益田直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
益田 直也
千葉ロッテマリーンズ #52
2012marines masuda.jpg
2012年3月22日、QVCマリンフィールドにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県那賀郡貴志川町(現紀の川市
生年月日 (1989-10-25) 1989年10月25日(32歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト4位
初出場 2012年3月30日
年俸 2億円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

益田 直也(ますだ なおや、1989年10月25日 - )は、和歌山県那賀郡貴志川町(現:紀の川市)出身のプロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

もとはサッカーがしたかったが、友達に誘われて西貴志小2年時から野球を始める[2]。一時は和歌山リトルリーグに所属。「西貴志レッドボーイズ(現・西貴志ドリームス)」に入団し6年生ではエースを任される[2]貴志川中では軟式野球部に所属[3]。練習に明け暮れた小・中学校時代で投球の基礎を培っていった。

市立和歌山商業高校(現・和歌山市立和歌山高校)時代は内野手、主に遊撃手の控えとしてプレー。2学年上には川端慎吾がいた。3年夏は和歌山県予選準決勝で敗退。甲子園出場経験は無し。内野手をやっていたのは、高校1年の健康診断で心臓に穴が空いていることが発覚し、当時の監督が出来るだけ身体に負担がかからないようにするに転向させたためで、益田本人は投手志望だったという[4]

高校卒業後はセレクションを受けて関西国際大学に進学。入学後に投手に転向し、2年次の春からリーグ戦に登板する。第58回全日本大学野球選手権大会では準決勝の法政大学戦で2番手として登板、3回2/3を1失点に抑えた。これを機に中継ぎ投手に昇格する[5]

3年次の冬から4年次の春にかけて、腰のキレを良くするため体幹を鍛え、ツーシームの精度を上げた。これが功を奏し、春のリーグ戦では優勝こそ逃したものの、先発・救援の両面で起用され13試合中11試合に登板し4勝、リーグトップの防御率0.75、48回で44奪三振を記録し、初のベストナインに選出された[6]。リーグ戦通算6勝5敗、防御率1.16。全国大会の出場経験は、2009年大学選手権と2009、2010年の明治神宮大会で登板。

2011年のドラフト会議千葉ロッテマリーンズから4位指名を受け、11月18日に関西国際大学三木キャンパスにおいて仮契約した[7]背番号は「52」。

ロッテ時代[編集]

2012年はオープン戦で結果を残し[8]、同期入団投手の藤岡貴裕中後悠平とともに開幕を一軍で迎える。新人3人が開幕一軍となるのは球団では2008年以来4年ぶりの出来事であった[9]。開幕戦の3月30日、対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初登板を果たすと翌31日にプロ初ホールドを記録。ルーキーながら開幕からセットアッパーを任され、4月4日の対埼玉西武ライオンズ戦では開幕戦から4試合連続登板。「開幕戦からチーム4試合すべてに登板した新人投手」はドラフト制後チーム初だった[10]。その後もリリーフとして安定感抜群の投球を見せ、オールスターゲームに監督推薦で初出場となった[11]。8月5日の対オリックス・バファローズ戦でプロ初セーブ[12]、同30日の対楽天戦ではプロ初勝利を挙げた[13]。ルーキーイヤーは72試合に登板し、2勝2敗41ホールド1セーブ・防御率1.67を記録。林安夫大原慎司が持つ新人最多登板記録(71試合)、攝津正が持つ新人最多ホールド記録(34ホールド)を共に更新し[14]、チームとしては久保康友以来7年ぶりとなる新人王を受賞[15]。また同年のセ・リーグ新人王に選ばれた広島東洋カープ野村祐輔とともに「平成生まれ初」の新人王となった[16]。オフには球団ルーキー史上最高となる3000万円アップ、推定年俸4200万円で契約を更改した[17]

