「ジョージア魂」賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

「ジョージア魂」賞(ジョージアだましいしょう)は、2010年から2014年まで存在した日本コカ・コーラが協賛する日本プロ野球の賞である。

概要[編集]

2010年より日本野球機構のオフィシャルパートナー(協賛社)として日本コカ・コーラが就任するに当たり、同社が展開する缶コーヒーブランド「ジョージア」の冠を頂き、「全てはチームの勝利のために。そんな選手にささげる勲章」という考えから、プロ野球ファンと野球関係者(元選手、スポーツマスコミ関係者ら)が審査に参加する準公式表彰としてこの賞を制定した。

選考方法[編集]

選考基準として「試合の流れを変えたファインプレー」、「チームに活を入れたガッツのあるスライディング」、「ここ一番で見事得点圏にランナーを進めた送りバント」などと言ったように、チームの勝利に貢献したプレーを野球関係者による選考委員が2週間を一つのくくりとして両リーグから3項目(計6項目)をノミネートする。

そのノミネートプレーから、ファンが専用サイト「ジョージアベースボールパーク」で厳正に審査・投票(各期間1人1回)してもらい、最多得票を得たプレーをした選手に対して賞金30万円とトロフィー、副賞としてジョージア缶コーヒー製品1年分(12ケース)を贈呈する。またファン投票参加者にも抽選で粗品がプレゼントされる。

更に、シーズン終了後、これら期間賞に選ばれたプレーの中から年間大賞(グランドチャンピオン)の投票を行い、そこでの集計結果や選考員の審議を踏まえて、年間大賞を贈る。

すぽると!』(フジテレビジョン系列)毎週日曜日放送分にてコラボレーション企画が展開される。ナビゲーターは当賞選考員でもある高木豊と、2010年度のみ浅田舞。2011年度は片岡安祐美徳井義実チュートリアル)。2012年度と2013年度は日曜日の同番組キャスター(田中大貴本田朋子ら)が担当したが、2014年度はそのコーナーを実施しなかった。

選考員[編集]

2010年 山田久志 伊東勤 高木豊 桑田真澄 二宮清純 柳本元晴[1]
2011年 小林光男[1]
2012年 衣笠祥雄 梨田昌孝 工藤公康
  1. ^ a b 当時週刊ベースボール編集長

年間大賞受賞者[編集]

選考委員特別賞受賞者[編集]

  • 2010年:天谷宗一郎広島東洋カープ 8月22日対横浜戦 先日の同僚・赤松真人に続くスーパーキャッチ)
  • 2011年:嶋基宏(東北楽天ゴールデンイーグルス 4月12日対ロッテ戦 被災地を勇気づける勝ち越し3ラン本塁打)
  • 2012年:前田健太(広島東洋カープ 4月6日対DeNA戦 プロ野球6年振りのノーヒットノーラン達成)
  • 2013年:菅野智之(読売ジャイアンツ 4月13日対ヤクルト戦 好守備でピンチを切り抜ける)
  • 2014年:山本昌中日ドラゴンズ 9月5日対阪神戦 64年ぶりに更新した49歳での最年長勝利)
          稲葉篤紀(北海道日本ハムファイターズ 9月30日西武戦 引退宣言後に放った代打逆転本塁打)

外部リンク[編集]