西谷尚徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西谷 尚徳
HT-Hisanori-Nishitani20100824.jpg
阪神時代(2010年8月24日、阪神鳴尾浜球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県久喜市
生年月日 (1982-05-06) 1982年5月6日(34歳)
身長
体重
177 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手三塁手一塁手
プロ入り 2004年 ドラフト4巡目
初出場 2006年9月10日
最終出場 2009年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西谷 尚徳(にしたに ひさのり、1982年5月6日[1] - )は、埼玉県久喜市出身の元プロ野球選手内野手)。現在は立正大学法学部特任専任講師[2]

経歴[編集]

楽天時代(2009年8月24日、ロッテ浦和球場)

明治大学時代は2001年、1年次春に打率.417を記録して打撃成績リーグ2位に輝きベストナイン受賞[3]。大学野球界に鮮烈なデビューを飾るも、左目眼底骨折と左前腕を骨折と2度の大怪我に見舞われる[3]。そのため2年、3年時の成績は精彩を欠いたものだった。しかし2004年主将を務めた4年次春に再び打率を4割に乗せる活躍で春・秋と続けてベストナインを受賞し、第33回日米大学野球のメンバーにも選出された。大学通算で74試合に出場し260打数79安打、打率.304, 3本塁打、27打点

2004年のドラフト4巡目で東北楽天ゴールデンイーグルスに指名を受け入団。2006年シーズン終盤、初めて一軍合流。主に三塁手として出場し、少ないチャンスながら結果を出した。同年11月10日、公式ブログを開設。「野球人としての『西谷』ではなく日常の『にしたに』のブログにしたい」とコメントした。

2007年3月、前年のフェニックスリーグ出場中に傷めた右手術をした。リハビリに丸1年を要し、一・二軍を通じて公式戦には全く出場できなかった。2008年には復調し、イースタン・リーグで打率.342の好成績を残したが、一軍出場はなかった。

2009年、6月10日に約3年ぶりに一軍登録され、6月15日の横浜戦では先制のセーフティースクイズを決めるなど3打点の活躍でプロ入り初のヒーローインタビューを受けたが、その後は結果を残すことができず、11月2日に球団から戦力外通告を受ける。12球団合同トライアウトを受験し、その結果、阪神タイガース育成選手として入団[4]したが、2010年10月1日に再び戦力外通告を受け、そのまま現役を引退。

引退後は教師やホテルマン、大学教員などへの転身を視野に入れていたが[5]、2011年4月より多摩大聖ケ丘高校で国語の教諭として勤務し[3]、同校中学の野球部でコーチとして指導した。明星大学大学院人文科学研究科教育学専攻修士課程を修了し、明星大学で文章作成の授業を担当[3]。2013年より立正大学に着任する。近年大越基などの元プロ野球選手による野球部監督が相次いでいるが[3]、当人は高校野球の指導者にはそれほど思い入れは強くなく純粋に教員になりたかったとのことである[3]

人物・選手としての特徴[編集]

俊足の内野手。小技もそつなくこなす。捕球、送球に難があるが守備範囲は広い。性格は練習熱心で真面目である。

大学では文学部文学科で、在学中に高校国語教員免許を取得している[3]。プロ野球選手時代は日経新聞を愛読し、明星大学の修士課程(通信制)を修了していた[3]。2006年オフに仙台市内の小学校を訪問。これは西谷の提案により授業に近い形で行われ、プロ野球選手が行うものとしては一風変わったものになった。3日がかりで作ったイラストボードを使用し、「気付くということの大切さ」「夢と目標」について子供たちの前で話した[6]。その後も精力的に学校訪問活動を行っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 楽天 10 32 28 2 10 2 0 0 12 4 0 0 3 0 1 0 0 2 0 .357 .379 .429 .808
2009 6 25 22 0 2 1 0 0 3 3 1 0 3 0 0 0 0 4 0 .091 .091 .136 .227
通算:2年 16 57 50 2 12 3 0 0 15 7 1 0 6 0 1 0 0 6 0 .240 .255 .300 .555

記録[編集]

背番号[編集]

  • 6 (2005年 - 2009年)
    • 当初は「東京六大学野球での主将の番号だった」という理由から10番に内定していたが、球団オーナー・三木谷浩史の「ヴィッセル神戸では12番がサポーターの番号になっている。野球は9人がレギュラーなので10はファンの番号」として欠番にしたいという意向から、入団発表直前に6番に変更となった[7]
  • 127 (2010年)

関連項目[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2012年8月20日号 P91
  2. ^ 法学部教員紹介・プロフィール
  3. ^ a b c d e f g h 週刊ベースボール2012年8月20日号 P90
  4. ^ 育成選手契約について”. 阪神タイガース (2009年12月10日). 2011年11月18日閲覧。
  5. ^ 元東北楽天ゴールデンイーグルス・西谷尚徳氏ゲスト講義”. 立正法学部NOW (2010年11月26日). 2011年11月18日閲覧。
  6. ^ 西谷尚徳公式ブログ~ひとりでできるもん!~ 2006年11月21日付記事
  7. ^ 広野功『広野功の楽天誕生秘話』。日刊ゲンダイ、2013年11月19日号、33面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]