2013年は春季キャンプ直前に突発性気胸発症が発覚し[18]、キャンプ序盤は出遅れたものの無事に復帰し[19]、前年クローザーを務めた薮田安彦が怪我により開幕二軍スタートになったため開幕からクローザーを務めた。5月は2リーグ制以降では1956年9月の稲尾和久に並ぶ月間18試合登板、球団新記録の月間10セーブを達成[20]。2年連続でオールスターゲームに出場し[21]、9月9日の対西武戦で2年連続60試合登板を達成(新人年から2年連続は日本プロ野球史上4人目)[22]。最終的にリーグ最多の68試合に登板し、2勝6敗9ホールド33セーブ・防御率2.76とこの年も好成績を収め、「平成生まれ初」となる最多セーブのタイトルを獲得した[23]。オフに3000万円アップとなる推定年俸7200万円で契約を更改し、また7月に一般女性と結婚していたことも発表した[24]。11月には台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表にも選出された[25]

2014年は抑えとして調整を続けていたが、右肘の違和感のため開幕に間に合わず[26]西野勇士に抑えを譲る形となった。一軍復帰後[27]は西野が好調だったためセットアッパーとして起用されたが、6月15日の対広島東洋カープ戦でブラッド・エルドレッドに逆転満塁弾を打たれる[28]など痛打される場面が目立つようになった。9月9日の対西武戦では史上38人目の一球勝利を記録し[29]、この年は中継ぎながら7勝を記録したが、52試合の登板で7勝3敗23ホールド1セーブ・防御率4.94と成績を落とし、西野に守護神を譲っただけでなく8回のセットアッパーの座も大谷智久に譲るシーズンとなった。オフに800万円増の推定年俸8000万円で契約を更改した[30]

2015年は開幕から不調が続き、4月22日に登録抹消[31]。5月26日に一軍再昇格を果たしてからは中継ぎとして起用され、負け試合で登板することも多かった。51試合の登板で3勝2敗11ホールド・防御率3.91という成績でオフは現状維持の推定年俸8000万円で契約を更改した[32]

2016年は肩周りや胸の筋肉を鍛え直し、150キロに達するまでに球威が戻り、開幕から10試合連続で無失点を続け、5月7日から6月24日にかけては18試合続けて失点ゼロ[33]。信頼を取り戻しセットアッパーを任されるようになると、自身3度目のオールスターゲームに選出され[34]、抑えの西野が肘痛で戦列を離れると[35]守護神の座に返り咲いた。9月に右肘関節炎で登板間隔を空けた時期もあったが[36]、登録抹消されることなく1年間を通してブルペンを支えた。61試合に登板し、3勝2敗21ホールド14セーブ・防御率1.83と好成績を収め、オフに4000万円増の推定年俸1億2000万円で契約を更改。1億円プレイヤーに名を連ねることになった[37]

2017年は「年間を通して抑えを務める。セーブ王を獲得する」ことを目標に掲げてキャンプインし[38]、開幕からクローザーを任されたが11試合の登板で3敗・防御率6.30と不調で内竜也と配置転換された[39]。その後5月18日に登録を抹消され[40]、5月31日に一軍再昇格を果たすも8月20日に再び登録抹消[41]、以降の一軍昇格は無くシーズンを終えた。「最低でもクリアしたい数字」と語った50試合登板に届かない38試合の登板に留まり、0勝4敗6ホールド9セーブ・防御率5.09と大きく成績を落とし、オフの契約更改ではプロ入り後初のダウン提示。1000万円減の推定年俸1億1000万円でサインした[42]

2018年、前年に現役を引退し一軍監督に就任した井口資仁の助言を受け、前年の秋季キャンプから徹底的に直球を磨き直し[43]、その甲斐もあり一年を通して一軍に帯同。この年は6敗を喫するなど[44]信頼を完全に取り戻すシーズンとはならなかったが、70試合に登板して2勝6敗17ホールド3セーブ・防御率3.08を記録。オフに2000万円増の推定年俸1億3000万円で契約を更改した[45]

