君たちはどう生きるか (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
君たちはどう生きるか
The Boy and the Heron
監督 宮﨑駿
脚本 宮﨑駿
原作 宮﨑駿
製作 鈴木敏夫
出演者 山時聡真[1]
菅田将暉
柴咲コウ
あいみょん
木村佳乃
木村拓哉
大竹しのぶ
竹下景子
風吹ジュン
阿川佐和子
滝沢カレン
國村隼
小林薫
火野正平
音楽 久石譲[2]
主題歌 米津玄師地球儀[3]
撮影 奥井敦
編集 瀬山武司
制作会社 スタジオジブリ
製作会社 スタジオジブリ
配給 日本の旗 東宝
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 GKIDS
公開 日本の旗 2023年7月14日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

君たちはどう生きるか』(きみたちはどういきるか、英語: The Boy and the Heron)は、2023年(令和5年)公開スタジオジブリ制作[注釈 1]による日本アニメーション映画宮﨑駿原作脚本監督による冒険活劇ファンタジーである[4]。タイトルは、吉野源三郎の同名小説君たちはどう生きるか』に由来しており、原作ではないが同小説が主人公にとって大きな意味を持ち関わる[5]

宮﨑の脚本・監督による長編作品では2013年公開の『風立ちぬ』以来10年ぶりとなった。

太平洋戦争中、母親の死をきっかけに田舎に疎開した眞人という少年が、新居の近くで廃墟となった塔を発見し、人間の言葉を話す謎の青サギと出会い、彼と共に幻想的な「下の世界」へと足を踏み入れるストーリー。

本作は公開前および公開後も一時期に限り一切情報を明かさず、予告編及びテレビCMを制作しないトップシークレット手法を取っていたことで知られる。また、『魔女の宅急便』以降制作に携わっていた日本テレビディズニーなどが本作では関与せず、かつ2023年10月6日に日本テレビホールディングスの子会社となる前のスタジオジブリ作品では唯一となる単独出資映画となった。

本作は、日本時間2024年3月11日[注釈 2]アメリカ合衆国で授賞式が行われた第96回アカデミー賞アカデミー長編アニメ賞を受賞した。日本発の長編アニメーション全体で見ても、2003年3月23日の第75回アカデミー賞における『千と千尋の神隠し』のアカデミー長編アニメ賞受賞以来、21年振りとなるアカデミー賞受賞となった[6]

ストーリー[編集]

現実世界における塔との出会い[編集]

太平洋戦争が始まってから3年目に、眞人は実母・ヒサコを火災で失う[7]。軍需工場の経営者である父親の勝一はヒサコの妹、夏子と再婚し、眞人は母方の実家へ工場とともに疎開する。疎開先の屋敷の近くには覗き屋の青サギが住む塔が建っていた。この塔を不思議に思った眞人は土砂で半ば埋もれている入り口から入ろうとするが、屋敷に仕える[8]ばあやたちに制止される。その晩、眞人は夏子から塔は、大伯父によって建てられ、その後大伯父は塔の中で忽然と姿を消したこと、大水が出たときに塔と母屋をつなぐ通路が落ちて迷路のようなトンネルが見つかり、危なかったので夏子の父親(眞人の祖父)によって入り口が埋め立てられたことを告げられる。

転校初日、勝一の車に送られて登校した眞人は学校でうまく馴染めず[注釈 3]、帰り道で地元の少年らから殴る蹴るの暴行を受ける。その後、眞人は道端の石で自分の頭を殴って出血を伴う大ケガを負い、屋敷で手当を受けるが自室で寝込んでしまう。翌朝、部屋につきまとう青サギを退治に木刀を持って庭の池の淵に出た眞人に、青サギが突然襲いかかる。人の言葉をしゃべる青サギから「母君のご遺体を見ていらっしゃらないでしょう。あなたの助けを待っていますぞ」[9]と話しかけられ、操られた魚やカエルたちに全身を包み込まれたが、眞人を探しに来た夏子とばあやたちに助けられる。

眞人のケガを地元の少年らによるものと思い込んだ勝一は、怒りをあらわにし学校側に苦情を訴える。一方で夏子は妊娠によるつわりに苦しみ、何度も眞人の顔がみたいと周囲に話すが、眞人は母親にそっくりな夏子を受け入れることができず[10]、見舞いに訪ねるもそっけない態度をとってしまう。ある日眞人は、砕けた木刀の代わりに弓矢を自作していると、ふと屋敷の窓から夏子が森の中へと消えていく姿を見かける。自室に戻り、落ちていた青サギの抜け羽を材料に矢を作り直しているとき、ヒサコが昭和12年に、眞人のために残した吉野源三郎の小説『君たちはどう生きるか』を見つけ、それを読み進めるうちに涙を流す。

その日の夕暮れ、夏子の失踪に屋敷中が大騒ぎになる中、眞人は使用人のばあやキリコとともに、夏子を探しに森へ入ると塔の裏口にたどり着き、青サギの声に促されるまま足を踏み入れるが閉じ込められてしまう。塔内で待ち構えていた青サギに、偽物のヒサコを見せられて怒った眞人は、青サギの弱点である青サギの羽根「風切りの七番」を矢羽根にした矢を放ち、青サギの嘴を穿つ。すると青サギは半鳥人の姿(サギ男)から戻れなくなってしまう。塔の最上階にたたずむ謎の人物に命令され、眞人とキリコばあやは「下の世界」へいざなわれていく[8]

下の世界との遭遇[編集]

「下の世界」に落ちた眞人はペリカンの大群に襲われ、「我ヲ學ブ者ハ死ス」と刻まれている墓の門を開けてしまうが、通りすがりの若い船乗り・キリコに助けられ、成り行きでキリコの仕事を手伝う。「下の世界」のキリコは魚を捕ることを生業としており、殺生ができない「下の世界」の住人に与えるため、また人が生まれる前の魂たち・ワラワラを飛ばすのに魚の内臓が滋養になるという。仕事を終えた月夜、眞人はキリコの部屋の庭の隅にある便所を出ると、目の前で多くのワラワラたちが風船のように一斉に飛び始めた。すると、それを狙ってペリカンたちがワラワラに襲い掛かり、捕食を始めた。そんな中、舟に乗って現れた火を操る少女・ヒミが自らの力を使って花火を打ち上げ、ペリカンたちを撃退する[11]。ワラワラたちも巻き添えになる中、止めろと叫ぶ眞人だったが、ヒミがいないとワラワラたちは上の世界へ行けずすべて食われてしまうとキリコはつぶやき、ヒミに感謝の言葉を投げかける。眞人は床についたあとも寝付けず、物音を聞いて再び庭に出てみると、便所の横で花火の巻き添えで瀕死状態となった老ペリカンと出会う。老ペリカンは、「我が一族はワラワラを食うために連れてこられた」「この世界の海には魚がほとんどおらずワラワラを食べるほかなすすべがない」「ここは呪われた海だ」などを眞人に語った後、力尽きてしまう。どこからともなくやってきた青サギを横目に、眞人は丁重に老ペリカンを埋葬する。翌朝、青サギに手伝わせて水くみをしていた眞人だったが、青サギと和解するようキリコに諭されながら[12]、二人が協力して夏子を探しに行くよう提案され、お守りの人形を渡されてキリコのもとを離れる。

現実世界の勝一たち[編集]

一方、現実世界では、眞人と夏子、それに加え女中のキリコも一斉に失踪してしまい、工場従業員も動員した大捜索が行われるも発見には至らずにいた。勝一がうなだれていると、ばあやの一人が塔の正体を勝一に告げる。塔は大伯父がはじめから造ったわけではなく、明治維新の少し前に、池に謎の飛翔物が落ちて出現した石の塔であり、その20年後に大伯父が森の中で発見し、石の周りを建物で隠したという[13]。また、生前のヒサコが屋敷で神隠しにあったことがあったが、その1年後には同じ姿で、失踪時の記憶を失ったまま、元気な様子で帰ってきたエピソードも勝一に話す。それを聞いた勝一は、すぐに刀を身につけ、捜索道具を衣服に押し込み、屋敷を出て塔の方へと向かっていた。

少年と青サギ、夏子を探す旅[編集]

「下の世界」で夏子を探す旅に出た眞人と青サギであったが、その道中で眞人は青サギの飛行能力を取り戻すために、枝を削って嘴の穴にあてがって塞いでやる。青サギは、夏子がいる塔に行くためには鍛冶屋の小屋を通らなければならないと眞人に言うが、すでに小屋は人を食うといわれる獰猛な人間大のインコの集団に占拠されていた。青サギがとなってインコたちを引き付けている間に小屋の扉を開けて入ろうとする眞人だったが、中はほかのインコたちで溢れていた。待ち構えていたピンクのインコに「お待ちしておりました」と告げられ、奥へと案内される。そこで眞人はインコたちに囲まれ、あと一歩で殺されそうになるが、突如上がった炎の中から現れたヒミが周りのインコたちを焼き払う。ヒミのワープする力を使って二人はヒミの家へ移動、一緒に食事を済ませると、そこから夏子がいる石の塔へ向かう。自分の世界で見た塔と同じだと気づいた眞人に対し、ヒミはどの世界にも石の塔はつながっていると教える。夏子がいる産屋への道すがら、回廊で眞人がいた現実世界へ通じる「132」と書かれたドアを見つける。その直後、二人は回廊の前後から迫るインコ軍団に挟まれてしまい、やむを得ずドアノブを握りしめたままドアの外の現実世界へと逃げ込む。その時、目の前から捜索にきた勝一と遭遇すると、戻ろうとして再び開けたドアの隙からインコ軍団が現実世界へなだれ込む。インコは現実世界に入ると人型の巨大な姿から、普通のインコの姿になってしまい、勝一は眞人がセキセイインコになってしまったと落胆する。

混乱の隙をついて再び「下の世界」に戻った二人は夏子のいる石で囲まれた産屋までたどり着き、一人で産屋の中へ入った眞人は、夏子に一緒に元の世界へ帰ろうと訴える。しかし、石の特別な力によって眞人は産屋の外へ押し返され、気絶した眞人とヒミはインコたちに捕らえられてしまう。

