山口航輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山口 航輝
千葉ロッテマリーンズ #51
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市平野区
生年月日 (2000-08-18) 2000年8月18日(23歳)
身長
体重
183 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2018年 ドラフト4位
初出場 2021年3月26日
年俸 4300万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山口 航輝(やまぐち こうき、2000年8月18日 - )は、大阪府大阪市平野区出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

妻はAKB48HKT48元メンバーでタレント・女優の多田愛佳[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪市立加美北小学校1年から「平野エンゼルス」で野球を始める[3]大阪市立加美中学校時代は「ナガセボーイズ」に所属[3]

秋田県明桜高校に進学後、1年春からベンチ入りし[3]、2年からは「4番・投手」に定着[4]。2年夏には県大会での投打にわたる活躍で甲子園大会出場に貢献した[4]。秋田県大会決勝戦では金足農業高校のエースで同学年の吉田輝星と投げ合ったが、一塁牽制の帰塁の際に右肩を亜脱臼した影響から甲子園では登板なしに終わり、チームも初戦で敗退した[5]。新チームで主将に就任するも秋季大会ではベンチ外となった[4]。その後、投手に先立ち打者として復帰し3年夏の県大会では5試合で打率.375、2本塁打、6打点の活躍でチームを2年連続の決勝進出に導くも、決勝では前年に続いてエース吉田を擁する金足農業と対戦したが、0-2で敗れて甲子園出場は叶わなかった[4]。高校通算25本塁打[6]。高校での同学年に曽谷龍平がいる。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、千葉ロッテマリーンズから4位指名を受け、11月14日に契約金4000万円、年俸560万円(金額は推定)で仮契約した[7]。背番号は51[8]。外野手としての指名であるが、自身は将来的に投手としても復帰し、二刀流への挑戦も視野に入れていると語った[7]

ロッテ時代[編集]

2019年は、イースタン・リーグでリーグ4位の114試合に出場[9]。5月は月間打率.310だったが、7月は.188、8月は.189と調子の波が大きく[10]、最終成績は打率.239、6本塁打、29打点で[9]、一軍出場は無しに終わった。シーズンオフに鴨川市で行われた秋季キャンプに参加したが、合流初日に左足距骨後方骨折で離脱した[9]

2020年は、イースタン・リーグで全70試合に出場[11]。8月下旬から4番に定着し、打率.258、7本塁打、30打点という成績を残した[11]。7本塁打はチームトップであったが[12]、この年も一軍出場は無かった。11月に行われたフェニックス・リーグでは、一塁手に挑戦した[12]

2021年は、プロ3年目で開幕を一軍で迎えた。3月26日の福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(福岡PayPayドーム)プロ初スタメンとなる「5番・指名打者」で出場。6回表には、レフトへのヒットを放ちプロ初安打を記録した。シーズン打率は2割をわずかに上回る程度だったが本塁打は9本を記録し、一軍デビューしたシーズンとしてはまずまずの成績だった。オフの12月9日の契約更改では840万円増の推定年俸1400万円でサインした[13]

2022年は、シーズン当初から一軍帯同していたものの、前半戦はコンディションの問題からレギュラー定着とはいかなかった。オールスター明けの後半戦から徐々にバッティングの調子を取り戻し、クリーンナップでのスタメン起用が増える。9月22日、対オリックス・バファローズ24回戦(京セラドーム大阪)で、本塁打3本と二塁打1本を放ち4打数4安打、球団史上2020年7月28日の井上晴哉以来2年ぶり15人目となる1試合3本塁打、1982年8月4日の落合博満以来40年ぶり6人目となる1試合8打点と、1979年8月12日のレオン・リー以来43年ぶり2人目となる1試合14塁打を記録した。また同球場における1試合3本塁打は、2009年4月10日にグレッグ・ラロッカ(オリックス)が対ロッテ1回戦で記録して以来13年ぶり史上5人目、日本人選手としては1997年9月20日の中村紀洋近鉄)以来25年ぶり史上2人目となった[14]。最終的にチームトップの16本塁打を記録し、昨年よりも打撃成績が大きく向上したシーズンとなった。オフの11月16日の契約更改では倍増の推定年俸2800万円でサインした[15]