2019年は開幕前に守護神に指名されると[46]シーズンを通してその役割を全うし、60試合の登板で4勝5敗12ホールド27セーブ・防御率2.15と好成績を収めた。この年に国内FA権を獲得しており読売ジャイアンツなどが調査をしていたが[47]、10月30日にFA権を行使せず残留が決定した[48]。残留の決め手として「ファンの人からのSNS等、それ以外のところでも残ってほしいという声をたくさんいただいて。ロッテで優勝したい。このメンバー、このスタッフで、ファンのみなさんがいるところで優勝したい」と話している[49]。12月20日に総額6億円プラス出来高の3年契約にサインをした[50]。また鈴木大地のFA移籍により翌年から選手会長を務めることとなった[51]

2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合制の短縮シーズンとなり開幕も6月に延期となったが、開幕からクローザーとしてフル回転し、8月7日の対オリックス戦で史上33人目となる通算100セーブを達成。2016年に通算100ホールドを達成しているため史上5人目の「100ホールド・100セーブ」達成者となった[52]。8月28日の対オリックス戦では通算500試合登板を達成した[53]。リーグ最多の54試合に登板し、3勝5敗5ホールド31セーブ・防御率2.25とこの年も好成績を収め、13年ぶりのチーム2位躍進に大きく貢献した[54]

2021年シーズンは「9回打ち切り」ルールが採用され[55]、引き分けに持ち込むために同点の9回でも守護神を投入する場面がどの球団でも多く見られた。益田もシーズン初登板となった3月27日の対福岡ソフトバンクホークス戦で同点の9回裏に投入されたがサヨナラ負けを喫し[56]、翌28日の試合では1点リードの9回裏に登板するも逆転サヨナラ負け[57]。まさかの連敗でシーズンがスタートしたものの4月1日の対楽天戦から同10日の対西武戦にかけて6試合連続無失点投球。5月は月間リーグトップタイの8セーブ・月間防御率0.90を記録し、守護神の座を譲ることはなかった[58]。6月4日の対横浜DeNAベイスターズ戦では1球セーブを記録。1球勝利と1球セーブを記録した史上4人目のNPBの選手となり、パ・リーグの選手では史上初となった[59]。2016年以来となる自身4度目のオールスターゲームに選出され[60]、9月8日の対オリックス戦では通算150セーブを達成した[61]

選手としての特徴[編集]

益田の投球フォーム(2012年)

トルネード投法に近いサイドスロー気味のスリークォーター[62]。平均球速約144km/h[63]、最速152km/h[64]ストレートツーシームに加えて、スライダーシンカーカットボールと変化球も多彩[6][65]

またプロ入り後、春季キャンプで投手コーチの西本聖の指導の元、すぐにシュートも習得するなど器用さも持ち合わせている[66]

元々左利きで、幼少期に箸やペンとともに矯正されて現在のように右投げとなった[67]。しかし左でも遠投60メートル、球速100km/hを投げることが出来る筋力バランスの良さを持ち合わせている[68]

入団後の春季キャンプで初めてのフリー打撃に登板した際、インコースへ投げてもいいのかと投手コーチの西本に質問した。このことについて西本は、フリー打撃に参加する主力選手に当ててしまうかも知れない恐怖よりも、打者に向かっていくその強気の姿勢は投手として大切な要素である、とその資質を高く評価した[69]

セットアッパーとして目標としている投手に、中日ドラゴンズ浅尾拓也[66]の名前を挙げている。

筋トレはほとんどせず、益田曰く「筋トレしたらすぐ筋肉が付いてしまう。すると感覚が全く違う。だがら走って体幹を鍛える程度のメニューしかやっていない」と話している[70]

人物[編集]

愛称は「ます[71]

紀の川市立西貴志小学校の3学年下に西川遥輝、4学年下に山崎晃大朗がいる。

貴志川中学校時代に指導にあたった当時の田伏英世監督は益田について「努力家で、練習に対して真摯に取り組む姿が印象に残っている」と当時を振り返っている[2]

女子プロ野球選手の川端友紀東京ヤクルトスワローズ川端慎吾の実妹)とは、市立和歌山商業高校の同級生にあたる。高校卒業時には、プロ野球選手を目指すには夢のまた夢という状況で当時は大学進学後に警察官か消防士になろうかと考えていた。