大伯父との邂逅[編集]

眞人は夢の中で大伯父と邂逅し、「下の世界」の均衡は、塔の主たる大伯父が悪意を持つという石でできた積み木を積んで日々バランスをとり続けていること、そして眞人に年老いてしまった自分の後を継いでほしいことを語る。目覚めた後、インコたちの調理場で囚われの身となっていた眞人は、インコに変装した青サギに助けられる。インコたちの王であるインコ大王とその手下たちに捕まったヒミは、塔がインコであふれたためこの世界のすべてをインコのものへと帰すための取引のダシに使われ、大伯父のいる塔の上へ連れて行かれるところを、眞人と青サギは塔の外壁をよじ登って後を追っていく。外壁の窓から塔内へ侵入した眞人たちだったが、インコ大王に足場の階段をサーベルで切り落とされ[14]、二人は階段もろとも墜落してしまう。塔の上の不思議な光の通路を抜けて天界の大伯父の元に到着したインコ大王は、大伯父に眞人たちが産屋に入るという禁忌を犯したと告げると、大伯父は少し時間をもらえないかと答え、眞人に後を継がせたいのだと言う。

階段の瓦礫の中から抜け出した眞人たちも光の通路を抜けて大伯父の元へ向かうが、それを見たインコ大王があとを尾行する。天界の宮殿でヒミと再会した眞人は二人で大伯父の元へ向かう。草が生い茂る石の積木でできた丘にいる大伯父の元へたどりつくと、大伯父は「ここに13個の悪意で穢(けが)されていない石がある。3日に一つずつ積み上げて争いのない平和で美しい自分の世界を作り、世界のバランスを取ってきた自分の役目を引き継いで欲しい」と眞人に懇願する。大伯父曰く、自分の積み木はもう持たない、そして自らの血を引継ぎ、悪意のない人間しかこの仕事は出来ないとのことだった。しかし眞人は石で殴ってできた頭の傷を指して、「この傷は自分でつけました。僕の悪意の印です[15]」と言って拒否し、元の世界へ夏子と一緒に帰ることを大伯父に話す。このやり取りの様子を背後から覗いていたインコ大王が、積み木に自分たちの命運が委ねられていることに激高すると、とんでもない裏切りだと言って横から手を出し、悪意で穢されていない石をでたらめに積んでこれを叩き切る。すると、この世界の均衡を保つ積み木が崩れ、「下の世界」は崩壊を始める[11]

「下の世界」からの脱出[編集]

崩壊の始まった塔へたどり着いたキリコによって夏子は救出され、天界から脱出してきた眞人たちとも「時の回廊」で合流する。眞人は、元に戻れば火事で死んでしまう運命にあるヒミに、自分たちの時代へ一緒に来るよう訴えるが、実母ヒサコ本人であるヒミは「これからあなたのお母さんになるんだから」と明るく答えて眞人をなだめる[11]。夏子もヒミと会い、ここで別れを告げた後、眞人と夏子、青サギは現実世界へ通じる「132」のドアから、ヒミとキリコはヒミの少女時代につながるドアから、それぞれの元の世界に戻る。

現実世界への帰還[編集]

「下の世界」の崩壊により避難してきたインコたちやペリカンたちも眞人たちの現実世界に出現し、塔はすべて崩壊する。青サギに「まだ向こうのことを覚えてんですかい」と問われた眞人は、ポケットの中のキリコの人形や、大伯父のもとへ向かう際に積み木の丘で拾った石に気付く。青サギはその記憶もじきに忘れると言い[12]、眞人の前から姿を消していく。そしてキリコの人形がばあやのキリコへと変わる。

ようやく日本は終戦を迎え、眞人にも弟が出来た。終戦から2年が経って一家は疎開先から東京へ戻ることになり、玄関先で待つ一家の呼び声で、身支度を済ませた眞人は自室から出ていく。「おわり」の表記はない[14]

登場キャラクター[編集]

眞人(まひと)
声:山時聡真[16][17]、英語版吹替:ルカ・パドヴァン[18]
本作の主人公。小学6年生、11歳の男の子[注釈 4]。名字は「牧」。太平洋戦争が始まった3年目に、火災で母を失い、父と共に母方の実家である屋敷へと疎開する。
母を失った影響もあってか性格は寡黙で、継母となる夏子に対しても心を開かず、彼女を母ではなく「父の好きな人」と認識していた。しかし、塔の中へ姿を消した夏子を探すために「下の世界」へと赴き、旅の中で成長していく。
青サギ(サギ男)に対しては得体の知れない存在として敵意を向けていたが、「下の世界」で夏子を探す内に友情が芽生え、やがて友達と認める。
転校先のクラスメイトと喧嘩した後、頭の右側を自ら石で叩いたことで深い傷が残っており、眞人はこれを「悪意の印」と称している。
青サギ / サギ男
声:菅田将暉[16][19]、英語版吹替:ロバート・パティンソン[18]
眞人が疎開した屋敷にいる謎のアオサギ。屋敷の人々からは「覗き屋の青サギ」と呼ばれている。人間の言葉を話し、カエルや魚の群れを操るなど、明らかに普通の鳥ではない行動を見せる。また、羽には不思議な力が宿っている。
普段は青サギの姿で眞人を監視しているが、その正体は嘴の如く大きな鼻をした禿げ頭の小男[注釈 5]。嘴に穴が空くと本来の飛行能力を失う。穴に栓をすれば姿と能力は戻るが、穴を塞げるのは穴を空けた相手に限られる。
「下の世界」の主である大伯父の使いとして眞人の前に現れ、彼に「母(ヒサコ)が生きている」と吹込むことで「下の世界」へ連れて行こうとする。だが自身の羽を使って作成した矢で嘴に穴を空けられてしまい、小男の姿に変化。大伯父の指示やキリコ(若い姿)の助言もあって、夏子を探す眞人に協力することとなり、その旅の中で次第に眞人との友情が芽生える。
「下の世界」崩壊時は眞人や夏子と同じ扉から脱出。眞人に「下の世界」の存在やそこで体験した出来事はいずれ忘れ去られることを告げ、彼に「あばよ友達」と言い残し記憶の何処かへ飛び去った。
ヒサコ
眞人の実母。病院で火災に遭い死亡[注釈 6]。少女時代に塔で行方不明になったことがあり、1年後に失踪前と何一つ変わらない姿で戻ってきた。
生前、成長した眞人のために『君たちはどう生きるか』の書籍を遺していた。
ヒミ
声:あいみょん[16][20]、英語版吹替:福原かれん[18]
本作のヒロイン。火炎を操る力を持った、赤い服の少女。力が万全の時は、炎を伝って別の場所へ瞬時に移動したり、花火を放ってペリカンを追い払うことができる。眞人にバターとジャムを塗ったパンを御馳走する。
その正体は、少女時代に「下の世界」へ迷い込んだ眞人の母ヒサコその人である。「下の世界」が崩壊した際は、妹の夏子に元気な赤ちゃんを産むように伝え、本来いるべき世界(失踪から1年経過した後の時代)へと帰って行った。
キリコ[注釈 7]
声:柴咲コウ[16][22][23]、英語版吹替:フローレンス・ピュー[18]
屋敷に仕える「ばあや」の一人。煙草好きと思われる様子が見られる。
塔に向かう眞人を危険な目に遭わないように止めようとするが、塔に一緒に入った末に「下の世界」へと引き込まれ行方知れずとなる。眞人が元の世界に帰った際、眞人のポケットに入っていた「ばあやのキリコの人形」から元の姿に戻る。
キリコ(若い姿)
声:柴咲コウ
眞人が「下の世界」で出会った男勝りな女性。ばあやのキリコと同じ柄の服を着ている。舟を操って魚を採り、殺生ができない「下の世界」の住人に魚を、ワラワラに魚のはらわたを供与している。強力なお守りとして「ばあやのキリコの人形」を眞人に与える。
最後はヒミと同じ扉から元の世界へと帰っており、彼女もヒミと共に行方不明になっていた若き日のキリコであることが示唆されている。
夏子(なつこ)
声:木村佳乃[16][24][25]、英語版吹替:ジェンマ・チャン[18]
眞人の父の再婚相手で、ヒサコ(ヒミ)の妹。姉のヒサコと瓜二つの容姿。眞人にとっては叔母であり、継母でもある。眞人と出会った時点で妊娠している。
眞人の母になろうと奮闘するが、中々心を開こうとしない眞人の態度に思い悩む。更に妊娠中のつわりもあってか精神的に参ってしまい、何かに引き寄せられるように「下の世界」へ行ってしまう。
「下の世界」では産屋で寝ており、訪れた眞人と再会。眞人に「大嫌い」と叫んで彼を追い払おうとするが、自分を「お母さん」と呼んでくれた眞人の言葉を聞き落ち着きを取り戻す。
最後は眞人と同じ扉から元の世界へと帰り、後に眞人の弟を無事出産している。
勝一(しょういち)
声:木村拓哉(特別出演)[16][24]、英語版吹替:クリスチャン・ベール[18]
眞人の父親。軍需工場を営んでいる。息子想いであるが、眞人が学校でいじめに遭ったと思った際には敵を取ろうとしたり、眞人に襲い掛かるインコ達に立ち向かおうとしたりと過保護な一面がある。学校にダットサンで乗り付けたり、息子への便宜を計るために学校へ300円(現在価値で換算すると約78万円)寄付するなど、権威的なものや行動を好む。疎開先でサイパン陥落について言及している[8]
眞人や夏子らが行方不明になった際には、日本刀を持って塔に向かう。
あいこ
声:大竹しのぶ[16][26]
夏子の実家の屋敷の使用人。年老いた「ばあや」たちのひとり。
いずみ
声:竹下景子[16][27]
既出の「ばあや」たちのひとり。
うたこ
声:風吹ジュン[16][28]
既出の「ばあや」たちのひとり。
えりこ
声:阿川佐和子[16][29]
既出の「ばあや」たちのひとり。
ワラワラ
声:滝沢カレン[16]
産まれる前の魂たち。白く丸い姿をしており、小さな目と口、短い手足がある。熟すと体を膨らませることで飛ぶことができるが、ワラワラを飛ばすには魚の内臓の栄養が必要。飛んでゆくことで「上の世界」に行き、人間の新たな命として誕生する。
インコ大王
声:國村隼[16][30]、英語版吹替:デイヴ・バウティスタ[18]
インコの王。他のインコたちと異なり、赤を基調とした服を着ている。頭には王冠を被り、ヒゲを生やしている。ヒミを大伯父のもとへ護送する際、追いかけてきた眞人たちを追い払うために、木製の階段を切り落とす。
世界の管理者である大伯父を閣下とよび敬意を払っているが、最終的に世界(帝国)の命運を積み木に委ねている事を知り憤慨し、自分こそ世界の命運を委ねるのに相応しいと言わんばかりに積み木を組み立てようとしたが、無造作に組み立てたことで崩れそうになり机ごと切り刻んだ結果、「下の世界」全体の崩壊を招く。最後は元のインコに戻り、眞人や夏子と同じ扉から「上の世界」へと脱出した。
セキセイインコ
人間ほどの大きさがあるインコ。元々は大伯父が連れて来た普通のインコだったらしく、「下の世界」の環境に順応し繁殖した。人間のように二足歩行するほか、刃物や包丁を持っており、包丁を研ぐ姿が見られる。人肉に飢えており、捕らえた眞人を料理しようと目論むも失敗に終わる。
「下の世界」崩壊時には眞人や夏子と同じ扉から「上の世界」へと脱出し、元のインコの姿に戻った。
老ペリカン
声:小林薫[16][24]、英語版吹替:ウィレム・デフォー[18]
ワラワラを食らうペリカンの内の一羽。ワラワラを襲っていたところをヒミの花火で焼かれ、全身が焼け爛れる重傷を負う。キリコの家の庭で倒れ、眞人にワラワラを食らわねば生きていけない自分達の境遇を伝え死亡する。
亡骸は眞人によって丁重に弔われる。
ペリカン
「下の世界」に住むペリカンの群れ。「上の世界」へ飛んでいこうとするワラワラを餌としている。インコ同様、彼らも大伯父によって「下の世界」へと連れて来られたことが老ペリカンの口から示唆されている。
「下の世界」崩壊時には、眞人や夏子と同じ扉から「上の世界」へと脱出した。
大伯父
声:火野正平[16][30]、英語版吹替:マーク・ハミル[18]
ヒサコと夏子の大伯父。聡明で頭脳明晰な人物だったが、本の読みすぎで頭がおかしくなったといわれている。塔を建造したが、ある日忽然と姿を消した。
実は浮遊する石との契約で「下の世界」を生み出した創造主「殿様」として留まっており、自分の血を引く者を「下の世界」を維持する後継者にしようと求めていた。
青サギを使いとして「上の世界」に送り、自身の元を訪れた子孫である眞人に「13個の悪意のない石の積み木」を託そうとする。だが最終的に眞人は後継者になることを拒み、ヒミや夏子たちと共に帰ることを選んだことで、眞人の意思を肯定する。直後にインコ大王によって積み木が破壊されたことで「下の世界」が崩壊し、自ら崩れ行く「下の世界」と運命を共にした。

