ダン・スティーヴンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダン・スティーヴンス
Dan Stevens
Dan Stevens
2017年
本名 Daniel Jonathan Stevens
生年月日 (1982-10-10) 1982年10月10日(39歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 2004年 –
配偶者 スージー・ハリエット(2009年 - )
主な作品
映画
ザ・ゲスト
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
美女と野獣
Merry Christmas! 〜ロンドンに奇跡を起こした男〜
テレビドラマ
ダウントン・アビー
レギオン
テンプレートを表示

ダン・スティーヴンス(Dan Stevens[1], 1982年10月10日 - )はイギリス俳優

略歴[編集]

ロンドンのクロイドン出身[2]。生後7日で教師の両親の養子となった[3]。同じく養子の弟がいる[4]

10歳の時、奨学金を得てパブリックスクールであるトンブリッジ校に入学[3]。卒業後、ケンブリッジ大学で英文学を専攻。伝統あるコメディサークルであるフットライツのメンバーでもあった[5]

私生活[編集]

2006年、イングランドの劇場で南アフリカ共和国出身のジャズ歌手であるスージー・ハリエットと出会い、2009年に結婚。3児の父。2009年に娘ウィロー、2012年に息子オーブリー、2016年に娘エデンが誕生[6][7]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考 吹き替え
2004 フランケンシュタイン
Frankenstein
ヘンリー テレビ映画 内田夕夜
2006 ドラキュラvsヴァン・ヘルシング
Dracula
アーサー・ホルムウッド卿 テレビ映画
2009 回転
The Turn of the Screw
フィッシャー テレビ映画
2013 2月の夏
Summer in February
ギルバート・エヴァンス TBA
フィフス・エステート/世界から狙われた男
The Fifth Estate
イアン・カッツ
2014 ザ・ゲスト
The Guest
デヴィッド・コリンズ 佐藤拓也
誘拐の掟
A Walk Among the Tombstones
ケニー・クリスト 増元拓也
靴職人と魔法のミシン
The Cobbler
エミリアーノ 前田一世
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
Night at the Museum: Secret of the Tomb
ランスロット 徳井義実[8]
2015 クリミナル・ミッション
Criminal Activities
ノア 森久保祥太郎[9]
2016 The Ticket James N/A
嘘はフィクサーのはじまり
Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer
ビル・カヴィシュ 越村友一[10]
シンクロナイズドモンスター
Colossal
ティム 北田理道
2017 美女と野獣
Beauty and the Beast
野獣(ビースト) [11] 山崎育三郎[12]
結婚まで1%
Permission
ウィル 阪口周平
リディバイダー
Kill Switch
ウィル・ポーター 小松史法
マーシャル 法廷を変えた男
Marshall
ローリン・ウィリス TBA
Merry Christmas! 〜ロンドンに奇跡を起こした男〜
The Man Who Invented Christmas
チャールズ・ディケンズ 小野大輔[13]
2018 ハースメル
Her Smell
ダニー・サムシング
アポストル 復讐の掟
Apostle
トーマス・リチャードソン Netflixオリジナル映画 西健亮
2019 ルーシー・イン・ザ・スカイ
Lucy in the Sky
ドリュー・コーラ
2020 野性の呼び声
The Call of the Wild
ハル
サイコハウス 血を誘う家
The Rental
チャーリー (吹き替え版なし)
ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜
Eurovision Song Contest: The Story of Fire Saga
アレクサンダー・レムトヴ Netflixオリジナル映画 檜山修之
ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!
Blithe Spirit
チャールズ・コンドミン
2021 アーヤと魔女
Earwig and the Witch
トーマス 声の出演(英語吹き替え) 濱田岳(原語版の声優)
アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド
Ich bin dein Mensch
トム

テレビシリーズ[編集]

邦題/原題 役名 備考 吹き替え
2006 ライン・オブ・ビューティ 愛と欲望の境界線
The Line of Beauty
ニック・ゲスト ミニシリーズ 石母田史朗
2007 アガサ・クリスティー ミス・マープル
Agatha Christie's Marple
マイケル 第3シーズン第4話「復讐の女神」
2008 分別と多感
Sense & Sensibility
エドワード・フェラーズ ミニシリーズ
2010-2012 ダウントン・アビー
Downton Abbey'
マシュー・クローリー 計25話出演 佐藤拓也[14]
2017-2019 レギオン
Legion
デヴィッド・ハラー / レギオン 主演、計27話出演 西健亮
2020 キポとワンダービーストの冒険
Kipo and the Age of Wonderbeasts
スカールメイン / ヒューゴ 声の出演
計13話出演
2021 Solos 〜ひとりひとりの回想録〜
Solos
オットー アンソロジーシリーズ TBA