2012年1月8日、益田は埼玉県さいたま市にあるロッテ選手寮(最寄り駅:武蔵浦和駅)への入寮の際、益田と同期入団で関西出身の中後悠平と共に上京、午後3時すぎに到着予定のはずが東京駅から武蔵野線に乗車。この経路だと武蔵浦和駅まで乗り換えなしで到着するが京浜東北線赤羽駅経由埼京線または京浜東北線南浦和駅経由武蔵野線に比べると明らかな遠回り経路であり、40分程度で到着予定が90分を要して到着、午後4時20分にようやく入寮と大遅刻した。5時間半くらい電車に乗ったと本人達も苦笑いだった[72]

母子家庭で育ったため、苦労して育ててくれたという母へ契約金を渡してプロ入り。一軍で投げる姿を見てほしいと益田はコメントしており[73]、プロ入り初勝利を記録した際には初めてのウイニングボールは「実家の母に送ります」と母親への感謝の言葉を口にしている[13]。このような出自であることから、「ひとり親家庭」の支援活動に熱心である。その一環として2013年から毎年数回、QVCマリンでのマリーンズ主催試合の内野指定席に母子家庭の親子を招待し、交流する活動を続けており、益田も「毎回、こちらが励みになっている」、「同じような環境で頑張る子供たちのためにも頑張ろうと思います」と述べている[74]

寮やホテルの部屋ではガネッシュと呼ばれる「お香」を使ってリラックスしており、なかでも特に「8番」が好みの香りだという[75]

2013年シーズン終了後に契約更改の席で同年7月に一般女性との入籍を発表[76]、またその翌年の2月10日に第一子となる長男が誕生したと発表した[77]

2020年2月14日、千葉市消防局が行う春の火災予防運動(3月1日 - 7日)のポスター[78]に5年ぶりに起用された[79]。6月15日、第3子が誕生した[80]

好きな食べ物は「」、嫌いな食べ物は「おでん[70]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ロッテ 72 0 0 0 0 2 2 1 41 .500 308 75.1 61 2 19 3 2 57 2 0 25 14 1.67 1.06
2013 68 0 0 0 0 2 6 33 9 .250 268 62.0 65 3 16 3 4 66 3 0 24 19 2.76 1.31
2014 52 0 0 0 0 7 3 1 23 .700 226 51.0 56 3 16 0 2 57 2 0 28 28 4.94 1.41
2015 51 0 0 0 0 3 2 0 11 .600 227 53.0 48 2 21 1 2 42 7 0 23 23 3.91 1.30
2016 61 0 0 0 0 3 2 14 21 .600 238 59.0 53 2 16 2 0 36 1 0 13 12 1.83 1.17
2017 38 0 0 0 0 0 4 9 6 .000 162 35.1 46 8 15 2 0 29 1 0 20 20 5.09 1.73
2018 70 0 0 0 0 2 6 3 17 .250 264 64.1 44 6 27 1 3 61 2 0 26 22 3.08 1.10
2019 60 0 0 0 0 4 5 27 12 .444 229 58.2 36 5 22 2 2 56 1 0 15 14 2.15 0.99
2020 54 0 0 0 0 3 5 31 5 .375 214 52.0 42 1 17 1 2 53 4 0 15 13 2.25 1.14
NPB:9年 526 0 0 0 0 26 35 119 145 .426 2136 510.2 451 32 169 15 17 457 23 0 189 165 2.91 1.21
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2012 ロッテ 72 4 16 1 1 .952
2013 68 5 5 0 0 1.000
2014 52 5 6 1 1 .917
2015 51 3 6 0 0 1.000
2016 61 3 11 0 1 1.000
2017 38 1 7 0 0 1.000
2018 70 4 12 0 1 1.000
2019 60 3 11 0 1 1.000
2020 54 1 9 0 1 1.000
通算 526 29 83 2 6 .982
  • 2020年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