スタッフ[編集]

製作 星野康二中島清文
協力製作 大島宇一郎西村義明
音楽 久石譲[2]
作画監督 本田雄
美術監督 武重洋二
ハーモニー 高屋法子
色彩設計 沼畑富美子、高栁加奈子
撮影監督 奥井敦
撮影 藪田順二
音響制作 東宝スタジオ東北新社
音響演出・整音 笠松広司
アフレコ演出 木村絵理子
音響効果制作 デジタルサーカス
ダビングスタジオ 東宝ポストプロダクションセンター
音楽制作 ワンダーシティ
音楽統括 藤澤文女
編集 瀬山武司
助監督 片山一良
ポストプロダクション担当 古城環
制作業務担当 野中晋輔
ペイントプロデューサー 高橋賢太郎
制作協力 スタジオポノック
制作 スタジオジブリ
プロデューサー 鈴木敏夫
製作プロデューサー 宮崎吾朗
原作・脚本・監督 宮﨑駿
配給 東宝

製作[編集]

経緯[編集]

2013年、宮崎駿がアニメーション映画『風立ちぬ』を公開し、それを最後に「宮崎が長編映画の制作から引退する」ことをスタジオジブリ社長の星野康二が発表した[31]

しかし、2017年2月24日にプロデューサーの鈴木敏夫が「Oscar Week 2017」において、宮崎が長編映画の制作に復帰したことを公表し事実上の引退撤回となった[32][33]。ただし、宮崎自身は「自分は引退中であり、引退しながらやっている」と発言している。

同年5月19日、新作のスタッフを公式サイトで募集開始し本格的に制作がスタートした[34]。10月28日に早稲田大学で開催されたイベントで新作のタイトルが『君たちはどう生きるか』であると明かされた[5]

2020年5月13日にエンターテインメント・ウィークリーの取材で鈴木が1か月に1分間のペースで制作中と語った。鈴木は単純計算で2020年5月時点で3年間費やしたので36分が完成したことになる、と述べている[35]。2019年12月25日に掲載された宮﨑のインタビューによれば、働き方改革で午後8時にはスタッフが帰るようになり、みなが今までより人間的な顔になったという[36]

2020年11月30日の『アーヤと魔女』合同取材会において、鈴木は作画の半分が完成し、全体の尺がオープニングとエンディングを入れて約125分になる予定であり、あと3年はかかると明かした[37]

2022年12月1日、本作に出演した木村拓哉が自身のInstagramで「久しぶりにお会いする(宮崎)監督の元、とある作業へと向かいます」と映画の題名を隠した台本と共にアフレコ作業を行ったことを投稿し、その翌日にスタジオジブリの公式Twitterでハウルが「ありがとう」と感謝する画像の投稿を行った[38]

2022年12月13日、配給の東宝は本作を2023年7月14日に公開すると発表した[39]

2023年2月下旬、初号試写が行われた[10]

2023年6月16日、Dolby CinemaDolby Atmosで上映されることが発表された[40]。また7月7日に、IMAXで上映されることが発表された。スタジオジブリ作品のIMAX上映は初めてとなる[41]

2023年7月4日、音楽は久石譲が担当することが判明した[2]。また、同年8月9日に徳間ジャパンコミュニケーションズから主題歌含む37曲が収録されたサウンドトラックが発売された[2][42]。宮﨑は久石へ「久石譲さん、ぼくの最後の仕事に付き合ってください 」という内容で仕事を依頼した[43]

公開日となる2023年7月14日、出演者・担当スタッフが解禁となり、米津玄師が主題歌を担当したことが判明した[1]。同時にスタッフ面では、制作部の解散によってジブリからスタジオポノックに転職した西村義明が協力製作という形で本作に関わった。

2023年7月27日、今年9月に開催される第48回トロント国際映画祭にて、オープニング作品として上映されることが決定した。同映画祭のオープニングで邦画及びアニメーション作品が上映されるのは史上初めてとなる[44]

2023年8月11日、劇場パンフレット発売開始。パンフレット内容については未発表である[45][注釈 8]

2023年8月18日、「常識の範囲でご自由にお使い下さい」という鈴木敏夫プロデューサーのメッセージとともに、場面写真14点を発表した[29]

2023年10月27日、本作の作品解説や全キャストとメインスタッフのインタビュー、コメントなどをまとめた公式ガイドブック『THE ART OF 君たちはどう生きるか』が発売(他は下記)。

2023年11月16日、公開から4か月にして第2弾となるポスタービジュアルが公開され、主人公・眞人のイラストと設定が書き込まれた最初のイメージボードとともに、キャッチコピーが公開された。宮崎監督直筆によるもので、11月17日より全国の上映劇場にて掲出を開始。

2024年3月11日、米アカデミー賞を受賞。また、それに伴い開かれた鈴木敏夫プロデューサーの会見で第3弾となるポスタービジュアルが公開された。青サギ・サギ男のイメージボード、受賞歴とともに、新キャッチコピーが公開された[47]

2024年3月20日、豪華キャスト陣が英語吹替を担当した、【英語吹替版(日本語字幕付き)】の全国上映開始。

制作・コンセプト[編集]

監督の宮崎は2024年3月3日(現地)に行われた米アカデミー賞の主催するパネルディスカッションにビデオで参加している[48]。そこで宮崎は本作を「(自身の)自伝ではない」としつつ、「心の中にあったこと(物語)です」としている[48]

鈴木によれば、宮﨑は本作においては全てのカットに自ら手を入れるようなことは行っておらず、あくまで絵コンテの制作に専念しているという[49]。具体的な作画は作画監督の本田雄に一任しており、鈴木はそれによって本作が「がぜん面白くなりました」としている[49]

2023年2月下旬に行われた初号試写終了後、「おそらく、訳が分からなかったことでしょう。私自身、訳が分からないところがありました」という宮崎からのコメントが読み上げられたという[10]

書評家・ライターのタニグチリウイチは、ストーリーにはアイルランドの作家、ジョン・コナリーの小説『失われたものたちの本』からの影響があると指摘している[50]

映画評論家の南波克行は、ポスタービジュアル第2弾にも記載された眞人の一言について、1978年に放送された宮﨑のTVシリーズ初監督作品である『未来少年コナン』の1話で死の間際に立たされたおじいが放った「仲間を探せ」という言葉のオマージュであり、言わば「全員が改めて1からやり直す」との意味が込められたと述べている。

関連出版[編集]

音楽[編集]

主題歌[編集]

地球儀
作詞・作曲・歌 - 米津玄師SME Records[3]
2019年に宮﨑がラジオでFoorinの「パプリカ」を聴いたことがきっかけで米津に制作を依頼した。米津は宮﨑より絵コンテを見せられて説明を受け、幾度かスタジオに足を運んで宮﨑や鈴木敏夫と話をしながら4年かけて楽曲を完成させた[3]