2023年は、キャンプから好調を見せてオープン戦を含めた対外試合で7本塁打を記録[16]。オープン戦後半は自打球の影響で無安打の打席が続いたものの、3月31日に行われたソフトバンクとの開幕戦(福岡PayPayドーム)に「3番・左翼手」で出場。4月25日の対埼玉西武ライオンズ戦(ZOZOマリン)で9回無死無走者の打席で増田達至からシーズン80打席目でシーズン初本塁打を放った[17]。しかし、左大腿二頭筋損傷を痛めて同月30日に一軍登録を抹消[18]。5月28日に一軍登録される[19]と、6月11日の対広島東洋カープ戦(ZOZOマリン)では3回一死満塁の打席で黒原拓未から自身初の満塁本塁打[20]、8月4日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天モバイルパーク宮城)では7回二死無走者の打席で岸孝之から本塁打を放ち、2年連続2桁本塁打を記録した[21]。シーズン通算ではプロ入り5年目で初めて規定打席に到達し、115試合に出場、打率.235、14本塁打、57打点の成績を残した[22]。オフの11月21日の契約更改では1500万円増の推定年俸4300万円でサインした[23]

選手としての特徴[編集]

高校通算25本塁打を誇り、反対方向にも長打を放つスイング力、パワーに加え脚力を武器とする右打の強打者[6][7]

投手としては、オーバースローから最速146km/hのストレートを繰り出す本格派投手である[4][6]

人物[編集]

愛称は「ぐっさん」、「ぐっち[24]

2023年からロッテで使用されている応援歌の原曲は、里中智のテーマ(カプコンファミコンソフト『水島新司の大甲子園』より。)である。

俳句が得意で、13歳のとき伊藤園お〜いお茶新俳句大賞に応募し「ラグビーの選手の体湯気が立つ[25]」の句で佳作特別賞を受賞している。プロ初本塁打を放った際には、伊藤園から記念としておーいお茶 ペットボトル5ケースを提供された[26]。お立ち台に上がった際など節目節目で句を詠みあげるキャラが定着しており、2021年オフの契約更改の場では、30本塁打を達成したらテレビ番組『プレバト!!』(毎日放送制作)に出演して夏井いつきに俳句を批評してもらいたいという目標を掲げていたが[27]、2023年1月に同番組に出演し、結果は「千葉県公認の観光ポスター」に自身の俳句を掲載される企画に挑戦したが、6人中最下位に終わった[28]。同月には球団の初売りグッズとして、山口が詠んだ句である「日本一 ファンと共に 見る景色」がデザインされたTシャツやタオルが販売されたが[29]、同年は「今年はやりません。優勝した時に渾身の一句を作ります。」と得意の俳句を封印することを宣言した[30]

主な句
  • ホームラン たくさん打つぞ 今年こそ(2021年キャンプイン前日)
  • 3月は 桜も咲くぞ 僕も咲く(静岡でオープン戦1号)
  • まだ寒い 北の大地で 僕熱い(札幌でオープン戦2号)
  • 開幕だ 玄界灘で 大暴れ(ソフトバンクとの開幕戦直前)
  • 春の夜 夢にまで見た 初アーチ(4月9日、プロ1号)
  • 時の人 ぺこぱに力 もらったよ(4月20日、お笑いコンビぺこぱが始球式を務めた試合で初のお立ち台)
  • 秋の夢 心はひとつ 日本一(11月、CSファイナル進出を決め一句)
  • 喜びも 気持ちはすでに 来年へ(12月、契約更改で詠み納め)
  • 新年に 刻む想いは 30発(2022年1月3日)
  • こいのぼり 僕も登るぞ 頂点へ(4月30日)
  • 梅雨入りも 僕の打撃は 日本晴れ(6月7日)
  • ロックの日 バットが奏でる ホームラン(6月9日)
  • 短冊に 込める願いは 頂点へ(7月6日)

