吉田大成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 大成
東京ヤクルトスワローズ #66
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県浦安市
生年月日 (1995-03-07) 1995年3月7日(26歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2018年 ドラフト8位
初出場 2019年6月24日
年俸 720万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 大成(よしだ たいせい、1995年3月7日 - )は、千葉県浦安市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。

実弟の吉田大就も元プロ野球選手(内野手)で、ベースボール・チャレンジ・リーグ埼玉武蔵ヒートベアーズに在籍していた。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

浦安市立日の出小学校1年時から軟式野球を始めると、浦安市立日の出中学校への在学中に浦安シニアへ所属[2]。中学校からの卒業を機に、東京都佼成学園高校に進学した。

佼成学園高校時代には甲子園球場の全国大会と無縁であったが、全国高等学校野球選手権西東京大会では、「3番・遊撃手」として臨んだ2年時に準決勝[3]、主将として臨んだ3年時に決勝まで進出。日大三高校と対戦した3年時の決勝では、9回表の二死まで1-0と勝ち越していながら逆転負けを喫した[4]。2年時の12月には、東京都選抜チームの一員として日米親善野球のロサンゼルス遠征に参加している[5]

明治大学への進学後は、3年時の秋から正遊撃手に起用されると、4年時の東京六大学リーグでチームの春秋連覇に貢献。春季リーグでは打率.278を記録するとともに、遊撃手としてベストナインに選ばれた。秋季リーグでは打率.424を記録。チームの秋季優勝を経て臨んだ第47回明治神宮野球大会でも、「1番・遊撃手」として大会の制覇に貢献した。また、リーグ戦の合間にオランダで開催された第28回ハーレムベースボールウィークにも、日本代表の一員として出場している。在学中は、リーグ戦通算で57試合に出場。打率.270(159打数43安打)、1本塁打、24打点、3盗塁という成績を残した。チームメイトには卒業後にNPB入りを果たした選手が多く、1学年先輩に上原健太坂本誠志郎髙山俊菅野剛士、同期に柳裕也星知弥佐野恵太中道勝士、1学年後輩に齊藤大将、2学年後輩に渡邊佳明がいる。

大学卒業後は明治安田生命へ入社。1年目からレギュラーに定着すると、第43回社会人野球日本選手権大会でチームを準々決勝まで導いた。2年目の第89回都市対抗野球大会では、チームが本大会への出場権を逃しながらも、セガサミーの補強選手として本大会へ出場。準決勝で三菱重工神戸・高砂に敗れたものの、相手投手の藤井貴之(日本生命からの補強選手)から3安打を打った[6]。藤井とは、チームが出場権を得た第44回社会人野球日本選手権大会の日本生命戦で再戦。この試合でも1安打を打ったが、チームは1回戦で敗れた。

平成時代最後のNPBドラフト会議2018年NPBドラフト会議)で、東京ヤクルトスワローズから8巡目で指名。支配下登録選手としての契約が前提の指名選手(支配下指名選手)としては全12球団で最後(83番目)に指名され、平成時代最後の支配下指名選手となった[7]。契約金2,200万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団した[8]背番号66

プロ入り後[編集]

2019年には、同期入団の野手でただ1人、春季キャンプを一軍でスタート[9]オープン戦まで一軍に帯同した。開幕一軍入りまでには至らなかったが、6月24日の対オリックス・バファローズ明治神宮野球場)に、「7番・三塁手」で一軍公式戦にデビュー。7回裏の第3打席で竹安大知から左前適時打を打ち、初安打と初打点を記録した[7]。9月18日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で猛打賞を初めて記録[10]。一軍公式戦には通算13試合に出場し、通算打率は.188だった。二軍のイースタン・リーグ公式戦では、規定打席に届かなかったものの、101試合の出場で打率.238、1本塁打、10盗塁という成績を残した[11]

