山崎育三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やまざき いくさぶろう
山崎 育三郎
生年月日 (1986-01-18) 1986年1月18日(32歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 177 cm
血液型 A型
職業 俳優歌手
ジャンル ミュージカル
活動期間 2007年 -
配偶者 安倍なつみ2015年 - )
事務所 研音
公式サイト 山崎育三郎 オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
下町ロケット
お義父さんと呼ばせて
悪党たちは千里を走る

ミュージカル
レ・ミゼラブル
ロミオ&ジュリエット
モーツァルト!

山崎 育三郎(やまざき いくさぶろう、1986年1月18日 - )は、日本のミュージカル俳優歌手である。東京都出身。研音所属。妻は女優、歌手の安倍なつみ

略歴[編集]

1997年全国童謡コンクールにて審査員特別賞を受賞。1998年、12歳で初めてアルゴミュージカルに主演。以後、変声期を迎えるまで舞台・テレビなどに出演。

2001年4月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科に入学。2002年7月、アメリカ合衆国ミズーリ州にあるノースカントリー・ハイスクールへ語学留学。2003年5月、全米高校生クラシック声楽コンクールのミズーリ州大会にて上位入賞、同年年6月に帰国し同年9月より高校2年生2学期開始。

2004年2月、Music Power Station東京大会出場。2004年3月、ソニーミュージックSDオーディションで約2万人の中から最終10名に選出される。2005年3月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科を卒業。2006年9月、東京音楽大学声楽演奏家コース2年中途退学。

2007年、日本上演20周年の『レ・ミゼラブル』でマリウス役として正式デビュー。2007年11月14日、ボーカルグループESCOLTAのメンバーとしてアルバム『愛の流星群』でメジャーデビュー、2008年12月末までESCOLTAに所属。2008年、初主演映画『夏休みのような1ヵ月』が公開。2009年TBSテレビさんまのSUPERからくりTV』内の企画バンド「サザエオールスターズ」にボーカリストとして加入。2009年12月、舞台『パッチギ!』で初のストレートプレイ出演[1]

2010年6月23日、UNIVERSAL Jよりアルバム『愛の五線譜』でソロデビュー。同年6月30日、C.C.Lemonホール(現:渋谷公会堂)でソロデビュー・コンサートを開催。同年7月31日、『夏休みフィギュアスケート名曲コンサート〜スケート・ファンタジー IN SUMMER2010〜』で初司会。

2011年4月、『モーツァルト!』での演技により第36回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。2013年5月8日、井上芳雄浦井健治とのユニットのStarSとしてミニアルバム『StarS』でデビュー。2014年4月1日、アトリエ・ダンカンから研音へ移籍。

2015年12月29日、2011年7月の舞台『嵐が丘』で夫婦役で共演した元モーニング娘。安倍なつみと4年間の交際期間を経て結婚[2]。2016年7月26日に長男誕生[3]

2016年、カバーアルバム『1936 〜your songs〜』で、第58回日本レコード大賞・企画賞を受賞[4]

2018年、『世界の村のどエライさん』にて千鳥高見侑里と共にMCを務めバラエティー番組初MC。

主な出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

CM・広告[編集]

ラジオ[編集]

コンサート[編集]

※ StarSのコンサートは「StarS」を参照。

ソロコンサート[編集]

山崎育三郎 CD発売記念 ソロデビュー・コンサート 『愛の五線譜』

ESCOLTAコンサート[編集]

1st コンサート『Singing Drama Vol.0』

  • 2007年7月2日、STB139

2nd コンサート『Singing Drama Vol.1』

  • 2007年9月5日、STB139

1st Tour 『Singing Drama 2008』

  • 2008年2月9日、東京 紀尾井ホール
  • 2008年2月29日、大阪 ザ・フェニックスホール
  • 2008年3月1日、名古屋 今池ガスホール
  • 2008年3月5日・6日 グローリア・チャペル キリスト品川教会

2nd Tour 『Singing Drama 2008 Autumn』

その他[編集]

夏休みフィギュアスケート名曲コンサート〜スケート・ファンタジー IN SUMMER2010〜

M.クンツェ&S.リーヴァイの世界〜2nd Season〜ウィーン・ミュージカルコンサート

  • 2012年2月26日 - 3月7日、シアタークリエ
  • 2012年3月25日、東京国際フォーラム ホールC

笹本玲奈 15th Anniversary Show『Magnifique』

『VOICE OF WONDERS』Amazing! Musical Stars Concert 2014

岩谷時子メモリアルコンサート

ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2014 秋公演

岡幸二郎 ベスト・オブ・ミュージカル 

Umeda Arts Theater 10th Anniversary『Golden Songs』

  • 2015年2月13日 - 23日、東京国際フォーラム ホールC
  • 2015年2月26日 - 3月1日、梅田芸術劇場メインホール

ディスコグラフィー[編集]

