八木智哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八木 智哉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市保土ケ谷区
生年月日 (1983-11-07) 1983年11月7日(34歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 希望入団枠
初出場 2006年3月31日
最終出場 2017年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

八木 智哉(やぎ ともや、1983年11月7日 - )は、神奈川県横浜市保土ケ谷区出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。義理の弟は総合格闘家の徳留一樹[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学2年の時、地元横浜市の軟式野球チーム「くぬぎ台レッドパンサーズ」で野球を始めた。中学時代はヤングリーグ「横浜旭ベースボールクラブ」に所属し全国大会出場。山梨県日本航空高等学校に進学し、3年夏に第83回全国高等学校野球選手権大会に出場する。初戦の鳴門工戦で11奪三振を記録して3回戦に進出した。

創価大学に進学後、1年時からベンチ入りし大学通算35勝。4年時の2005年全日本大学野球選手権大会では49奪三振の大会新記録を樹立する。同年11月2日横浜市長杯争奪関東地区大学野球選手権大会白鴎大学戦で完全試合を達成し、希望入団枠制度で北海道日本ハムファイターズに入団(同年11月7日公示)。

日本ハム時代[編集]

2006年3月31日オリックス・バファローズ1回戦に先発し、5回0/3無失点でプロ初勝利。4月15日福岡ソフトバンクホークス4回戦では延長10回まで無安打無得点に抑えた(0-0のまま降板したため、勝利投手にはなっていない。その後、武田久マイケル中村と継投。この両投手も安打を許さず、2リーグ制以後初となる継投でのノーヒットノーラン達成となった。また、「史上初めて延長まで安打も得点も許さないまま途中降板する」という珍記録も残ることとなった[2])。才能が開花し始めたダルビッシュ有とともに先発の柱として12勝を挙げ、リーグ優勝と日本一に貢献した。同年のパ・リーグ新人王に選出された。11月18日に大学時代から交際していた一般人女性と入籍し、翌年の長男誕生後、12月9日に披露宴を行う[3]

2007年、左肩痛の影響で4勝6敗と成績を落とす。

2009年、5月5日の千葉ロッテマリーンズ4回戦で雨天により5回コールド「完封」、翌週のクリネックススタジアム宮城で完投勝利。同年は規定投球回には到達しなかったが、9勝を挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは東京ドームでの読売ジャイアンツ戦で第4戦に先発し、5回1失点の好投で新人の2006年以来となる勝利投手となった。ところがチームは第5戦、6戦と破れ日本一を逃した。

2010年3月26日に先発するも5回9失点(自責点8)と乱調。翌週の登板も4回で失点2被安打7与四死球2と調子が上がらず、二軍降格となった。6月24日に再度一軍登録され、7月7日には7回2失点でシーズン初勝利を収めたが、その1勝に終わった。

2011年は序盤の3試合に先発したが、その後は一軍での登板機会がなく、そのままシーズンを終えた。

2012年4月に3年ぶりの完封勝利を挙げるなど前半戦は好調を維持しローテーションを支えた。しかし8月に入ると打ち込まれるようになり、3試合でわずか4回1/3を投げたのみで二軍へ降格し、その後は一軍での登板はなかった。

オリックス時代[編集]

2013年1月25日木佐貫洋大引啓次赤田将吾との交換トレード糸井嘉男とともにオリックス・バファローズへ移籍[4]。6月27日に移籍後初先発を果たすも、2回を投げ5失点と結果を残せず[5]、翌日登録抹消された。9月に入って2度先発するも、いずれも結果を残せなかった。結局、この3試合の登板に終わり、プロ入り初のシーズン未勝利に終わった。 シーズンオフの12月4日に契約更改が予定されていたが、八木本人は更改日を「9日」と勘違いしていたため、契約更改交渉を欠席した[6]。同月9日に改めて契約更改交渉を行うも、0勝2敗という結果もあり、減額制限いっぱいの25%ダウン提示で更改した[7]

2014年セ・パ交流戦シーズンに入った5月24日に、広島東洋カープ戦に先発するも、1回2/3を投げて被安打4、1失点という内容で、翌日に一軍登録を抹消される。7月に再度昇格するが、中継ぎで2試合投げただけで21日に二軍へ降格。10月28日、戦力外通告を受ける[8]

オリックス退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を視野に、2014年11月9日に第1回の12球団合同トライアウト静岡県草薙総合運動場硬式野球場)へ参加。オリックスからの戦力外通告直後から『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』(TBSテレビ)のスタッフが八木や家族への密着取材を実施していたため、同年12月30日の放送では、トライアウトで登板した模様などが紹介された。

中日時代[編集]

2014年11月18日中日ドラゴンズへの入団が発表された[9]。背番号は58

2015年、一軍公式戦の開幕からローテーションをの一角に入ると、移籍後2試合目の先発登板であった4月4日の対広島戦(ナゴヤドーム)で、広島先発の黒田博樹を相手に7回無失点と好投。一軍公式戦ではプロ入り後自身初の2桁奪三振も記録した末に、日本ハム時代の2012年7月26日に対ソフトバンク戦(ヤフードーム)以来982日振りの勝利を挙げた[10]。以降の先発登板試合では打ち込まれることも多く、一軍公式戦通算では14試合の登板で、4勝6敗、防御率3.92という成績にとどまった。ただし、すべての勝利を対広島戦で挙げたことから、「(広島)カープキラー」として脚光を浴びるようになった。

2016年には、8月26日の対広島戦に先発。6回1失点の好投をしたものの、一軍公式戦への登板はこの試合のみだった。ウエスタン・リーグ公式戦では、23試合に登板したものの、0勝2敗で防御率5.23という成績に終わった。

