徳井義実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徳井 義実
ニックネーム とっくん・よっきゅん
生年月日 (1975-04-16) 1975年4月16日(42歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京都市左京区
血液型 A型
身長 178cm
方言 京都弁
最終学歴 花園大学文学部仏教学科中退
出身 NSC大阪校13期
コンビ名 チュートリアル
相方 福田充徳
芸風 漫才コント(ボケ)
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1995年 -
同期 ブラックマヨネーズ
次長課長など
現在の代表番組 今夜くらべてみました
トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!
人生最高レストラン
過去の代表番組 土ようマルシェ
妄想ガールズコレクション
など
作品 2007年 R-1グランプリDVD 天国はまだ遠く
他の活動 俳優、映像編集、音楽、イラスト等
配偶者  未婚
受賞歴
2007年 R-1ぐらんぷり2位

徳井 義実(とくい よしみ、1975年4月16日 - )は、日本お笑い芸人俳優であり、お笑いコンビ・チュートリアルボケネタ作りを担当。相方は福田充徳(ふくだ みつのり)。

京都府京都市左京区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。大阪NSC13期生。身長178cm、体重65kg。血液型はA型。2人兄妹で、4歳下の妹がいる。

略歴[編集]

菊の花幼稚園→京都市立修学院小学校→京都市立修学院中学校京都府立北稜高等学校花園大学文学部仏教学科中退。

高校在学中、お笑い好きの辻野という同級生とともに「赤とんぼ」という漫才コンビを結成する。休み時間にティーアップの漫才のコピーを披露したのを皮切りに、学園祭で当時全盛のアマチュア音楽バンドと並んでオリジナル漫才をするほど熱を入れる。同級生等多数参加のサークル「上方芸能研究会」を立ち上げ、大人数で吉本新喜劇ばりの集団コント公演などの活動もはじめる。その一方、中学1年からバレーボールを続け、高校で所属していたバレーボール部では京都府大会ベスト8に進出している。

大学受験に失敗し、高校卒業後は河合塾京都校とNSCの13期生とを並行したWスクール生活を送る。

河合塾京都校には、現相方の福田充徳と通い、NSCには高校時代の同級生とともに入学しNSC在学中は「チューイング」名義で活動。卒業公演で初舞台を踏むも相方の引退決意で、徳井もお笑い界には進まず大学進学をする。徳井の芸歴はこの初舞台から数える。

大学在学中は学業よりアルバイトに精を出し、現在月2ヶ月に1日ほど出演する吉本の劇場祇園花月と同じビルにあったディスコの黒服として働いていた。ここでアルバイトをしていたときに、バイト先がTBS2時間サスペンスドラマのロケ場所となりエキストラとして出演。エンドロールに「徳井義実」とクレジットされる。1年時は、仮面浪人をしていた。

将来の進路を迷っていた大学4年生のとき、幼稚園時代からの友人福田充徳に誘われ、お笑いコンビを結成し吉本興業所属となるべく、大阪の劇場の若手芸人発掘オーディションに臨む[注 1]

大学在学中の1998年3月に正式にお笑いコンビチュートリアルとしての初舞台を踏む。相方福田の芸歴はこの初舞台からカウントされるので、コンビでありながら芸歴に差がある。コンビ名の由来は、2人が高校・浪人生時代に通っていた河合塾での「チュートリアル」[注 2] から。 コンビでの活動、歴史はチュートリアルを参照。

個人活動[編集]

チュートリアルの漫才やコントのネタ作りは徳井が担当。単独ライブの演出やVTR制作も、作家を入れずすべて徳井が担当している。

コンビ結成当時からの基本テーマは「わけわからんけど、わけわかる」。

ピンとしての活動は、2006年春・夏・秋公演、2007年春公演(うめだ花月)、2008年1月公演(baseよしもと)、2010年1月公演(新宿シアターモリエール)などの個人ネタライブがある。

