大谷智久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大谷 智久
千葉ロッテマリーンズ #14
2011marines otani.jpg
2011年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1985-02-14) 1985年2月14日(31歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト2位
初出場 2010年4月23日
年俸 8,000万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大谷 智久(おおたに ともひさ、1985年2月14日 - )は、兵庫県出身で千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

岡山県新見市生まれ。小学生の時に神奈川県横浜市の「荏田ブランチーズ」でソフトボールを始め、大阪府茨木市立西陵中学校在学時は軟式野球部に所属し大阪大会優勝[1]

報徳学園高校に進学後は2年春からエースとなり、尾崎匡哉らと共に3年時には第74回選抜高等学校野球大会に出場して西村健太朗白濱裕太らを擁する広陵高校須永英輝を擁する浦和学院高校谷哲也を擁する鳴門工業高校などを破り優勝。自身は初戦から決勝戦までの6日間で5試合を全て完投した。夏は兵庫大会決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校を破り、第84回全国高等学校野球選手権大会に春夏連続となる出場を果たすも1回戦で浦和学院高校に敗れた。

高校卒業後は早稲田大学スポーツ科学部に進学し、野球部では1年春からリーグ戦登板。2年時以降は主戦格となり、リーグ戦通算51試合登板、18勝8敗、防御率1.79、202奪三振の成績を残し、4年春には最優秀防御率のタイトルを獲得した。社会人野球トヨタ自動車に入社後も1年目から公式戦で登板し、都市対抗野球大会社会人野球日本選手権大会に3年連続で出場[2]。選手権大会では2007年2008年と2連覇して後者では最優秀選手賞を受賞し、2009年第80回都市対抗野球大会では準優勝して優秀選手賞を受賞。

2009年のドラフト会議でロッテから2位指名を受け、契約金8000万円、年俸1500万円(金額はいずれも推定)[3]で契約し入団。背番号は同年引退した小宮山悟が着けていた14に決まった[4]。なお、同僚の荻野貴司はロッテから、中澤雅人東京ヤクルトスワローズからそれぞれ1位指名を受けた。

プロ入り後[ソースを編集]

2010年4月23日の福岡ソフトバンクホークス戦でリリーフとしてプロ初登板。同月25日の同カードでは先発した川越英隆が負傷降板した後を受けて2回途中からロングリリーフし、パシフィック・リーグの新人で最初の勝利投手となった[5]

2011年は開幕一軍入り。当初はロングリリーフで好投した。その後、ビル・マーフィーの離脱等により5月31日の東京ヤクルトスワローズ戦で初の先発マウンドに上る。以後先発として起用され、7月2日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発初勝利をあげた。しかし8月半ばからは打ち込まれる場面が目立ち、9月4日以降は再びリリーフに配置転換される。結局、先発としては15登板で3勝9敗、防御率4.21、WHIP1.36と振るわなかったが、救援では19試合に登板し防御率1.11、WHIP0.84と優れた数字を残した。

2012年は4月19日に一軍昇格すると、ロングリリーフやビハインド時の救援として登板する機会を多く得た。7月以降になると、谷間の先発も6試合こなすなどフル回転した。

2013年は開幕から出遅れ、成瀬の登録抹消を受けて4月5日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発するも3回途中6失点と打ち込まれ、その後も精彩を欠いたピッチングが多く防御率は6.99だった。

2014年は中継ぎとして開幕一軍入りを果たす。当初はビハインドでの登板が主だったが、益田直也の不調により中盤からセットアッパーとして起用されるようになった。抑えの西野勇士と共に勝利の方程式を担い、チームトップタイとなる23ホールドを記録、防御率も1.94と好成績を残した。

2015年は前年同様、西野へつなぐセットアッパーとして活躍。失点(21)と防御率(2.39)こそ前年より悪くなったが、自己最多の56試合を投げて53奪三振32ホールドで3勝も挙げた。

選手としての特徴[ソースを編集]

最速148km/h[6]、平均球速約138km/h[7]速球に、スライダーカーブフォークを投げ分ける。

人物[ソースを編集]

アマチュア時代から「伸ばしても似合わず、寝癖直しも面倒」という理由から自分のバリカンで散髪しており、「海坊主」と自称する丸刈り頭がトレードマーク[1][5]

社会人時代の監督である川島勝司は「カッとなることがあるが真面目」。高校時代の監督である永田裕治は「努力の子」と評している[1]

俳優の森山未來、格闘家の長島☆自演乙☆雄一郎報徳学園高校の同級生であり、センバツ優勝した試合では森山はアルプススタンドで応援していた。

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2010 ロッテ 11 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 70 15.0 22 2 4 0 0 5 0 0 12 12 7.20 1.73
2011 34 15 0 0 0 3 9 0 5 .250 497 120.0 123 8 23 1 3 78 1 0 49 45 3.38 1.22
2012 42 6 0 0 0 4 6 0 5 .400 345 81.2 84 1 19 1 1 44 2 0 30 29 3.20 1.26
2013 14 9 0 0 0 2 5 0 0 .286 222 47.2 59 8 16 0 4 27 0 0 38 37 6.99 1.57
2014 49 1 0 0 0 2 2 0 23 .500 230 60.1 45 2 10 1 4 40 0 0 13 13 1.94 0.91
2015 56 0 0 0 0 3 1 0 32 .750 250 64.0 57 4 5 0 2 53 1 0 21 17 2.39 0.97
通算:6年 206 31 0 0 0 15 24 0 66 .385 1614 388.2 390 25 77 3 14 247 4 0 163 153 3.54 1.20
  • 2015年度シーズン終了時

記録[ソースを編集]

投手記録
打撃記録

背番号[ソースを編集]

  • 14 (2010年 - )

登場曲[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「海坊主です!」大谷、パ新人一番乗りのプロ1勝! - スポーツニッポン 2010年4月26日
  2. ^ 2008年の第79回都市対抗野球大会三菱重工名古屋補強選手として出場。
  3. ^ ロッテ、荻野外野手・大谷投手と契約[リンク切れ] - 読売新聞 2009年12月1日
  4. ^ 荻野貴司選手、大谷智久投手との契約について - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2009年11月30日
  5. ^ a b “緊急登板の大谷、プロ初星パ新人1番乗り”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ社). (2010年4月25日). オリジナル2010年4月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100428031615/http://www.daily.co.jp/baseball/2010/04/26/0002915134.shtml 2010年4月26日閲覧。 
  6. ^ 大谷が“一刀流”での勝負を宣言!!「この道を極めてみせる」/球界ここだけの話(23) SANSPO.COM(サンスポ)、2016年5月17日閲覧。
  7. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、80頁。ISBN 978-4-905411-04-8

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]