吉田凌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 凌
オリックス・バファローズ #66
R.Yoshida.jpg
2019年3月17日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西脇市
生年月日 (1997-06-20) 1997年6月20日(23歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト5位
初出場 2017年10月3日
年俸 580万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 凌(よしだ りょう、1997年6月20日 - )は、兵庫県西脇市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年時から「西脇スポーツ少年団」で軟式野球を始めると、西脇市立西脇東中学校への在学中に「兵庫北播シニア」で投手としてプレー。全国大会にも出場したこと[2]から、神奈川県東海大相模高校に進学した。

東海大相模高校では、1年時春の対外試合からベンチ入りを果たした。2年時夏の第96回全国高等学校野球選手権大会では、神奈川大会の決勝で、8回2/3を投げて20奪三振をマーク。チームの優勝に貢献した[2]が、本大会では、松本裕樹を擁する盛岡大学附属高校に敗れた[3]。3年時の夏には、2年連続の神奈川大会優勝を経て、第97回全国高等学校野球選手権大会で同学年の左投手・小笠原慎之介と併用。オコエ瑠偉を擁する関東第一高校との準決勝では、先発で7回を1失点に抑えて、チームを決勝に導いた[4]。後にチームメイトとなる佐藤世那のいた仙台育英高校との決勝では、先発した小笠原が本塁打を放つなどの活躍で優勝を決めたが、吉田の出場機会はなかった[5]

2015年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズに5巡目で指名。契約金3,500万円、年俸500万円という条件で入団した。背番号は66。また、この会議では、小笠原も中日ドラゴンズから1巡目指名され、入団した。

なお、オリックスには、入団の時点で吉田篤史(二軍投手コーチ)、吉田一将(投手)、吉田雄人吉田正尚(いずれも外野手)が在籍していた。このため、入団後には本名(吉田凌)を登録名に使用し、名前のローマ字表記(RYO)をユニフォームに使用している[6]

プロ入り後[編集]

2016年には、一軍公式戦での登板はなかったが、ウエスタン・リーグ公式戦には12試合に登板し、2勝2敗、防御率5.79の成績を残した[7]

2017年には、7月13日フレッシュオールスターゲーム静岡県草薙総合運動場硬式野球場)に、ウエスタン・リーグ選抜の7番手投手として、7回裏に1イニング限定で登板した[8]。同リーグ公式戦には16試合の登板で、6勝5敗、防御率2.37をマーク[9]10月3日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で、先発投手として一軍公式戦へのデビューを果たした[10]。シーズン終了後には、台湾で開催された2017アジアウインターベースボールリーグへ、佐藤と共にNPBウエスタン選抜チームに参加[11]。4試合に先発し、12月2日には、NPBイースタン選抜打線を相手に1 - 0というスコアで完封勝利を挙げた[12]

2018年には、ウエスタン・リーグ公式戦10試合の登板で3勝2敗、防御率4.18を記録した[13]が、一軍公式戦への登板機会はなかった。

2019年には、ウエスタン・リーグ公式戦29試合の登板で3勝1セーブ、防御率1.38という好成績をマーク[14]。一軍公式戦にも、中継ぎとして4試合に登板した[15]

2020年には、レギュラーシーズン開幕半月後の7月15日に救援要員として出場選手登録を果たすと、同月31日の対日本ハム戦(札幌ドーム)でプロ初ホールドをマーク。8月に入ってから一軍公式戦へのシーズン登板数がキャリアハイに達したほか、中継ぎ陣の一角を担いながら[16][17]シュートを武器に好投を続けている[18]。一軍の首脳陣がチームの7連敗阻止を賭けてシーズン初の「ブルペン・デー」に指定した8月15日の対福岡ソフトバンクホークス戦(PayPayドーム)では、3年振りに先発した吉田一将の後を受けて、5回裏に3番手で登板。1イニングを無失点に抑えると、吉田正尚による2回表の適時二塁打などで奪ったリードを後続の4投手も守り切った末に、一軍公式戦での初勝利を挙げた[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 オリックス 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 2.2 5 0 2 0 0 0 0 0 6 6 20.25 2.63
2019 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 4.1 7 2 3 0 0 2 0 0 4 4 8.31 2.31
2020 35 0 0 0 0 2 2 0 7 .500 118 29.0 15 1 15 1 2 33 3 0 7 7 2.17 1.03
NPB:3年 40 1 0 0 0 2 3 0 7 .400 155 36.0 27 3 20 1 2 35 3 0 17 17 4.25 1.31
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 オリックス 1 0 0 0 0 ----
2019 4 0 0 0 0 ----
2020 35 1 3 0 1 1.000
通算 40 1 3 0 1 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 66 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c 東海大相模・吉田 松井超え20K/神奈川”. 日刊スポーツ (2014年7月31日). 2017年11月20日閲覧。
  3. ^ 第96回全国高校野球選手権大会 盛岡大付―東海大相模(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2014年8月16日). 2017年11月20日閲覧。
  4. ^ 第97回全国高校野球選手権大会 東海大相模―関東一(準決勝)”. バーチャル高校野球 (2015年8月19日). 2017年11月20日閲覧。
  5. ^ 第97回全国高校野球選手権大会 東海大相模―仙台育英(決勝)”. バーチャル高校野球 (2015年8月20日). 2017年11月20日閲覧。
  6. ^ オリックス5位吉田凌のユニホームは「RYO」に”. 日刊スポーツ (2015年11月28日). 2020年8月22日閲覧。
  7. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年11月20日閲覧。
  8. ^ 2017年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. 日本野球機構 (2017年7月13日). 2020年8月22日閲覧。
  9. ^ 2017年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年11月20日閲覧。
  10. ^ 【オリックス】吉田凌、3回途中6失点ホロ苦デビュー…D小笠原と二枚看板で甲子園V”. スポーツ報知 (2017年10月4日). 2017年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年11月20日閲覧。
  11. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. 日本野球機構 (2017年11月17日). 2017年11月20日閲覧。
  12. ^ 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)試合結果”. 日本野球機構. 2020年8月22日閲覧。
  13. ^ 2018年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2020年8月22日閲覧。
  14. ^ 2019年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2020年8月22日閲覧。
  15. ^ 【オリックス】吉田凌、50万円増の580万円で更改「30試合以上投げたい」”. スポーツ報知 (2019年12月2日). 2020年1月14日閲覧。
  16. ^ プロ初勝利オリックス吉田凌「全力で」7連敗止めた”. n日刊スポーツ (2020年8月15日). 2020年8月22日閲覧。
  17. ^ オリックス吉田凌 5年目ついにプロ初星 夏の甲子園Vも壁…“背水シュート”生きた”. デイリースポーツ (2020年8月16日). 2020年8月22日閲覧。
  18. ^ オリックス吉田凌 5年目ついにプロ初星 夏の甲子園Vも壁…“背水シュート”生きた”. デイリースポーツ (2020年8月16日). 2020年8月22日閲覧。
  19. ^ オリックス 吉田トリオで連敗脱出!凌は5年目でプロ初勝利 一将は3回無失点 正尚は2点適時打”. スポーツニッポン (2020年8月16日). 2020年8月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]