2023年11月20日、来年度(2024年)の契約更改を行った後の記者会見の席で、元HKT48のメンバーでタレントの多田愛佳と結婚したことを発表[2]。その後多田との連名で自身のSNSにて結婚報告を行った[31]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2021 ロッテ 78 228 203 20 42 3 1 9 74 20 0 1 0 0 25 0 0 53 5 .207 .294 .365 .658
2022 102 349 321 40 76 14 0 16 138 57 1 0 0 1 23 0 4 84 8 .237 .295 .430 .725
2023 115 474 421 46 99 21 0 14 162 57 0 0 0 5 43 6 5 122 7 .235 .310 .385 .695
通算:3年 295 1051 945 106 217 38 1 39 374 134 1 1 0 6 91 6 9 259 20 .230 .302 .396 .697
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 外野
























2021 ロッテ 21 120 10 1 6 .992 24 31 0 1 0 .969
2022 44 309 21 0 26 1.000 33 42 2 0 0 1.000
2023 68 542 37 7 51 .988 55 72 2 1 0 .987
通算 133 971 68 8 58 .992 112 145 4 2 0 .987
  • 2023年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • クライマックスシリーズ最年少本塁打:2021年11月7日、ファーストステージ第2戦、6回裏に安樂智大から右越えソロ ※21歳2か月で記録、パ・リーグ史上最年少[34]

背番号[編集]

  • 51(2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「LIFE GOES ON」導楽(2020年 - 2021年)※2021年は偶数打席時
  • 「クソッタレが原動力」(2021年-2021年7月・2022年5月-)※2021年は奇数打席時 2022年5月からは偶数打席時
  • 「繋いでいけ」Bigfumi(2021年8月 - )※2022年3月から4月は1打席目 2022年5月からは奇数打席時
  • 「Giant Kiling」Bigfumi(2022年3月 - 2022年4月)※2打席目
  • 「その人生は素晴らしい」Bigfumi(2022年3月 - 2022年4月)※3打席目
  • 「後悔なき航海」Bigfumi(2023年 - )