※ StarSのコンサートは「StarS」を参照。

ESCOLTA時代[編集]

シングル
  • ESCOLTA(2007年7月2日)※山野楽器Amazon限定発売
  • 今も好きだから〜時は流れて(2008年7月30日)
アルバム
  • 愛の流星群(2007年11月14日)
  • JOURNEY AROUND THE BLUE MARBLE(2008年10月1日)※初回限定版はDVDと写真集付

ソロアルバム[編集]

  • 愛の五線譜(2010年6月23日)
  • 1936 〜your songs〜(2016年8月24日)※カバーアルバム [16]
  • 1936 ~your songs II~(2017年6月7日)※カバーアルバム

ミュージカル[編集]

  • 『ラ・カージュ・オ・フォール』ハイライト・ライヴ録音盤(2009年5月5日)
  • 『ロミオ&ジュリエット』ハイライト・ライヴ録音盤(2012年3月15日)
  • 『レディ・ベス』ハイライト・ライヴ録音盤(2014年7月19日)

DVD[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 山崎育三郎さんインタビューUP!『パッチギ!』動画!”. イベンダフルニュース. フジテレビ (2009年12月7日). 2015年7月17日閲覧。
  2. ^ 安倍なつみ婚姻届を提出、俳優山崎育三郎と交際4年 日刊スポーツ 2015年12月29日閲覧 “山崎育三郎&安倍なつみが結婚 交際4年実らせ”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年12月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2064609/full/ 2015年12月29日閲覧。 
  3. ^ “安倍なつみ、第1子男児出産 夫・山崎育三郎と「夫婦そろって感動し涙し感謝」”. ORICON STYLE. オリコン. (2016年7月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2075841/full/ 2018年5月11日閲覧。 
  4. ^ “山崎育三郎、カバーアルバム「1936」で日本レコード大賞企画賞を受賞”. ステージナタリー. (2016年11月18日). http://natalie.mu/stage/news/209819 2016年11月18日閲覧。 「1936」は「育三郎」に因んだタイトルであり、西暦グレゴリオ暦1936年(昭和11年)の楽曲をカバーしているわけではない。
  5. ^ 人気ミュージカル俳優・山崎育三郎、民放ドラマ初出演!唐沢寿明主演作で悪役に挑戦”. 映画.com (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  6. ^ 山崎育三郎、遠藤憲一の恋のライバルに!中村アンも出演「お義父さんと呼ばせて」”. シネマカフェ (2015年12月21日). 2015年12月31日閲覧。
  7. ^ “ムロツヨシも山崎育三郎もダメ男に!“異色”サスペンス挑む”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151201/geo15120105050003-n1.html 2015年12月1日閲覧。 
  8. ^ ムロツヨシ、天才犯罪者と対決!?「悪党たちは千里を走る」で主演”. シネマトゥデイ (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  9. ^ 竹野内豊が弁護士に!法務&ホームドラマに挑む”. Smartザテレビジョン (2016年2月29日). 2016年3月7日閲覧。
  10. ^ “鈴木亮平主演「宮沢賢治の食卓」に山崎育三郎、市川実日子ら実力派結集!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年4月26日). http://eiga.com/news/20170426/4/ 2017年4月26日閲覧。 
  11. ^ “昭和元禄落語心中:10月からNHKで実写ドラマ化 主演に岡田将生”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年7月4日). https://mantan-web.jp/article/20180704dog00m200014000c.html 2018年7月4日閲覧。 
  12. ^ 「トライベッカ」番組公式サイト[リンク切れ]
  13. ^ StarSのコメディ番組始動!福田雄一演出に井上芳雄「覚悟決めた」”. ステージナタリー (2016年2月9日). 2017年3月22日閲覧。
  14. ^ 山崎育三郎、『もしズレ』後枠でバラエティー初MC 千鳥&高見侑里とタッグ”. ORICON NEWS (2017年12月19日). 2017年12月19日閲覧。
  15. ^ 『美女と野獣』「プレミアム吹替版」キャスト総勢11名発表!主役のベル&野獣役は、昆夏美さん、山崎育三郎さんに決定!”. Disney.JP (2017年1月31日). 2017年2月1日閲覧。
  16. ^ “山崎育三郎カバーアルバムに「女々しくて」「モーツァルト!」劇中歌など11曲”. ステージナタリー. (2016年6月22日). http://natalie.mu/stage/news/191709 2016年6月22日閲覧。 
  17. ^ “山崎育三郎、初の自叙伝発売「30年の想いをのぞいてみて」”. ORICON STYLE. (2016年6月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2072620/full/ 2016年6月1日閲覧。 

外部リンク[編集]