テレビ朝日系『アメトーーク!』では家電に詳しい「家電芸人」、プロ野球の広島カープファンの「広島カープ芸人」として出演。アンチ巨人だった父親の影響もあり、カープの機動力と投手力に惹かれ、9歳からカープファンになった[1]。「市民球団として、カープなりの戦い方をずっと続けているところが応援のしがいがある」と話している[1]。2012年5月13日にMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて始球式も行った。

俳優としてもテレビドラマなどに出演し、映画で主演も務めている。主演映画『莫逆家族-バクギャクファミーリア-』では、役作りのため髪の毛を金色に染め、加圧トレーニングで肉体改造を行って撮影に臨んだ。

持ちネタ・キャラクター[編集]

ヨギータ
奇妙な外国人落語家。フルネームは「ヨギータ・ラガシャマナン・ジャワディカー」。片言の日本語で「性欲のバケモノやで!!」などと下ネタを織り交ぜながらトークを繰り広げる。スリランカ出身という設定だったが、のちに架空の「マサラ王国」出身へ変更。
このキャラクターで『笑いの金メダル』や『なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』などに出演し、2006年度の『R-1ぐらんぷり』に出場して準決勝進出を果たし、2007年度には準優勝している。2013年1月末にスリランカでイベントを開催した。
六条たかや
2012年6月、親しい芸人である友近のツアー公演『水谷千恵子40周年記念公演』に、友近扮する演歌歌手「水谷千恵子」と同様、演歌歌手「六条たかや」として友情出演。英国歌手スティングのナンバーを「哀愁のイングリッシュマンインニューヨーク」というオリジナル和訳の歌詞で熱唱した。2016年1月にはNHKホールで開催された『水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭』に出演、5月に大阪フェスティバルホールで開催された同ライブにも出演。2017年4月には『水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭2017』の東京公演に出演した。
鳥飼いずみ
『アメトーーク!』の番組内でリポートなどを担当する「テレビ朝日の女子アナウンサー」という設定の人物。
小園真理恵
中京テレビ前略、大徳さん』で、ロケを担当する「福岡出身のフリーアナウンサー」という設定の人物。女子力は高い。ロケを目撃した一般人に「おっきい女子アナがいる」と驚かれることもしばしばである。
また、このキャラクターでテレビドラマ『別れたら好きな人』にもゲスト出演した。
高辻薫
中京テレビ前略、大徳さん』で、ロケを担当する“東京生まれ東京育ちのバツイチ四十路”の女性華道家という設定の人物。
ポールダンス
2014年4月に放送された『今夜くらべてみました』SPの高額バイト体験企画でポールダンスに挑戦。2ヶ月間の過酷な練習を経てショーで披露し、大成功を収めた。
2015年3月には、この時のポールダンス講師のDianaとモデルニコルらとともに『徳ダネ福キタル♪ SPECIAL LIVE』のステージで披露。
2015年6月には『MISS POLE DANCE&POLE KING JAPAN2015』のエキシビションで、Dianaらとともにステージで披露し大会を盛り上げた。(この時は仕事ではなく完全プライベート)
2015年7月には鴬谷フィルハーモニーで参加した『GANKE FES 2015』でも披露した。

ユニット[編集]

エロ三羽烏
盟友中川貴志ランディーズ)と吉本新喜劇所属のすっちーと組むユニットで、名づけたのはケンドーコバヤシ。祇園花月で、2ヶ月に1回のペースでトークライブを開催していたが現在は不定期。
鴬谷フィルハーモニー
2011年8月、友人らと音楽バンドを結成し「徳井バンド」として東京鶯谷にて音楽ライブを行った。この時のメンバーと現在も「鴬谷フィルハーモニー」として活動しており、メンバーは徳井の他、俳優としても活動する柏原収史ABOTTOレオ、BON、175RのISAKICK。「夏月」「夏がゆくまえに」「表参道を」の3曲を配信限定でリリース(いずれの楽曲も、作詞とボーカルを徳井が担当)。2014年にはLIVE「初夜」を、1月に東京、4月に大阪で開催し、12月には柏原の地元山梨のフェス、GOGO ROCKにも参加。2015年には、3月に『徳ダネ福キタル♪ SPECIAL LIVE』、7月には『GANKE FES 2015』に参加、12月にはワンマンライブ『性夜』を開催。2016年には、2月に『徳ダネ福キタル SPECIAL LIVE vol.2』、7月に『Wheels BIKERS ROCK CAMP 2016』に参加。8月にワンマンライブ『盆』を、10月にはワンマンライブ『秋の鴬』を開催。11月には『徳ダネ福キタル SPECIAL LIVE vol.3』、ベトナム・ホーチミン市で開催された『2016ジャパンベトナムフェスティバル』に参加。2017年には、2月に『ジャパンエキスポタイランド2017』(タイ・バンコク開催)と『徳ダネ福キタル SPECIAL LIVE vol.4』(東京開催)に出演。9月にはワンマンライブ『欲情』を開催予定。

