澤田圭佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 沢田圭佑
澤田 圭佑
千葉ロッテマリーンズ #132
Bs Keisuke Sawada 20210610.jpg
オリックス時代の2021年6月10日(京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市[1]
生年月日 (1994-04-27) 1994年4月27日(28歳)
身長
体重
178 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト8位
初出場 2017年3月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

澤田 圭佑(さわだ けいすけ、1994年4月27日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属する愛媛県松山市出身[1]プロ野球選手投手育成選手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

松山市立荏原小学校在学中に「砥部リトル」で硬式野球を始めると、同市立久谷中学校への進学後は、愛媛西シニアに所属した[2]

愛媛西シニアのエースとして出場した大会を大阪桐蔭高校硬式野球部監督の西谷浩一が視察したことをきっかけに、自身の意思で同校へ進学[3]。3年時には、エース・藤浪晋太郎に次ぐ背番号10の2番手投手として、同学年の藤浪や水本弦亜細亜大東邦ガス)、1学年下の森友哉などと共に甲子園球場の全国大会で春夏連覇を経験した[4]。夏の大阪大会では、本調子でなかった藤浪を好救援で支え続けながら、チームの全国大会出場に貢献。「9番・投手」として先発した全国大会の3回戦では、熊本代表の済々黌打線を相手に2失点の完投勝利を挙げるとともに、打者としても本塁打も記録している[5]

大阪桐蔭高校で春夏制覇を達成した後は、プロ志望届を提出せずに立教大学へ進学した。進学後は、1年時の春から東京六大学野球のリーグ戦に登板[5]すると、主に先発投手として活躍。2年時の秋季リーグ戦では、通算65イニングを投げて、6完投、防御率1.11、リーグトップの5勝を記録した[6]。3年時には、春季リーグの開幕戦で完投勝利を記録[5]。夏に開催された第28回ユニバーシアード競技大会では、日本代表の一員として金メダルを獲得した[7]

立教大学への在学中には、東京六大学野球のリーグ戦69試合に登板すると、通算で22勝16敗、防御率2.24、225奪三振をマーク[8]。通算投球回(300イニング)と通算勝利数(22勝)は、当時の現役投手では最も多く[5]、4年時には投手としては上重聡2002年)以来14年振りに主将を務めている[2]

大学4年生だった2016年の秋にプロ志望届を日本学生野球協会へ提出したこと[4]を背景に、同年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから8巡目で指名[9]。契約金2,000万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団した[10]。背番号は49。このドラフト会議では、大学の同期生からも、田中和基が3巡目で東北楽天ゴールデンイーグルス田村伊知郎が6巡目で埼玉西武ライオンズから指名された後に入団している。

オリックス時代[編集]

2017年には、同期入団の山岡泰輔黒木優太小林慶祐と共に春季キャンプを一軍でスタート[11]。一時は二軍キャンプへ回ったが、金田和之の故障で一軍へ昇格したキャンプ終盤[12]から、対外試合[13]で好投を見せた。ワールド・ベースボール・クラシック開幕直前の3月5日には、オリックスと日本代表の強化試合(京セラドーム大阪)に、救援投手として6回表から登板。日本代表の先発だった藤浪が2回2失点で降板した後にマウンドへ上がったため、藤浪との投げ合いは実現しなかったものの[14]、2イニングを投げて日本代表打線を1安打無失点に抑えた[15]オープン戦でも、救援で登板した5試合(通算4回1/3)を無失点で凌ぎ、チームの新人選手からは黒木とともに開幕一軍入りを果たした[16]。3月31日には、東北楽天ゴールデンイーグルス(京セラドーム大阪)との開幕戦で、救援投手として一軍公式戦にデビュー。4対4の同点で登板した延長11回表にカルロス・ペゲーロにバックスクリーンへ2点本塁打を被弾し、チームがそのまま4対6というスコアで敗れたため、澤田が敗戦投手になった。チームはこの敗戦で開幕戦6連敗を喫したものの、一軍監督の福良淳一は試合後に、「(澤田は)よく粘ったんじゃないか。マウンドさばきも大丈夫。本塁打の後はきっちり抑えてくれた」とコメント[17]。翌4月1日の同カードでも救援登板で3失点を喫したが、レギュラーシーズンの序盤は、中継ぎ投手として一軍公式戦での登板を重ねた。その後は、一軍と二軍を2度往復しながら、ウエスタン・リーグの公式戦で先発登板も経験。10月6日には、福岡ソフトバンクホークス本拠地福岡ヤフオク!ドームにおけるレギュラーシーズン最終戦で延長12回裏に登板したが、代打の吉村裕基にサヨナラ本塁打を打たれてシーズン2敗目を喫した[18]。一軍公式戦にはオール救援で13試合に登板したが、初勝利を挙げるまでに至らなかった。