益田の母校である関西国際大学では新人王表彰を記念して、垂れ幕が掲げられた。
2012年12月22日撮影

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100ホールド:2016年7月23日、対東北楽天ゴールデンイーグルス12回戦(楽天Koboスタジアム宮城)、8回裏に4番手で救援登板、1回無失点[81][52]
  • 100セーブ:2020年8月7日、対オリックス・バファローズ10回戦(京セラドーム大阪)、9回裏に4番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上33人目[52]
  • 500試合登板:2020年8月28日、対オリックス・バファローズ13回戦(京セラドーム大阪)、9回裏に4番手で救援登板 ※史上102人目
  • 150セーブ:2021年9月8日、対オリックス・バファローズ18回戦(ほっともっとフィールド神戸)、9回裏に3番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上17人目
その他の記録
  • 新人最多登板数:72試合(2012年)
  • 新人最多ホールド数:41ホールド(2012年)
  • 1球勝利:2014年9月9日、対埼玉西武ライオンズ22回戦(QVCマリンフィールド)、11回表2死に5番手で救援登板・完了、渡辺直人を二ゴロ ※史上38人目[29]
  • 1球セーブ:2021年6月4日、対横浜DeNAベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、9回裏二死に6番手で救援登板・完了、桑原将志を中飛 ※史上62人目、68度目[82]
  • 1球勝利・1球セーブを両方達成 ※史上4人目、パ・リーグ史上初[82]
  • 100ホールド100セーブ ※史上5人目[52]
  • 暴投による2者生還逆転サヨナラ負け:2020年10月29日、対福岡ソフトバンクホークス21回戦(福岡PayPayドーム)、9回裏一死二・三塁から ※プロ野球史上初[83]
  • シーズン18引分:2021年 ※NPB記録、2021年シーズン途中の記録のため、最終成績は未確定
  • オールスターゲーム出場:4回(2012年、2013年、2016年、2021年)

背番号[編集]

  • 52(2012年 - )

登場曲[編集]

  • 「Last One To Die」Rancid(2012年オープン戦 - )
  • 「Party Rock Anthem feat. Lauren Bennett & GoonRock」LMFAO(2012年 - )
  • 「Danza Kuduro」Don Omar(2012年8月 - )