吉本男前ランキング[編集]

2000年度から始まった吉本男前ランキングにて、2002年度に4位に初登場し、翌年の2003年度から2005年度までは3年連続1位を獲得し、田村亮ロンドンブーツ1号2号)に続き二人目の殿堂入りを果たした。

人物[編集]

  • 小学生時代からプロ野球広島東洋カープファン。「アメトーーク!」の広島カープ芸人ではトークリーダーを務めた。
  • 2011年(平成23年)に、大型自動二輪車免許を取得。レイザーラモンRGの創ったバイクツーリングクラブに参加している。「アメトーーク」のバイク芸人第二弾にバイク芸人として参加、自身の冠番組「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」の企画では、東京和歌山間を愛車ハーレーダビッドソンで走るロケが放送された。
  • 度々ネタにされる「Aカップのおっぱい」と「たるんだお腹」のボディは、ぐるナイなどのダイエット企画に何度も呼ばれていたほどだったが、2013年12月、今夜くらべてみましたの企画で2ヶ月間の過酷なダイエットとトレーニングに挑戦。見事にやりきり、見違えるように引き締まった筋肉美で、目標だった「アンダーウエアショー」にモデルとして出演した。
  • 動物好き、特に猫好きで、現在はエルとミコ(フルネームはエルドレッドミコライオ)という2匹の猫を飼っている。名前はどちらも広島東洋カープに所属している(していた)外国人選手にちなむ。
  • スピードワゴン小沢らとともに草野球チームを作っている。チーム名は『虹色セブンティーン』。
  • 同期で友人の、放送作家桝本壮志と芸人小沢一敬の3人で一緒に一軒家を借りて住んでいる。それぞれ自宅を持ちながらのセカンドハウス的なシェアハウス。何年か前に東京タワーで「40までは青春っぽいことしたいよね」と3人で話したのがきっかけだとボクらの時代に出演した時に、本人達が話している。
  • 絵心がなく(本人曰く「絵ブス」)ゴリラやタヌキなどはタイツをはいたようなイラストが見られる。(アメトーーク「絵心ない芸人」)

出演[編集]

単独出演作品を記載。コンビの出演歴についてはチュートリアルを参照。

テレビ[編集]

現在の出演番組
不定期

バラエティ番組[編集]

過去出演レギュラー番組(MCもしくはメインキャスト)
過去出演レギュラー番組
過去出演単発番組(MCもしくはメインキャスト)

ドラマ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

配信番組[編集]

DVD[編集]