サウンドトラック[編集]

2023年8月9日、久石譲によるサウンドトラックが発売[51](主題歌を含む37曲を収録)。

公開[編集]

興行成績(日本)[編集]

日本では、2023年7月14日に全国公開され[52]、公開4日間の(14日 - 17日)の興行成績が発表され、観客動員135万人、興収21.4億円を記録。2001年公開の『千と千尋の神隠し』の初動4日間の興収を超え、前作の『風立ちぬ』との対比では、150%を超えた[53]

その後、同年9月25日時点で国内興行82.5億円、553万人を動員[54]。2023年末時点で88.4億円[55]

また、2024年3月10日の第96回アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞受賞を受けて、同月20日から上映館数を拡大すると同時に一部の映画館では英語吹替版も上映することを同月11日に発表した[56]

アカデミー賞受賞後に迎えた3月15日-17日付の週末観客動員ランキングでは8位にランクインし、9月29日週以来、約6か月ぶりにTOP10に復帰することとなった。また、公開(7月14日)から3月17日までの248日間で観客動員612万人、興行収入90.8億円を記録した[57]

『君たちはどう生きるか』動員数・興行収入の推移
動員数
(万人)
興行収入
(億円)
備考
週末 累計 週末 累計
1週目の週末
(2023年7月14日・15日・16日)
1位 100.3 100.3 16.3 16.3 [58][59]
2週目の週末
(7月21日・22日・23日)
2位 52.9 232.2 8.3 36.2 [60][61]
3週目の週末
(7月28日・29日・30日)
3位 36.7 305.4 5.6 46.9 [62][63]
4週目の週末
(8月4日・5日・6日)
4位 361.1 54.8 [64][65]
5週目の週末
(8月11日・12日・13日)
3位 28.9 412.5 4.4 62.4 [66][67]
6週目の週末
(8月18日・19日・20日)
2位 20.3 464.5 3.0 69.8 [68][69]
7週目の週末
(8月25日・26日・27日)
4位 14.3 494.6 2.1 74.1 [70][71]
8週目の週末
(9月1日・2日・3日)
5位 517.6 77.3 [72][73]
9週目の週末
(9月8日・9日・10日)
6位 532.7 79.6 [74][75]
10週目の週末
(9月15日・16日・17日・18日)
9位 546.8 81.6 [76][77]
11週目の週末
(9月22日・23日・24日)
9位 533.1 82.5 [78][79]
12週目の週末
(9月29日・30日・10月1日)
10位 558.9 83.3 [80][81]
13週目の週末
(10月6日・7日・8日・9日)
圏外 84.0 [82]
14週目の週末
(10月13日・14日・15日)
84.4 [83]
15週目の週末
(10月20日・21日・22日)
84.7 [84]
16週目の週末
(10月27日・28日・29日)
85.0 [85]
17週目の週末
(11月3日・4日・5日)
85.2 [86]
18週目の週末
(11月10日・11日・12日)
85.4 [87]
19週目の週末
(11月17日・18日・19日)
85.6 [88]
20週目の週末
(11月23日・24日・25日・26日)
85.8 [89]
21週目の週末
(12月1日・2日・3日)
86.0 [90]
22週目の週末
(12月8日・9日・10日)
86.1 [91]
23週目の週末
(12月15日・16日・17日)
86.4 [92]
24週目の週末
(12月22日・23日・24日)
86.6 [93]
25週目の週末
(12月29日・30日・31日)
87.1 [94]
26週目の週末
(2024年1月5日・6日・7日・8日)
87.3 [95]
27週目の週末
(1月12日・13日・14日)
87.7 [96]
28週目の週末
(1月19日・20日・21日)
88.1 [97]
29週目の週末
(1月26日・27日・28日)
88.5 [98]
30週目の週末
(2月2日・3日・4日)
88.8 [99]
31週目の週末
(2月9日・10日・11日・12日)
89.1 [100]
32週目の週末
(2月16日・17日・18日)
89.2 [101]
33週目の週末
(2月23日・24日・25日)
89.5 [102]
34週目の週末
(3月1日・2日・3日)
89.7 [103]
35週目の週末
(3月8日・9日・10日)
89.8 [104]
36週目の週末
(3月15日・16日・17日)
8位 612.0 90.9 [105]
37週目の週末
(3月22日・23日・24日)
圏外 91.9 [106]
38週目の週末
(3月29日・30日・31日)
92.6 [107]
39週目の週末
(4月5日・6日・7日)
93.0 [108]

興行成績(北米)[編集]

北米では、2023年12月8日に公開され、公開後初の週末、興行収入1280万ドル(約18億6000万円)を超え、週末興行ランキングで1位を獲得[109][110]。スタジオジブリ作品としては過去最高の数字を記録した[111]

興行成績(中国)[編集]

中国では、2024年4月3日に公開され、興行収入が、公開から2日で2億5500万元(約53億円)に達した[112]。中国のSNS・微博(ウェイボー)の同作公式アカウントは6日までの興行収入が5億元(約104億円)に達したことを明らかにした[113]

プロモーション[編集]

プロデューサーの鈴木は、2023年6月2日に行われた『文藝春秋』編集長の新谷学との対談において、本作については宣伝を一切行わない方針を明らかにした[114][49]

また、「金曜ロードショーとジブリ展」の開会セレモニーにて、「いろいろ考えているうちに一切宣伝がなかったら、皆さんどう思うんだろうと考えてみた。僕の考えですけど、これだけ情報があふれている時代、もしかしたら情報がないことがエンタテインメントになる。そんなふうに考えました。うまくいくかどうかわかりません。わからないけど、それを信じてやる、ということです」と鈴木が語っている[115]

先述のとおり、2022年12月13日に公開予定日とポスタービジュアルが発表されて以降、予告編の公開やCM新聞広告、公式サイトの開設といったプロモーション活動は全く行われず、出演者も伏せられ、スタッフについても公開日までほとんどが非公開となっており[115]、2023年2月下旬に行われた初号試写でも、厳重な箝口令が敷かれた[10]

プロモーションとしては、映画ジャーナリストの大高宏雄が、日本テレビ系列『金曜ロードショー』で10年間流し続けた今までのジブリ作品が実質的に宣伝だったと指摘している(本作の公開を記念し企画した「夏はジブリ」にて間接的にではあるがこれまで通りに宣伝された)[116]

動画配信[編集]

2024年内に日本とアメリカを除く各国ではNetflixで、アメリカではMaxにおいて、本作品がそれぞれ配信される予定である[117][118]

評価[編集]

興行的には好調な滑り出しを見せたが、インターネット上では評価が分かれ賛否両論となる現象が起きた[119][120]

影響[編集]

映画公開後、岩波書店で刊行している吉野源三郎の小説『君たちはどう生きるか』(岩波文庫+ワイド版岩波文庫)が、映画との相乗効果もあり一時期品薄状態となった。これを受け重版が決まったが、フリマアプリで文庫が相次いで出品される状況となった[121]

作品論[編集]

  • 総特集=宮﨑駿『君たちはどう生きるか』をどう観たか」『現代思想』2023年10月臨時増刊(青土社、2023年9月刊)ISBN 978-4791714537
  • 雑誌 SWITCH「特集 ジブリをめぐる冒険」』(2023年9月号、スイッチ・パブリッシング

