田中和基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 和基
東北楽天ゴールデンイーグルス #25
K tanaka20170520.jpg
2017年、ZOZOマリンスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市
生年月日 (1994-08-08) 1994年8月8日(24歳)
身長
体重
181 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年 ドラフト3位
初出場 2017年5月17日
年俸 1,300万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 和基(たなか かずき、1994年8月8日 - )は、福岡県福岡市出身のプロ野球選手外野手)。右投両打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡市立高取小学校で小学3年生から原少年野球部で野球を始める[2]福岡市立高取中学校では1年夏まで硬式野球の福岡ウイングスに所属し、その後軟式野球部に所属した。

西南学院高校進学後、両打ち捕手として右打席で10本、左打席で8本、通算18本の本塁打を放った[3]。3年の夏は福岡県大会3回戦で福岡大学附属大濠高校に敗れた。 立教大学への進学後は、硬式野球部での生活を、四軍扱いの「D班」からスタート。東京六大学野球リーグ戦へのベンチ入りを許される「A班」へ昇格したのは、2年時の夏になってからだった。しかし、2年の秋季リーグ戦では、左翼手のレギュラーの座を確保[4]。打撃面でも、左打ちに専念すると、打率.302、2本塁打を記録した。3年時には、春季リーグ戦こそ打率.214、ノーアーチと振るわなかった[4]が、秋季リーグ戦では規定打席不足ながら打率.353を記録。さらに、対明治大学戦で柳裕也上原健太から2試合連続本塁打を放つなど、谷田成吾(6本)・横尾俊建(5本、いずれも慶応大学)に次ぐ4本の本塁打を記録した[4]。4年時の春季リーグから両打ちに戻すと、1シーズンに両打席で本塁打をマーク[5]。7月には第28回ハーレムベースボールウィーク代表に選出された[6]。在学中には、リーグ戦で通算59試合に出場。打率.270(185打数50安打)、9本塁打、28打点、16盗塁という成績を残した。また、野球部の1学年先輩に大城滉二、同期に田村伊知郎澤田圭佑がいる。

2016年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから3巡目で指名。契約金6,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。担当スカウトは沖原佳典[7]で、背番号は25

プロ入り後[編集]

2017年、5月16日に入団後初めての出場選手登録。17日の対北海道日本ハムファイターズ戦(岩手県営野球場)9回表に中堅手の守備に入ってデビュー。5月19日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)では、チームの1点ビハインドで迎えた9回表一死から島内宏明代走に起用され、次打者岡島豪郎への初球に二塁への盗塁に成功し公式戦初盗塁を記録。さらに、相手投手・涌井秀章の暴投で三塁へ進み、さらに次の打者・藤田一也の一塁ゴロの間に同点の本塁生還を果たした(公式戦初得点)[8]。5月20日の同カードで「9番・右翼手」として公式戦初のスタメン起用を果たすと、延長10回表に右投手の有吉優樹から公式戦初安打を二塁打で記録。延長12回表に迎えた次の打席では、左投手の土肥星也から、右打席で決勝のソロ本塁打を放った[9]。公式戦全体では、代走や外野の守備固めを中心に51試合へ出場。打率は.111にとどまったものの、主に代走で盗塁を重ねた結果、全143試合中142試合へ出場したゼラス・ウィーラーと並んでチームトップの7盗塁を記録した。さらに、チームのレギュラーシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズにも、埼玉西武ライオンズとのファーストステージ(メットライフドーム)および福岡ソフトバンクホークスとのファイナルステージ(福岡ヤフオク!ドーム)で2試合ずつ出場。ファーストステージでは二塁打、ファイナルステージでは得点を記録した。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では、42試合の出場で打率.295、6本塁打、14盗塁、OPS.858をマーク。7月13日に草薙球場で催されたフレッシュオールスターゲーム2017では、同リーグ選抜チームの「3番・中堅手」としてフル出場を果たした[10]。さらに、シーズン終了後に台湾で開催の2017アジアウインターベースボールリーグにも、NPBイースタン選抜の一員として派遣されている[11]

2018年は一軍で開幕を迎えるものの、4月5日に出場選手登録を抹消。イースタン・リーグでも打率が1割台前半にまで低迷していたため、池山隆寛二軍監督の勧めで大谷翔平を参考にしたノーステップ打法を導入した。オコエ瑠偉の故障を機に5月23日から一軍へ復帰すると[12]、6月18日までに2試合連続[13]を含むチーム日本人トップタイの4本塁打、8盗塁を記録した[12]ほか、5月26日から6月8日にかけて11試合連続安打を記録した[14]。8月1日の対オリックス・バファローズ戦では、茂木栄五郎島内宏明に次いで球団史上3人目となる生え抜き選手の2ケタ本塁打を達成。また、球界ではオリックス・赤田将吾以来、球団ではフェルナンド・セギノール以来となる1試合両打席本塁打を達成した(左右打席本塁打参照)[15]。6月半ばに平石洋介監督代行が就任してからは1番、センターで定着し、以降の試合をフル出場して規定打席に到達。生え抜き選手としては最多となる18本塁打、チーム最多の21盗塁を記録して打撃面・走塁面ともに期待を持たせる成績を残した。この成績が評価されて2018日米野球の代表に選出された。更には高卒2年目の山本由伸(オリックス・70票)やプロ入り5年目の加治屋蓮(ソフトバンク・45票)など中継ぎで好成績を残した選手を抑えて、有効投票258票中112票を獲得し、最優秀新人にも選ばれた[16]。チームとしては2013年の則本昂大以来3人目となる新人王、野手の受賞はチーム史上初である。

