松田進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松田 進
千葉ロッテマリーンズ #50
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県川崎市
生年月日 (1994-08-29) 1994年8月29日(26歳)
身長
体重
188 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2018年 ドラフト7位
初出場 2019年5月10日
年俸 700万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松田 進(まつだ しん、1994年8月29日 - )は、神奈川県出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

アメリカニュージャージー州で生まれる[2]

國學院久我山高では2年春の時に第83回選抜高等学校野球大会に3番遊撃手として出場している(結果は5打数1安打)[3][4]

大学は東都大学野球連盟に所属する中央大学に進学し、1年からレギュラーとして活躍[3]。3年春のリーグ戦では3本塁打を放つなど[5]、大学4年間でベストナインを2度獲得[3]。4年春からは主将も務めた[2]プロ志望届を提出したが、指名漏れとなった[6][5]

大学卒業後はHONDAでプレーする[7]。HONDAでは1年目は遊撃手を務めていたが、2年目からは三塁手を務めていた[5]

2018年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから7位指名された。10月29日に大阪市内のホテルで指名挨拶を受け、「(中央大学の先輩の)井上さんが20本打たれたんで、そこに続いていければ」と、20本塁打を目標に掲げた[8]。契約金は3000万円、年俸は770万円(いずれも推定)[9]、背番号は「50」。

ロッテ時代[編集]

2019年は、1軍出場は3試合にとどまったものの、5月12日のホークス戦(福岡ヤフオクドーム)では「9番・遊撃手」でプロ初スタメン。第1打席にミランダからプロ初安打を記録した[10]。オフには契約更改に臨み、20万円減の750万円でサインした。11月23日からは台湾で行われたウインターリーグに参加。主にクリーンナップを任され、終盤には4番を務めるなど、打率.340、2本塁打の活躍を見せた[11]

2020年は、春季キャンプを1軍で迎えるも、開幕は2軍スタート[12]。10月6日に1軍の複数選手が新型コロナウイルスに感染した影響で、シーズン初の1軍昇格となった[13]が、1試合も出場することなく、10月16日に出場選手登録を抹消された[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 ロッテ 3 6 5 0 1 0 0 0 1 1 0 1 0 0 1 0 0 1 0 .200 .333 .200 .533
通算:1年 3 6 5 0 1 0 0 0 1 1 0 1 0 0 1 0 0 1 0 .200 .333 .200 .533
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



三塁手 遊撃手
























2019 ロッテ 1 0 0 0 0 .000 1 2 0 0 0 1.000
通算 1 0 0 0 0 .000 1 2 0 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50(2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「Jump & Sweat (feat.Sanjin)」Garmiani(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月4日閲覧。
  2. ^ a b “中大始動 投打の柱 松田進&村川翔太に注目”. 日刊スポーツ. (2016年1月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1591269.html 2020年4月29日閲覧。 
  3. ^ a b c “Honda松田&佐藤 対照的な学生時代経てリスタート”. スポーツニッポン. (2017年3月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/11/kiji/20170310s00001003465000c.html 2020年4月29日閲覧。 
  4. ^ 第83回センバツ高校野球 国学院久我山 対 九州学院 スコア速報” (2011年3月26日). 2020年4月29日閲覧。
  5. ^ a b c “ロッテドラ7松田、遊撃レギュラー獲りへ、“先輩”藤岡に挑戦状「勝負の世界」”. full-count. (2018年12月5日). https://full-count.jp/2018/12/05/post260889/ 2020年4月29日閲覧。 
  6. ^ “プロ野球志望届提出者一覧/大学生”. 日刊スポーツ. (2016年10月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1703945.html 2020年4月29日閲覧。 
  7. ^ 松田 進 プロフィール”. ベースボール・マガジン (2018年12月5日). 2020年4月29日閲覧。
  8. ^ ロッテ7位松田「ショート勝負」指名あいさつで決意”. 日刊スポーツ (2018年10月29日). 2020年11月13日閲覧。
  9. ^ ロッテD7松田と合意 契約金3000万円”. サンケイスポーツ (2018年11月15日). 2020年11月13日閲覧。
  10. ^ “ロッテ7位の松田がプロ初安打 初先発で中前安打”. 日刊スポーツ. (2019年5月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201905120000372.html 2020年4月29日閲覧。 
  11. ^ “ロッテ松田進に覚醒予感「ヒッチ」手応え/イチオシ”. 日刊スポーツ. (2019年12月27日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201912210000481_m.html?mode=all 2020年11月13日閲覧。 
  12. ^ “佐々木朗希、千隼、藤原1軍/ロッテ春季C選手一覧”. 日刊スポーツ. (2020年1月23日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202001230000762_m.html?mode=all 2020年11月13日閲覧。 
  13. ^ “ロッテ藤原恭大ら昇格「若い選手にチャンス」監督”. 日刊スポーツ. (2020年10月6日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202010060000331_m.html?mode=all 2020年11月13日閲覧。 
  14. ^ “ロッテ角中、鳥谷、和田ら登録/16日公示”. 日刊スポーツ. (2020年10月16日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202010160000529_m.html?mode=all 2020年11月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]