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 授賞式 部門 対象 結果 出典
第48回トロント国際映画祭 2023年9月17日 観客賞英語版 『君たちはどう生きるか』 第3位 [122]
イマジン映画祭英語版 2023年11月4日 シルバー・スクリーム賞 1位 [123]
第48回報知映画賞 2023年11月27日(発表日) アニメ作品賞 ノミネート [124]
第89回ニューヨーク映画批評家協会賞 2023年11月30日 アニメ映画賞 受賞 [125]
ミシガン映画批評家協会賞 2023年12月4日 アニメ映画賞 ノミネート [126]
Yahoo!検索大賞2023 2023年12月5日(発表日) 映画部門 1位 [127]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2023年12月6日 作品賞トップ10 受賞 [128]
第49回ロサンゼルス映画批評家協会賞 2023年12月10日 アニメ映画賞 受賞 [129]
第44回ボストン映画批評家協会賞 アニメ映画賞 受賞 [130]
第22回ワシントンD.C.映画批評家協会賞英語版 アニメ映画賞 ノミネート [131]
アフレコ賞 菅田将暉 ノミネート
第36回シカゴ映画批評家協会賞 2023年12月12日 アニメ映画賞英語版 『君たちはどう生きるか』 受賞 [132][133]
外国語映画賞 ノミネート
第27回ラスベガス映画批評家協会賞 2023年12月13日 アニメ映画賞 ノミネート [134][135]
ウィリアム・ホールデン生涯功労賞 宮﨑駿 ノミネート
フェニックス批評家サークル賞 2023年12月14日 アニメ映画賞 『君たちはどう生きるか』 ノミネート [136][137]
第20回セントルイス映画批評家協会賞 2023年12月17日 アニメ映画賞英語版 次点 [138][139]
第27回トロント映画批評家協会賞英語版 アニメ映画賞英語版 次点 [140]
フィラデルフィア映画批評家協会賞 アニメ映画賞 受賞 [141]
外国語映画賞 受賞
インディアナ映画ジャーナリスト協会賞 アニメ映画賞 ノミネート [142][143]
外国語映画賞 ノミネート
ノーステキサス映画批評家協会賞 2023年12月18日 アニメ映画賞 ノミネート [144][145]
第29回ダラス・フォートワース映画批評家協会賞英語版 アニメ映画賞英語版 受賞 [146]
第28回サンディエゴ映画批評家協会賞 2023年12月19日 アニメ映画賞英語版 受賞 [147][148]
オンライン女性映画批評家協会賞 2023年12月21日 アニメ映画賞 ノミネート [149][150]
第28回フロリダ映画批評家協会賞 作品賞 受賞 [151][152]
外国語映画賞 ノミネート
アニメ映画賞 受賞
作曲賞 久石譲 受賞
#XTrendAward 2023 2023年12月27日(発表日) ジャンル別 映画 『君たちはどう生きるか』 第1位 [153]
オクラホマ映画批評家協会賞 2024年1月3日 作品賞トップ10 第9位 [154]
ノースカロライナ映画批評家協会賞 アニメ映画賞 ノミネート [155]
EDA賞 アニメ映画賞 受賞 [156]
コロンバス映画批評家協会賞 2024年1月4日 外国語映画賞 ノミネート [157]
アニメ映画賞 ノミネート
第13回ジョージア映画批評家協会賞 2024年1月5日 国際映画賞 ノミネート [158]
アニメ映画賞 次点
グレーター・ウェスタン・ニューヨーク映画批評家協会賞 2024年1月6日 外国語映画賞 ノミネート [159]
アニメ映画賞 受賞
第22回ユタ映画批評家協会賞 アニメ映画賞 ノミネート [160]
2024アストラ映画賞 アニメ映画賞 ノミネート [161][162]
国際映画製作者賞 宮﨑駿 受賞
第81回ゴールデングローブ賞英語版 2024年1月7日 アニメ映画賞 『君たちはどう生きるか』 受賞 [163][164]
作曲賞 久石譲 ノミネート
2023シアトル映画批評家協会賞 2024年1月8日 国際映画賞 『君たちはどう生きるか』 ノミネート [165]
アニメ映画賞 ノミネート
第22回サンフランシスコ・ベイエリア映画批評家協会賞英語版 2024年1月9日 アニメ映画賞 受賞 [166]
第19回オースティン映画批評家協会賞英語版 2024年1月10日 国際映画賞 ノミネート [167]
アニメ映画賞 ノミネート
デンバー映画批評家協会賞 2024年1月12日 アニメ映画賞 ノミネート [168]
ハワイ映画批評家協会賞 アニメ映画賞 ノミネート [169]
第29回クリティクス・チョイス・アワード 2024年1月14日 アニメ映画賞 ノミネート [170]
第78回毎日映画コンクール 2024年1月18日(決定日) 大藤信郎賞 受賞 [171]
第27回オンライン映画批評家協会賞 2024年1月22日 アニメ映画賞 ノミネート [172]
第17回ヒューストン映画批評家協会賞英語版 アニメ映画賞 ノミネート [173]
作曲賞 久石譲 ノミネート
第44回ロンドン映画批評家協会賞英語版 2024年2月4日 外国語映画賞 『君たちはどう生きるか』 ノミネート [174]
アニメ映画賞 受賞
第28回美術監督組合賞英語版 2024年2月10日 アニメ映画部門美術賞 武重洋二 ノミネート [175]
国際シネフィル協会賞英語版 2024年2月11日 作品賞 『君たちはどう生きるか』 第15位 [176]
作曲賞 久石譲 受賞
音響デザイン賞 笠松広司 ノミネート
アニメ映画賞 『君たちはどう生きるか』 受賞
作曲・作詞家協会賞英語版 2024年2月13日 スタジオ映画部門作曲賞 久石譲 ノミネート [177]
第2回新潟国際アニメーション映画祭 2024年2月16日(発表日) 蕗谷虹児賞 本田雄 受賞 [178]
第51回アニー賞英語版 2024年2月17日 長編作品賞 『君たちはどう生きるか』 ノミネート [179][180]
長編作品監督賞 宮﨑駿 ノミネート
長編作品脚本賞 ノミネート
長編作品ストーリーボード賞 受賞
長編作品音楽賞 久石譲 ノミネート
長編作品キャラクター・アニメーション賞 本田雄 受賞
長編作品美術賞 武重洋二 ノミネート
第77回英国アカデミー賞英語版 2024年2月18日 アニメ映画賞 宮﨑駿、鈴木敏夫 受賞 [181]
国際映画音楽批評家協会賞英語版 2024年2月22日 作曲賞英語版 久石譲 ノミネート [182][183]
アニメ映画部門作曲賞英語版 受賞
第35回全米製作者組合賞英語版 2024年2月25日 アニメ映画賞英語版 鈴木敏夫 ノミネート [184]
ドリアン賞英語版 2024年2月26日 非英語作品賞 『君たちはどう生きるか』 ノミネート [185]
アニメ映画賞 受賞
音楽賞 久石譲 ノミネート
映画音響協会賞英語版 2024年3月3日 アニメ映画部門音響賞 笠松広司 ノミネート [186]
第28回サテライト賞英語版 アニメーション・ミックスメディア映画賞 宮﨑駿 受賞 [187]
第47回日本アカデミー賞 2024年1月25日(発表日) 優秀アニメーション作品賞 『君たちはどう生きるか』 受賞 [188]
2024年3月8日 最優秀アニメーション作品賞 受賞
第96回アカデミー賞 2024年3月10日 長編アニメ映画賞 宮﨑駿、鈴木敏夫 受賞 [189]
第4回クリティクス・チョイス・スーパー・アワード 2024年4月4日 SF/ファンタジー映画賞 『君たちはどう生きるか』 ノミネート [190][191]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スタジオポノック制作協力
  2. ^ 現地時間では2024年3月10日
  3. ^ 転校初日に車で登校したことが地元の少年たちにとって生意気に映ったような描写がなされている。なお、学校のシーンは転校初日のものしか無く、地元の生徒たちと打ち解けたのかどうかは不明。
  4. ^ 劇中で年齢は明かされていないが、本作の第2弾ポスターに学年と年齢が記載されている。
  5. ^ ただし、正体が露見する前から嘴の中の素顔が見え隠れしている。
  6. ^ 病院の火事が空襲によるものという明示はない。
  7. ^ 『THE ART OF 君たちはどう生きるか』収録のアフレコ用完成台本では元の世界のキリコは「きりこ」と平仮名表記され、「下の世界」のキリコと区別されている[21]
  8. ^ 全国の上映劇場とTOHO animation STORE、三鷹の森ジブリ美術館オンラインショップで販売がされている。販売価格については、税込820円で販売[46]

出典[編集]