選手としての特徴[編集]

スイッチヒッターとしては珍しくホームランを打てるタイプで、びっくりする力を持っていると楽天のスカウトには評されている[17]。左打席は柳田悠岐、右打席は浅村栄斗を参考にしていた[5]。入団2年目の2018年には、東京ヤクルトスワローズでの現役選手時代に右の強打者として活躍した池山二軍監督の勧めで、大谷翔平のようなノーステップ打法を導入している[12]

大学時代には50メートル走5秒89、遠投120メートルを記録している[18]。大学4年時の東京六大学野球では、春季リーグ戦でトップタイの7個、秋季リーグ戦で単独トップの5個の盗塁を成功させた。元来は右利きだが、このような俊足を生かすために小学生時代から左打ちに挑戦。また、松坂大輔剣道を通じて肩を強くしたエピソードに倣って、小学生時代には6年間にわたって剣道の道場に通っていた[4]

人物[編集]

学生時代には、学業でも優秀な成績を収めていた。中学生時代に福岡ウィングスを短期間で退団したのは、「練習場が自宅から遠くて、勉強に専念できない」との理由による。福岡県内有数の進学校である西南学院高校時代には、2年時まで理系コースに籍を置いていたが、指定校推薦による立教大学への進学を見越して、3年時に文系コースへ転籍。3年時の評定平均は、5点満点で4.1と高かった。田中によれば、進学先を立教大学に絞ったのは、「(東京六大学野球リーグに参加している他の私立大学に比べて)指定校推薦や一般入試で入学した選手でも、(登録選手としてリーグ戦の)ベンチに入ったり、リーグ戦へ出場したりしていて、高校時代までクリーンアップの座が約束されていた自分にもレギュラー争いのチャンスがあると思ったから」という[4]

楽天2年目の2018年シーズン途中からノーステップ打法を導入したきっかけは、二軍でも打撃が低迷していた時期に大谷翔平がMLBロサンゼルス・エンゼルスで左打席から長打を量産していたことを背景に、池山から軽い口調で「やってみい(『やってみろ』というニュアンスの関西弁)、大谷打法や!」と勧められたことによる。田中自身も「全く打てない以上、とりあえず1回試してみよう」という感覚でノーステップ打法へ取り組み始めたが、打席でのタイミングが取りやすいことや、バットが一番強く振れるポイントでボールに当たることを発見したという[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 楽天 51 59 54 9 6 2 0 1 11 2 7 2 2 0 3 0 0 25 0 .111 .158 .204 .362
2018 105 465 423 67 112 11 1 18 179 45 21 6 4 1 37 0 0 101 4 .265 .323 .423 .746
NPB:2年 156 524 477 76 118 13 1 19 190 47 28 8 6 1 40 0 0 126 4 .247 .305 .398 .703
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2017 楽天 40 37 0 2 0 .949
2018 104 243 4 2 2 .992
通算 144 280 4 4 2 .986
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他記録

背番号[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年5月20日閲覧。
  2. ^ 楽天ドラ3田中“4拍子”武器に茂木先輩追う スポニチアネックス 2017年1月20日配信
  3. ^ 楽天ドラ3田中 カー君目指せ!目標は1試合両打席アーチ スポニチアネックス 2016年11月25日配信
  4. ^ a b c d e 田中和基[立大・外野手 努力で這い上がった広角スラッガー] 週刊ベースボールONLINE 2016年1月11日配信
  5. ^ a b 【20日ドラフト連載 オレも大谷世代】(下)夢のトリプル3を目指す立大・田中和基 スポーツ報知 2016年10月19日配信
  6. ^ a b 東京六大学選抜チームが日本代表として出場”. 東京六大学野球連盟. 2017年11月19日閲覧。
  7. ^ 【楽天】ドラフト3位田中を絶賛!沖原スカウト「柳田のスイッチ版みたい」 スポーツ報知 2016年11月11日配信
  8. ^ 【楽天】ドラフト3位田中がプロ初盗塁「勝ちにはつながらなかったけど、いい走塁ができた」スポーツ報知 2017年5月20日
  9. ^ 楽天田中、長嶋父子超え!立大出身3戦目で「初弾」日刊スポーツ 2017年5月21日掲載
  10. ^ 2017年度フレッシュオールスター・ゲーム試合結果”. NPB.jp (2017年7月13日). 2017年12月14日閲覧。
  11. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  12. ^ a b c d 【楽天】田中、崖っぷちからブレーク「最低でも1日1個チームのプラスに」インタビュー前編スポーツ報知 2018年6月19日掲載
  13. ^ 【楽天】田中、ノーステップの「大谷打法」で2試合連発スポーツ報知 2018年5月27日掲載
  14. ^ 【楽天】田中和基が11試合連続のヒット、好投の大瀬良に「開き直れた」スポーツ報知 2018年6月8日掲載
  15. ^ 楽天・田中、球団2人目の両打席本塁打 セギノール以来”. Sponichi Annex (2018年8月2日). 2018年8月8日閲覧。
  16. ^ “新人王の投票結果内訳は…セは東が得票率99%の圧勝、パは混戦も田中が制す”. FullCount. (2018年11月27日). https://full-count.jp/2018/11/27/post256605/ 2018年11月29日閲覧。 
  17. ^ 楽天ドラ3立大・田中「ポッキー食べて本塁打を」 - 野球”. 日刊スポーツ (2016年11月11日). 2017年5月8日閲覧。
  18. ^ 田中和基 立大・外野手 努力で這い上がった広角スラッガー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]