2018年には、前年に続いて、公式戦の開幕から一軍の中継ぎ要員に起用。ビハインドの展開での登板が中心で、シーズン初登板からの9試合連続無失点を経て、5月4日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)で8回裏を三者凡退に抑えて一軍公式戦初勝利を挙げた[19]。一軍公式戦全体では、47試合の登板で、5勝無敗、8ホールド、防御率2.54を記録。シーズン終了後の契約交渉では、「チームの勝利に繋がるピッチングが前年より多く見られた」という評価を背景に、推定年俸2,600万円(前年から1,650万円増)という条件で契約を更改した[20]

2019年には、「勝利の方程式」を担うセットアッパーとして、一軍公式戦の開幕から22試合に登板。2勝2敗15ホールドを記録したが、5月末に右第5中手骨基部を骨折したため、6月1日付で出場選手登録を抹消された[21]。8月下旬に一軍へ復帰したものの、6試合の登板で2ホールドを挙げただけでシーズンを終了。通算の防御率は4.85ながら、シーズンの終了後に、推定年俸2,700万円(前年から100万円増)という条件で契約を更改した。

2020年には、右肘内側の側副靭帯に炎症が生じたため、レギュラーシーズン中の9月に戦線を離脱。一軍公式戦全体では22試合に登板したものの、前年に続いて故障の影響で本領を十分に発揮できず、2敗を喫しただけに終わった[22]。球団は上記の成績を「チームの勝利に対する貢献度が低い」として、シーズン終了後の契約交渉で、NPBが野球協約で定めている年俸の減額制限(25%)に近い減俸を澤田に提示。澤田はこの提示を保留したうえで、ホールド、救援勝利、ホールドポイント、セーブなどの成績と連動した出来高(インセンティブ)条項を契約へ追加することを球団に提案した。実際には2度目の交渉でも球団からの提示額は変わらなかったが、上記の提案が最高で1,000万円相当のインセンティブ条項として球団へ受け入れられた末に、推定年俸2,100万円(前年から600万円減)という条件で契約を更改した[23]

2021年には、春季キャンプ中に右肘痛が再発した影響で、一軍への合流はセ・パ交流戦期間中の6月にまで持ち越された。合流後も右肘痛の影響で二軍との往復を繰り返した結果、レギュラーシーズンの一軍公式戦では、14試合の登板で6つのホールドを記録しただけにとどまった。チームはこの年に(ブルーウェーブ時代の1996年以来)25年振りのパシフィック・リーグ(パ・リーグ)優勝を成し遂げたが、自身はシーズン後半の9月から戦線を離脱。ポストシーズン中の11月には、右肘のクリーニング手術を受けた[24]。翌2022年に向けた契約交渉に際しては、手術後のリハビリへ専念する目的で代理人を初めて立てたものの、年内の合意には至らなかった[25]

2022年には、春季キャンプの開始を間近に控えていた1月19日に、代理人同席の下で契約を更改。推定年俸は1,700万円(前年から400万円減)ながら、前年に続いて出来高の条件を加えることで合意した[25]。更改の直後には「ここ数年右肘の痛みを我慢しながら投げてきたが、(クリーニング手術を受けた)今はキャッチボールで痛みが出ていない」と語っていて[26]、レギュラーシーズン開幕後の4月3日にはウエスタン・リーグの公式戦(阪神鳴尾浜球場での対阪神戦)へ登板したものの、2/3回を投げただけで2本の本塁打を浴びて降板。実際には右肘の回復が思わしくなかったため、この試合を最後に実戦で登板せず、6月13日にトミー・ジョン手術を受けた。手術後は1週間の入院を経てリハビリに専念していた[27]が、チームがパ・リーグでの2連覇を決めた3日後(10月5日)に球団から戦力外通告[28]。トミー・ジョン手術から実戦への復帰までに1年以上の期間を要することが多いにもかかわらず、自身の前後にこの手術を受けた同僚の右投手(黒木優太近藤大亮椋木蓮)と違って、球団からは育成選手扱いでの再契約も打診されなかった。

ロッテ時代[編集]

2023年1月23日に、千葉ロッテマリーンズとの間で育成選手契約を締結したことが発表された[29]。背番号は132

選手としての特徴[編集]

身長178cm・体重96kgというふくよかな体格で、打者がスイングのタイミングを取りづらいオーバースローの投球フォーム[30]から、最速152km/hのストレート[31]スライダーカットボールチェンジアップなどの変化球を巧みに投げ分ける[32]

