アポストル 復讐の掟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アポストル 復讐の掟
Apostle
監督 ギャレス・エヴァンス
脚本 ギャレス・エヴァンス
製作 ギャレス・エヴァンス
アラム・ターツァキアン
エド・タルファン
製作総指揮 ニック・スパイサー
ネイト・ボロティン
出演者 ダン・スティーヴンス
マイケル・シーン
マーク・ルイス・ジョーンズ
ポール・ヒギンズ
音楽 ファジャール・ユスクマル
アリア・プラオギ
撮影 マット・フラネリー
編集 ギャレス・エヴァンス
製作会社 XYZフィルムズ
セヴァン・スクリーン
ワン・モア・ワン・プロダクションズ
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2018年10月12日
上映時間 130分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

アポストル 復讐の掟』(原題:Apostle)は2018年に配信された合作のホラー映画である。監督はギャレス・エヴァンス、主演はダン・スティーヴンスが務めた。

あらすじ[編集]

トーマス・リチャードソンはキリスト教の聖職者であったが、中国での布教中に義和団事件に巻き込まれ、その際に受けた拷問がきっかけで棄教していた。それ以来、トーマスは自暴自棄な生活を送っていたが、妹のジェニファーだけは彼の心の支えとなっていた。

1905年、そんなジェニファーがカルト教団に誘拐されるという事件が発生した。トーマスは入信者を装い、教団の本部がある絶海の孤島に乗り込んだが、そこには教団が謳うユートピアとはほど遠い凄惨な光景が広がっていた。教団の指導者であるマルコム・ハウは自分に逆らうものを容赦なく処刑しており、ジェニファーを生贄として女神に捧げようとしていたのである。マルコムの信頼を勝ち取った後、トーマスはジェニファーを救出するべく奔走していたが、ここで予期せぬ事態に遭遇することとなった。何と、教団が信仰する女神は実在していたのである。ただし、女神は聖なる存在ではなく、人の生き血を欲する魔物であった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版スタッフ:演出:藤本直樹、翻訳:徳植雅子、録音・調整:飯野和義、録音スタジオ:オムニバス・ジャパン、制作:ACクリエイト

製作[編集]

2016年11月2日、ギャレス・エヴァンス監督が新作映画の製作を進めていると報じられた[2]。3日、ダン・スティーヴンスが本作に出演するとの報道があった[3]2017年3月、マイケル・シーン、ルーシー・ボイントン、ビル・ミルナー、クリスティン・フロセスがキャスト入りし[4]、Netflixが本作の配信権を獲得した[5]。4月、本作の主要撮影ウェールズで始まった[6][7]

公開・マーケティング[編集]

2017年5月6日、本作の劇中写真が公開された[8]。2018年9月17日、Netflixが本作の予告編を公開した[9]。21日、本作はファンタスティック・フェストでプレミア上映された[10]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには54件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で6.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『アポストル 復讐の掟』は安易なおどろかしに堕すことに抵抗しており、穏やかな世界から恐怖に満ちた世界へゆっくりかつ着実に移行させている。それできたのはダン・スティーヴンスの鬼気迫る演技のお陰である。」となっている[11]。また、Metacriticには17件のレビューがあり、加重平均値は62/100となっている[12]

出典[編集]

外部リンク[編集]