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 平成生まれでは初の獲得。

出典[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c 広報紀の川 第75号 (PDF)”. 紀の川市. p. 3. 2012年11月19日閲覧。
  3. ^ “8球団が熱視線も関西国際大・益田3敗目”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2011年10月5日). オリジナルの2011年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111124103753/https://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/baseball/ama/news/20111005-OHO1T00069.htm 2011年11月12日閲覧。 
  4. ^ “ロッテ・益田 "強心臓" の秘密”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2013年1月4日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/68692/ 2013年1月4日閲覧。 
  5. ^ “転機重ねて投手で開花 益田直也(関西国際大→ロッテ4位)”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年12月8日). http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201112070228.html 2012年11月19日閲覧。 
  6. ^ a b “転向・急な進化…阪神2軍にクリーンヒット許さず 関西国際大・益田直也投手”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年8月22日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110822/bbl11082212150000-n1.htm 2011年11月12日閲覧。 
  7. ^ “ドラフト4位・関西国際大の益田 ロッテと仮契約”. 神戸新聞NEXT. (2011年11月19日). http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/0004628091.shtml 2011年12月3日閲覧。 
  8. ^ ロッテのドラ4益田5戦連続0封開幕有力”. 日刊スポーツ (2012年3月15日). 2021年9月21日閲覧。
  9. ^ “ロッテドラ4新人・益田7試合連続無失点で開幕1軍確定”. Sponichi Annex. (2012年3月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/22/kiji/K20120322002880530.html 2012年11月19日閲覧。 
  10. ^ ロッテ開幕4連勝に新人益田が全試合0封”. 日刊スポーツ (2012年4月5日). 2021年9月21日閲覧。
  11. ^ 球宴監督推薦で新人は野村と益田”. 日刊スポーツ (2012年7月2日). 2021年9月21日閲覧。
  12. ^ 益田がひと夏の経験「気持ちいい」初S”. 日刊スポーツ (2012年8月6日). 2021年9月21日閲覧。
  13. ^ a b “益田 登板57戦目で初勝利「今年はもう付かないかと」”. Sponichi Annex. (2012年8月31日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/31/kiji/K20120831004011280.html 2012年11月19日閲覧。 
  14. ^ 【ロッテ】新人王益田、母の涙に照れ笑い”. 日刊スポーツ (2012年11月20日). 2021年9月21日閲覧。
  15. ^ 益田投手が2012年度パ・リーグ新人王を受賞!!”. 千葉ロッテマリーンズ (2012年11月20日). 2012年11月23日閲覧。
  16. ^ 新人王は広島・野村とロッテ・益田に決定 初の平成生まれ新人王”. Sponichi Annex (2012年11月20日). 2012年11月20日閲覧。
  17. ^ 【ロッテ】新人王益田が3000万円アップ”. 日刊スポーツ (2012年12月4日). 2021年9月21日閲覧。
  18. ^ 益田投手の検査結果について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2013年1月31日). 2021年10月5日閲覧。
  19. ^ 【ロッテ】益田ブルペン「制球よかった」”. 日刊スポーツ (2013年2月18日). 2021年9月21日閲覧。
  20. ^ 益田 「神様、仏様」稲尾に並ぶ月間18試合登板 セーブは球団月間新”. スポーツニッポン (2013年5月31日). 2021年10月5日閲覧。
  21. ^ 益田2年連続出場「直球で」/球宴”. 日刊スポーツ (2013年7月1日). 2021年9月21日閲覧。
  22. ^ 週刊ベースボール2013年9月30日号95ページ
  23. ^ 【ロッテ】益田パ最多S獲得「うれしい」”. 日刊スポーツ (2013年10月13日). 2021年9月21日閲覧。
  24. ^ 【ロッテ】益田が結婚&3000万増更改”. 日刊スポーツ (2013年11月30日). 2021年9月21日閲覧。
  25. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ トップチーム”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2015年3月30日閲覧。
  26. ^ ロッテ 益田 開幕絶望 右肘違和感 伊東監督「いなきゃいないで」”. スポーツニッポン (2014年3月21日). 2021年10月5日閲覧。