  1. ^ a b “宮崎駿監督10年ぶり新作『君たちはどう生きるか』公開 菅田将暉・柴咲コウ・木村拓哉らズラリ 主題歌は米津玄師「地球儀」”. ORICON NEWS. (2023年7月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2287003/full/ 2023年7月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d “宮崎駿監督「君たちはどう生きるか」久石譲が音楽担当 主題歌の存在も明らかに”. 映画.com. (2023年7月4日). https://eiga.com/news/20230704/10/ 2023年7月4日閲覧。 
  3. ^ a b c “米津玄師、宮崎駿監督10年ぶり新作『君たちはどう生きるか』主題歌秘話明かす「最初は驚愕」”. ORICON NEWS. (2023年7月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2287031/full/ 2023年7月24日閲覧。 
  4. ^ “宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』は冒険活劇ファンタジー!”. シネマトゥデイ. (2017年11月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0096544 2020年7月23日閲覧。 
  5. ^ a b “宮崎駿監督、新作タイトルは「君たちはどう生きるか」”. 朝日新聞デジタル. (2017年10月28日). オリジナルの2017年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171028095758/http://www.asahi.com/articles/ASKBX5T4ZKBXUCLV008.html 2017年10月29日閲覧。 
  6. ^ 2024年 第96回 アカデミー賞特集(2024年) 全部門ノミネート・その他の賞”. 映画.com. 2024年3月11日閲覧。
  7. ^ 「戦争が始まって3年後に母が死に、4年後に疎開した」渡邉大輔. “『君たちはどう生きるか』と2010年以降のジブリ作品の関係 共通する“家族の肖像”と“死””. RealSound. 2023年7月21日閲覧。
  8. ^ a b c レオン. “映画「君たちはどう生きるか」レビュー”. GAME Watch. 2023年7月15日閲覧。
  9. ^ 稲垣貴俊. “映画『君たちはどう生きるか』:宮﨑駿が物語を語り終えるとき”. nippon.com. 2023年7月21日閲覧。
  10. ^ a b c d 吉野太一郎. “「君たちはどう生きるか」宮崎駿監督が、新作映画について語っていたこと。そして吉野源三郎のこと|好書好日”. 好書好日. 朝日新聞社. 2023年7月14日閲覧。
  11. ^ a b c 小松原織香. “スタジオジブリの最新長編アニメ「君たちはどう生きるか」をレビュー。本当に最後の作品か?”. moderntimes. 2023年7月21日閲覧。
  12. ^ a b 齋藤隼飛. “ネタバレ解説&考察『君たちはどう生きるか』ラストの意味は? 宮﨑駿は何を伝えたかったのか”. VirtualGorilla+. 2023年7月21日閲覧。
  13. ^ ヒナタカ. “『君たちはどう生きるか』がわかりやすくなる「8つ」の考察|宮﨑駿が“アニメ”または“創作物”に込めたメッセージとは”. cinemas+. 2023年7月22日閲覧。
  14. ^ a b 金澤誠. “【ネタバレあり】40年以上にわたる“宮崎駿ワールド”を追体験!『君たちはどう生きるか』に込められた名作たちからのレガシーを探る”. MovieWalkerPress. 2023年7月21日閲覧。
  15. ^ すなくじら. “『君たちはどう生きるか』で叩き割られた“宮﨑駿の石”悪意に背を向けず生き抜くために”. RealSound. 2023年7月21日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 映画『君たちはどう生きるか』各キャラクターを演じたボイスキャスト公式解禁”. ORICON NEWS (2023年8月18日). 2023年8月18日閲覧。
  17. ^ 久保田ひかる. “山時聡真、『君たちはどう生きるか』主人公役でさらに躍進 朝ドラ『エール』との繋がりも”. realsound. 2023年7月16日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i 『君たちはどう生きるか』英語吹替版にクリスチャン・ベール、フローレンス・ピュー、ロバート・パティンソン、マーク・ハミルら豪華キャスト終結”. THE RIVER (2023年10月18日). 2023年10月18日閲覧。
  19. ^ 菅田将暉さん「公開おめでとうございます。カヘへッ。」 宮崎駿監督の新作映画「君たちはどう生きるか」の画像を投稿しツイート”. ガジェット通信. 2023年7月21日閲覧。
  20. ^ 宮﨑駿監督によるスタジオジブリ最新作「君たちはどう生きるか」あいみょんが声優キャストとして参加!”. あいみょん OFFICIAL SITE. 2023年7月16日閲覧。
  21. ^ ジブリthe art 2023, アフレコ用完成台本.
  22. ^ 柴咲コウ「君たちはどう生きるか」キリコの声を担当 ノー宣伝、情報解禁なしの中、自ら役名発表”. 日刊スポーツ. 2023年7月18日閲覧。
  23. ^ NEWS”. KO SHIBASAKI - 柴咲コウ Official Site -. 2023年7月24日閲覧。
  24. ^ a b c 「君たちはどう生きるか」山時聡真、菅田将暉ら出演を発表 木村拓哉はSNSにメッセージ”. 映画ナタリー (2023年7月14日). 2023年7月21日閲覧。
  25. ^ SCHEDULE”. TopCoat - 株式会社トップコート -. 2023年7月26日閲覧。
  26. ^ shinobu717_official”. インスタグラム. 2023年7月21日閲覧。
  27. ^ 竹下景子 オフィシャル”. ツイッター. 2023年7月21日閲覧。
  28. ^ 宮崎駿のジブリ最新作『君たちはどう生きるか』で木村拓哉や菅田将暉らが声優で起用されている理由って?宮崎駿が結局伝えたかったこととは”. いまトピ. 2023年7月21日閲覧。
  29. ^ a b “「君たちはどう生きるか」場面写真14点公開! 鈴木敏夫「常識の範囲でご自由にお使い下さい」”. 映画.com. (2023年8月18日). https://eiga.com/news/20230818/2/ 2023年8月18日閲覧。 
  30. ^ a b 鯨ヶ岬勇士. “声優紹介『君たちはどう生きるか』ネタバレ解説&考察”. virtualgorilla+. 2023年7月21日閲覧。
  31. ^ “宮崎駿:長編映画製作から引退へ 「風立ちぬ」が最後の作品に”. 毎日新聞. (2013年9月1日). オリジナルの2013年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130904033207/http://mainichi.jp/mantan/news/20130901dyo00m200036000c.html 2013年9月2日閲覧。 
  32. ^ “宮崎駿監督が長編復帰へ 鈴木敏夫プロデューサー「一生懸命、東京で作ってます」(※鈴木Pの発言追記)”. ねとらぼ. (2017年2月24日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/24/news107.html 2019年4月19日閲覧。 
  33. ^ “宮崎駿監督が新作長編の準備に 事実上の「引退」撤回”. 産経新聞. (2017年2月24日). オリジナルの2017年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170225210455/http://www.sankei.com/entertainments/news/170224/ent1702240022-n1.html 2017年2月24日閲覧。 
  34. ^ “宮崎駿監督の新作、始動!ジブリがスタッフ募集を開始 今度こそ本当に最後の監督作品に…”. シネマトゥデイ. (2017年5月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091692 2017年5月19日閲覧。 
  35. ^ “Studio Ghibli co-founder teases Hayao Miyazaki's next 'big, fantastical' film”. エンターテインメント・ウィークリー. (2020年5月13日). https://ew.com/movies/studio-ghibli-hayao-miyazaki-how-do-you-live/ 2020年5月13日閲覧。 
  36. ^ “宮崎駿さん「いまわの際に」見る景色 独占インタビュー”. 朝日新聞デジタル. (2019年12月25日). https://digital.asahi.com/articles/ASMDN4VPKMDNUCVL016.html 2020年11月25日閲覧。 
  37. ^ 柳橋閑 (2020年12月11日). “スタジオジブリ再起動:待望の新作『アーヤと魔女』は初の全編3DCG作品。 宮崎駿の新作は3年後!?”. nippon.com. https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g01000/?pnum=2 2022年12月15日閲覧。 
  38. ^ “キムタク&ジブリ公式が「意味深投稿」新作映画めぐり匂わせ?ファン期待「確定演出な気がする」”. J-CASTニュース. (2022年12月15日). https://www.j-cast.com/2022/12/15452552.html?p=all 2023年7月14日閲覧。 
  39. ^ “宮崎駿の新作長編「君たちはどう生きるか」7月14日に公開決定、ポスター解禁”. 映画ナタリー. (2022年12月13日). https://natalie.mu/eiga/news/504884 2022年12月13日閲覧。 
  40. ^ “宮崎駿監督「君たちはどう生きるか」ドルビーシネマ、ドルビーアトモスで上映”. 映画.com. (2023年6月24日). https://eiga.com/news/20230624/4/ 2023年6月26日閲覧。 
  41. ^ “映画「君たちはどう生きるか」、IMAX同時公開へ ジブリ作品では初”. ITmedia NEWS. (2023年7月7日). https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2307/07/news197.html 2023年7月8日閲覧。 
  42. ^ 「君たちはどう生きるか」 サウンドトラック”. 徳間ジャパンコミュニケーションズ. ニューリリース. 2023年7月4日閲覧。
  43. ^ キャッスル@ジブリフリーク [@castle_gtm] (2017年9月6日). "「久石譲さん、ぼくの最後の仕事に付き合ってください 」という宮崎駿監督の例のメッセージが会場のモニターに映し出された。次作は今度こそ最後の長編になるだろうし、音楽はやっぱり久石譲さんで決定的でしょうね。結局、久石さんじゃない長編作品はカリ城のみになると。#久石譲_in_パリ". X(旧Twitter)より2023年9月8日閲覧
  44. ^ “君たちはどう生きるか:トロント国際映画祭オープニング作品に アニメ初 宮崎駿監督最新作”. MANTANWEB. (2023年7月27日). https://mantan-web.jp/amp/article/20230727dog00m200079000c.html 2023年7月28日閲覧。 
  45. ^ “ジブリ新作『君たちはどう生きるか』情報解禁へ 劇場パンフレット、ついに11日発売決定”. ORICON NEWS. (2023年8月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2290003/full/ 2023年8月7日閲覧。 
  46. ^ “宮﨑駿『君たちはどう生きるか』のパンフレット、内容未発表のまま発売へ”. KAI-YOU. (2023年8月7日). https://kai-you.net/article/87431 2023年8月8日閲覧。 
  47. ^ 君たちはどう生きるか:3月20日から拡大上映 英語吹き替え版も アカデミー賞受賞も話題”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2024年3月11日). 2024年3月12日閲覧。
  48. ^ a b Animated Feature Films”. Oscars (2023年3月3日). 2024年3月4日閲覧。
  49. ^ a b c “謎に包まれたジブリの新作 鈴木敏夫Pに聞いた!”. NHKニュース. (2023年7月6日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230706/k10014119971000.html 2023年7月7日閲覧。 
  50. ^ タニグチリウイチ (2023年7月14日). “『君たちはどう生きるか』には宮﨑駿の“ジブリでの全て”が詰まっている【ネタバレあり】”. Real Sound映画部. 2023年8月7日閲覧。
  51. ^ “ジブリ最新作「君たちはどう生きるか」のサウンドトラックが8月9日発売決定! “主題歌”含む37曲を収録”. GAME Watch. (2023年7月5日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1513917.html 2023年7月24日閲覧。 
  52. ^ “宮崎駿監督 新作 10年ぶりの長編「君たちはどう生きるか」来年7・14公開”. デイリースポーツ. (2022年12月14日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/12/14/0015889360.shtml?pg=2 2023年2月21日閲覧。 
  53. ^ “「君たちはどう生きるか」興収21・4億円突破 初動4日間は「千と千尋」超え”. デイリースポーツ. (2023年7月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/07/19/0016601085.shtml?pg=2 2023年7月25日閲覧。 
  54. ^ “君たちはどう生きるか:興収82.5億円 553万人動員 スタジオジブリ宮崎駿監督最新作”. MANTANWEB. (2023年9月25日). https://mantan-web.jp/article/20230925dog00m200046000c.html 2024年2月2日閲覧。 
  55. ^ “2023年邦画興収は1481億円、「スラダン」「コナン」が100億超え”. ナタリー. (2024年1月30日). https://natalie.mu/eiga/news/559061 2024年2月2日閲覧。 
  56. ^ 君たちはどう生きるか:3月20日から拡大上映 英語吹き替え版も アカデミー賞受賞も話題”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2024年3月11日). 2024年3月11日閲覧。
  57. ^ 『君たちはどう生きるか』 『ゴジラ-1.0』アカデミー賞受賞作品がTOP10にカムバック”. ORICON NEWS (2024年3月18日). 2024年3月19日閲覧。
  58. ^ “映画動員ランキング:宮崎駿監督10年ぶりの新作『君たちはどう生きるか』初登場1位、『五等分の花嫁∞』は3位”. ORICON NEWS. (2023年7月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2287444/full/ 2023年7月24日閲覧。 
  59. ^ “宮崎駿監督の新作「君たちはどう生きるか」ノー宣伝で“千と千尋”超え 初動4日興収21・4億”. 日刊スポーツ. (2023年7月18日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202307180000300_m.html?mode=all 2023年7月24日閲覧。 
