井上善夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上 善夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県上野原市
生年月日 (1941-09-27) 1941年9月27日(77歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井上 善夫(いのうえ よしお、1941年9月27日 - )は、山梨県上野原市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

日大二高では2年生でエースとなり、1958年秋の東京地区大会決勝に進む。日大三高千原陽三郎と投げ合い1-0で完封、翌1959年春の選抜への出場を決める。選抜では、1回戦でこの大会準優勝の県岐阜商に0-9で大敗[2]。県岐阜商には高木守道がいた。同年の夏の選手権にも出場。準々決勝に進出するが、東北高の嶺岸征男、波山次郎両投手の継投の前に2-3で惜敗[3]。その後は高校日本代表として石黒和弘朝井茂治らとハワイ遠征のメンバーに選出された[1]。秋の東京国体では決勝で平安の藤野隆司投手に投げ勝ち、初優勝を飾る。

1960年西鉄に入団[1]1961年から先発陣の一角を任され、わずか1勝と期待を裏切るが、翌年からは先発、リリーフとも安定した成績を残す。1963年のリーグ優勝に貢献、日本シリーズでは第5戦に先発するが敗戦投手となる。1964年5月16日の対阪急戦でノーヒットノーランを達成[1]。これで勢いに乗り、同年は17勝を挙げるなど好成績をマーク、翌1965年も11勝を挙げる。それ以降は成績が上がらず、1968年巨人益田昭雄吉田勝豊との交換トレードで移籍するが、あまり出番はなく翌1969年に自由契約となる[1]。その後広島に移籍、球威の衰えをコントロールでカバーし、中継ぎとして活躍する。1971年に現役引退[1]。力のある速球とスライダー、カーブ、シュートを武器とした。

その後、東京恵比寿で飲食店を経営[1]。2006年8月10日放送の『笑っていいとも!』のコーナー『夏休み特別企画 我が青春に悔いなし!!』に出演し、久々に公に姿を見せていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1960 西鉄 22 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 213 51.1 50 2 16 0 3 24 0 0 20 18 3.16 1.29
1961 41 15 0 0 0 1 7 -- -- .125 458 110.1 106 10 30 0 6 86 0 0 52 46 3.75 1.23
1962 52 18 2 1 0 8 7 -- -- .533 674 159.2 165 18 37 3 8 123 3 0 80 67 3.78 1.27
1963 36 14 4 2 0 6 4 -- -- .600 479 114.2 111 10 31 3 2 74 0 0 53 44 3.45 1.24
1964 60 29 8 3 1 17 11 -- -- .607 1031 247.2 234 17 74 2 7 106 4 0 102 89 3.23 1.24
1965 41 25 5 2 1 11 15 -- -- .423 702 168.2 158 19 50 3 0 75 0 0 72 66 3.52 1.23
1966 29 11 0 0 0 2 4 -- -- .333 277 66.2 64 5 14 1 3 33 0 0 26 21 2.84 1.17
1967 35 10 0 0 0 1 6 -- -- .143 386 94.0 90 4 19 0 6 48 1 0 30 26 2.49 1.16
1968 巨人 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 22 5.0 8 1 0 0 0 5 0 0 3 3 5.40 1.60
1969 広島 7 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 49 9.1 15 1 5 0 2 8 1 0 6 6 5.79 2.14
1970 27 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 118 28.2 24 2 8 1 6 21 0 0 14 13 4.08 1.12
1971 25 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 102 24.2 18 2 7 1 3 9 0 0 9 8 2.92 1.01
通算:11年 379 129 19 8 2 47 58 -- -- .448 4511 1080.2 1043 91 291 14 46 612 9 0 467 407 3.39 1.23

記録[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1960年 - 1967年)
  • 28 (1968年)
  • 81 (1969年 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、62ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]