  27. ^ ロッテが益田を1軍登録”. 日刊スポーツ (2014年4月8日). 2021年9月21日閲覧。
  28. ^ ロッテ 手痛い逆転負け…嘆く指揮官、6月いまだ連勝なし”. スポーツニッポン (2014年6月16日). 2021年10月5日閲覧。
  29. ^ a b “今季は“当たり年”史上最多4人目!ロッテ益田が1球勝利”. スポーツニッポン. (2014年9月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/10/kiji/K20140910008905170.html 2021年6月5日閲覧。 
  30. ^ ロッテ益田800万増 守護神へ意気込み”. 日刊スポーツ (2014年12月9日). 2021年9月21日閲覧。
  31. ^ ロッテが藤岡を登録、益田を抹消”. 日刊スポーツ (2015年4月22日). 2021年9月21日閲覧。
  32. ^ ロッテ益田8000万維持 ハワイトレは英語不安?”. 日刊スポーツ (2015年12月11日). 2021年9月21日閲覧。
  33. ^ ロッテ 益田直也投手・復活したリリーフ陣のけん引車”. 週刊ベースボールONLINE (2016年11月5日). 2021年9月21日閲覧。
  34. ^ ファン投票、選手間投票で選出者なしのロッテが…12球団最多タイの7人が球宴出場へ!”. BASEBALL KING (2016年7月4日). 2021年9月21日閲覧。
  35. ^ ロッテ西野、救援失敗「肘がよくない」登録抹消へ”. 日刊スポーツ (2016年7月30日). 2021年9月21日閲覧。
  36. ^ ロッテ益田が右肘関節炎 出場は様子見ながら”. 日刊スポーツ (2016年9月13日). 2021年9月21日閲覧。
  37. ^ ロッテ益田が大台突破、1億円超えに「大満足」 来季は最多セーブ狙う”. Full-Count (2016年12月19日). 2017年2月8日閲覧。
  38. ^ 抑え復帰濃厚のロッテ・益田、目標は4年ぶりセーブ王奪取「やるからには目指す」”. サンケイスポーツ (2017年1月9日). 2017年2月8日閲覧。
  39. ^ 今季3度目の救援失敗…益田、中継ぎへ配置転換”. Sponichi Annex (2017年5月6日). 2021年9月21日閲覧。
  40. ^ ヤクルト今浪ら登録、ロッテ益田ら抹消/18日公示”. 日刊スポーツ (2017年5月18日). 2021年9月21日閲覧。
  41. ^ 中日小笠原ら登録、ロッテ益田ら抹消/20日公示”. 日刊スポーツ (2017年8月20日). 2021年9月21日閲覧。
  42. ^ ロッテ益田1000万ダウン 巻き返しへ筋トレ導入”. 日刊スポーツ (2017年11月30日). 2021年9月21日閲覧。
  43. ^ ロッテ・益田直也 特別な思いを抱く指揮官のために腕を振るう鉄腕/復活の1年”. 週刊ベースボールONLINE (2018年9月29日). 2021年9月21日閲覧。
  44. ^ 井口監督、6敗目益田に「逆転されることが多い」”. 日刊スポーツ (2018年8月11日). 2021年9月21日閲覧。
  45. ^ ロッテ益田、守護神に名乗り 年俸1・3億円「これでまた、後輩にご飯をおごれます」”. Sponichi Annex (2018年12月11日). 2021年9月21日閲覧。
  46. ^ ロッテ益田が守護神内定「一番後ろで」井口監督指名”. 日刊スポーツ (2019年3月20日). 2021年9月21日閲覧。
  47. ^ 巨人 FA取得のロッテ益田の獲得調査へ”. デイリースポーツ (2019年10月24日). 2020年4月27日閲覧。
  48. ^ ロッテ益田が残留を決断 複数回の交渉で熱意感じた”. 日刊スポーツ (2019年10月30日). 2019年11月3日閲覧。
  49. ^ ロッテ益田、国内FA権を行使せずに残留 正式表明「ロッテで優勝したい」”. Full-Count (2019年10月30日). 2020年4月27日閲覧。
  50. ^ 【ロッテ】益田が3年契約、総額6億円プラス出来高でサイン「すごくいい評価してもらえた」”. スポーツ報知 (2019年12月20日). 2021年9月21日閲覧。
  51. ^ ロッテ・益田直也 指揮官を胴上げするために/リーダーの決意”. 週刊ベースボールONLINE (2020年1月11日). 2021年9月21日閲覧。
  52. ^ a b c d “ロッテ益田「100S100H」達成 史上5人目”. 日刊スポーツ. (2020年8月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008070001050.html 2020年8月8日閲覧。 
  53. ^ ロッテの守護神・益田直也が通算500試合登板 リーグトップの18Sで花を添える「サヨナラ負けで500試合登板はダメだと思っていたので…」”. 中日スポーツ (2020年8月28日). 2020年9月1日閲覧。
  54. ^ ロッテ益田「きついことをしていく」来季も選手会長”. 日刊スポーツ (2020年12月23日). 2021年9月21日閲覧。
  55. ^ 今季は9回打ち切り ナイターも30分ほど前倒し”. 日刊スポーツ (2021年3月22日). 2021年9月21日閲覧。
  56. ^ ロッテ痛恨のサヨナラ負けで2連敗 ハーマン、益田踏ん張れず 打線の拙攻も響く”. デイリースポーツ (2021年3月27日). 2021年9月21日閲覧。
  57. ^ ロッテ痛恨3連敗、益田が2日連続サヨナラ打浴びる”. 日刊スポーツ (2021年3月28日). 2021年9月21日閲覧。
  58. ^ 好調ロッテを支える守護神・益田直也の安定感”. BASEBALL KING (2021年8月31日). 2021年9月21日閲覧。
  59. ^ ロッテ益田が1球セーブ パ・リーグ初の1球勝利とW達成”. 日刊スポーツ (2021年6月4日). 2021年9月21日閲覧。
  60. ^ ロッテから球宴監督推薦で4人選出 荻野、益田、中村奨、佐々木千”. Sponichi Annex (2021年7月5日). 2021年9月21日閲覧。