大阪桐蔭高校への在学中から投球の安定感とコントロールへの評価が高く、立教大学時代に登板していた東京六大学野球のリーグ戦では、1試合平均の与四死球率を1.99にとどめていた[33]。オリックスや楽天で打撃コーチを務めている小谷野栄一は、オリックスでの現役時代に、「投球に大したスピードはないのに、投げる寸前まで球種が分からないので、打者が先に反応してしまう」という意味で澤田の投球術を「あと出しジャンケン」と表現している[30]

高校時代には、藤浪が伸び悩んでいた2年生の夏頃まで、監督の西谷から藤浪を上回る評価と信頼を獲得。藤浪が「浪速のダルビッシュ」と呼ばれるまでに成長してから[34]も、高校球界では「最強の2番手投手」という異名で知られていた。前述した投球フォームは、打者との間合いを意識しながら打ち気を逸らすことを、西谷に教え込まれたことから編み出されたという[32]

人物[編集]

大阪桐蔭高校時代には、3年生の時に硬式野球部の副主将を務めた。在学中には、校内での人気が高く、西谷からも(苗字にちなんだ愛称の)「サワちゃん」と呼ばれるほどであったという[35]。奇しくも、2年時からバッテリーを組んでいた森友哉(卒業後の2013年に西武へ入団)は、澤田がオリックスから戦力外通告を受けた翌月(2022年11月)に国内FA権を行使したうえでオリックスへ移籍。同校から直接阪神へ入団していた同級生の藤浪は、ポスティングシステムでの入札を経て、澤田がロッテへ移籍する直前(2023年1月)にMLBオークランド・アスレチックスへ入団している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 オリックス 13 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 58 13.0 13 2 6 0 1 5 0 0 6 6 4.15 1.46
2018 47 0 0 0 0 5 0 0 8 1.000 201 49.2 45 5 11 2 1 45 0 0 14 14 2.54 1.13
2019 28 0 0 0 0 2 2 0 17 .500 122 26.0 28 3 15 4 0 19 0 0 14 14 4.85 1.65
2020 24 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 87 21.0 16 5 8 2 0 24 0 0 10 8 3.43 1.14
2021 14 0 0 0 0 0 0 0 6 ---- 59 14.0 15 0 3 0 1 14 0 0 6 6 3.86 1.29
通算:5年 126 0 0 0 0 7 6 0 31 .538 527 123.2 117 15 43 8 3 107 0 0 50 48 3.49 1.29
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 オリックス 13 0 2 0 0 1.000
2018 47 2 8 0 1 1.000
2019 28 0 3 0 1 1.000
2020 24 2 5 0 0 1.000
2021 14 1 2 0 0 1.000
通算 126 5 20 0 2 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 49(2017年 - 2022年)
  • 132(2023年 - )