  60. ^ “「ミッション:インポッシブル」初登場で動員1位、「THE FIRST SLAM DUNK」が浮上”. 映画ナタリー. (2023年7月24日). https://natalie.mu/eiga/news/534076 2023年7月24日閲覧。 
  61. ^ “ジブリ新作『君たちはどう生きるか』興収36億円突破 週末動員ランキングは2位に 前週比+約15億円”. ORICON NEWS. (2023年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2287922/full/ 2023年7月24日閲覧。 
  62. ^ “映画動員ランキング:『キングダム 運命の炎』1位、『ギーツ/キングオージャー』4位初登場”. ORICON NEWS. (2023年7月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2289124/full/ 2023年7月31日閲覧。 
  63. ^ “君たちはどう生きるか:興収46.9億円突破 305万人動員”. MANTANWEB. (2023年7月31日). https://mantan-web.jp/article/20230731dog00m200044000c.html 2023年7月31日閲覧。 
  64. ^ “「キングダム」動員1位キープ、「しん次元!」「マイ・エレメント」など4本が初登場”. 映画ナタリー. (2023年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/535946 2023年8月7日閲覧。 
  65. ^ “君たちはどう生きるか:興収54.8億円突破 361万人動員”. MANTANWEB. (2023年8月7日). https://mantan-web.jp/article/20230807dog00m200039000c.html 2023年8月7日閲覧。 
  66. ^ “映画ランキング:『キングダム』V3 新作『リボルバー・リリー』『バービー』『ミンナのウタ』初登場”. ORICON NEWS. (2023年8月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2290842/full/ 2023年8月14日閲覧。 
  67. ^ “君たちはどう生きるか:興収62.3億円 412万人動員 スタジオジブリ宮崎駿監督の最新作”. MANTANWEB. (2023年8月14日). https://mantan-web.jp/article/20230814dog00m200047000c.html 2023年8月14日閲覧。 
  68. ^ “『キングダム 運命の炎』がV4 鳥山明原作『SAND LAND』は初登場6位【映画動員ランキング】”. ぴあ映画. (2023年8月21日). https://lp.p.pia.jp/article/news/285682/index.html?detail=true 2023年8月21日閲覧。 
  69. ^ “ジブリ新作『君たちはどう生きるか』興収69億円突破 前週比+7億円”. ORICON NEWS. (2023年8月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2291648/full/ 2023年8月21日閲覧。 
  70. ^ “映画ランキング:『MEG 2』1位、『Gメン』2位初登場 『THE FIRST SLAM DUNK』が8位に”. ORICON NEWS. (2023年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2292536/full/ 2023年8月28日閲覧。 
  71. ^ “「MEG ザ・モンスターズ2」が動員1位発進、「Gメン」など初登場4本”. 映画ナタリー. (2023年8月28日). https://natalie.mu/eiga/news/538619 2023年8月28日閲覧。 
  72. ^ “「ホーンテッドマンション」初登場1位! 「こんにちは、母さん」3位、「夜が明けたら」10位【国内映画ランキング】”. 映画.com. (2023年9月5日). https://eiga.com/news/20230905/7/ 2023年9月6日閲覧。 
  73. ^ “映画ランキング:『ホーンテッドマンション』初登場1位 『こんにちは、母さん』『夜きみ』もランクイン”. ORICON NEWS. (2023年9月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2293545/full/ 2023年9月4日閲覧。 
  74. ^ “映画ランキング:『劇場版シティーハンター』1位、『禁じられた遊び』5位初登場”. ORICON NEWS. (2023年9月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2294463/full/ 2023年9月12日閲覧。 
  75. ^ “君たちはどう生きるか:興収80億円に迫る スタジオジブリ宮崎駿監督の最新作”. MANTANWEB. (2023年9月11日). https://mantan-web.jp/article/20230911dog00m200041000c.html 2023年9月12日閲覧。 
  76. ^ “君たちはどう生きるか:興収81.6億円 546万人動員 スタジオジブリ宮崎駿監督最新作”. MANTANWEB. (2023年9月19日). https://mantan-web.jp/article/20230919dog00m200049000c.html 2023年9月24日閲覧。 
  77. ^ “映画ランキング:『ミステリと言う勿れ』初登場1位!『映画プリキュア』など新作5本がランクイン”. ORICON NEWS. (2023年9月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2295444/full/ 2023年9月24日閲覧。 
  78. ^ “映画ランキング:『ミステリと言う勿れ』V2 『ジョン・ウィック』最新作が初登場2位”. ORICON NEWS. (2023年9月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2296165/full/ 2023年10月2日閲覧。 
  79. ^ “君たちはどう生きるか:興収82.5億円 553万人動員 スタジオジブリ宮崎駿監督最新作”. MANTANWEB. (2023年9月25日). https://mantan-web.jp/article/20230925dog00m200046000c.html 2023年10月2日閲覧。 
  80. ^ “『ミステリと言う勿れ』がV3 初登場『沈黙の艦隊』は2位発進【映画動員ランキング】”. ぴあ映画. (2023年10月2日). https://lp.p.pia.jp/article/news/291011/index.html?detail=true 2023年10月2日閲覧。 
  81. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月4日閲覧。
  82. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月12日閲覧。
  83. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月17日閲覧。
  84. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月24日閲覧。
  85. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月31日閲覧。
  86. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月7日閲覧。
  87. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月13日閲覧。
  88. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月20日閲覧。
  89. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月27日閲覧。
  90. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月4日閲覧。
  91. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月11日閲覧。
  92. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月18日閲覧。
  93. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月25日閲覧。
  94. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2023年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月4日閲覧。
  95. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月10日閲覧。
  96. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月20日閲覧。
  97. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  98. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  99. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  100. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  101. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月26日閲覧。
  102. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月13日閲覧。
  103. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月13日閲覧。
  104. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月20日閲覧。
  105. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月28日閲覧。
  106. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月1日閲覧。
  107. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月8日閲覧。
  108. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング”. 興行通信社. 2024年4月8日閲覧。
  109. ^ 北米の週末興行収入で初の首位”. 2023年12月11日閲覧。
  110. ^ 米ゴールデングローブアニメ映画賞にノミネート”. 2023年12月11日閲覧。
  111. ^ “「君たちはどう生きるか」全米で初登場首位! スタジオジブリ作品として歴代最高のオープニング”. 映画.com. (2023年12月11日). https://eiga.com/news/20231211/12/ 2024年2月2日閲覧。 
  112. ^ 映画「君たちはどう生きるか」が中国でダントツ、興行収入は公開2日で53億円!”. 2024年4月6日閲覧。
  113. ^ 映画「君たちはどう生きるか」、中国での興行収入がわずか4日で日本超え!”. 2024年4月8日閲覧。
  114. ^ ヒナタカ (2023年6月14日). “宮崎駿監督作『君たちはどう生きるか』の「いっさい宣伝なし」は成功するのか。過去の類似例と比較した”. All About NEWS. https://news.allabout.co.jp/articles/o/62416/ 2023年6月16日閲覧。 
  115. ^ a b “一切宣伝なしの異例「君たちはどう生きるか」宮崎駿の現在の心境は?鈴木敏夫が明かす”. 映画ナタリー. (2023年6月28日). https://natalie.mu/eiga/news/530619 2023年7月4日閲覧。 
  116. ^ 大高宏雄、杉本健太郎「『君たちはどう生きるか』ヒットに映画関係者も驚く3つの“異変”」『Business Insider Japan』、2023年7月21日。2023年7月22日閲覧。
  117. ^ 'The Boy and the Heron' to Stream on Netflix Around the World”. Netflix.com (2024年3月21日). 2024年3月22日閲覧。
  118. ^ Frater, Patrick (2024年3月21日). “Oscar Winner The Boy and the Heron Heading to Netflix Outside U.S. and Japan”. Variety. 2024年3月21日閲覧。
  119. ^ “宮崎駿監督「君たちはどう生きるか」ついに公開 評価真っ二つ”. 東スポWEB. (2023年7月15日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/269653 2023年8月6日閲覧。 
  120. ^ 本間英士 (2023年7月30日). “「傑作」「がっかり」…「君たちはどう生きるか」興収好調も分かれる評価 「宣伝一切なし」には前例も”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/article/20230730-GGIZMQZ6Q5OETE472LZODSAY6U/ 2023年8月6日閲覧。 
  121. ^ “「君たちはどう生きるか」映画効果で同名小説が再注目 フリマアプリにも大量出品”. 産経新聞. (2023年7月27日). https://www.sankei.com/article/20230727-ZJPP7YM5HNDEJJ5TGLHBVNKMSM/ 2023年7月28日閲覧。 
  122. ^ ‘American Fiction’ Wins Toronto Film Festival’s Audience Award”. TheWrap (2023年9月17日). 2023年10月11日閲覧。
  123. ^ Awards & Jury's” (英語). Imagine Filmfestival Amsterdam. 2023年12月13日閲覧。
  124. ^ 報知映画賞ノミネート | 表彰-報知映画賞”. 報知新聞社. 2023年12月13日閲覧。
  125. ^ 『君たちはどう生きるか』ニューヨーク映画批評家協会賞アニメ映画賞を受賞!”. シネマトゥデイ (2023年12月1日). 2023年12月1日閲覧。
  126. ^ Williams, Chris (2023年12月4日). “Michigan Movie Critics Guild Announces Winners for the Best of 2023” (英語). Michigan Movie Critics Guild. 2023年12月14日閲覧。
  127. ^ 『君たちはどう生きるか』が『Yahoo!検索大賞2023』映画部門1位 情報を一切出さず話題に」『ORICON NEWS』、2023年12月5日。2023年12月5日閲覧。
  128. ^ Bergeson, Samantha (2023年12月6日). “2023 National Board of Review Winners List: 'Killers of the Flower Moon' Leads Top Honors”. IndieWire. 2023年12月9日閲覧。
  129. ^ www.adam-makes-websites.com, Adam Jones-. “Awards for 2023 - LAFCA”. www.lafca.net. 2023年12月11日閲覧。
  130. ^ Current Winners – 2023 Awards” (英語). Boston Society of Film Critics (2018年7月27日). 2023年12月11日閲覧。
  131. ^ 2023 WAFCA Award Winner - The Washington DC Area Film Critics Association (WAFCA)”. www.dcfilmcritics.com. 2023年12月13日閲覧。