  61. ^ ロッテ益田直也150セーブ達成し首位奪還「家族、ファンの皆さんに感謝」”. 日刊スポーツ (2021年9月8日). 2021年9月21日閲覧。
  62. ^ 「2011ドラフト指名選手 CLOSE UP」『週刊ベースボール』2011年12月12日号、ベースボール・マガジン社、 50-51頁、 雑誌20442-12/12。
  63. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、176頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  64. ^ パ新人王の益田 母に「一番に報告」”. スポニチ デイリースポーツ online (2012年11月21日). 2019年5月20日閲覧。
  65. ^ 益田、復活に手応え 球威戻り、新球も習得 千葉ロッテ” (2016年4月1日). 2016年4月1日閲覧。
  66. ^ a b “ロッテ開幕4連勝に新人益田が全試合0封”. 日刊スポーツ. (2012年4月5日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120405-928956.html 2012年11月19日閲覧。 
  67. ^ “グライ7回無失点で60年ぶり開幕4連勝!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2012年4月5日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20120405-OHT1T00042.htm 2012年4月5日閲覧。 
  68. ^ “敵地で快進撃!ロッテ60年ぶり開幕4連勝!”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2012年4月5日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120405/mar12040505070001-n2.html 2012年4月5日閲覧。 
  69. ^ “ロッテ肝っ玉ルーキー益田が満塁斬り”. 日刊スポーツ. (2012年4月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120425-939650.html 2012年11月19日閲覧。 
  70. ^ a b 千葉ロッテマリーンズオフィシャルイヤーブック2020. 日刊スポーツPRESS. (2020-03-23 2020) 
  71. ^ 52 益田 直也 選手名鑑2021|千葉ロッテマリーンズ” (日本語). 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト. 2021年8月25日閲覧。
  72. ^ “ロッテ天然新人 東京→武蔵野線→浦和”. 日刊スポーツ. (2012年1月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120109-886937.html 2012年11月19日閲覧。 
  73. ^ “益田、母への思いで力投!西本コーチ直伝シュートも見せた”. Sponichi Annex. (2012年2月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/02/19/kiji/K20120219002666190.html 2012年11月19日閲覧。 
  74. ^ “【ロッテ】益田がひとり親家族を招待 「毎回励みになっている」”. BASEBALL KING. (2016年9月4日). https://baseballking.jp/ns/87401 2016年9月4日閲覧。 
  75. ^ “【キャンプの相棒】ロッテ 益田直也(投手)”. ゲンダイネット. (2012年2月13日). http://gendai.net/articles/view/sports/135122 2012年11月19日閲覧。 
  76. ^ “益田 7月に結婚していた!年俸アップで「何かプレゼントを」”. スポーツニッポン. (2013年11月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/01/kiji/K20131201007113590.html 2014年3月17日閲覧。 
  77. ^ “ロッテ・益田パパに!長男誕生「とにかく元気に育って」”. スポーツニッポン. (2014年2月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/02/13/kiji/K20140213007580890.html 2014年3月17日閲覧。 
  78. ^ 火災予防ポスター”. 千葉市消防局 (2020年2月14日). 2020年2月14日閲覧。
  79. ^ 【ロッテ】火消し役・益田が火災予防運動ポスターに”. スポーツ報知 (2020年2月14日). 2020年2月14日閲覧。
  80. ^ 【ロッテ】益田直也に第3子誕生”. スポーツ報知 (2020年6月16日). 2020年6月17日閲覧。
  81. ^ 【千葉魂】信念貫きブルペン支え続ける 益田、通算100ホールド達成”. 千葉日報 (2016年8月2日). 2020年8月8日閲覧。
  82. ^ a b “ロッテ・益田が1球セーブ 1球勝利&1球セーブ両方達成はパで史上初の快挙”. スポーツニッポン. (2021年6月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/06/04/kiji/20210604s00001173682000c.html 2021年6月4日閲覧。 
  83. ^ ロッテ 史上初2者生還逆転サヨナラ暴投…守護神・益田 痛恨ワンバン、田村捕球できず”. スポニチ (2020年10月30日). 2020年12月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]