舞台[編集]

プロダクション 監督 劇場
2004 お気に召すまま オーランドー ピーター・ホール The Rose Theatre, Kingston ノミネート - Ian Charleson Award[4]
2005 You Can Never Tell Theatre Royal, Bath
ゴドーを待ちながら
『私生活〜Private Lives〜』
空騒ぎ クローディオ
2006 The Romans in Britain[15] Marban/Maitland サミュエル・ウェスト Crucible Theatre, Sheffield
『花粉熱』[16] Simon ピーター・ホール Theatre Royal, Haymarket
2008 The Vortex[17] Nicky Lancaster Apollo Theatre, London
2009 Every Good Boy Deserves Favour[18] フェリックス・バーネット、トム・モリス ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
Arcadia[19] Septimus Hodge David Leveaux Duke of York's Theatre, London
2010 Late at Night David リチャード・カーティス オールド・ヴィック・シアター、ロンドン
2012 The Heiress[20] Morris Townsend モイセス・カウフマン Broadway theatre

出典[編集]

  1. ^ Dan Stevens profile”. UK Cinema Release Dates. 2013年12月11日閲覧。
  2. ^ Tatler http://www.tatler.com/the-tatler-list/s/dan-stevens
  3. ^ a b Dan Stevens: no more Mr Nice Guy” (英語). the Guardian (2014年8月30日). 2021年10月28日閲覧。
  4. ^ a b “I'm not really posh, says 'Downton Abbey' actor Dan Stevens”. (2011年8月27日). http://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/8727046/Im-not-really-posh-says-Downton-Abbey-actor-Dan-Stevens.html 2012年1月2日閲覧。 
  5. ^ Footlights Alumni 2000-2009”. Footlights. 2012年10月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  6. ^ Downton Abbey star Dan Stevens's joy over extra passenger”. The Telegraph. 2012年8月20日閲覧。
  7. ^ “Sunday Telegraph September column & Sunday Times interview”. (2012年9月9日). http://www.dan-stevens.co.uk/content/sunday-telegraph-august-column-summer-times-interview 
  8. ^ ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密”. ふきカエル大作戦!! (2015年3月20日). 2021年12月5日閲覧。
  9. ^ クリミナル・ミッション”. ソニー・ピクチャーズ公式. 2021年12月5日閲覧。
  10. ^ 嘘はフィクサーのはじまり”. ソニー・ピクチャーズ公式. 2021年12月5日閲覧。
  11. ^ “ディズニー「美女と野獣」実写版は2017年4月公開、ビジュアル解禁”. 映画ナタリー. (2016年10月18日). http://natalie.mu/eiga/news/205661 2016年10月18日閲覧。 
  12. ^ 美女と野獣(2017)”. ふきカエル大作戦!! (2017年4月21日). 2021年12月5日閲覧。
  13. ^ Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~”. ふきカエル大作戦!! (2018年10月29日). 2021年12月5日閲覧。
  14. ^ ダウントン・アビー”. ふきカエル大作戦!! (2020年2月4日). 2021年12月5日閲覧。
  15. ^ “Brenton’s Romans in Britain Faces Fresh Protests”. (2006年2月8日). http://www.whatsonstage.com/news/theatre/london/E8821139395522/Brenton%92s+Romans+in+Britain+Faces+Fresh+Protests.html 
  16. ^ “Flu Fells Dench, Hay Fever Cancels Four Previews”. (2006年4月6日). http://www.whatsonstage.com/news/theatre/london/E8821144337916/Flu+Fells+Dench%2C+Hay+Fever+Cancels+Four+Previews.html 
  17. ^ “Divas ‘Dancical’ Honours Piaf, Garland & Dietrich”. (2008年4月4日). http://www.whatsonstage.com/news/theatre/london/E8821207309626/Divas+%91Dancical%92+Honours+Piaf%2C+Garland+%26+Dietrich.html 
  18. ^ “Every Good Boy Deserves Favour”. http://www.whatsonstage.com/reviews/theatre/london/E8821232358569/Every+Good+Boy+Deserves+Favour.html 
  19. ^ “Critics Hail Stoppard's Arcadia”. (2009年6月8日). http://www.whatsonstage.com/index.php?pg=198&story=E8831244481126&title=Review%20Round-up:%20Critics%20Hail%20Stoppard%27s%20Arcadia 
  20. ^ “DOWNTON ABBEY Star Dan Stevens to Join Jessica Chastain & David Strathairn in THE HEIRESS on Broadway - October 2012!”. http://broadwayworld.com/article/DOWNTON-ABBEY-Star-Dan-Stevens-to-Join-Jessica-Chastain-David-Strathairnin-THE-HEIRESS-on-Broadway-October-2012-20120514 

外部リンク[編集]