  132. ^ Three Films Claim Impressive 10 Nominations Each in Chicago Film Critics Association 2023 Awards”. Chicago Film Critics Association (2023年12月8日). 2023年12月9日閲覧。
  133. ^ The 2023 Chicago Film Critics Association (CFCA) Winners”. Next Best Picture (2023年12月12日). 2023年12月13日閲覧。
  134. ^ The 2023 Las Vegas Film Critics Society (LVFCS) Nominations”. Next Best Picture (2023年12月8日). 2023年12月9日閲覧。
  135. ^ The 2023 Las Vegas Film Critics Society (LVFCS) Winners”. Next Best Picture (2023年12月13日). 2023年12月14日閲覧。
  136. ^ 2023 AWARDS” (英語). Phoenix Critics Circle. 2023年12月16日閲覧。
  137. ^ The 2023 Phoenix Critics Circle (PCC) Winners”. Next Best Picture (2023年12月15日). 2023年12月16日閲覧。
  138. ^ Neglia, Matt (2023年12月17日). “The 2023 St. Louis Film Critics Association (StLFCA) Winners” (英語). Next Best Picture. 2023年12月18日閲覧。
  139. ^ The 2023 St. Louis Film Critics Association (StLFCA) Winners”. Next Best Picture (2023年12月17日). 2023年12月18日閲覧。
  140. ^ The Zone of Interest Leads TFCA Awards Winners” (英語). Toronto Film Critics Association (2023年12月17日). 2023年12月18日閲覧。
  141. ^ Neglia, Matt (2023年12月17日). “The 2023 Philadelphia Film Critics Circle (PFCC) Winners” (英語). Next Best Picture. 2023年12月18日閲覧。
  142. ^ AwardsWatch - Indiana Film Journalists Association (IFJA) Nominations” (英語). AwardsWatch (2023年12月12日). 2023年12月18日閲覧。
  143. ^ Neglia, Matt (2023年12月17日). “The 2023 Indiana Film Journalists Association (IFJA) Winners” (英語). Next Best Picture. 2023年12月18日閲覧。
  144. ^ AwardsWatch - North Texas Film Critics Association (NTFCA) Nominations: ‘Saltburn,’ ‘The Holdovers’ Score Big” (英語). AwardsWatch (2023年12月12日). 2023年12月14日閲覧。
  145. ^ Neglia, Matt (2023年12月18日). “The 2023 North Texas Film Critics Association (NTFCA) Winners” (英語). Next Best Picture. 2023年12月18日閲覧。
  146. ^ Dallas-Fort Worth Film Critics Association – Official site of the Dallas-Fort Worth Film Critics Association” (英語) (2023年12月18日). 2023年12月18日閲覧。
  147. ^ 2023 San Diego Film Critics Society Nominations”. San Diego Film Critics Society (2023年12月14日). 2023年12月17日閲覧。
  148. ^ Neglia, Matt (2023年12月19日). “The 2023 San Diego Film Critics Society (SDFCS) Winners” (英語). Next Best Picture. 2023年12月20日閲覧。
  149. ^ Awards” (英語). Online Association of Female Film Critics (2018年1月5日). 2023年12月19日閲覧。
  150. ^ The 2023 Online Association Of Female Film Critics (OAFFC) Winners”. Next Best Picture (2023年12月21日). 2023年12月22日閲覧。
  151. ^ Oppenheimer, Killers of the Flower Moon, Past Lives lead pack with most nominations” (英語). Florida Film Critics Circle. 2023年12月14日閲覧。
  152. ^ The 2023 Florida Film Critics Circle (FFCC) Winners”. Next Best Picture (2023年12月21日). 2023年12月22日閲覧。
  153. ^ 「#XTrendAward 2023」2023年のトレンドワードTOP3は「Twitter」「WBC優勝」「水星の魔女」』(プレスリリース)吉本興業株式会社(#XTrendAward実行委員会)、2023年12月27日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000051695.html2023年12月28日閲覧 
  154. ^ The 2023 Oklahoma Film Critics Circle (OFCC) Winners”. Next Best Picture (2024年1月3日). 2024年1月4日閲覧。
  155. ^ The 2023 North Carolina Film Critics Association (NCFCA) Winners”. Next Best Picture (2024年1月3日). 2024年1月4日閲覧。
  156. ^ The 2023 Alliance Of Women Film Journalists (AWFJ) EDA Award Winners”. Next Best Picture (2024年1月3日). 2024年1月4日閲覧。
  157. ^ The 2023 Columbus Film Critics Association (COFCA) Winners”. Next Best Picture (2024年1月5日). 2024年1月5日閲覧。
  158. ^ 2023 Awards”. Georgia Film Critics Association. 2023年12月30日閲覧。
  159. ^ The 2023 Greater Western New York Film Critics Association (GWNYFCA) Winners”. Next Best Piucute (2024年1月6日). 2024年1月7日閲覧。
  160. ^ The 2023 Utah Film Critics Association (UFCA) Winners”. Next Best Piucute (2024年1月6日). 2024年1月7日閲覧。
  161. ^ “Barbie” and “Oppenheimer” Lead 2024 Astra Award Film & Creative Arts Nominations” (英語). 2023年12月13日閲覧。
  162. ^ The 2023 Hollywood Creative Alliance’s (HCA) Astra Film And Creative Arts Award Winners”. Next Best Picture (2024年1月6日). 2024年1月7日閲覧。
  163. ^ 『君たちはどう生きるか』ゴールデン・グローブ賞2部門ノミネート!”. シネマトゥデイ (2023年12月11日). 2023年12月12日閲覧。
  164. ^ 「君たちはどう生きるか」がゴールデングローブ賞でアニメ映画賞に輝く”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年1月8日). 2024年1月8日閲覧。
  165. ^ The 2023 Seattle Film Critics Society (SFCS) Winners”. Next Best Picture (2024年1月8日). 2024年1月9日閲覧。
  166. ^ The 2023 San Francisco Bay Area Film Critics Circle (SFBAFCC) Winners”. Next Best Picture (2024年1月9日). 2024年1月10日閲覧。
  167. ^ The 2023 Austin Film Critics Association (AFCA) Nominations”. Next Best Picture (2024年1月3日). 2024年1月4日閲覧。
  168. ^ The 2023 Denver Film Critics Society (DFCS) Winners”. Next Best Picture (2024年1月12日). 2024年1月13日閲覧。
  169. ^ The 2023 Hawaii Film Critics Society (HFCS) Winners”. Next Best Picture (2024年1月12日). 2024年1月13日閲覧。
  170. ^ ‘Oppenheimer’ Leads Critics Choice Awards With 8 Wins, ‘Barbie’ Scores 6 — Full Winners List”. Variety (2024年1月14日). 2024年1月15日閲覧。
  171. ^ 【毎日映画コンクール】各賞決定 日本映画大賞は阪本順治監督の「せかいのおきく」”. sponichi (2024年1月18日). 2024年1月15日閲覧。
  172. ^ 2023 Online Film Critics Society (OFCS) Winners”. Next Best Picture (2024年1月22日). 2024年1月23日閲覧。
  173. ^ The 2023 Houston Film Critics Society (HFCS) Winners” (2024年1月22日). 2024年1月23日閲覧。
  174. ^ Pulver, Andrew (2023年12月20日). “'All of Us Strangers' leads London Film Critics' Awards nominations”. The Guardian. 2023年12月21日閲覧。
  175. ^ The 2023 Art Directors Guild (ADG) Winners”. Next Best Picture (2024年2月11日). 2024年2月11日閲覧。
  176. ^ The 2023 International Cinephile Society (ICS) Winners”. Next Best Picture (2024年2月11日). 2024年2月12日閲覧。
  177. ^ The 2023 Society Of Composers And Lyricists (SCL) Winners”. Next Best Picture (2024年2月14日). 2024年2月15日閲覧。
  178. ^ “第2回新潟国際アニメーション映画祭、技術的貢献に贈る蕗谷虹児賞&大川博賞発表 話題作集めた「世界の潮流」部門ラインナップ決定”. 映画.com (カカクコム). (2024年2月16日). https://eiga.com/news/20240216/20/ 2024年2月17日閲覧。 
  179. ^ 『君たちはどう生きるか』『すずめの戸締まり』アニー賞7部門ノミネート!”. シネマトゥデイ (2024年1月12日). 2024年1月12日閲覧。
  180. ^ Annie Awards: ‘Spider-Man: Across The Spider-Verse’ Takes Best Feature And Tops Winners List; ‘Blue Eye Samurai’ Dominates TV”. Deadline (2024年1月27日). 2024年2月18日閲覧。
  181. ^ ジブリ『君たちはどう生きるか』英国アカデミー賞を受賞!”. シネマトゥデイ (2024年2月19日). 2024年2月19日閲覧。
  182. ^ IFMCA Award Winners 2023”. IFMCA (2024年2月22日). 2024年2月25日閲覧。
  183. ^ IFMCA Award Nominations 2023”. IFMCA (2024年2月8日). 2024年2月26日閲覧。
  184. ^ Verhoeven, Beatrice (2024年1月12日). “Oppenheimer, The Crown Among 2024 Producers Guild Awards Nominees” (英語). The Hollywood Reporter. 2024年1月12日閲覧。
  185. ^ The 2023 Dorian Award (GALECA) Winners”. Next Best Picture (2024年2月26日). 2024年2月27日閲覧。
  186. ^ The 2023 Cinema Audio Society (CAS) Winners”. Next Best Picture (2024年3月3日). 2024-003-04閲覧。
  187. ^ The International Press Academy Announces Winners for the 28th Annual SATELLITE Awards”. International Press Academy (2024年3月3日). 2024年3月4日閲覧。
  188. ^ “【全リスト掲載】第47回日本アカデミー賞「ゴジラ-1.0」が最多12部門の優秀賞を受賞”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2024年1月25日). https://natalie.mu/eiga/news/558358 2024年1月25日閲覧。 
  189. ^ 【第96回アカデミー賞】長編アニメ賞は宮﨑駿監督「君たちはどう生きるか」 「千と千尋の神隠し」以来2度目の快挙”. 映画.com (2024年3月11日). 2024年3月11日閲覧。
  190. ^ Nominations announced for the Critics Choice Association's 4th Annual "Critics Choice Super Awards" honoring Superhero, Science Fiction/Fantasy, Horror, and Action Movies and Series”. Critics Choice Association (2024年3月7日). 2024年3月9日閲覧。
  191. ^ WINNERS ANNOUNCED FOR 4TH ANNUAL CRITICS CHOICE SUPER AWARDS HONORING SUPERHERO, SCIENCE FICTION/FANTASY, HORROR, AND ACTION MOVIES AND SERIES”. Critics Choice Association (2024年4月4日). 2024年4月5日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]