土井垣武別当薫等が毎日オリオンズに引き抜かれて阪神は弱体化したが、同い年のライバルであった梶岡忠義とともに1950年代前半の阪神投手陣を支えた。1952年に梶岡が防御率1.71で最優秀防御率のタイトルを獲得すると、藤村は25勝6敗で最高勝率のタイトルを獲得、翌1953年も16勝を挙げた梶岡を抑えて21勝と2年連続20勝をマークした。なお、阪神時代にはライバル梶岡の通算131勝を上回る通算133勝を挙げている。1956年オフに広島カープに移籍し、翌1957年に現役引退した。

引退後は1959年から1966年まで広島カープ、1967年から1968年まで近鉄バファローズの投手コーチを務め、1969年二軍監督として阪神タイガースに復帰した。スカウト、二軍監督などを長く務め、熱意と愛情あふれる指導で安仁屋宗八外木場義郎[2]川藤幸三らを育てまた多くの選手に慕われた[3]。川藤は人情味にあふれる「大」のつく恩人だと語っている[4]1980年退任。

阪神球団史上最も偉大な選手であった兄・富美男と比較され続けたが、投手として入団しながら野手に転向した富美男に対し、隆男は最後まで投手としてプレーしたことを誇りにしていたという。野口明野口二郎金田正一金田留広と並んで、最も実績を残した兄弟選手の一つと言える[3]

1993年12月25日没。満73歳没。

選手としての特徴[編集]

スリークォーターよりややサイドスロー気味の投球フォームから、ホームベースをX線状にクロスする切れ味鋭いシュートカーブを得意とした。好調時には投球の際にアミダに被った帽子がよく飛んでいたという[5]

巨人キラーといわれ、青田昇をしばしば手玉に取った[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1940 阪神 21 17 6 6 0 7 3 -- -- .700 424 106.1 59 0 55 -- 2 39 2 0 21 13 1.10 1.07
1941 33 22 12 4 0 12 10 -- -- .545 858 206.2 148 0 109 -- 4 61 1 0 50 38 1.65 1.24
1942 21 13 3 2 0 3 5 -- -- .375 343 80.0 47 1 56 -- 1 29 0 0 34 18 2.03 1.29
1946 パシフィック
太陽
3 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 45 9.0 9 1 10 -- 0 3 0 0 5 5 5.00 2.11
1947 5 4 2 0 0 1 2 -- -- .333 121 26.1 28 2 16 -- 0 3 0 0 16 9 3.08 1.67
1949 大阪 47 33 19 4 0 16 13 -- -- .552 1278 286.2 319 25 118 -- 6 120 3 0 158 129 4.05 1.52
1950 36 19 9 2 0 11 8 -- -- .579 750 176.0 182 20 60 -- 6 78 1 0 97 77 3.94 1.38
1951 49 26 18 3 0 16 16 -- -- .500 1029 253.0 222 14 77 -- 5 74 8 3 97 74 2.63 1.18
1952 46 26 16 4 2 25 6 -- -- .806 1045 260.0 221 13 72 -- 8 106 4 2 88 76 2.63 1.13
1953 49 27 12 0 1 21 11 -- -- .656 1008 249.1 218 15 71 -- 7 83 2 1 94 76 2.74 1.16
1954 37 19 8 1 0 11 12 -- -- .478 735 187.2 151 10 38 -- 4 53 1 0 51 43 2.06 1.01
1955 26 21 3 0 0 8 3 -- -- .727 525 131.1 121 3 34 2 4 48 0 0 36 29 1.99 1.18
1956 26 14 1 0 0 3 7 -- -- .300 329 84.0 56 5 22 2 2 33 0 0 19 18 1.93 0.93
1957 広島 15 4 0 0 0 1 1 -- -- .500 197 47.2 41 4 19 1 0 18 0 0 18 15 2.83 1.26
通算:14年 414 247 109 26 3 135 97 -- -- .582 8687 2104.0 1822 113 757 5 49 748 22 6 784 620 2.65 1.23
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 阪神(阪神軍)は、1946年に大阪(大阪タイガース)に球団名を変更
  • パシフィックは、1947年に太陽(太陽ロビンス)に球団名を変更

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 9 (1940年 - 1942年)
  • 19 (1946年)
  • 16 (1947年)
  • 20 (1949年)
  • 2 (1950年 - 1956年)
  • 4 (1957年)
  • 63 (1959年 - 1962年、1967年 - 1968年)
  • 61 (1963年 - 1966年)
  • 66 (1969年)
  • 76 (1972年 - 1980年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 竹中半平『背番号への愛着』あすなろ社、1978年、143、144頁
  2. ^ 野球小僧』、白夜書房、2009年2月号、192、193頁
  3. ^ a b c 『阪神タイガース 昭和のあゆみ』株式会社阪神タイガース、1991年、p166-168
  4. ^ スポーツニッポン『我が道』2013年5月12日
  5. ^ 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年、p51

関連項目[編集]