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 阪神 立大・沢田をリストアップ 大阪桐蔭で藤浪と春夏連覇を達成”. スポーツニッポン (2016年6月7日). 2016年11月1日閲覧。
  2. ^ a b オリックス・バファローズ 澤田圭佑プロフィール”. 週刊ベースボールONLINE. 2017年4月24日閲覧。
  3. ^ 藤浪の盟友「大阪桐蔭の人気者サワちゃん」がオリックスで猛アピール(2)”. Web Sportiva (2017年3月24日). 2017年4月24日閲覧。
  4. ^ a b “立大の沢田圭らプロ志望届=大学野球:時事ドットコム”. 時事通信社. (2016年9月15日). オリジナルの2016年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161101103128/https://www.jiji.com/jc/article?k=2016091500763&g=bsb 2016年10月13日閲覧。 
  5. ^ a b c d 川島毅洋 (2016年9月18日). “同級生・藤浪と同じ舞台に…立大・沢田圭佑 4年間の成長”. スポーツニッポン. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/18/kiji/K20160918013374920.html 2016年10月13日閲覧。 
  6. ^ 学生注目!我が大学の侍ジャパン戦士 澤田圭佑投手/立教大学編(立教スポーツ編集部提供) | 大学 | 選手紹介 | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. NPBエンタープライズ (2015年6月16日). 2016年10月13日閲覧。
  7. ^ 第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)入賞者一覧 - JOC”. 日本オリンピック委員会. 2016年11月1日閲覧。
  8. ^ リーグ戦・選手個人通算成績 澤田 圭佑(2013年入学)”. 東京六大学野球連盟. 2021年8月29日閲覧。
  9. ^ 2016年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ オフィシャルサイト (2016年10月20日). 2016年11月1日閲覧。
  10. ^ オリドラ8沢田が仮契約 元同僚・藤浪に「早く追いつけるよう」”. スポーツニッポン (2016年11月30日). 2017年6月1日閲覧。
  11. ^ 2017年春季キャンプメンバー”. オリックス・バファローズ. 2017年6月7日閲覧。
  12. ^ 藤浪の盟友「大阪桐蔭の人気者サワちゃん」がオリックスで猛アピール(1)”. Web Sportiva (2017年3月24日). 2017年4月24日閲覧。
  13. ^ 藤浪の同期オリックス沢田は間合い独特/新人通信簿”. 日刊スポーツ (2017年2月19日). 2017年4月24日閲覧。
  14. ^ オリックス沢田 藤浪超え0封で開幕一軍猛アピール”. 日刊スポーツ (2017年3月5日). 2017年4月24日閲覧。
  15. ^ 【オリックス】ドラフト8位沢田、侍ジャパン相手に2回1安打無失点”. スポーツ報知 (2017年3月5日). 2017年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月24日閲覧。
  16. ^ オリックスドラフト8位沢田 一軍切符ゲット ドラフト2位黒木と救援陣の鍵握る”. スポーツニッポン (2017年3月30日). 2017年4月24日閲覧。
  17. ^ オリックス開幕戦6年連続黒星、被弾の沢田を責めず”. 日刊スポーツ (2017年3月31日). 2017年4月24日閲覧。
  18. ^ ソフトバンク吉村、狙って打った劇的サヨナラ弾「最後に悔いを残さないように」”. Full-Count (2017年10月7日). 2017年12月1日閲覧。
  19. ^ オリックス沢田が初勝利 防御率0.00好調の秘密”. 日刊スポーツ (2018年5月4日). 2018年5月5日閲覧。
  20. ^ オリックス沢田勝利につながる投球で1650万円増”. 日刊スポーツ (2018年11月27日). 2019年2月4日閲覧。
  21. ^ オリックス沢田が右手骨折で登録抹消「痛い」監督”. 日刊スポーツ (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  22. ^ オリックスが澤田の登録を抹消…「右肘内側側副靭帯の炎症」で 9月19日のプロ野球公示”. Full-Count (2020年9月19日). 2020年12月16日閲覧。
  23. ^ オリックス沢田600万減も来季インセンティブ提案”. 日刊スポーツ (2020年12月16日). 2020年12月16日閲覧。
  24. ^ オリックス沢田が右肘手術 来年3月復帰予定”. デイリースポーツ (2021年12月6日). 2022年11月26日閲覧。
  25. ^ a b 【オリックス】代理人を立てて交渉の沢田圭佑が契約更改 昨秋に右肘手術「リハビリに専念…この時期になった」”. 中日スポーツ (2022年1月19日). 2022年11月26日閲覧。
  26. ^ オリックス・沢田 右肘トミー・ジョン手術受け無事終了 来季中の実戦復帰目指す”. スポーツニッポン (2022年6月17日). 2022年11月26日閲覧。
  27. ^ オリックス澤田がトミー・ジョン手術で今季絶望 1週間の入院後リハビリ開始へ”. FullCount (2022年6月17日). 2022年11月26日閲覧。
  28. ^ 【オリックス】沢田圭佑、榊原翼、谷岡楓太、松山真之、鶴見凌也、広沢伸哉が戦力外”. 日刊スポーツ (2022年10月4日). 2022年10月5日閲覧。
  29. ^ 澤田投手 入団について”. 千葉ロッテマリーンズ (2023年1月23日). 2023年1月24日閲覧。
  30. ^ a b オリックス好スタートの流れに乗れ。山岡、黒木、澤田の新人投手トリオ。(3)”. Number Web (2017年4月13日). 2017年4月24日閲覧。
  31. ^ 【ロッテ】沢田圭佑、育成で獲得 オリックス戦力外28歳152キロ右腕 昨年6月トミー・ジョン手術”. スポーツ報知 (2023年1月24日). 2023年1月24日閲覧。
  32. ^ a b 藤浪の盟友「大阪桐蔭の人気者サワちゃん」がオリックスで猛アピール(4)”. Web Sportiva (2017年3月24日). 2017年4月24日閲覧。
  33. ^ 大阪桐蔭最強の2番手・澤田圭佑(オリックス)がドラフト8位からの逆襲を目指す!”. 高校野球ドットコム (2017年2月27日). 2017年4月24日閲覧。
  34. ^ 藤浪の盟友「大阪桐蔭の人気者サワちゃん」がオリックスで猛アピール(3)”. Web Sportiva (2017年3月24日). 2017年4月24日閲覧。
  35. ^ 藤浪の盟友「大阪桐蔭の人気者サワちゃん」がオリックスで猛アピール(6)”. Web Sportiva (2017年3月24日). 2017年4月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]