中澤雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中澤 雅人
東京ヤクルトスワローズ #54
Masato-Nakazawa20100607.jpg
2010年6月7日 明治神宮野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県富山市
生年月日 (1985-02-16) 1985年2月16日(33歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2010年3月30日
年俸 1,750万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中澤 雅人(なかざわ まさと、1985年2月16日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

埼玉県大宮市(現・さいたま市)で生まれ、父が転勤族であったため、石川県、富山県と引越しを繰り返す。なお、父も高校球児で新潟県立栃尾高校で甲子園を目指す投手であったが、大会前に骨折をして予選での出場ができなかった。

小学2年から新庄少年野球クラブで野球を始め小3から投手。富山商高では3年夏に第84回全国高等学校野球選手権大会出場し初戦敗退。複数球団が上位での指名を検討するも、本人は進学を希望し、東都中央大学へ進学する。

大学の同期に井坂、2期後輩に美馬がいる。

中央大では1年春から登板。2年春に30奪三振、リーグ3位の防御率0.95を記録し、3勝をあげるも、その後は怪我で苦しみ、通算5勝で終わる。チームも2部に降格し、プロにアピールできず、トヨタ自動車に進む。

社会人野球では2008年ヤマハの補強選手として都市対抗に出場。社会人野球日本選手権大会では日本生命戦で先発し、6回途中無失点と好投するなど、チームの日本一に貢献。2009年、都市対抗二次予選、Honda鈴鹿戦で、最速147キロを記録。本戦でも3試合登板無失点。

2009年10月29日ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから1位指名を受け、11月30日に契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で仮契約した(金額は推定)。背番号14。トヨタからヤクルトに入団したのは古田敦也以来2人目。

プロ入り後[編集]

2010年は開幕一軍こそならなかったが、開幕4戦目の中日戦で初登板・初先発を果たした。この試合で5回1/3をブランコのホームランのみの2失点に抑え初勝利を挙げた。球団では石川雅規以来8年ぶり、2010年の新人で最初に勝ち星を挙げた投手となった。4月23日横浜戦では、球団では山部太以来16年ぶりとなる新人での完封勝利を記録するとともに、打撃でも3安打を放ち、チームでは1969年藤原真以来41年ぶり、日本のプロ野球全体で見ても1972年山本和行阪神)以来38年ぶりとなる新人投手の猛打賞を達成した。1年目は7勝9敗、防御率5.68でシーズンを終えた。横浜ベイスターズ戦では防御率5点台ながらも4勝をあげたが、阪神タイガースに対しては3戦3敗、防御率は9.69だった。10月5日の阪神タイガース戦では、先発予定だった石川雅規が体調不良で10月4日に抹消となり代わって1軍登録され先発したが、マット・マートンにシーズン記録更新となる211安打目のメモリアルヒットを打たれるなどし3回で降板した。

2012年は、前半戦は1軍に上がることができずにいた。後半戦に谷間の先発とて抜擢され、3つの試合に先発し、2勝を上げた。

2013年は開幕2軍となるが、7月5日に一軍登録される。その後3試合に先発するが、いずれも5回までにノックアウトされた。8月19日に登録抹消され、そのままシーズンを終える。2011年以来2年ぶりにシーズン未勝利となった。 11月11日、来年度より背番号を14から54に変更することが発表された[2]

2014年は4月に一度先発したものの、登録抹消となった。8月の復帰以降はリリーフとして登板を重ね、23試合で防御率0.84の成績を残した。

2015年は、中継ぎとして自己最多35試合に登板し防御率3.03ホールド3つを記録した。

2016年は、前年を下回る19試合の登板にとどまるも、左打者を被打率.171に抑えた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 ヤクルト 23 20 2 1 0 7 9 0 0 .438 483 107.2 130 23 40 1 2 62 1 0 76 68 5.68 1.58
2011 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.0 7 0 0 0 0 1 0 0 5 4 18.00 3.50
2012 3 3 0 0 0 2 0 0 0 1.000 66 15.0 15 0 5 0 2 8 1 0 4 4 2.40 1.33
2013 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 63 11.1 19 4 11 0 0 8 0 0 13 10 7.94 2.65
2014 24 1 0 0 0 1 0 0 4 1.000 98 23.0 20 1 10 1 0 20 1 0 5 4 1.57 1.26
2015 35 0 0 0 0 1 2 0 3 .333 136 29.2 32 2 15 1 1 21 1 0 12 10 3.03 1.59
2016 19 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 87 20.1 17 3 6 1 3 11 1 0 8 8 3.54 1.08
2017 28 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 110 26.1 27 3 6 0 0 21 1 0 12 12 4.10 1.25
2018 37 0 0 0 0 0 0 0 11 ---- 128 28.2 34 4 6 0 2 24 1 0 22 22 6.91 1.40
NPB:9年 173 28 2 1 0 12 14 0 18 .462 1184 264.0 301 40 99 4 10 176 7 0 157 142 4.84 1.52
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2010年4月23日、対横浜ベイスターズ4回戦(横浜スタジアム)、2回表に清水直行から中前安打
  • 初得点:同上、2回表2死1・2塁から森岡良介の適時二塁打で生還

背番号[編集]

  • 14 (2010年 - 2013年)
  • 54 (2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年6月10日閲覧。
  2. ^ 背番号変更のお知らせヤクルト球団公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]