吉田凌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 凌
オリックス・バファローズ #66
R.Yoshida.jpg
2019年3月17日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西脇市
生年月日 (1997-06-20) 1997年6月20日(22歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト5位
年俸 530万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 凌(よしだ りょう、1997年6月20日 - )は、兵庫県西脇市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年生の頃から「西脇スポーツ少年団」で野球を始める[2]

西脇市立西脇東中学校時代は「兵庫北播シニア」で投手として所属。全国大会に出場したことから注目され[2]東海大相模高校に進学。

1年春からベンチ入りし、2年夏の神奈川大会決勝では8回2/3を投げて20奪三振を記録する[2]2年夏松本裕樹を擁する盛岡大附に敗れる[3]3年夏は左の小笠原慎之介と共に二枚看板として活躍し、準決勝でオコエ瑠偉を擁する関東一高を相手に7回1失点に抑える[4]。。決勝戦は後に同期入団することになる佐藤世那仙台育英と対戦。吉田の登板はなかったが、小笠原自身のホームランもあって甲子園優勝を成し遂げた[5]

2015年ドラフト会議オリックス・バファローズに5位指名される。11月28日に仮契約を済ませ、契約金3500万円、年俸500万円、背番号66に決まった。入団当時は吉田一将吉田雄人吉田正尚吉田篤史(二軍投手コーチ)と吉田姓が多かったため、ユニフォームの表記を「RYO」とした[6]

プロ入り後[編集]

2016年は、一軍公式戦の出場機会は無かったが、二軍公式戦において12試合に登板し、2勝2敗、防御率5.79の成績を残す[7]

2017年、二軍公式戦において16試合に登板し、6勝5敗、防御率2.37の成績を挙げ[8]、7月13日に草薙球場で行われたフレッシュオールスターゲーム2017において、ウエスタン選抜として出場する[9]。10月3日には、札幌ドームで行われた対日本ハム戦において、一軍公式戦初登板・初先発を果たすが、2回2/3を6失点でKOされる[10]。11月20日、選手寮である「青濤館」で契約更改に臨み、30万円アップの年俸530万円(金額は推定)でサインした[11]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出される[12]

2018年は、一軍登板なしに終わる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 オリックス 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 2.2 5 0 2 0 0 0 0 0 6 6 20.25 2.63
NPB:1年 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 2.2 5 0 2 0 0 0 0 0 6 6 20.25 2.63
  • 2018年度シーズン終了時

 記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 66 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 東海大相模・吉田 松井超え20K/神奈川”. 日刊スポーツ (2014年7月31日). 2017年11月20日閲覧。
  3. ^ 第96回全国高校野球選手権大会 盛岡大付―東海大相模(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2014年8月16日). 2017年11月20日閲覧。
  4. ^ 第97回全国高校野球選手権大会 東海大相模―関東一(準決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年8月19日). 2017年11月20日閲覧。
  5. ^ 第97回全国高校野球選手権大会 東海大相模―仙台育英(決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年8月20日). 2017年11月20日閲覧。
  6. ^ 同姓多すぎて…オリドラ5吉田 ユニ表記「RYO」 登録名未定スポニチアネックス 2015年11月29日配信
  7. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月20日閲覧。
  8. ^ 2017年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月20日閲覧。
  9. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017 出場者一覧”. NPB.jp (2017年7月11日). 2017年11月20日閲覧。
  10. ^ 【オリックス】吉田凌、3回途中6失点ホロ苦デビュー…D小笠原と二枚看板で甲子園V”. スポーツ報知 (2017年10月4日). 2017年11月20日閲覧。
  11. ^ オリックス吉田凌30万増 先輩巨人菅野と自主トレ”. 日刊スポーツ (2017年11月20日). 2017年11月20日閲覧。
  12. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]