  • ダイナマイト関西2006 〜オープントーナメント大会〜大喜利王決定戦
  • R-1ぐらんぷり2006
  • R-1ぐらんぷり2007
  • うめだ花月2周年記念DVD永久保存版
  • 人志松本のすべらない話 其之参
  • 初回限定!やりすぎコージーDVDBOX3
  • やりすぎコージーDVDBOX8
  • やりすぎコージーDVD6 明るい所ではしゃべれない天王洲猥談
  • やりすぎコージーDVD15 明るい所ではしゃべれない天王洲猥談 第2談
  • アンナさんのおまめ DVD-BOX(テレビドラマ)
  • 無理な恋愛 DVD-BOX(テレビドラマ・2008年)
  • アメトーークDVD1(家電芸人)
  • アメトーークDVD4(ハンサム芸人)
  • アメトーークDVD18(絵心ない芸人、女の子大好き芸人)
  • アメトーークDVD25(下ネタ大好き芸人、特典映像(芸人の新ルールを考えよう第2弾))
  • アメトーークDVD26(広島カープ芸人、絵心ない芸人第2弾、特典映像(夢トーーク!))
  • アメトーーク!BEST ゴールド(女の子大好き芸人)
  • アメトーーク!BEST シルバー(絵心ない芸人)
  • 天国はまだ遠く(映画・2009年)
  • 派遣のオスカル(テレビドラマ・2010年)
  • 友近プレゼンツ 水谷千重子 演歌ひとすじ40周年記念リサイタルツアー
  • 10thアニバーサリー R-1ぐらんぷり2012
  • IPPONグランプリ 01
  • IPPONグランプリ 06
  • カレ、夫、男友達(テレビドラマ)
  • アメトーークDVD25(下ネタ大好き芸人、芸人の新ルールを考えよう第2弾(特典映像))
  • アメトーークDVD26 (広島カープ芸人、絵心ない芸人第2弾、夢トーク(特典映像))
  • 莫逆家族(映画)
  • 世にも奇妙な物語 〜2013春の特別編〜
  • 遠くでずっとそばにいる(映画)
  • 下田美咲って誰?
  • IPPONグランプリ 8
  • IPPONグランプリ 10
  • Nのために(テレビドラマ・2014年)
  • ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密(映画)(日本語吹き替え版)
  • テラスハウス クロージング・ドア(映画)(禁断の副音声版)(2015年)
  • 容疑者は8人の人気芸人(テレビドラマ)
  • IPPONグランプリ 13

雑誌連載[編集]

PV[編集]

ラジオ[編集]

CD参加作品[編集]

関連項目[編集]

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈化[編集]

  1. ^ 1発目にやってあえなく落ちたネタは「警官と泥棒」のコントだったと徳井本人が雑誌に述懐。
  2. ^ 週1回行われる、連絡や模試の結果の返却などのホームルーム的な時間。

出典[編集]

  1. ^ a b 小笠原芳 (2013年8月16日). “カープ盛り上げ隊(2) 漫才コンビ・チュートリアル徳井義美さん 『軽妙トークで愛語る』”. 中国新聞 (中国新聞): p. 23 
  2. ^ チュートリアル徳井が女性アナ・小園真理恵役で綾部主演昼ドラ登場”. お笑いナタリー (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。
  3. ^ 中谷美紀、恋愛市場から取り残されたヒロイン役にドキリ 「私も?」”. ORICON STYLE (2015年12月11日). 2015年12月14日閲覧。
  4. ^ “チュート徳井、ASIENCE新CMで早見あかりに色気の出し方レクチャー”. お笑いナタリー. (2016年9月5日). http://natalie.mu/owarai/news/200664 2016年9月5日閲覧。 
  5. ^ 車内がより広く&ゴージャスに Hondaの新型「フリード」にエビちゃんと徳井感激”. J-CAST (2016年9月19日). 2017年5月20日閲覧。
  6. ^ “『ナイト ミュージアム』最終章の吹き替え声優に渡辺直美&徳井義実!”. シネマトゥデイ. (2014年12月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068947 2014年12月11日閲覧。 
  7. ^ 「テラスハウス」スタジオメンバーの毒舌飛び交う副音声を映画でも”. 映画ナタリー (2015年4月22日). 2015年4月24日閲覧。
  8. ^ 『マンガ肉と僕』舞台挨拶でマンガ肉をガブリ! 三浦貴大さんの男気エピソードも続出!”. excite.ニュース (2016年2月12日). 2016年3月16日閲覧。
  9. ^ “イケメンモデルのチュート・徳井に森川葵メロメロ「あまりのカッコ良さに…」”. スポーツ報知. (2017年6月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170620-OHT1T50212.html 2017年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]