2017年には、7月30日の対阪神戦(ナゴヤドーム)に先発すると、一軍公式戦680日振りの勝利を記録。しかし、一軍公式戦での登板が3試合にとどまったことから、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。通告の当初は、国内外を問わずに他球団でプレーを続ける意向を表明。しかし、マツダスタジアムで12球団合同トライアウトが開かれていた11月15日に、現役引退を表明した[11]12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[12]

現役引退後[編集]

中日の球団職員へ転身。2017年11月29日には、球団の編成部へ配属されることが発表された。2018年からは、スカウトとして活動する[13]

選手としての特徴[編集]

ストレートは平均球速約134km/h[14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 日本ハム 26 26 5 3 3 12 8 0 0 .600 683 170.2 134 12 51 5 3 108 3 0 54 47 2.48 1.08
2007 15 15 0 0 0 4 6 0 0 .400 370 85.1 99 12 20 0 4 36 1 1 45 43 4.54 1.39
2008 2 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 49 10.2 14 3 2 0 2 10 0 0 8 8 6.75 1.50
2009 20 20 3 1 0 9 3 0 0 .750 501 122.0 115 16 40 1 5 76 3 0 41 39 2.88 1.27
2010 9 9 0 0 0 1 4 0 0 .200 182 39.0 47 10 18 0 4 27 1 0 31 30 6.92 1.67
2011 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 68 15.0 17 0 4 0 2 4 2 0 7 7 4.20 1.40
2012 13 13 1 1 0 6 3 0 0 .667 285 66.2 67 4 16 1 6 37 3 0 27 25 3.38 1.25
2013 オリックス 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 51 11.0 15 3 4 0 0 8 0 0 11 10 8.18 1.73
2014 3 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 18 3.2 6 0 1 0 0 2 0 0 3 3 7.36 1.91
2015 中日 14 11 0 0 0 4 6 0 0 .400 257 59.2 63 10 22 0 2 45 4 0 30 26 3.92 1.42
2016 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 22 6.0 3 1 2 0 0 2 0 0 1 1 1.50 0.83
2017 3 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 49 11.0 11 2 5 0 1 6 0 0 7 7 5.73 1.45
NPB:12年 112 107 9 5 3 39 34 0 0 .534 2535 600.2 591 73 185 7 29 361 17 1 265 246 3.69 1.29
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2006 日本ハム 26 6 29 0 0 1.000
2007 15 3 24 1 1 .964
2008 2 1 0 0 0 1.000
2009 20 2 23 0 2 1.000
2010 9 1 7 0 1 1.000
2011 3 0 5 0 0 1.000
2012 13 3 11 1 0 .933
2013 オリックス 3 2 2 1 0 .800
2014 3 1 1 0 0 1.000
2015 中日 14 2 18 0 0 1.000
2016 1 1 1 0 0 1.000
2017 3 0 1 0 1 1.000
通算 112 22 122 3 5 .980

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2006年5月19日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、5回表に大竹寛から右翼線適時二塁打
その他の記録

背番号[編集]

  • 29 (2006年 - 2012年)
  • 27 (2013年 - 2014年)
  • 58 (2015年 - 2017年)

登場曲[編集]

  • 「強者の詩」大我(あざな)タイプライター
  • 「Riders High」湘南乃風
  • 「ファイター」TEE
  • 「Bushido」ZEEBRA
  • 「FANTASTIC BABY」BIGBANG[15]
  • 「THE RED MAGIC」AK-69

脚注[編集]

  1. ^ 徳留一樹に強力サポート/UFC選手紹介”. 日刊スポーツ (2013年2月26日). 2017年7月25日閲覧。
  2. ^ ただしNPBでは継投によるノーヒットノーランは認めていない
  3. ^ “日本ハム八木が結婚披露宴”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2007年12月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20071209-293521.html 2014年10月29日閲覧。 
  4. ^ トレード(2012年度シーズン終了後 ~ )”. 日本野球機構 (2013年1月25日). 2013年1月30日閲覧。
  5. ^ 移籍初登板の八木が誤算 5失点KOにも「状態は悪くなかった」”. Sponichi Annex 野球 (2013年6月27日). 2013年12月11日閲覧。
  6. ^ やっちまった…オリックス・八木 契約交渉すっぽかした”. Sponichi Annex 野球 (2013年12月5日). 2013年12月11日閲覧。
  7. ^ 謝るしかない」勘違い男・八木 0勝で25%ダウン”. Sponichi Annex 野球 (2013年12月10日). 2013年12月11日閲覧。
  8. ^ “新人王の八木、東野が戦力外 オリックスが発表”. 47news (共同通信). (2014年10月28日). http://www.47news.jp/news/2014/10/post_20141028162002.html 2014年10月29日閲覧。 
  9. ^ 八木投手、亀澤選手獲得のお知らせ 中日ドラゴンズ公式サイト 2014年11月18日閲覧。
  10. ^ “戦力外男”中日・八木 黒田に投げ勝った!「ドキドキ」982日ぶり白星”. Sponichi Annex 野球 (2015年4月5日). 2015年4月7日閲覧。
  11. ^ 中日八木が引退、球団スタッフに 06年新人王”. 日刊スポーツ (2017年11月15日). 2017年11月15日閲覧。
  12. ^ 2017年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2017年12月4日閲覧。
  13. ^ 戦力外の野村は打撃投手 中日スタッフ発表”. 日刊スポーツ (2017年11月29日). 2017年11月30日閲覧。
  14. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、191頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  15. ^ 2012年選手登場曲.北海道日本ハムファイターズ.2016年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]