2020年には、吉田大喜の入団により、報道などでの略称を「吉田成」、スコアボード上の表記をフルネームの「吉田大成」に変更。オープン戦12試合で打率.310、チームトップの9打点を記録する[12]ほどの好調を買われて、レギュラーシーズンの開幕一軍入りを初めて果たした[13]。6月19日に中日ドラゴンズとの開幕戦(神宮)で代打に起用されたが、一軍ではこの試合に出場しただけで、2日後(21日)に出場選手登録を抹消された[14]

選手としての特徴[編集]

身体能力が高く、内野の全ポジションをこなせるユーティリティープレイヤー。ヤクルトへの入団2年目(2020年)に、チームメイトの青木宣親の打撃フォームを取り入れることによって打力を伸ばしている[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 ヤクルト 13 39 32 3 6 1 0 0 7 2 1 1 1 0 4 0 2 8 1 .188 .316 .219 .535
2020 8 11 9 0 1 1 0 0 2 1 0 0 1 0 1 0 0 2 1 .111 .200 .222 .422
NPB:2年 21 50 41 3 7 2 0 0 9 3 1 1 2 0 5 0 2 10 2 .171 .292 .220 .511
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃




































2019 ヤクルト 2 1 1 0 1 1.000 9 7 9 0 3 1.000 1 2 2 0 0 1.000
2020 - - 1 3 2 1 1 .833
通算 2 1 1 0 1 1.000 9 7 9 0 3 1.000 2 5 4 1 1 .900
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 66(2019年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年1月2日閲覧。
  2. ^ ヤクルト・ドラ8吉田、2日連続V打!平成ドラフト大トリ男が猛アピール”. スポニチアネックス (2019年3月14日). 2021年7月10日閲覧。
  3. ^ 早稲田実 11-5 佼成学園”. バーチャル高校野球 | スポーツブル (2011年7月28日). 2021年7月10日閲覧。
  4. ^ 日大三が逆転で優勝/西東京決勝詳細”. 日刊スポーツ. 2021年7月10日閲覧。
  5. ^ 日米親善野球ロサンゼルス遠征 東京都選抜、代表選手決定!!”. 高校野球ドットコム (2011年11月18日). 2021年7月10日閲覧。
  6. ^ 第89回 都市対抗 本大会 7月23日 東京ドーム 第2試合 準決勝”. 日本野球連盟公式サイト (2019年5月12日). 2019年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月10日閲覧。
  7. ^ a b ヤクルトのドラフト8位・吉田がプロ初安打初打点! 平成最後の支配下指名選手”. BASEBALL KING (2019年6月24日). 2021年7月10日閲覧。
  8. ^ ヤクルト、ドラフト8位・吉田と合意 契約金は推定2200万円”. サンケイスポーツ (2018年11月27日). 2021年7月10日閲覧。
  9. ^ ヤクルトがキャンプ組分けを発表 ドラフト1位清水ら新人2人が抜擢、村上も”. Full-Count (2019年1月25日). 2021年7月10日閲覧。
  10. ^ ヤクルト 単独最下位確定もルーキー吉田がプロ初猛打賞”. スポーツニッポン (2019年9月19日). 2021年7月10日閲覧。
  11. ^ 2019年度 東京ヤクルトスワローズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. NPB日本野球機構. 2021年7月10日閲覧。
  12. ^ 2020年度 東京ヤクルトスワローズ 個人打撃成績(オープン戦)”. NPB日本野球機構. 2021年7月10日閲覧。
  13. ^ 2020年ヤクルト開幕一軍メンバー公示/一覧”. 日刊スポーツ (2020年6月18日). 2021年7月10日閲覧。
  14. ^ 2020シーズン選手登録・抹消一覧 |公示”. DAZN NEWS (2020年11月11日). 2021年7月10日閲覧。
  15. ^ ヤクルト・吉田大成「積み上げたものがちゃんと形に…」オープン戦好調でレギュラー獲りへ”. BASEBALL KING (2020年3月9日). 2021年7月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]