脚注[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年11月20日閲覧。
  2. ^ a b "【ロッテ】山口航輝が結婚発表、元AKB48・HKT48多田愛佳さんと「初めて会った時から」". 日刊スポーツNEWS. 日刊スポーツ新聞社. 20 November 2023. 2023年11月20日閲覧
  3. ^ a b c ロッテD4位・山口が仮契約「落合さんのような本塁打王に」/東北スポーツ (2/2ページ) SANSPO.COM 2018年11月15日
  4. ^ a b c d e ロッテ4位、山口航輝が乗り越えた苦境 ライバル・輝星との再戦を楽しみに待つ スポーツナビ 2018年11月3日
  5. ^ 明桜27年ぶり勝利逃す 負傷の山口航輝登板できず - 高校野球 日刊スポーツ 2017年8月13日
  6. ^ a b c ロッテD4位・山口が仮契約「落合さんのような本塁打王に」/東北スポーツ (1/2ページ) SANSPO.COM 2018年11月15日
  7. ^ a b c ロッテ4位山口、憧れ大谷目標に将来は二刀流目指す 日刊スポーツ 2018年11月15日
  8. ^ ロッテ山口、強打者の仲間入りへ 背番51に決意新た”. 日刊スポーツ (2018年12月5日). 2022年6月10日閲覧。
  9. ^ a b c ロッテ・山口が左足首骨折で全治2カ月、鴨川秋季キャンプ合流初日に悲劇”. サンケイスポーツ (2019年11月13日). 2021年2月4日閲覧。
  10. ^ ロッテ・山口、反省の1年「同じことを何回も言われているようじゃいけない」”. BASEBALL KING (2019年10月11日). 2021年2月4日閲覧。
  11. ^ a b ロッテ2軍全日程終了 山口、本前らが存在感示す”. 日刊スポーツ (2020年11月1日). 2021年2月4日閲覧。
  12. ^ a b “勝負の3年目”ロッテ・山口「バッティングでアピールして勝つしかない」”. BASEBALL KING (2021年2月2日). 2021年2月4日閲覧。
  13. ^ ロッテ山口航輝840万円増「喜びも 気持ちはすでに 来年へ」俳句も披露」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2021年12月9日。2023年11月23日閲覧。
  14. ^ PacificleagueTVの2022年9月23日6時50分のツイート- X(旧Twitter)
  15. ^ 【ロッテ】山口航輝が倍増2800万円 得意の五七五で「秋風に 想いを込めて タイトルを!!」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2022年11月16日。2023年11月23日閲覧。
  16. ^ 【ロッテ】山口航輝「楽しみが不安に」足の痛み抱え11打席連続凡退中 難敵ソフトバンク戦へ準備 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com (2023年3月29日). 2023年5月21日閲覧。
  17. ^ 【ロッテ】山口航輝ようやく今季1号、悩める4番に中村奨吾「自分を許せることが大事だぞ」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2023年4月25日。2023年11月23日閲覧。
  18. ^ ロッテは左足負傷の山口航輝が離脱 日本ハムは緊急交代の今川優馬を抹消…30日の公示”. Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2023年4月30日). 2023年5月21日閲覧。
  19. ^ 【ロッテ】山口航輝が1軍昇格し「6番左翼」先発出場 左大腿二頭筋損傷が完治」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2023年5月28日。2023年11月23日閲覧。
  20. ^ 【ロッテ】山口航輝のプロ初満塁弾で先制「何とか先制点をと思い」佐々木朗希を援護」『スポーツ報知』報知新聞社、2023年6月11日。2023年11月23日閲覧。
  21. ^ ロッテ・山口航輝が2年連続2桁アーチの10号 「追加点がほしい場面だった。よかった」」『サンケイスポーツ』産経新聞社、2023年8月4日。2023年11月23日閲覧。
  22. ^ ロッテ・山口航輝、元HKT・多田愛佳さんと結婚「(船の)デッキでプロポーズしました」 契約更改会見で公表」『サンケイスポーツ』産経新聞社、2023年11月21日。2023年11月23日閲覧。
  23. ^ ロッテ・山口航輝、元HKT・多田愛佳さんと結婚「(船の)デッキでプロポーズしました」 契約更改会見で公表」『サンケイスポーツ』産経新聞社、2023年11月21日。2023年11月23日閲覧。
  24. ^ 51 山口 航輝 選手名鑑2021|千葉ロッテマリーンズ。”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト. 2021年8月24日閲覧。
  25. ^ 佳作特別賞
  26. ^ ロッテ山口「これで当分困ることがない」 伊藤園の「お~いお茶」5ケース贈呈に歓喜”. Full-Count (2021年4月20日). 2021年6月17日閲覧。
  27. ^ “ロッテ山口航輝150%増更改で一句「喜びも 気持ちはすでに 来年へ」”. 日刊スポーツ. (2021年12月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112090000782.html 2021年12月10日閲覧。 
  28. ^ ロッテ山口航輝、念願の「プレバト!!」出演「また呼んで頂けるように今年も頑張る」”. スポーツニッポン (2023年1月22日). 2023年1月23日閲覧。
  29. ^ 【ロッテ】山口航輝「日本一 ファンと共に 見る景色」俳句グッズの販売開始
  30. ^ ロッテ山口航輝 得意の俳句“封印”宣言「今年はやりません。優勝したら渾身の一句を」
  31. ^ ご報告です。 山口航輝Instagram 2023年11月20日発信・閲覧
  32. ^ a b c “3年目ロッテ・山口がプロ初出場初スタメンで初安打 六回に左前打”. サンケイスポーツ. (2021年3月26日). https://www.sanspo.com/article/20210326-YC4TQU2BDVN7TBLR4THW2HJT4U/link-39Y84Z8XPH75D9MMAT67W11N8C/ 2022年8月25日閲覧。 
  33. ^ “ロッテ・山口がプロ初本塁打「めちゃくちゃ気持ちいいです!」 注目の20歳長距離砲”. サンケイスポーツ. (2021年4月9日). https://www.sanspo.com/article/20210409-YLHQ7XQ6QBJX7DOJOPXVFDXHWM/ 2022年8月25日閲覧。 
  34. ^ “ロッテ山口航輝パCS最年少本塁打「とにかくみんなで大阪に行きたい!」”. 日刊スポーツ. (2021年11月7日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202111070000681_m.html 2022年8月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]